★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58 > 416.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
相撲は古代イスラエルの神事だった
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/416.html
投稿者 gikou89 日時 2010 年 7 月 21 日 00:18:34: xbuVR8gI6Txyk
 

http://www.youtube.com/watch?v=U9NqwW6Bka8

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月21日 06:57:58: nQ8OSXt9vw
ココルンポンは、どうしても仲間なんかそっちのけで自分だけシンクロして変態事件や凶悪事件を起こさせて、
一人の人間の社会的生命を破綻させるドキドキ体験したい。
そのターゲットは第三の目ほかを持っている。
その第三の目ほかはターゲットの一部、むしろ大部分であり核的でありながる構成部分でありながらこの世界には存在しない。
どうやらこの種の人間は五次元以上の世界に本体があるようだ。
どんなに頑張ってもナチスMKスカラー兵器も通用しない。
況してやココルンポンではなおさら無理だ。
ターゲットはココルンポンがアップした動画も1度も観ていないので脳内の動きを合わせる事もできない。
ターゲットに書き込ませて自身の脳内を暴露させてできるだけターゲットの本質に近付きたい、早く脳に触ってわし掴みにして涙を流させ震え上がらせ膝まづかせていたぶりたいのに、
ココルンポンがターゲットのインターネット盗聴で、ターゲットの未来の投稿とシンクロしてみようとフライングするからターゲットが内容の重複を懼れて投稿できなくなっているので皆困ってココルンポンは皆の顰蹙を買っているそうだ。
もちろんターゲットの盗作ばかりでなくココルンポン独自の投稿も多い、ターゲットも「ココルンポンは結果的に情報普及に役立っている、自分だけでは情報の普及を期待するのは心もとないどうせ自分も投稿すれば良い。」と助かっているようだしココルンポンは欲を出さずに投稿中毒記者として専念して欲しいものだ。


02. 2010年7月26日 08:41:00: ONVBbMihao
古代意イスラエルの神事に「ちょんまげ」は有り得ないだろう。
どの段階で紛れ込んだ勘違いなのか知らないが、
あの時代錯誤極まりない「ちょんまげ」などもうやめたほうがいい。
見てて滑稽すぎるんだよ。痛々しいくらいだ。
それから、裏社会との癒着もやめろ!
裏社会とつるんで、な〜にが公益法人だよ。

03. 2010年8月07日 13:34:46: AiChp2veWo
日の丸の棒にあたる部分が白黒なのはヤタ烏を意味し、金の玉はカンヤマトイワレヒコ、神武天皇の弓の先にとまった金鵄を意味する。天の橋立は天使が天上界と地上を上り下りするもの。天使と取っ組み合いをして勝ったため、神に勝つもの、つまりイスラエル、という名を授けられ、替わりに腰の一部に障害を受けた。
ちょんまげはヤタ烏をかたどったもので、天使と取っ組み合いをした故事が日本に伝わって相撲となった。四国の神社では一人で神と相撲をとる神事がいまもある。
モーゼに率いられエジプトを脱出した真正スファラディーユダヤ民族はシナイを何十年と流浪したが、その旅において天から降った食物をマナと言うが、日本で食物を料理する板を、マナ板という。ヤタ烏(巨大な烏)は神武を導いたので、日本サッカーはシンボルをヤタ烏としている。琵琶湖の北岸海溝からは、今を去ること千年以前から遡って約八千年間、土師器をはじめ、土器を沈めた祭祀器が発見され、同じ祭祀がこの長年月の期間行われていたのは世界でも希である。神事は日本の文化風俗にのあらゆる場面に継承されており、わが国がいかにも貴い国柄であることが判る。外国に行くと、ヨーロッパなどでも、古くから伝わった文化や神事をことのほか大切に誇りにしている。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧