★阿修羅♪ > 戦争b2 > 498.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米機爆破テロ事件も、やはり自作自演だった!(政府・マスゴミ等の洗脳情報に騙されず、本当のことは自分で考えよう)
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/498.html
投稿者 忍 日時 2010 年 1 月 08 日 14:11:33: wSkXaMWcMRZGI
 

一昨日、私の直感から書いた記事「米機テロ事件でアルカイダが犯行声明?」を裏付けるような情報がありました!

姉妹サイトSNSの方でメンバーの人が見つけてきてくださったものです。
(元は2ちゃんねるからの情報のようです)

ROCKWAY EXPRESS 12/28 より

「洗練された着こなしの男」がテロリストをパスポート無しで搭乗させた

ナイジェリア人の男がアルカイダの指令で、航空機テロを起こした、と騒がれているが、この男をパスポート無しで搭乗させた男のことが語られていないのと、空港セキュリティを責任もっていたのは、イスラエルの会社( http://www.ictseurope.com/aviation/airlines-security-service.html であるという点を指摘するところも無い。

そもそもパスポートを持たない男がさっと来てさっと乗れるようになったことがありえない話しであるし、そのような男の身体検査もしていないような状況も考えられない。絶対にありえないことが起きたということは、それを可能にしたセキュリティ部分が一番怪しいのであり、そのセキュリティ部門をイスラエルの会社が運営していたとすれば、そこにこそ、この事件の核心部分が潜んでいると見なければならないはずだ。

この今回の事件も、我々が思わされている理解というものが、「作られた理解」であり、その作られた理解を我々の脳髄にインプットしようとする意図が隠されているようだ。

【12月27日 New World Order Report】

他の誰がかかわったのか、またこのもう一人の容疑者についてなぜ知らされないのか?
ノースウェスト航空253便に搭乗したミシガン州の男は、ムタラブ容疑者はパスポート無しで航空機に搭乗しようとしていた、と話している。

ミシガン州ニューポート市のカート・ハスケル氏は、 搭乗券の写真を示して同機に妻と共に搭乗していたとMLive.com に独占的に証言した。
ハスケル氏は、彼と彼の妻とはアムステルダムの搭乗口近くに座っていたという。その時、ムタラブが正体不明の男と共に現れたという。
カートと妻のロリはテイラーにあるハスケル法律事務所の弁護士である。彼らの専門分野は破産、家族法、遺産計画だ。

ムタラブが質素な服装だったのに反し、彼と一緒にいた男は高価なスーツに身を包んでいた、とハスケル氏は述べた。この男はムタラブがパスポート無しで搭乗できないかと尋ねていたという。「この男は、『スーダンの友人でパスポート無しでの搭乗はいつもやってきていた』と言ったのだ」と語った。

ムタラブはナイジェリア人だ。ハスケル氏はこの男はスーダンの難民であるとすることで、パスポート無しで搭乗できるようにしようとしていた、と考えている・・・
この目撃・証言者は、法律事務所の弁護士さんのようやね!

また、Don't Believe The Hype 12/30 より

さあ、次は本格的にイエメン戦争に介入だ!? またも使われたか戦争拡大への古いシナリオ

・・・
12月27日付け、NY Timesは、アメリカの諜報機関が1年前よりひそかにイエメン政府軍に対して援助してきたが、今回の飛行機”テロ事件”を機にアメリカのイエメンへの介入がさらに激化するであろうという論説を発表している。
http://www.nytimes.com/2009/12/28/world/middleeast/28yemen.html?_r=1


イラク、アフガニスタン、パキスタンそして今度はイエメンと世界一の軍事大国・アメリカは、世界中に“軍需ビジネス”を展開しているが、経済大恐慌の嵐が吹き荒れている今、何が何でもこれで景気を盛り返そうと焦っているのかと勘繰りたくなるような、そんな勢いでの今回の”シナリオ”であった。
イエメンは、現在、イランが反政府武装勢力に、そしてサウジアラビアとアメリカが政府軍に加担して、戦火を拡大しているが、今回のこの事件は、アメリカがイエメン政府軍へさらなる加担をするための“猿芝居・口実作り”だといっている人は多い。
http://www.businessinsider.com/us-opens-third-front-of-war-yemen-2009-12
http://economictimes.indiatimes.com/news/politics/nation/Yemen-will-be-tomorrows-war-says-US-senator/articleshow/5389945.cms

その一人が著名な調査ジャーナリストのウェブスター・G・タープレイ氏(Webster Griffin Tarpley)だ。彼は12月29日付け「Russia Today」のインタビューに登場。容疑者の父親がアブジャ(ナイジェリア)のアメリカ大使館に捜索願を出していたのに、容疑者はイエメンからガーナに行き、そこで2,800ドルの航空券を現金で購入。パスポートは不所持だったにもかかわらず、立派な身なりをしたインド人が空港で「彼はスーダン人。パスポートは持っていないが、飛行機に乗せるように」と要請。容疑者の男はアムステルダムへ行ったと語っている(アルカイダのスポンサーはCIAだとも断言している)。

(Russia Todayの動画)
http://rt.com/Politics/2009-12-29/detroit-terror-act-fake.html

・・・・
(上記サイト中では一部伏字になってたところもあったのですが、すでに皆が知ってることでもあり、うちでもこれまで書いてきてることなので、その部分も伏字にせず書きました)

パスポートを持たない人間を、しかも身体検査もすることもなく、すんなり通したという事実だけをみても、他に考えようのないぐらいはっきりしてきたと思いますw
そして、そのセキュリティを行っていたのがイスラエル企業。
さらには、口実さえ作ればよく犠牲者をできるだけ出さないように、故意に爆発失敗するようにした可能性が極めて高いことなど・・・

法律的には?決定的証拠とまではならないかもしれないけど、内容的には十分それに匹敵するものだ!
似たような例としては、たとえば、
・911NYの時、緊急対応システムが、たまたまその時だけ偶然にも?都合よく解除されていたとか
・その911直後、米国全土にわたって飛行が禁止されていた中、ビンラディンの乗った飛行機だけが許可され国外に脱出したと言われてるとか
・あるいは真珠湾攻撃の際、現地のレーダーを不能にした上、日本軍が湾内に入りやすいようにわざわざ海門を開けていたとか、(大事な空母等は非難させておいて)旧式の戦艦や航空機を攻撃しやすいようにきれいに並べて置いてたとか
・ハリケーン・カトリーナの際、黒人の住んでる地域に被害が直撃するように、軍が堤防を爆破したとか・・・

今回のもやはり予想通り、米国らによる自作自演テロ!!

米機テロ事件でアルカイダが犯行声明?
なんか、911の直後、ビンラディンが声明(実際には米国がハイテク技術駆使して勝手に捏造した映像・音声だったことがほぼ間違いない)出した時のことを思い出すなぁw 

元々、アルカイダなんていう組織自体、実際にあるとも思えず、強いていえば、かつてソ連がアフガンに侵攻した際に米国CIAがイスラム義勇兵たちを訓練・育成したものが起源になっており、いわばこんにち世界中にテロ恐怖を煽るための、米国によるスパイ組織のようなもんの可能性が極めて高い!

昨年のムンバイテロの時でもやはり、
逮捕された容疑者の一人がカシミールのイスラム過激派組織内に潜入しておとり捜査をしていたインド公安当局の捜査官だったことが報じられ、インド当局がテロのおとり捜査をやるふりをして、本物のテロを誘発した・・・
(ウィキぺディア「テロの多くは米・欧・イスラエルの当局が誘発」 )
と言われてるし、「パレスチナの過激派ゲリラの正体はイスラエル人! 例によって自作自演!」でも、それに関連した証拠の一つとして、兵士の胸にユダヤ教徒のシンボルであるペンダントが映っていたビデオなんかも紹介した通り。

今回のも今のとこ、これといった情報が出てないみたいで、あくまで私の第六感だけですが(しかし逆に、本物の組織によるものだという確かな証拠も出てないはず)、米国仕業による自作自演というのはまず間違いないだろうと私は見ている。
こうやって時折テロ事件を演出することによって、またどこかの国に侵略戦争を仕掛けたり、あるいは国民監視・取締り強化を進めていく口実にできるから・・・

起爆装置がうまく働かなかったなんてのも普通に考えれば、たまたま失敗というよりもどっちかいうと故意にそこまでしなかった可能性の方が高いやろしね!
(つまり、米系工作員によって、そのナイジェリア人を煽って、若しくは何らかの脅しをかけて自爆テロをさせるように仕向け、その際元々うまく起爆しないように作った装置を手渡した?)

アルカイダのHPなんていうのも実は、米国人が作ってるんじゃないんかなぁ・・・

ニュース報道にあった、「・・・すぐ後ろの席に座っていた若い男性が飛び掛って取り押さえた・・」なんてのも、たとえば例の植草氏に対する国策でっちあげ事件の時を思い出すw
(その若い男性に関する詳しい情報が、どこかにないかな?)


関連記事:「テロリスト」とは誰か、「テロとの闘い」と何か? ネオコンが作り上げた、壮大な虚構! 国際テロネットワーク、アル・カイダは存在しない
      また米系メディアが、アブ・アブドラーという虚偽の人物を作り出してのメディア操作〜当のイスラム軍が声明
      世界最大・最悪のテロ国家はアメリカだ! 他

http://inkyo310.blog16.fc2.com/blog-entry-98.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月08日 19:21:59
軍需産業のホンの一部の参考事例として、例の「特殊X線透過装置で服の上から体に巻いた固形物を見つける」航空セキュリティ装置の米国企業には随分と大物政治家・高級官僚等が天下りしているそうです。

02. 2010年1月08日 22:51:24
この宣伝効果の高い、クリスマスを狙った「花火けむりショー」は、アルカイダがまだいる、と世界市民を洗脳するためのマスコミを使った、工作=演劇であるのは言うまでも無い。

アルカイダは、アメリカが作った、アメリカの身内組織である。

他、旧ソ連=北朝鮮も、事実上アメリカが作った体制である。

現ロシアは、そのソ連アメリカ裏工作時代に、組織特権を握ったユダヤ人脈が、今オルガルヒ勢力となって残っている。

北朝鮮は、先日、韓国都市部への攻撃演習を行ったと、宣伝=アジア危機演出を行わせているのは、もちろんパキスタン経由イスラエル筋=アメリカである。

2012年、第二の911を演出するアメリカ。それは、北朝鮮の意味不明の暴発から、韓国、日本、他「アジア大戦争」を巻き起こす可能性が、決してゼロではないということが、先日の報道から透けて見える。


03. 2010年1月09日 02:36:11
乗客を人質にとるハイジャックならともかく
爆破・墜落が真の目的なら
トイレに篭って爆発させるだろうよ

こんな茶番劇でも洗脳されてる奴にはバレないと高を括っているのか
そんな茶番でも演じないとまずい状況なのか
洗脳された大衆を洗脳から開放するためのネタを提供しようとしているのか
オレには分からん


04. 2010年1月09日 08:21:58
この航空機テロが起こった時同じくして愛国者法の法律の期限が切れる寸前だった事をお忘れなく。
愛国者法は、911を理由に制定され航空機テロによって延長された。
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/471.html
テロが起きて一番喜んでいるのは、アメリカ人の自由を束縛できる法律を堅持できたアメリカ政府そのものである。

05. 2010年1月09日 12:35:44

03さん、おそらく「高をくくっている」というのが、一番可能性が高いのではないでしょうか。
引退したある政治家が言っていましたが、政府の内部にいると恐ろしいぐらい世間知らずになるそうです。
そして、自分が世間知らずになっているということに、気がつかないと。

もう一つ考えられるのは、見透かされるのを承知の上でやっているということ。
9・11もそうですが、「バレてもかまわん」といった開き直りのにおいが感じられます。
なんのために?
おれたちはこんな作戦も実行できるんだぞ、と他国を脅すために。


06. 2010年1月09日 19:35:16
マスゴミを支配していたら一部の人間にはばれても大多数の人間にはばれない。
大多数とは、マスゴミが嘘をつくはずがないと固く信じているお人よし国民を指す。

07. 2010年1月09日 20:51:06

アルカイダ=CIA
(等式の原則により右辺と左辺は等しい)

08. 2010年1月10日 03:14:27
われらが日本国も気をつけないといかんな。

 CIA工作員893と畜米マスコミとがグルになり、対米従属を固定させるためのテロ・パフォーマンスをやらかすかもしれん。

 いや、パフォーマンスとはいえ、相当の死者さえ出かねない。

 下山・松川・三鷹事件、、、。


09. 2010年1月10日 20:28:02
米機爆破テロ事件。こんな見え見えバレバレの自作自演劇を、大手マスメディアは当然のことながら、何故か私がいつも読んでいるサイトでも誰も取り上げていないので不可思議に思ってました。全米のマスメディアは連日これ一色で国民を洗脳することに余年が無く、雰囲気は将にイラク戦争開始前夜。アメリカが戦後行ってきた軍産複合体、経済活性化のための数々の軍事介入と戦争。こんな超犯罪国家への従属が永久化されそうな気配の日本の国民であることに怒りと悲しみを覚えます。世界は勿論きれいごとだけではやって行けないけど、物事には限度というものがある!!

10. 2010年1月10日 23:41:47

アメリカ人というのは、ひょっとして、ものすごく単純な人達なのでしょうか。
あるいは、「戦って相手を打ち負かす」という行為を通してでないと、自分たちのアイデンティティーがたもたれないように感じているのでしょうか?
多くの国民が戦争を「必要なもの」とみなしているから、9.11でも今回の「テロ未遂事件」でも、政府が戦う口実を作りだすことにそれほど疑問を感じないのではないか。
日本人はここへきて、だいぶさめた目でアメリカという国を見るようになったと思います。
「アメリカって、信用ならん国だなー」
腹の底でそう感じている日本人がものすごく増えたことが、前回の選挙での自民の歴史的大敗と無関係ではないと言う気がします。

この国民の意識の変化に付いていけないマスコミが必死の世論誘導をしているようですが、むなしい空回りに終わるでしょう。


11. 2010年1月11日 01:01:38
アメリカから出国するときはパスポートなんかみないよ。こんな程度の推測で話しつくんだから。こまったものですね。

12. 2010年1月12日 08:31:27
日本人の多くが、アメリカの本性に気づき始めたには確か。
ブッシュの2枚舌、3枚舌外交のおかげでね。
そういう意味では、ブッシュに感謝しなけりゃ。

13. 2010年1月12日 08:36:23
  
 11よ、
じゃあ、アンタの推測、聞かしてもらおうじゃないか。

14. 2010年1月13日 08:24:32
それは勘弁して。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。