★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58 > 126.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
海一つ越えて寒い國に、まことの寶隱してあるのざぞ
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/126.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 4 月 19 日 23:28:08: xsXux3woMgsl6
 

 
 
 
 
ひふみb示
天つ卷 第十四帖 (121)

海一つ越えて寒い國に、まことの寶隱してあるのざぞ、
これからいよいよとなりたら、
bが許してまことの臣民に手柄いたさすぞ、
外國人がいくら逆立ちしても、
bが隱してゐるのざから手は着けられんぞ、
世の元からのことであれど、
いよいよが近くなりたら、
この方の力で出して見せるぞ、
びつくり箱が開けて來るぞ。
八月の七日、
ひつくのか三。
 
 
 
 
宇宙戦争の考察[保存用改訂版]
http://www.asyura.com/0306/tyu2/msg/322.html
投稿者 狂的電磁波 日時 2003 年 8 月 10 日 17:32:54:jhWUNKjaVDgh6
   
 
 実はあのロシアという国はエイリアンと国境を接している国家ではないかと思わせる話があ
る。前世紀にある科学者が現地人からも恐れられているシベリア奥地のある地域に探検に出か
けたときに、多くの不思議な設備や建物に接触し、奇妙な体験をしたと言われているのだ。
 ソ連時代や最近でもそこに踏み入ったとか調査したというロシア人がいる。それらの人々か
らは「ブーン」という機械音のような音や火の柱、誰かに操作されているような大きな火の玉
、赤く輝く金属製の建物や大きな鍋を逆さまにして地面に突きさしたような設備などが一致し
て報告されている。それらの建物・設備は地面に潜っていることもあるらしい。

 あの「ツングースの大爆発」の時も爆発したUFOに向かって火の柱が伸びるのを見たとい
う報告もあり、最近のロシアの科学者の中にはツングース大爆発は宇宙人だか地底人だか超古
代文明人だかの間の戦争だったと講演した者もいる。
 私はあの事件をこう推理する。故障でもう確実に墜落することがわかっている原子炉を動力
源とした大型UFOに乗っていたエイリアンが、被害を最小限に食い止めるために何とか人気
のないシベリア奥地までUFOを動かして、現地のエイリアンに空中で破壊してもらったので
はないだろうか。もしかすると、あの当時の人類に大型UFOに積まれた科学技術を渡すこと
は危険だと判断してわざわざあのような方法で確実に跡形もなく破壊したのかもしれない。

 ちなみにソ連の核・ミサイル実験の中には(地下の)エイリアン施設への攻撃を兼ねて行わ
れたものが多くあるという噂もある。党や軍の幹部がエイリアンの科学技術を奪う絶好のチャ
ンスとか新兵器の効果を試す格好の実験台と考えたとしてもおかしくはない。
 ソ連、ナチスドイツ、アメリカ合衆国といった国家は20世紀の前半や中頃には大規模な調
査などによってある程度彼らについての情報を手に入れていたのかもしれない。そしていずれ
もが危険な地表国家であった。
 彼らが近年になっても我々の前に姿を表さない理由の一つがまた明らかになったような気が
する。要するに地表世界に関わって人的交流をしたり基地や施設、特殊領域の地理などについ
て情報公開したりするとアメリカのような危険大国は何をするかわからず危険だし、起こりう
るいろいろな可能性への対処をしておいたりしなくてはならず面倒だからではないだろうか。
 たとえばアメリカは巨大な水爆でもこっそり、または強引に持ち込みかねない。
 
 
 
 
良い宇宙人と悪い宇宙人
ひふみ神示黎明編NO121
海一つ越えた寒い国ロシアに、まことの情報を隠してあるのです
http://slicer93190.hp.infoseek.co.jp/5-121.html
 
 
海一つ越えた寒い国ロシアに、まことの情報を隠してあるのです

天つ巻 第14帖 (121)

海一つ越えた寒い国ロシアに、
「都市攻撃」と「ノアの大洪水」に関するまことの情報を隠してあるのですよ。
これからいよいよとなったら、太陽(ミロク)が許してまことの臣民に手柄いたさします。
外国人がいくら逆立ちしても、太陽(ミロク)が隠しているのですから手は着けられません。
ロシアに「都市攻撃」と「ノアの大洪水」の情報を隠してあるのは、世の元からの仕組なのですが、
いよいよが近くなったら、この方の力でその情報を出して見せます。
びっくり箱が開けて来ます。
 
 
上のロシア情報については以下のページを参照してください。

天空編10603天空編10604天空編10605天空編10606
天空編10607天空編10608天空編10609天空編10610
天空編10611天空編10612天空編10613天空編10614
天空編10615天空編10616天空編10617天空編10618
天空編10619天空編10620天空編10621
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月20日 17:18:07: vgraNEjOJQ
学童の頃だったかも知れませんがもう何十年も前に学研ムーで、ツングースカ大爆発とそしてその一帯の地中人の事をやっていました。
確か“クヌート”云々と学研ムーではこの地中人達を呼んでいたように思います。
釣鐘様の金属住居に住みブーンという奇妙な唸り音を上げながら地中から出て来たりまた地中に潜って行ったり。
人間が近づくと怒って妙な大爆発を起こし上空にきのこ雲を作ると。
そのムーのイラストではその金属住居は黄金色なしし銅色系で宇宙服のようなのに頭には奇妙な中世西洋甲冑のようなものを被っていました。
リンク先の良い宇宙人と悪い宇宙人さんのサイトを見ますとアヌンナキは監視者で、古代に地球上にいた彼らは人間にイナゴのようであったし、
また人間の方も巨大な彼らから見ればイナゴのようであったと。
彼等は巨大であるがゆえに人間は小さくイナゴのようであったのでしょうが、人間から見て何故イナゴのようであったか、
先生ご引用のスターチャイルドとそして巨大であるがゆえに巨人族に見える火星の頭骸骨は私には顎がイナゴのように見えます。
してみると火星ーエジプト文明やシベリアほか基地の監視者達はアヌンナキ系列なのでしょうか。
ですが月のミイラ女性とは異なる種族であるような印象を受けます。
私も額の中央に第三の眼がありそれで日本民族を守護する天使達やらと交信した事がありますが、第三の眼で一瞬で互いの姿や声そして様々な情報を交信授受できたりするのですが。
何千年も何万年も生きた魂から受け取った異質な文明の情報は未だ解読不能なものが多いですが、私の第三の眼は月のミイラ女性ほどの外見的特徴はありませんので彼女にはどのような能力があるのかは分かりません。
私の第三の眼は彼女達の頃から退化してしまったように思えます。
私のような形質を受け継いでいる者もいますし、月の彼女達はアジア人種の遠い母なる存在に思えますが、しかしそれでは私が会った天使達はどこから来たのか。
天使達はまさに月の彼女達の魂なのか。ですが天使達、彼女達はプレアデスから来たと天使達からは聞いた事があるのです。
プレアデス?...何のこっちゃと思います。
中国は英米イルミナティーに唆されて自分達の遠い始祖の種族とこれから戦わせられる可能性がありますね。
私にとりましても謎は深まるばかりです、イルミナティーのタイムマシン操作による次元の捩れずれにいるせいの可能性もありますし。
イルミナティーが復活させようとしている天使達ですら恐れるあの大サタンとはマルドゥクとも呼ばれたあの存在でしょうね。
ですがクリスマスは家族と共にまったり過ごしたいだけなのに一部闇権力者達の無謀な敵対的攻撃の為にとばっちりを被るのでは溜まったものではありません。

02. 2010年4月20日 17:55:24: OWC8bJfvg6
上のコメントをさせていただいた者ですが上記文中“クヌート”→“ヤクート”に訂正させてください。
他の箇所も乱文乱筆すみませんでした。

03. 2010年4月20日 21:51:47: Kvzrd35mP2
これでコメント最後にします。
シベリア他に基地を作っている巨人地底人らはアヌンナキ系統の前文明地球人類でどうやらプレアデスから来たという神と天使達の種族に滅ぼされた種族の生き残りのようです。
「主は巨人族ネフィリムである彼らを滅ぼした」云々とも符合します。
太陽系と地球の地下や海底に生き残りが居て地球NWO勢力はそれらと戦おうというのかも知れません。
或いはそれと共に月等のアジア人種系エイリアンとも戦おうとしているのかも知れませんが。
イラク信仰でアヌンナキのものとも取れる爬虫類人系土偶が出土したのはその地底基地への攻撃によって破壊された居住跡から土器が発見されたと取る事も可能でしょうが、大戦争はその隠蔽された真の目的であるとは思いません。
大戦争人口削減や環境破壊等の彼らの数々の狂った行為は彼らが未来を覗き見て最もエノク書の実現に近いタイムラインXに基づいていると考えています。
イナゴのようだったというのも確かに私が述べたように彼らの顎の辺りは奇形的ですが、そういった理由ではなく本当は、イナゴのように彼等はUFO等に乗ってわらわらと地中から湧いて出て来たといった事なのかも知れませんし“イナゴ”というところに何か隠された意味があるのかも知れません。

04. 卍と十と六芒星 2010年4月20日 22:56:08: xsXux3woMgsl6: LCdY5BXnFs

情報提供有り難う御坐います。
漠然とシベリアの地にゐる存在は東洋人型宇宙人なのかなと思つてゐましたが、
さうですか巨人族ですか。
大變參考になりました。

(卍十*)



05. 卍と十と六芒星 2010年4月20日 23:10:45: xsXux3woMgsl6: LCdY5BXnFs

 「イルミナティーが復活させようとしている天使達ですら恐れる
  あの大サタンとはマルドゥクとも呼ばれたあの存在でしょうね。」


此れは詰まり、マルドゥクは水bでも有るやうですから、
ノアの大洪水を聯中が起こすと云ふ解釋も出來ますね。
或いは聯中は其れが天災として起きる事を知つてをり、
然し一般大衆には其の事實を隱しておくと云ふ事かも、
と云ふ二つの可能性。


(卍十*)


06. 2010年4月21日 21:21:45: QzCq9vckvQ
マルドゥクが水神?
ええとそのような記述があるとすれば、マルドゥクとはそもそも現在の姿の太陽系創始期の凄まじい力を持つ破壊星マルドゥクに因み擬えて大サタンが呼ばれる事もあったからで、
破壊星マルドゥクは大洪水等を伴い如何にも水を支配しているように見える事に関係あるのかも知れません。
マルドゥクの魂が復活すれば勝てるのは私の知る限りでは実際には主なる神とも呼ばれる疾風の矢の将軍、光の矢、エンリル・ティー以外には居ないでしょう。
ですがエンリル・ティーは私達の居る世界には存在しません。
私の第三の眼がその存在を全く感知できないのです。
もし存在するならば、この太陽系付近程度ならば、まあ映画スターウォーズのフォースのようなものとでも言いましょうか、そういった自身の生命エネルギーのようなものを相手に相応しい特定の波長に高めてその存在の手応えを得る事ができるです。
ですが全く感じないのです、彼だけでなく彼に属する構成メンバー達の一人も、この太陽系からかなり遠くまで。
ここはイルミナティーによってタイムラインX付近のタイムラインに乗せられた次元だからです。
私達が小さい為に地に這いつくばるバッタのように地に這いつくばって見えたという巨人族地底人達が出て来ずに地底世界等に甘んじているのは嘗て神であるエンリル・ティーと天使達の種族によって余程手酷くやられた記憶がトラウマとなる程に彼等に残っており、私達が「産めよ殖やせよ地に満てよ」というのが彼らを酷い目に遭わせたその神と天使達の意志であるという事が分かっているからでしょうね。
ですが彼等もいよいよ姿を現さなければならない時がある筈です。
それはワンワールド勢力よって生存に関わる攻撃がなされた場合とそして彼らも地球内部に居られなくなるポールシフト等の地球規模での大異変が訪れた時などでしょう。
その時に彼等は大発生したイナゴの大群のようにわらわらと地球内部から姿を現すのだと思います。
そうなれば彼らの存在に気付いていながら隠蔽している地球の権力者たちもいよいよ隠しておく事はできません。
コメント最後にさせて頂くと言いながらまたまたのコメントすみませんでした、これでこのスレッドへのコメントは終わりにしたいと思います。

07. 2010年4月23日 23:13:37: szvNzdHx6Q
 高次元のホワイトの導師が、あなたのサハスラーラの封印を、ほどいたら、


あなたは、高次元に行ける。

   正しい瞑想の仕方、


 ただ、あなたが、楽な姿勢でリラックスすること。これのみ。


 マントラム、座禅、行法は、必要ない。


以上。


08. 卍と十と六芒星 2010年4月27日 00:08:28: xsXux3woMgsl6: EECmHMNaQw

>>07
此れ、何となく解ります。
チヤクラを開いて貰つた譯ではないんでが、
似た樣な經驗があるから。


09. 2011年2月28日 16:51:08: vq1J7pcI9s
ちょっと前に読んだ記事に、ロシアの調査隊が氷河の中に存在する巨大な湖に通じるトンネルを開通する寸前だ、というのがありました。そこには、世界から途方もない時の間隔離された環境が存在しているそうです。

大洪水関連とおもって。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧