★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58 > 191.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
かぐや姫は中共に鐵槌を下す
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/191.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 5 月 10 日 01:06:49: xsXux3woMgsl6
 

 
 
 
 
    偉大な大事な集會場の集會がある
    全ての鎖は十字形に交差した時に
    曼荼羅の樣な廣場の城塞都市は破滅する
    十月三日虎の吠え聲を放つ

                  諸世紀 第9章第62編
 
 
 
 
 
 
 
 
かぐや姫は、
月の住人の集會の決定に據り、
中共に鐵槌を下す。
かぐや姫が放つ矢に據つて、
天安門廣場一帶は一瞬にして形跡も無く消し飛ぶだらう。

中共の事情も解らんではない。
何しろブレジンスキーに、

 「如何なる逸脱も許されない」

などと脅されてゐるのだから。
單なる聯中の捨て駒の立場は辛いものだ。
だが、其れでも身から出た錆、
自業自得でしかない。
同じ東洋人なら尚更。
御先祖樣に牙を剥くとは何たる事であらうか。

然し、日本も他人事では無い。
聯中の爲に、

 「高速増殖炉」

などと云ふ、
核弾頭物質の原料を大量生産大量供給せんとしてゐるのだから。

天に嚮かつて唾するとはまさに此の事。
此のやうな、月人に仇なす行いは全て彼等に筒抜け。
かぐや姫から何時如何なる報復を受けやうとも、
何の文句も言へた義理ではない。
 
 
 
 
良い宇宙人と悪い宇宙人
ひふみ神示
黎明編 NO 580
2010年10月に「嫦娥2号」を打ち上げ、衝突体の発射もNO1
http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-4580.html

良い宇宙人と悪い宇宙人
ひふみ神示
黎明編 NO 581
2010年10月に「嫦娥2号」を打ち上げ、衝突体の発射もNO2
http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-4581.html
 
 
2010年10月に「嫦娥2号」を打ち上げ、衝突体の発射もNO1  

鹿一さんのメール

千成さん、 鹿一です。
中国が月周回探査機「嫦娥2号」を2010年10月に打上げる様です。
月面に向けて衝突体を発射し、月の土壌も探査するとの事です。
 
 
 
記事名 : 2010年10月に「嫦娥2号」を打ち上げ、衝突体の発射も
記事元アドレス :
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0508&f=it_0508_002.shtml

転載開始

中国航天科技集団公司の袁家軍(YuanJiajun)副社長は5月6日、中国宇宙飛行基金受賞大会に参加し、中国2機目となる月周回探査機「嫦娥2号」を2010年10月に打ち上げ、月面に向けて衝突体を発射し、月の土壌も探査することを初めて明らかにした。

袁氏は「嫦娥2号」について、「このミッションは、中国月探査計画において重要な一歩である」と強調したが、 衝突体や月面衝突時の観測の詳細などについては、明らかにしていない。

「嫦娥2号」は「嫦娥1号」とほぼ同等な機体で、同じように月を周回する探査機だが、解像度10メートルの高解像度CCDカメラなどを搭載している。

また、高度200kmで周回していた「嫦娥1号」に対し、「嫦娥2号」は高度100kmの低軌道を周回し、より詳細な観測を行う。

「嫦娥2号」によって撮影された画像は、中国初の月着陸船「嫦娥3号」の着陸地の選定に使用される見込み。

「嫦娥2号」の打ち上げには長征三号丙(CZ−3C)ロケットが使用される予定で、直接月に向かい、打ち上げからわずか120時間余りで月にたどり着くことができるという。

(情報提供:sorae.jp)

転載終了

記事元アドレス :
http://www.sorae.jp/031007/3866.html
 
 
 
「嫦娥3号」も打上げ予定が有る様です。
2013年の予定としています。
一つ気になる事が有ります。
それは、「打ち上げからわずか120時間余りで月にたどり着くことができるという」の部分です。
こんなに時間がかかるのと言う事です。
調べてみましたら下記のサイトに時間が書いて有りました。
アポロ11号を例として取上げてありますが、「打ち上げから、月着陸まで102時間:45分:43秒」との事です。
と言う事であれば下記の疑問が発生します。

@何故アポロより速くない?
A技術がアポロより劣っている?
B何かを隠すためにあえて120時間余りと情報を公開している?
C何か重い物を搭載している?

例えば月攻撃用ミサイル?

記事元 : OKWave  月に着くまでにかかる時間
記事元アドレス :
http://okwave.jp/qa/q5267981.html

記事元 : アポロ11号の飛行
記事元アドレス :
http://apollomaniacs.web.infoseek.co.jp/apollo/flight11.htm
 
 
 
記事名 : 嫦娥3号の月面ローバーが完成、打上げは2013年
記事元アドレス :
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0413&f=it_0413_009.shtml

転載開始

重慶市の大学生や高校生に向けての講演「嫦娥1号と深宇宙探査」が4月9日に開かれ、中国月探査計画総指揮者と総設計者である叶培建(YePei−jian)氏は、2013年に打ち上げる「嫦娥3号」の無人月面ローバーについて、開発及び製造を完了したことを明らかにした。

叶氏によると、月面ローバーは月面に着陸し、移動するだけでなく、月面表面や内部を探査できる。また、中国はこれまで少なくとも10数台の試作ローバーも開発したという。

関連写真:そのほかの嫦娥計画に関する写真(669件)

月面ローバーについて、叶氏は「皆さんに覚えて欲しい。この月面ローバーは中国が自主開発し、『中国ブランド』のものです」と強調した。

「嫦娥3号」はランダー(着陸機)と月面ローバーから構成され、月面に着陸して探査を行う。そのうち月面ローバーは約90日間にわたって活動し、6つの車輪で自由自在に走行でき、総行動範囲は3平方キロメートル程度。

なお、「嫦娥3号」は2013年に打ち上げられ、月の赤道付近にある「虹の入江(SinusIridum)」地域に着陸する予定になっている。

(情報提供:sorae.jp)

転載終了
 
 
 
「嫦娥3号」は2013年に打上げ予定ですが、「嫦娥2号」の結果次第では 早くなる可能性が有るのではと想像しています。

今迄の「天空編」や「世界の民の会」の情報等を考えれば、この頃は打上げられる状況ではない様に思えます。

(つづく)
 
 
 
 
2010年10月に「嫦娥2号」を打ち上げ、衝突体の発射もNO2  

千成のメール

鹿一さん、情報ありがとうございます。
中国が月周回探査機「嫦娥2号」を2010年10月に打上げる様です。
 
 
打ち上げは今年の10月ですかぁ。
 
 
衝突体や月面衝突時の観測の詳細などについては、明らかにしていない。
 
 
この部分をかんぐると、月に攻撃を仕掛けるとも考えられますね。
米国は昨年10月のエルクロスで、月の南極突入の映像におかしなところがあるとネットで批判されました。
それで、今度は、中国に攻撃をバトンタッチしたのかもですね。
中国なら、たいして情報公開しなくても普通です。
世界の人々は情報が無くてもあまり文句は言わないでしょうね。
今後は、月攻撃は中国担当なのかもですね。
そういえばWebBot情報で、二人の旅人というキーワードがあったような。
天空編NO10719には以下のようになっています。
 
 
2人の旅行者・・・。
WebBotファンには馴染みのある言葉ではないでしょうか。
この「2人の旅行者」という言葉は、昨年来、何度も何度もWebBotに出てくる言葉でもあるのです。
ただし、宇宙関連のカテゴリーに出てくるものなので、エイリアンと関係するものとして出てくるものですが、何しろ、ものすごい長い期間、このキーワードは抽出され続けていて、「2人の旅行者って何をするのだろう」と、WebBotファンなら誰しも気にし続けているもののひとつなのではないかと思います。
 
 
そしてそのサイトがピックアップしてくださった二人の旅行者についてのオリジナル情報をそのサイトから引用して下に抜き出させていただきます。

(以下の緑色に色分けされた部分はhttp://tok2.seesaa.net/article/121753908.htmlよりの引用です)
 
 
 
・自分の所属するグループから追われる立場の二人の旅行者のような人物が、エイリアンによって製作された恐ろしく古い二つの機器を発見し、一つを偶然に作動させてしまい、これが大変な事態を招いてしまうというデータがある。

(ALTA909 パート2 / 宇宙関連カテゴリー)
 
 
上の部分で、人物をロケットと書き換えてみます。
恐ろしく古い二つの機器を月の南極と北極と書き換えてみます。
すると以下のようになります。
 
 
・自分の所属するグループから追われる立場の二機のロケットが、 エイリアンによって製作された恐ろしく古い月の北極と南極の入り口を発見し、一つ(北極の入り口)を偶然に作動させてしまい、これが大変な事態を招いてしまうというデータがある。

(ALTA909 パート2 / 宇宙関連カテゴリー)
 
 
う〜ん、妄想がふくらみますねぇ。
旅行者というのは長旅をしますので月ロケットと同じです。
エイリアンによって製作されたものと言えば、月がそれに相当します。
二つの器機とは、UFOの入り口も器機と言えば器機かも。
そう考えると、妄想でも1%くらいの可能性が・・・
万が一、この妄想の1%が当たった場合、一つ(北極の入り口)を偶然に作動させてしまい、これが大変な事態を招いてしまうというのは、中国のロケットが加える攻撃で北極の入り口が偶然に開いてしまうのかも。
すると、これが大変な事態を招いてしまうとなるのは当然です。
おしゃべりさる(人間のこと)の分際で、神聖なる月の入り口を開けるとは!
と大変な事態を招いてしまうでしょう。
月ロケットは、月に向かってまっすぐ飛ばないで、スイングバイとかいう月の引力を利用した変則飛行軌道をとるとのことですが、「嫦娥2号」がアポロより月に到着するのに時間がかかるのは、月の位置がアポロの時より少しスイングバイがやりにくい位置にあるのか、それとも鹿一さんが推理されているようにあまりにも重い物を積んでいるからか、わたしのような素人にはわかりませんが、どちらにせよ、わたしの妄想では、ほとんど100%月の攻撃に向かうような気がします。
とすると、重い重い攻撃用爆弾を積んでいて、月の厚い壁をも壊すつもりなのかもですね。
米国のエルクロスも確か昨年10月だったように思いますが、中国の嫦娥2号」も10月なのですね。
なんで10月ばかりに攻撃するのでしょうか?
単なる偶然か、それとも何か理由があるのでしょうか?
中国のロケットが今年月に着くのが10月3日でないことを願いたいです。
今年は占星術では、グランドクロスの年だそうです。
臨終間際の方が見た地震がポールシフトに関係するものなのか、関係無いのか!(Mail 281)に10月が出てくるあの有名な「諸世紀」↓が引用されています。
 
 
 
諸世紀 第09章第062編

原書

Au grand de Cheramonagora,
Seront croisez par rangs tous attachez,
Le Petinax Oppi,& Mandragora,
Raugon d'Octobre le tiers seront laschez.
 
 
原書置換

Au grand de Cher_amon(amoncele)_agora,
Seront croise par rangs tous attache,
Le Peti Oppidum,& Mandr(mandala)_agora,
Raugu d'Octobre le tiers seront lacher.
 
 
原書直訳

偉大な大事な集会場の集会がある。
全ての鎖は十字形に交差した時に。
蔓だらの様な広場の城塞都市は破滅する。
10月3日虎の吠え声を放つ。
 
 
 
とあります。
今年が占星術では、2010年にグランドクロスが形成されているらしい! (Mail 505)にあるようにグランドクロスの年だとしたら、上の預言詩は、ゾゾゾです。
また、Mail 281の情報は星の並ぶ時と関係あります。
アマテラさんが星が並ぶのは2011年かもしれないと推測されましたが、これは惑星が直列的に並ぶことで、今年がグランドクロスの年であるなら、今年だって星が並ぶではありませんか!
ただ並び方が直列ではなく、十字であるだけです。
全ての鎖は十字形に交差した時に。とはグランドクロスの今年のことかも。
蔓だらの様な広場の城塞都市は破滅する。だって、過去にミロクに関係する城塞都市とは東京のことと太陽(ミロク)さんが指摘されています。
蔓だらの様とは、まさに東京の道路の複雑さがドンピシャです。
偉大な大事な集会場の集会がある。だって、関東大震災がある時は、K1か何かの大会がどこかのアリーナで開催されている時、という情報もありました。
いや待てよ!
臨終の方の予言では、関東大震災は5月か6月と言っていたはずです。
よかった!
いや、10月3日は、日本のデフォルトだったらやっぱり城塞都市の破滅です。・・・
偉大な大事な集会場の集会があるというのは、万が一日本のことなら参院選が思い浮かびますが、参院選挙は今年の夏です。
とすると10月は当てはまりません。
よかった!
いや待てよ、5月か6月に大地震があったとしたら参院選が10月に延びる可能性があります?
う〜ん。
アマテラさん、どうしましょう!
わたしの妄想に「待った」をかけてください。
「嫦娥3号」は2013年に打上げ予定ですが、「嫦娥2号」の結果次第では早くなる可能性が有るのではと想像しています。
今迄の「天空編」や「世界の民の会」の情報等を考えれば、この頃は打上げられる状況ではない様に思えます。
2013年という先のことは、カムフラージュのために何とでも言えますね。
鹿一さんが、教えてくださった中国の2010年10月に「嫦娥2号」を打ち上げ、 衝突体の発射もNO1のロケット情報で、こんなに妄想が膨らんでしまいました。
全てが妄想で終わりますように!
一応「臨終の方が見た幻影」についての情報のページを書いておきます。
タイトルは 2011年になっていますが、2010年つまり今年のことかもしれません。

2011年は要注意の年の序章なのか!NO1
2011年は要注意の年の序章なのか!NO2
2011年は要注意の年の序章なのか!NO3
2011年は要注意の年の序章なのか!NO4
2011年は要注意の年の序章なのか!NO5
2011年は要注意の年の序章なのか!NO6
2011年は要注意の年の序章なのか!NO7
アマテラさんの「惑星が並ぶ時」の次の考察
首都圏大地震、HAARP画像が最終段階に突入!

今上のチャプターを読み直してみたら、皇室は那須に避難したらしいという表現があります。
ニュースに注意をお願いです。
皇室が那須に避難したら教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いです。
三穂希祐月師は、関東大震災の前には長雨があり、皇室は京都に避難すると言われていました。
臨終の方の予言と三穂希祐月師では皇室の避難先が異なっていますが、どちらにせよ皇室は、相当の予知能力者のアドバイスを得ているようです。
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月06日 00:37:51 : 69eiLEHJy2
 
 
 
    偉大な大事な集會場の集會がある
    全ての鎖は十字形に交差した時に
    曼荼羅の樣な廣場の城塞都市は破滅する
    十月三日虎の吠え聲を放つ

                  諸世紀 第9章第62編
 
 
 
紫禁城
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/224.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 5 月 18 日 22:36:39: xsXux3woMgsl6


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧