★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58 > 139.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
平行宇宙。他の惑星には他の存在がいます、彼らは高度に進んだ文明を持っています。
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/139.html
投稿者 山ちゃん 日時 2010 年 4 月 25 日 12:01:03: XjtGJYeP2OT7g
 

預言、主の山より
VI-12

平行宇宙。他の惑星には他の存在がいます、彼らは高度に進んだ文明を持っています。

「私の貴い子よ、私はあなたの主人イエスです。私の小さき者よ、あなたは幸いです。あなたがすべての迫害にもかかわらず、手にペンを持って戻って来たからです。

あなたはHAARPに関してもっと理解する必要があります。それは電子プラズマ(electronic plasma)の開発と構築(building)です。私の小さき者よ、これは単なる振動波以上のものです。累積する電子物質です。それがそれ自体の上に構築されるのです。

彼らが人間に対する攻撃に関して彼らが追求していることは、この累積するプラズマを生じさせることです。その結果、すべての身体上の諸過程を混乱させます。病気の累積や、精神不安定を引き起こし、更に死へ至らせることも可能です。

私の小さき者よ、あなた方ひとりひとりがこの電子プラズマのメカニズムとその累積の効果を理解しておくことは非常に重要です。しかし、また、あなた方ひとりひとりは、私がその影響からあなた方を救い出すことができることも認識していなければなりません。しかし、この保護を受けるためには、あなた方は保護を受けられるという信仰を持たなければなりません。そして、私があなた方を保護するから、このプラズマはあなた方に危害を加えないことを知らなければなりません。」

「私の主よ、私はいつもあなたの保護をお祈りします。そして、特に、免疫システムに問題のある幼子たち、病弱な人々、年配者たちのためにお祈りします。」

「私の子よ、この瞬間にも米国の大部分がHAARPの影響下にあります。しかし、マイクロウエーブの塔の近くに住んでいる人々はこの周波の攻撃を受け易いのです。」

「私の主よ、その塔が数個私たちの家のすぐ近くにあります。」

「私の子よ、それはあなた方2人のための信仰と忍耐のためのレッスンです。しかし、あなた方を駄目にしてしまうことはありません。だから、決して、決してあきらめないこと。辛抱しなさい。何か良いことがあなた方の前途にありますよ。それはあなた方にはとても必要な祝福です。」

「おお、私の主よ、私たちはある所定の地域において、祝福を間違いなく活用することができますように。」

「私の子よ、今あなたには多くの質問がありますね。」

「はい、私の主よ、そうでございます。最近、私は平行宇宙(parallel universes)のビジョンを見ました。それらは互いに重なっています。これらの階層の積み重なりのために、これらの宇宙は食品脱水器(food dehydrator)を連想させます。ここで一番面白いのは、積み重なりの最後の宇宙が生み出されて、別の宇宙を形成しているように見えるところです。」

「私の子よ、私があなたにこれらのビジョンを見せているのは、私たちの父の働きの中であなたの知らない部分をもっと理解するのを助けるためです。」

「私の主よ、宇宙のこれらの積み重なりを見ますと、それらの外側には何も見えません。それは空っぽの空間のようです。暗くはありませんが、光でもなくグレーの空間です。」

「それはグレーの空間です。しかし、それは物質がないわけではありませんよ。」

「それはどういう意味ですか?」

「命も何もないように見えるものは実際には命の連携(teaming with life)です。それはあなたにとってはまさに未知の生命力です。」

「確かにそうですわ。」

「それは認識を持っていますが、それを見ただけでは、何だか分かりませんね。」

「このグレーの空間はただ終わりなく続いて行くのでしょうか?」

「いいえ、他の平行宇宙の連続をもたらします。」

「私の主よ、この広大さは私の理解できる範囲を超えています。それはあまりにも複雑です。」

「子よ、把握できますよ、ご覧なさい!」

「私の主よ、宇宙の沢山の積み重ねが見えます。そして、それらがこのグレーの空間によって切り離されています。」

「その通りです。」

「私にこのすべての深さと度量の大きさを理解することができたらと思います。」

「私の子よ、あなたはそれをちらっと見たことがありますよ。あなたは他の惑星にも兄弟姉妹たちがいて、その数は海の砂ほどだと言いました。」

「はい、私の主よ、あなたはそのように言われました。しかし、私はこれらすべての宇宙については知りませんでした。」

「私の子よ、あなたは私たちの父の働きの偉大さを少しも理解できていませんね。しかし、あなたはそれらが壮大であって、素晴らしいものであることを知る必要があります。」

「私には、私の主よ、もう一つ質問がございます。あなたは人々がよく見ている宇宙船を飛ばしているのはルシファリアンだと言われました。」

「はい。」

「私たちはある人物の物語に出会いました。彼は宇宙船に乗せられたことなど多くのことを語っています。即ちこれらの存在(訳注:宇宙人)は地球の姉妹惑星からやって来たと言い、彼らはこの惑星の将来について非常に心配していたそうです。と言いますのは、ここの出来事が彼らの惑星に影響を及ぼすからなのです。

また、これらの存在がこの人物に空飛ぶ円盤の造り方を教えたのだそうです。そして、彼は何年間もかかって造ったのですが、殆ど成功しませんでした。この人物はいわゆるエイリアン(異星人)たちと時間を過ごしたそうなのですが、彼らは私たちの生活に干渉することは許されていないと語ったそうです。それは不干渉の法(LAW OF NON-INTERFERENCE)というものがあるからです。」

「私の子よ、あなたの最後の文が要約しています。他の惑星には他の存在がいます。彼らは高度に進んだ文明を持っています。しかし、私たちの父の法則は普遍的です。彼らはあなた方の生活に干渉してはいけないのです。もしそれをすれば、重大な結果は避けられません。」

「しかし、彼らはこの人物を彼らの宇宙船に乗せて、宇宙船の建造方法を教えました。とても面白いと思いました。彼らが大工さんを選んだのが、また、面白いです。」

「私の子よ、大工の技能しかなかったかも知れませんが、彼は大変な不屈の精神を持っています。これらの存在は自分勝手に来たのではないことを覚えておかなければいけませんよ。彼らは選ばれて、この特定の任務をもって遣わされたのです。」

「あなたは以前仰いましたが、報告されている殆どすべてはルシファリアンたちです。でも、非常に希なことですが、善意の人たちも登場するのですね。」

「そうです、これは非常に希なケースです。ありとあらゆるUFOについて、だれもが非常に疑い深い点は重要です。地球を苦しめているのは、実にルシファリアンたちなのですからね。今でも、彼らはUFOを用いてあなた方に危害を加え、地球に害を及ぼしているのです。

私の小さき者よ、あなたが知っているように、多くの人々が誘拐されて、遺伝的に変更を加えられ、実験台にされ、多くの種類のインプラントによって標識が付けられています。これがルシファーのやり方です。彼は私たちの父の法則をすべて無視します。そして、彼が行くところなら、どこにでもカオスを撒き散らすのです。」

「ルシファーも他の惑星に行ったことがありますか?」

「あります。そして、極く最近、戦争がありました。しかし、彼はそこから彼の根拠地である地球に追い返されました。私の子よ、以前、善意の存在たちが宇宙船の技術を地球にもたらしました。しかし、この技術はルシファーとその配下たちによって吸収され、隠されました。

現在、それはこの惑星の人々を脅すためや、あらゆる人や物を食い物にするために使用されています。いいですか、ルシファーと彼の悪党たちは一般市民がこれらの装置を持つことを許していません。しかし、少なくとも、少数の者はUFOがどのようにして動くのか知識を保持しています。」

「私の主よ、あなたは旅をなさるのに、この類の宇宙船には頼らないと言われましたか?」

「私の子よ、頼りません。私はそのようなものがなくとも、光の速さで旅行することができます。彼らは輸送のためにそれを使用します。しかし、私は運搬されるのにそんなものは必要ありません。」

「私の主よ、分かりました。」

「さて、私の子よ、もっと質問がありますか?」

「はい、私の主よ、堕落天使に関する質問がございます。彼らは後どれくらいこの悪を行うことが許されているのでしょうか?」

「私の子よ、地球上での悪の終わりが近付いています。しかし、それが終わる前に大きくエスカレートします。いずれ、すべての堕落天使は地球から追い出されてしまいます。そこで反逆者たちには火の運命が待っています。」

「彼らの魂は死ぬのでしょうか?」

「ある時点で、私たちはそのいくつかを見ます。」

「そして. 彼らの魂は存在しなくなるのですか?」

「はい。」

「そうしますと、いずれ、私たちは『新しい地』を見ることになるわけです。」

「その通りです。この地球はより高い次元へと移行します。そこでは反逆の類の輩(やから)は許容されません。したがって、そんなものは存在しません。この高い次元の中にある光量によって、それは滓(かす)のように燃やされて、とても生きていることはできません。」

「では、地球が新しい次元へと移行しますと、準備のできていない魂たちはどうなるのですか?」

「準備のできていない者たちは、やらなければならない多くの仕事がありますから、今の次元に残ることになります。或る者たちの魂たちは滅ぼされます。彼らが長期間にわたって暗黒と反逆を選んできたからです。しかし、私たちの父は実に憐れみ深いお方ですから、多くの者たちに追加の時間をお与えになります。後に残る者たちは地球とよく似た別の惑星に行きます。彼らはそこで学びを続けます。続けて試みられテストされます。」

「どの様にでしょう?」

「ちょうど、現在、あなたがテストされ、試みられているようにです。」

「そうしますと、彼らは悪鬼や暗闇の勢力によって襲われ続けるということでしょうか?」

「私は、彼らはある種の試みを受け続けます。迫害さえ受けます。悪鬼たちによるものはその一部に過ぎません。いわゆる悪鬼たちの多くは時間の中で生み出された思考様式(訳注:思考の中ででっち上げられたもの)に他なりません。彼ら(訳注:でっち上げられた悪鬼ども)は本人の思考が供給され、個人によってパワーを与えられて、彼ら(思考した本人)を苦しめるのです。」

「これは私たちがみな考えなければならないことですわ。」

「私の小さき者よ、あなたが理解していないことがまだ沢山ありますよ。地球は小学校です。或る者がこの小学校を卒業します。すると次に、彼らはより高度な仕事へと移ります。しかし、御父と彼のすべての被造物への愛を通して、私たちの父への奉仕の基本的な本質を把握するまでは、決してだれも移動することはできません。謙遜を通してのみ、人は私たちの父の働きを把握することができます。なぜなら、へりくだった心は素直(訳注:英語では、教えやすい)であるからです。

私の子よ、真理が世界中で閉じられていても、神の光は求める者たちに更なる真理を提供しています。しかし、これらの真理を求める者の数は少数です。しかも、その数は絶えず減少しています。まさに昨日のことですが、あなたはある記事を読みました。ある個人の意見として、人類の多くは現在、コンピュータチップ、即ち『刻印』の準備ができている、というものでした。あなたが読んだ通りです。大多数は失われているので、インプラントは有益だという偽りを信じているのです。

彼らは真理(訳注:あるいは真実)から遠く離れています。このコンピュータチップは大衆奴隷化のための品以外の何ものでもありません。そして、ワクチンが殺害や滅亡のために使用されることが分かっていれば、それはまさに刻印そのものに他なりません。その結末は最悪の病気やテロです。これはまさに電子拘束服です。」

「ところで、私の主よ、私たちはHAARPの恐怖を経験してきました。でも、私たちはまだ電子的迫害については殆ど知識がございません。恐ろしいことですわ。私の主よ、あなたの民は何も知らない間にこのように拷問を加えられているのです。あなたはいつ彼らを保護してくださるのですか?」

「私の小さき者よ、あなたが考えるよりはずっと早くです。私はイエスです。そう、エホバ、いと高き神です。」

目撃した通りを、口述を受けて、記録しました。
2000年3月21日

リンダ・ニューカーク

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月25日 16:01:56: 2XylE9CvMM
で、その惑星の住民の底辺層はどんな暮らしを?底辺層がどんな状態であるか見れば、その文明度合いが分かります。その惑星の広報官ではなくて、実際の底辺層の本音が聞けないと意味がありません。
まさか、底辺層の居ない、階層のない、お伽の国だとか?

02. 2010年4月25日 16:56:16: AyeaeZge3g
余計なお世話かも知れませんが、あなたが真に聖霊の助けを受けているのであれば、このニューエイジ的な預言が神からきているものなのか、そうでないのか・・・わかっていいはずだと思いますが・・・

まるでエデンの園において蛇に騙されたアダムとエバかのようです・・・
いいかげん目を覚ましてください。
同じキリスト者として、見るに耐えません。
悲しさすら憶えます。


03. 山ちゃん 2010年4月25日 18:19:07: XjtGJYeP2OT7g: c66228xczw
01さんへ
VI-7にこんな記述があります。

(引用開始)

「或る者(天使たち)は私と一緒に働いています。そして、他の者たちは他の宇宙にいる私たちの父の群れの面倒を見ています。」

「では、私たちの父は他の惑星にも文明世界をお持ちなのですか?」

「その通りです。」

「どれほどあるのですか?」

「海の砂ほど。」

「あなたは海の砂ほどと仰いますが、それは文明を持つ惑星の数のことでしょうか、それとも、惑星に住む魂の数のことでしょうか?」

「両方です。」

「地球人たちはいつになれば、そのことが理解できましょうか?」

「私が統治するようになれば、私が巨大な図書館を設立して、そのような事は常識にするつもりです。これら遠方の惑星を訪問する際に、私が選んだ少数の者たちも一緒に行きます。」

「あなたが来られて、地上にあなたの王国を建てられる時のことを仰っているのですか?」

「その通りです。」

(引用終わり)

あなたも是非、神の国に入って下さい。そうすれば、あなたの疑問はすべて解消する筈です。

----------------------------------------------------------------
>あなたが真に聖霊の助けを受けているのであれば・・・
>いいかげん目を覚ましてください。
同じキリスト者として、見るに耐えません。
悲しさすら憶えます。

02さん。今日は、ここでお会いするのは三度目でしょうか。
だいぶ、御気分を害しておられるようですね。

この預言がどうして聖霊によらない、と言えるのでしょうか。
裁きの警告の最中にあっても、神の人類に対する強い切なる愛をお感じになりませんでしたか。これは神御自身による直々の言葉であるからです。

聖書の霊と全く同じ霊によってこの預言は語られているのですよ。
そこの所をあなたには悟って頂きたいと願います。
この預言は人類に対する最終の警告の一つと私は理解しております。

聖書に述べられていないことが多く語られていますが、反聖書的なものは1つもありません。
あなたにはキリスト教はこうであるべき、との固定した観念がおありのようですね。この預言はそれに真っ向から対立しているのだと思います。あなたのお気持ちは理解できます。が、その固定した観念を取り除いて下されば、ご理解いただけるのではないかと思いますが、如何でしょうか?
私はニューエイジでもなんでもありません。極く普通のクリスチャンです。


04. 2010年4月25日 20:19:03: ZjhQkJUC8U
こんなのは阿修羅読者であれば創作できる内容です。
ほんとにそんな偉大な存在があなたにはいろいろ打ち明けるなら今すぐHAARPと大地震のメカニズムとかケムトレイルについての全てだとかを明かすとかしてみて下さい。
できないなら所詮今までの既出情報の域を出ません。

05. 山ちゃん 2010年4月25日 21:24:02: XjtGJYeP2OT7g: c66228xczw
04さん。今晩は。

>ほんとにそんな偉大な存在があなたにはいろいろ打ち明けるなら.....

お間違えのないように。預言を語っているのは米国人のリンダ・ニューカークという女性預言者です。私、山ちゃんではありません。

>こんなのは阿修羅読者であれば創作できる内容です。

あなたは、この預言を第1巻から第12巻まで、すべてを読まれましたか?まだでしたら、すべてを読んでから仰ることです。

米国の大地震についての預言なら、XII-43をお読み下さい。ニューマドリッド断層が破壊して、ミシシッピ川が幅500km以上にわたって陥没し、五大湖も陥没して、両者が一つになってY形の海を形成するようです。地図が載っています。
http://www.prophecies.org/japanese/Book%2012/Chapter43.htm
日本の破壊も例外ではなく、ほんの一言ではありますが、
http://www.prophecies.org/japanese/Book%209/09DATE.htm

http://www.prophecies.org/japanese/Book%2012/Chapter45.htm
にあります。
こんな予告が人にできるでしょうか。創造主なる神なればこそ出来ることではありませんか。


06. 2010年4月26日 07:31:29: kV0BoKiMl6
山淵組の山ちゃんだい!
『第6話 虐殺の処刑遊戯!!』
http://www.veoh.com/collection/snk/watch/v4461162DS78bBZ9#
「多額の寄付をすれば神はあなたのこれからの殺人をお赦しになるでしょう。」「ほんとうですかい!やっぱしここ来て良かった〜、んじゃこれで...ア・イ・タ。アァ・イィ・タァ。」
「おお−神はあなたの全てをお赦しになりましたー。」ピッカァーッ!!

今在日暴力団が阿修羅系最先端HAARP情報等を利用して新たな宗教ビジネスの実験中。
在日はMKウルトラ兵器まで持って信心深い日本人の金を毟り取り信者女性の心をあべこべに書き換え性奴隷にしもちろん保険金も確りかけて日本破壊に邁進中。
リチャード・コシミズさんはこんなのに負けません!たぶん。
『新潟地震とHAARPとの関係』
http://blog.goo.ne.jp/arai647/e/3d11cf1e5a9f6dfeb45a7ebd1688424f
『1/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」大阪講演会09.06.20】』
http://www.youtube.com/watch?v=XOKIJq4eekM
在日の闇に触れた者、在日の都合の悪い情報を流す者、気に食わない者は皆一度はMKウルトラ兵器で脳梗塞や脳溢血、心筋梗塞で倒れる。
そんな事はもちろんリチャードコシミズはお見通しだ。
充分な根拠を示せないのに口にする訳にはいかないから言わないんだ。
日本の未来を救う為に覚悟の上でやってるんだ。


07. 2010年4月26日 13:45:38: PN7dy7EYBk
地震、津波などなど、

日時が指定されていないでは、ありませんか?

いつ起こるのか? 何年の何月ぐらい言えないのでしょうか?

地震がいつか起こるぐらいは、誰でも言える。


08. 2010年4月26日 13:50:25: PN7dy7EYBk
この預言者は、車が買いたいと言って、寄付を求めている。

車でなく、電車、バスで行けばイイ。

宗教関係は、いつも寄付して下さい、とよく言うが、騙される者もいる。

騙される者が思慮がないだけ。


09. 山ちゃん 2010年4月26日 15:33:37: XjtGJYeP2OT7g: c66228xczw

07さん
ええ、神様は時をはっきりと示されることは、まず、ありません。
なぜか?
神様は人々が悔い改めるのを待っておられるからです。
悔い改めるならば、裁きを中止したり延期したりなさいます。

10. 山ちゃん 2010年4月26日 15:55:28: XjtGJYeP2OT7g: c66228xczw

08さん

>宗教関係は、いつも寄付して下さい、とよく言うが、騙される者もいる。

兄弟たちよ。わたしたちはここで、マケドニヤの諸教会に与えられた神の恵みを、あなたがたに知らせよう。
すなわち、彼らは、患難のために激しい試錬をうけたが、その満ちあふれる喜びは、極度の貧しさにもかかわらず、あふれ出て惜しみなく施す富となったのである。
わたしはあかしするが、彼らは力に応じて、否、力以上に施しをした。すなわち、自ら進んで、聖徒たちへの奉仕に加わる恵みにあずかりたいと、わたしたちに熱心に願い出て、
わたしたちの希望どおりにしたばかりか、自分自身をまず、神のみこころにしたがって、主にささげ、また、わたしたちにもささげたのである。(新訳聖書IIコリント8章)

真の神様は人が心から進んで捧げることを喜ばれます。
ですから、この預言の働きに協力する人たちは喜んで献金しています。他の人たちはそれを見て、騙されている、と言うでしょう。しかし、そうではないのです。
真の神がそうするように勧めておられるのですから、偽りでも騙しでもありません。
このようにして神の働きに参加することは、寧ろ大きな祝福なのです。


11. 2010年4月26日 16:25:13: FmDy7HZmPE
大事なポイントが完全に欠落しているんですね〜
あなたは、何故リンダ・ニューカークとその神を信じるに至ったか?
それが無い限り
裸の王様に見えない服を売りつけた
悪徳服屋の疑惑は消えない
あなたの論理では
信じない者こそ裸の王様と言うかもしれないが
あなたが信じるに至った経緯を語る事が
一番の近道だと思う。
それがなされないからこそ
同じキリスト教徒からも疑問を向けられるのではないか?
同教徒に返す言葉をみていて
そう思った。


12. 山ちゃん 2010年4月26日 16:34:40: XjtGJYeP2OT7g: c66228xczw
11さん

>あなたが信じるに至った経緯を語る事が
一番の近道だと思う。

私はこの預言に出会う前から40年の間クリスチャンでした。
ある時、リンダ・ニューカークの預言を読んで、「これは真実だ。」と思ったからこの預言を信じたのです。以上です。


13. 2010年4月27日 01:20:25: C8tonzZ622
山ちゃんへ。

貴方が信じるのは、理解しますが、信じない者の気持ちも理解できる。

と言うのは、神を見た、神が話すのを聞いたことも、ありませんよ。

ほとんどの人間が、そうなのではありませんか?

思い込みと、事実は違う。


14. 山ちゃん 2010年4月27日 05:36:59: XjtGJYeP2OT7g: c66228xczw
13さん、お早うございます。

>思い込みと、事実は違う。

求めよ、さらば、与えられん。(新訳聖書マタイによる福音書7章7節)
という言葉をご存知でしょう。

この預言の真偽を知りたい、とお思いでしたら、
「神よ、この預言の真偽を教え給え。」と真剣にお求めなさい。
そうすれば、答が得られます。


15. 2010年4月27日 14:50:44: 6QmgX0v3Ac
>>14

何でも盲信する者は、地獄行き。

キリスト教の勧誘が、日曜日によく来るが、全く、あなたのように言う。

惑星が、星がぶつかろうが、死ぬときは、


    死ぬ。


16. 2011年5月20日 01:22:36: jJ7ZSvC6Jk
ローマ国定教会は破門である。なぜ、大いなる者と戦うのか。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧