★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK64 > 167.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 二見伸明:燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや(THE JOURNAL)【「小沢問題」の本質は民主主義の根幹に関わる問題である】
http://www.asyura2.com/09/senkyo64/msg/167.html
投稿者 matuoka yuuji 日時 2009 年 5 月 26 日 23:00:26: noT716RWWrvIk
 

(回答先: 二見伸明:燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや(THE JOURNAL)【「小沢問題」の本質は民主主義の根幹に関わる問題である】 投稿者 旅烏 日時 2009 年 5 月 26 日 16:06:55)

 1999年に公明党が与党自民党・自由党の連立政権に参加して、自由党が自公政権から立ち去り、10年程経過したが、この現在の自民・公明与党政権による政治・経済政策により、現在の日本社会環境や政治・経済の状況は悪化するばかりである。既成の権力集団の強権的な帰結の結果は、日本の社会を危機に貶めているだけである。私は1998年11月に創価学会に入会したが、その翌年に公明党が日本の危機を救うためにとの理念でキャスチングボートを取りつもりで、与党に参加したはずである。ところがいつの間にか自民党の勢力に懐柔されたような軟弱な公明党・創価学会へと変質してしまっているのである。そして、小泉政権における米国のイラク戦争に賛成して、世界の平和を希求すべき創価学会・公明党の支離滅裂な理念・哲学なき政策で、今日に至っているのである。米国の9.11事件の偽証劇も現在において、米国内で追求されている。また最近の世界的な経済・金融・財政危機を生んでいる経済構造的な課題に対する根本的な解決策の検討もなさずにいる。このような状況に対して、現在の公明党の議員達は、日本の危機をどのように回避し、再構築をどのように果たすかのビジョン・政治・経済の政策を国民に示すこともできにままである。 将来に対する明確な理念・政策などは持ち合わせていないのである。その場しのぎの連続である。党是の日本のあるいは世界の未来社会に対する平和哲学等は現実離れしており、政治的な工程さえ定かなものでないのである。 理念、哲学のなきバラマキ政策だの国民をだますようないい加減の政策で、ただ単に議員の延命だけを図るような主張だけである。自分たちの政策責任を明らかにせず、野党を攻撃することでしかの能力のなさやこのような無定見、無能力な政権に日本の将来を任すわけにいかないのである。ここにおいて、民主党の小沢氏等の活躍すべき舞台の存在の価値があるのである。この腐敗した与党権力集団を早期に再構築を果たされたい願う次第である。公明党・創価学会幹部は、創価学会員の声に耳を傾けず専制権力的に、創価学会員をマインドコントロール的に政治選挙に利用するな。 一般国民はこの支離滅裂な偽善的な政治集団にだまされてはならない。 (元創価学会員:2008年10月創価学会退会、創価学会本部の幹部等の独裁的、非民主的なありかたが問題である。そのような権力志向的な集団指導のもとで、日蓮の立正安国論にもそむく偽善的な政策を日本の国会や与党権力を行使を正義と偽りながら、平然として行ってきたのである。日常の活動においても国民の困窮に耳を傾けようともしないで、自己の主張を自己満足の大声で叫んでいるだけである、これを日本国民が公明党と創価学会を嫌悪する原因になっているのである。究極的にいうならば、国民一般が政治政権の管理能力がないと判断しているのである。おごれるもの久しからずの歴史ドラマの展開である。)
松岡雄二投稿:http://dynamic.the-journal.jp/commons/mt/mt-comments.cgi  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK64掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。