★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58 > 512.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
転載:暴かれるか、日本航空123機墜落事故の真相?!44 (+参考情報)
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/512.html
投稿者 888(スリーエイト) 日時 2010 年 8 月 12 日 14:04:25: jwMgwr3A1J/pE
 

飄(つむじ風) 様 ブログ
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/

8月11日記事
−暴かれるか、日本航空123機墜落事故の真相?!44−
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/08/12_67ac.html

※25年前の今日、想像を絶したであろう恐怖の後に御巣高の地に散った
 521の御霊を想い、全ての真実が明らかになります様に・・・「合掌」。

(以下に全文転載〜各画像は上記URLにて御確認下さい。最下段に参考情報有り)

明日はあの事件から四半世紀が経つ
あの事故ではない!あの事件である!!
そのレクイエムを拾ってみたい
しかし、
真相の解明なしに真のレクイエムはない!!


 折から、当時の管制を担当した手記も公開された。転載する。


 前回は新たな情報を元にした事件経過を、小説風に整理した。あくまでも推察事実であって、真相ではない。今回は、それには触れない。それらをさておいて、事件を風化させない想いは重要だ。


 自ずから、沈黙を破った証言が、いくつか声として上がっている。これは重要なことだ。改めて、その声の指し示す方向に真相が見えてくる。今回の管制官の初めての証言は貴重だ。証言者にも依るが、いずれも時の流れが、真実の露吐を促してくれているように思える。


 隠されたものは、顕れるのである。


 管制官の証言に併せて、http://asukadoremi.hp.infoseek.co.jp/sozai/JAL123_2.swf を視聴せられると良い。時経と2次元空間経で、交信のやりとりが手に取るように分かる。既に何度も視聴した方も多かろうが、管制官告白を機に確認される価値がある。


 少なくとも今回の情報からは、隔壁の破壊はなかったものと思われる。「日航123便、トラブル発生。羽田への帰還を求める。2万2千フィート(高度約6700メートル)に降下したい」。という交信が、真相であるならそう言うことになるではないか。


 アンコントロールの原因は一体何であったのか? 一般にはハイドロクラッシャーダウン(油圧系統のダウン)と言われている。果たしてそうだろうか?

 確認は出来ないが、リモートコントロールが考えられる。ハイジャック防止を理由にそうした機能が旅客機には、暗に装備され始めた時期に当たる。今回はそれ以上触れない。


【転載開始】私の8月12日〔亡き先輩へのレクイエム〕
投稿者:渡邉良明 投稿日:2010年 8月10日(火)21時56分1秒 ※渡邉先生のご投稿が下に行ってしまったので、副管理人が勝手に再アップしました。

(gigi様、並びに皆様へ  今回も、長文を、どうかお許し下さい。)
 人には、必ず人生の先輩がいる。学校、職場、地域などの中に、様々な先輩がいよう。
私の忘れ得ぬ先輩は、小学生の頃の、色白の眉目秀麗な方だった。彼は、いつも笑顔を絶やさず、誰に対しても心優しい人だった。
 5歳年長なので、特に親しく語り合ったことは無いけれど、少年の頃、私が、心から憧れた先輩である。彼の周囲には、常に幸せな雰囲気が漂っていた。それゆえ、少年時代の私は、彼を見る度に、心地よく感じた。
 けれども、彼は、今はもう、この世にはいない。四半世紀も前に、亡くなってしまった。

 今年も、あの「御巣鷹の日」が、間近に迫っている。1985年8月12日(日)、午後6時12分20秒、JAL123便(ボーイング747型機)は、大阪(伊丹)空港に向けて、羽田空港を離陸した。
 同機の乗員・乗客数は、524名(他、赤ちゃん1名)。コックピット内の操縦席では、正面に向かって左側の機長席に、機長になるための昇格訓練(あるいは、試験)中だった佐々木祐(ゆたか)副操縦士(39)が座った。つまり、この時、同氏が操縦桿を握っていた。
 また、教官の高濱雅己機長(49)が、彼の右に着席した。高濱氏は、海上自衛隊出身の熟達したパイロットである。さらに、ベテランの福田博航空機関士(46)も、後方のいつもの機関士席に座った。
 客室では、12名の客室乗務員が、それぞれの持場についた。坂本九氏(43)を含む乗客者数は、509名(他、赤ちゃん1名)だった。
(実は、九ちゃんに対して、私には、特別な思いがある。小学6年生の頃の私にとって、彼は、まさに「ヒーロー」だった。私事だが、小学校の卒業文集に、同級生たちのように、絵を上手く描けなかった私は、一人だけ、「上を向いて歩こう」と書き遺した。
 また、中学時代の私のアダ名は、「変人」の前に、実は、「九ちゃん」だった。ひときわ目立つニキビ顔だったからだ。それに、友達から、「九ちゃんと、笑顔が似ている」とも言われた。
 その彼が、突然、不帰の人となった。その時受けた私のショックは、とてつもなく大きかった。日本で、九ちゃんほど、国民から愛されたキュートな歌手はいなかったと感じる。)

 ところで、JAL123便が、伊豆大島の北を、下田市方面を目指して上昇中、これから水平飛行に移ろうとした途端、相模湾上で、突如、「トラブル」が発生―。
 その時刻は、午後6時24分35秒。それは、離陸後、12分ほどの出来事だった。では、この突然の「トラブル」とは、一体何か?
 事故調査委員会(略称「事故調」)は、圧力隔壁の破壊によって垂直尾翼が破損した、と発表―。つまり、彼らは、昭和53年(*同事件の7年前)6月2日の同機の「尻もち事故」直後、ボーイング社による修理ミスによって、亀裂(=金属疲労)が進行した、と主張した。
 そして、それが、今回の「トラブル」につながり、結果、垂直尾翼を破壊したと“推定される”、と報告した。つまり、日本政府は、「急減圧原因説」と採る。
 しかし、日航関係者や同事件の真相究明者からすれば、この説は、甚だ矛盾に満ちている。事実、これは、全くの“作りごと”だと思うのだ。

 それは、まさに、ケネディ大統領暗殺事件に関する『ウォーレン報告書』や、9・11事件についての『9/11委員会報告書』同様、全くのフィクションだと思う。
 事実、圧力隔壁の破壊は、同重大事件(=大惨事)の結果であって、決して、その”原因”ではない。この真実を、われわれは、直視すべきだ。
 では、何が起こったのか? この時、高濱機長が叫んだ。「何か爆発したぞ!」と。
実際、この時、垂直尾翼が、大きく破損した。ほぼ5分の3以上を失った。これを評した著名な航空評論家の関川栄一郎氏が、テレビで述べた。「『無人標的機』が、ぶつかったのではないか」と。
 関川氏は、当時、たいへん信頼され、かつ非常に定評のある航空評論家だった。だが、彼のこの言葉は、その後、公には報じられなかった。しかし、大惨事の初期報道にこそ、まさに事件の「真実」が潜んでいる。

 同事件の真相究明者の中には、この「無人標的機」を、ファイアービーという人がいる。だが、他に、国産巡航ミサイルSSM−1の(爆薬を搭載していない)演習用ミサイルが、日航機の垂直尾翼を破壊したと主張する人もいる。
 しかし、そのどちらにしても、軍事兵器が、垂直尾翼を直撃して、それを大部分破損させたことは、間違いない。
 事実、6時18分時点(つまり、かなりの低空状態)で、或る飛行物体が同機を目がけて直進してくるのを、乗客の一人、小川哲氏は、自らのカメラに撮影していた。
 つまり、高濱機長や佐々木副操縦士は、衝突が起こる6〜7分前には、この飛行物体を、じゅうぶん認識していたと考えられる。何故なら、この時間帯に、同機は、まるで何かから逃げるかのように、猛烈な急上昇をしていたのである。

 では、一体、誰が、この飛行物体(=ミサイル兵器)を発射させたのか? それは、在日米軍による極秘軍事演習中の出来事なのか? それとも、日本の海上自衛隊に配属されたばかりの護衛艦「まつゆき」から発射(つまり、誤射)されたものなのか? あるいは、その誤射さえ、事前に、アメリカ軍によって仕組まれていたものなのか?
 正直、私には、「事」の実態(あるいは、真実)は、分からない。しかし、それでも、JAL123便が、日米両国による準軍事行動の犠牲になったというのが、私の偽らざる確信だ。 実は、私には、かつて日航でパイロットをしていた知人がいる。彼の言によれば、日航などの民間航空機が米軍や自衛隊によって、航行中、仮想の「敵機」と目され、度々、軍事訓練の“目標”にされることがあったという。
 同事件のあった相模湾上は、まさに様々な航空機が飛び交う、航空路の“銀座”とでも呼ぶべき密集地域だ。そんな空域での軍事演習など、まさに人命軽視の蛮行である。腹蔵なく言えば、悪魔の所業だ。

 実際、この”重大事件”を隠蔽しようと画策し、123便の横田基地への着陸を拒否し、2機の自衛隊機を発進させ、遠く御巣鷹(=地元)の尾根まで同機を誘導させた、その命令権者としての中曽根元総理は、当日、一体、何を考え、何を命令したのか?
 2機の自衛隊機が、ミサイルで123便を撃墜したという説(池田昌昭氏)もある。また、二つの原爆の様な「きのこ雲」が湧き立つのを見たという、多くの目撃証言もある。
 さらには、墜落した123便の機体後部(尾翼付近)に、ミサイルAIM4(オレンジ色の機体)が突き刺さっていたという証言(佐宗邦皇氏の言)さえもある。
 実際、ご遺体の識別や鑑識に関わった医師や歯科医師が、「単なる墜落事故の遺体とは思えない」と語っているのを、われわれは、すでに聞いている。

 それゆえ、私は、正直に問いたい。
中曽根元総理、あなたは、あの日、防衛庁、とりわけ航空自衛隊に対して、一体、如何なる命令を下されたのか?!
 何故、あなたは、墜落後の乗客の早期救出を命じられなかったのか? 事実、墜落直後、数十名の生存者がいたというではないか。
 そればかりか、早期救出に向かおうとした数名の自衛隊員が、待機命令違反というだけで、なぜ、射殺されなければなかったのか?!
 加藤紘一氏(当時の防衛庁長官)、当日、あなたは、当時の中曽根総理から、一体、如何なる命令を受けられたのか?!
 第一、あなたは、事故当夜、現場の上空まで行っていたというではないか! 一体、何をしに行ったのか? 遭難者を救助する前に、自衛隊が、「大事件」の証拠物件を搬出するのを見届けに行ったとでも言うのか?!
 当時の極秘情報を深く知悉していた後藤田正晴氏や藤波孝生氏が亡き今日、あなた方ご両者には、25年前の、あの大事件の真実を、われわれ日本国民に語る義務があるのではないか!

 520名(厳密には、赤ちゃんを含めた521名)の死者―。
 余りにも多い数だ。だが、単に数の多さだけでなく、その御一人御一人の方々に、それぞれの人生が有り、希望が有ったはずだ。それが、あの大惨事によって潰(つい)えてしまった。その、すべての犠牲者の無念な思いは、想像するに余りある。
 乗客のK氏を始め、多くの方々が、すでに6時30分の時点で、遺書を書いておられる。尾翼の破損後、間もなく、機内は深刻な事態に陥っていたことが察せられる。トラブル発生から墜落までの32分間、乗客の驚愕と絶望感は、われわれの想像を、はるかに超えている。
 だが、そんな絶望的な状況の中、コックピット内のクルーや客室乗務員(当日、非番で、一般乗客として搭乗していた落合由美さんを含めて)の最期までの健闘・献身には、心から
感動する。彼らは、最後の最後まで、乗客のために尽くされた。
 しかし、垂直尾翼の大半が破壊されたことで、そこを通っていた4本のハイドロプレッシャー(油圧系統)が全壊し、同機は、全くの操縦不能に陥った。この事態を人間にたとえるなら、突然、大動脈が切断され、大量出血した状態だ。
 ダッチロール(航空機が激しく横揺れしながら首を振り、8の字を描くように飛行する状態)とフゴイド運動(航空機が急角度での上昇と下降を繰り返す状態)に悩まされつつも、高濱機長たちは、羽田への帰還を求めた。だが、それは、叶わなかった。
 しかし、このような人知を超える極限状況の中で、高濱機長、佐々木副操縦士、それに福田機関士たちは、それぞれの持場で、まさにベストを尽くされたと思うのだ。

 実は、この時、操縦桿を握っていた佐々木副操縦士こそ、少年の頃、私が、心から憧れていた先輩である。まさに、「事実は、小説よりも奇なり」である。
 佐々木先輩のご母堂は、彼の没後、私の母に、こう語られた。「息子は、戦死しました」と。今、私には、この言葉の意味が、よく分かる。今日、そのお母様も、もう、この世におられない。
 今夏、佐々木先輩のご実家の裏庭には、青紫色のガクアジサイが、実に美しく咲いていた。その余りの美しさに、私は、しばし、心を奪われた。今は、ピンク色のサルスベリの花が美しい。
 あれから、25年―。
 けれども、ご遺族の方々にとっては、どれほど年月が経とうとも、あの大惨事は、決して過去の出来事ではなく、今も変わらぬ“現実”なのである。

 これら無辜の人々を犠牲にして、一体、何が国家か! 何が政治か! そして、一体、何が「日米軍事同盟」か!  【了】【転載終了】


【転載開始】当日の目撃 (Unknown)(新 日本の黒い霧ブログコメントより)
2010-08-10 17:56:24
知人の親戚が辻堂に住んでいて、やや離れた上空で旅客機に何かが当たり、オレンジ色の光が光った瞬間を目撃しました。これはただ事ではないと思った親戚は、すぐにNHKに通報しました。その直後に事故のニュースが流れ、目撃した出来事と強い関連があると判断したそうです。
現場が判明した数日後、親戚宅にNHKの職員と称する人物が訪れ、情報提供に対して丁寧に礼を述べ、その気持ちとして紙包みを手渡されたのです。そして帰り際にその”職員”は、要請がない限り、この事実は決して口外しないように、と何度も念を押したそうです。その親戚は職員が帰った後にその紙包みを開けたところ、中から大量の札束が現れ、しばらく足が震えて泊まらなかったとか。
この件について、その親戚は今から5年前にようやく周囲に公表しましたが、お金には一切手を付けず今でもタンスの奥に眠っているそうです。【転載終了】


【転載開始】墜落前の悲鳴「今も耳に」 日航機の管制官、沈黙破る(全文)
2010年8月10日16時48分

  

 「夏になると当時に引き戻されるんですよ。(日本航空のジャンボ機の)墜落直前にヘッドホンを通じて耳に届いた、パイロットの『ああっ』という悲鳴のような声が忘れられない」

 西日本のある空港で、男性(54)は言葉を選び、語り出した。

 25年前の夏。東京航空交通管制部(埼玉県所沢市)の管制官として、上空の航空機と交信していた。8月12日も普段と変わらない一日だった。

 当時29歳。管制官になって8年目だった。先輩管制官らと「関東南セクター」という空域を担当する勤務に夕方からつき、管制卓に着席した。羽田への到着便が増える時間帯。「そろそろ忙しくなるぞ」と思った矢先だった。

■午後6時24分47秒

 「ブーッ」。管制室内にブザー音が鳴り響く。レーダー画面の日航123便の機影に、緊急事態(エマージェンシー)を示す「EMG」の文字が点滅し始めた。乗客と乗員計524人。午後6時12分に羽田空港を離陸し、大阪(伊丹)空港に向かっているボーイング747型機だった。部屋の隅から、上司が近づいてきた。

■同25分21秒

 「日航123便、トラブル発生。羽田への帰還を求める。2万2千フィート(高度約6700メートル)に降下したい」。機長の声が英語でヘッドホンから流れてきた。

 「了解」。そう答えながら「おかしいな」と感じた。エンジン出力が低下した、客室内の気圧が下がったなどと、普段ならトラブルの中身を伝えてくるはずだが、機長は何も言わない。

 心が騒いだ――。

     ◇

 東京航空交通管制部に「羽田へ戻りたい」と告げた日本航空123便は、旋回することなく、ふらふらと伊豆半島上空を西に向かっていた。

■午後6時27分2秒

 「123便、確認しますが緊急事態を宣言しますね」

 「その通り」

 「どういった緊急事態ですか」

 やはり応答はない。「とんでもないことが起きているのでは」

■同28分31秒(地図上の1)

 「レーダー誘導のため90度(東)へ飛んでください」

 「しかし、現在アンコントロール(操縦不能)」

 衝撃的な言葉だった。普段はオフのスピーカーがオンになり、123便とのやり取りが管制室中に響いた。

■同31分2秒(同2)

 「降下できますか」

 「今、降下しています」

 「名古屋に降りますか」

 「いや、羽田に戻りたい」

 「何とかしたい」。そう思うと、とっさの呼びかけが口をついた。「これから日本語で話していただいて結構ですから」

 パイロットと管制官とのやり取りは、近くを飛ぶ航空機でも聞き取れるよう、通常は英語を使う。でも今は、パイロットの負担を少しでも減らし、事細かにやりとりしたかった。

 123便は北に向かう。すでに隣の空域に移っており、無線の周波数を切り替え、別の管制官に移管するところだが、そういう指示はしなかった。「切り替えたはずみで無線がつながらなくなるかもしれない。そうしたら日航機は命綱がなくなってしまう」

 じりじりとしながら画面をにらんだ。他機が近づかないよう、航路から退ける指示を続けた。

 富士山をかすめた123便は、羽田のある北東に向かい始めた。「戻れるかもしれない」。かすかに期待も芽生えたが、周囲は山。機体の高度は5分間で一気に3500メートルも下がっていた。

■同47分17秒(同3)

 「現在コントロールできますか」

 「アンコントローラブルです」。もはや管制官はまったく役に立っていなかった。ヘッドホンから「ああっ」という声も聞こえてきたが、機内で何が起きているのかは、わからなかった。

 「おれはどうしたらいいんだ」。絶望が襲う。その頃、機長らが必死に山を避けて操縦を試みていたことは、後で知った。

■同53分28秒(同4)

 「えーアンコントロール。ジャパンエア123、アンコントロール」

 「了解しました」

 これが最後の交信になった。

 3分後、糸の切れたたこのように画面上を点滅しながら漂っていた機影が止まった。その場で十数秒間点滅した機影は突然、消えた。

 体に電気のようなしびれが走った。薄暗い管制室は静まりかえった。背中越しに指示を送っていた上司も、先輩も黙っていた。30秒ほどして、上司に促されて呼びかけてみた。「ジャパンエア123、ジャパンエア123」。応答はなかった。

 ヘッドホンを外し、席を立った。別室で報告書を書いた。妻には「いつ帰れるか分からない」と電話で告げた。頭の中で何度も、交信した「最後の30分」を繰り返していた。

 朝方に帰宅して、墜落した機体をテレビで見た。ショックを気遣った上司に数日、休みを与えられた。事故原因を調べる国の航空事故調査委員会や警察から、事情を聴かれることはなかった。

   ◆  ◆

 管制官の仕事を続け、最近までいた部署では事故防止の対策づくりに取り組んできた。今は管理職として空港事務所で管制関連業務に携わっている。だが、123便と交信していたことは、家族や一部の同僚しか知らない。

 事故から数年後に御巣鷹の尾根に立った。その後も、遺族や報道陣が多い8月を避けて、仲間や家族とたびたび登ってきた。だが、尾根へと向かう険しい道のりや、事故で傷ついた山肌を見るたび、あの時のつらい思いが呼び起こされた。無理だったと分かっていても「自分が何とかできなかったか」という思いはぬぐえず、表に出て話す気持ちになれずにいた。

 最近になって、「事故を風化させないため、今ならできることもあるのでは」との考えが頭をよぎるようにもなった。世界各地で飛行機事故が起きるたび、原因は分かっているのか、管制官はどう対応したのかと気になる。管制の現場には、御巣鷹の後に生まれた管制官も出てきた。航空会社の経営はどこも厳しく、安全よりもコスト削減ばかりが取りざたされるのが気がかりだ。

 25年前の「あの夏」のことを伝える時期なのかもしれない、と思いはじめている。

     ◇

 日航123便墜落事故 1985年8月12日午後6時12分に羽田空港を離陸した大阪(伊丹)行きの日本航空のボーイング747型(ジャンボ)機が、12分後に相模湾上空で操縦不能になり、同56分に群馬県上野村の山中(御巣鷹の尾根)に墜落した。乗客509人と乗員15人のうち乗客4人を除く520人が死亡した。スペイン・カナリア諸島の空港で77年にジャンボ機同士が衝突し、583人が死亡した事故に次ぐ惨事で、単独機の事故としては現在も世界最悪。

 国の航空事故調査委員会は87年、機体後部の圧力隔壁の亀裂が広がって破壊され、一気に噴き出した客室内の空気が尾翼などを吹き飛ばしたとする調査報告書を公表。この機体は事故の7年前に伊丹でしりもち事故を起こして隔壁を損傷しており、この際にボーイング社が行った修理が不適切だったことが破壊につながったと結論づけた。

 御巣鷹以降、日本の航空会社は乗客を死亡させる事故を起こしていない。【転載終了】

<参考情報>
〜 この世・あの世を知る 〜 様ブログ
http://planz.blog62.fc2.com/

カテゴリ
「日航123便」
http://planz.blog62.fc2.com/blog-category-12.html

(上記カテゴリ内記事から以下に一部引用)

123便事件で忘れてはならないのは、ワールドフォーラム主催、元日航社員の佐宗氏の講演中の死亡事件である。(正確には講演中に倒れ翌朝死亡)
この映像はこの事件に関心がある方なら知っておられるはず。
この動画の後半に客席から吉野氏が発言している。佐宗氏も吉野さんと呼んでいる。

「御巣鷹山の真相について」佐宗邦皇代表WF200908例会
http://www.youtube.com/watch?v=Y-rbgPbmmTo&feature=player_embedded

この直後に倒れ、帰らぬ人となってしまうのだが、当人が目の前にいる以上聞かないわけにはいかない。私が気になっていたのは倒れる前に何か予兆があったのかどうか。聞いてみた。

愕然とした・・・

経緯はこういう事らしい。

吉野氏が話した後、佐宗氏が主催者側が用意したと思われる「おーい!お茶500ml」二本の内、一本を手に取り一口飲んだ。そのわずか30秒〜1分程で突然倒れる。

・・・これが毒殺以外の何なのか。

倒れた時、怪しく思った吉野氏はすかさず佐宗氏が落としたお茶を拾い、台に残ったもう一本もさっと取り自分のバッグに入れたという。その時一番前にいた雑誌「ムー」の編集者T(本家コメ欄に記載があるので確認されたし)は何事も無かったようにほくそ笑んでいた。そして倒れた直後に駆け寄った係員(公安であろうか)がお茶を取りに来たが、吉野氏が取り上げた後だった。その人物は吉野氏に向かって何とも言えないすごい形相で睨んだという。取り上げたかっただろうが、出来るはずもない。その時点で自分達だと認めるようなものだ。そのままにした方がまだゴマカシ工作を出来ると考えたのだろう。にしても、焦ったのは間違いない。吉野氏はその時の形相は忘れられないと言っていた。
その後、吉野氏はお茶を御遺族に送ったと言う。自分で調べる事も出来たが、事件にするもしないも御家族の意思に任せた方が良いと考えての事だと言う。

これで証拠とは言えずとも、私の中では殺人事件である事はほぼ確定した。

(転載終了)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月13日 16:33:35: ER6nr2UcwE
ミサイルで攻撃、核で攻撃、とかは個人的にはちょっ???なんですが、
明らかにおかしい点があるのに、それを正式に調べようとしない大マスコミは変。

生存者の「ヘリコプターが近づいてきた」「懐中電灯で照らされた」などの証言は調べるべきでしょう。

消防団員の「朝にはすでに自衛隊員がいて、何かを回収していた」とか。

それと米兵の証言「2時間後には現場についていた」「救助を止めて、引き返すように命令された」「この件は他言無用」なども。


02. 2010年8月22日 06:31:03: ywrCLhMZpE
「ジャパンエア123、アンコントロール」
に対してコメントする言葉も出ない。
とはいえ、日本の絶望的状況にあっても、語りうることば、なしうるなにかは
あるように思う。

03. 2010年9月12日 08:21:39: xNm8THW6yE
123便が落ちた日、佐久に帰っていました。
いい天気の午後、は多分北相木の、シーンと静まりかえった山中をドライブした。家に帰って、6時半頃にはテレビで行方不明と言っていた、ように思う。
6時50分すぎ頃、鋭い雷が鳴った。北相木方面で鳴った。夕立ちが来ると思ったんだけれど、来なかった。ついそこで雷が直撃したと思ったんだけど…そんなことを最近思い出した。大きな音はそれだけだった。
バキュ―ン、ドドドド、バキュ―ン、・・・は聞こえなかった。(^^!

経済誌に123便のことが載っていたと聞きます。
内容は多分プラザ合意、グリコ森永、不二家のことだったのでしょう。
http://chiakiy.blog1.fc2.com/blog-entry-11.html


04. 2010年9月12日 08:30:36: xNm8THW6yE
http://chiakiy.blog1.fc2.com/blog-entry-11.html

(感想;123へ)

・『(新)日本の黒い霧』
・日米ソ(北朝鮮・中国)の一大秘密戦闘
・デュートロン
・ウンモ星人
・地球の超古代技術
が出てくる物語・・・
それは小説なんだ。

現実にもどって、

123氏へ質問)
佐宗氏を殺したというお茶を保管したと聞いたけど
分析すれば、なんで殺されたかがわかります。
最低、何故それをしないのでしょうか?

・電磁波照射車両を見ました。
メーターを見ながら誰かが話していた。
危険を訴えているが・・・

123氏へ質問)
あれ?なに?これ。

・臼田宇宙空間観測所のパラボラアンテナから発射された
電磁パルスビームであると私は見ています。
その根拠については、後日、現地取材したデータを元に解説したいと思います。

123氏へ質問)
そのつもりないでしょ?

・道路上で国営テロ集団に襲撃された時の様子を見ました。
でもなにがどれなんだかわかりません。

123氏へ質問)
暇ですね?

・警告 (某国諜報員)を読みました。

123氏へ質問)暇ですね?

正直に言って、
一生懸命やってるのかもしれないけどさっぱり通じるものはありませんでした。

例えば、新幹線に公安が配備されてるのは治安上、まったく疑問はありません。

僕には123がやっていることは理解できない。

裸の王様のように、無いのに「あるよー、ほらね」って見せようとしている、
そんなふうに見えますが、どうなんでしょうか?

いろいろ覚醒されてるというより、逆の意味で催眠術をかけられそうになっている感じでしょうか(?)

それとも催眠術師本人が自覚できずに夢の中にいるとか、・・・ま、わかりませんけれども。

すごくインパクトのある出来事であったわけですが、来年はどんなストーリーがでてくるやら。

http://blogs.yahoo.co.jp/momonana_40s/25309302.html

昔NHKで「夢で逢いましょう!」なんていう番組がありましたっけ。


05. 2010年9月12日 08:33:49: xNm8THW6yE
http://chiakiy.blog1.fc2.com/blog-entry-11.html

>当時知り合いだったフリーのジャーナリストが、
ある時ため息まじりに、
「たった一人のためになぁ…」
とつぶやくように言っていました。
その後JL123のことはあまり話さなく
なったように記憶しています。

(意見)
JL123のことはあまり話さなくなったのは
ジャーナリストとしての調査と勘によるのでしょう。

>(123便事件は)
グリ森犯を眠らせるための
シナリオと確信しています。
他にも日本国にとって不利益になる輩が数人いたそうです。
空港建設、政治家、暴力団などがキーワードです。

(意見)
グリ森犯に手を焼いていたので眠らせるため、政府は実行に移したのでしょう。
たしかにあの時代、輩が数人いたのでしょう。

>「隠したい死体は、死体の山に隠せ」

(意見)
政府は全員の殺害を計画したのでしょう。
12日早朝、ヘリコプターに積んでいたのは?某死体?

>グリ森犯を公の場で裁判などの手続きを踏むことを恐れたのは、
間違いなく日本の中枢なのですから。
では自衛隊の関与は、これらを隠すための
誘導、誤報、情報操作なのか?
いいえ、表向きいち早く名乗りをあげたUSAの協力を断り、
深夜に作業が 行なわれます。
地元消防団よりも早く府中基地から人員が向けられました。
この後、隊員は上官に涙を流し訴えたり、
退役(?)したりしました。
ただ、日本の自衛隊も侮れません。
2のつくところの情報収集を身をもって知っています。
保身の為、今でも苦しい思いをしているそうです。

(意見)
この2002年のブログ記入時点で、作者は
「いいえ、表向きいち早く名乗りをあげたUSAの協力を断り、
深夜に作業が 行なわれます。」
ことを既に知っていた。
自衛隊も苦しい思いをしているようだ。

>(グリ森犯)
fはこの事故で死んではいません。
赤い車を運転していた男の親戚が乗っていたんです。

(意見)
主犯fは123便に乗っていなかったのか!!

>事故発生直後から多くの人が気づいていましたよ。
そういった人たちはみんなそう思っているかも・・・
多くの人たちはもっと深く調査しているし・・・
生命を狙われた人もいるのです。

(意見)
・・・

>担ぐのか担がれたのかでは本筋が大きく異なってきます。
また、だからといって騒がれている自衛隊の関与を
否定するものでもありません。
シナリオの線上には自衛隊が関与しているはずです。

(意見)
政府が担ぎ、犯人一味は担がれた役割か!
主犯は逃れ、生き続けた。

>このシナリオに深く関係しているのは議員です。
中枢の2人は既に亡くなっています。
一部の議員、関係する高級官僚とその側近はこの事実を要所、要所、
部分的に知っています。

(意見)
中曽根、安部、加藤、田中、小沢、・・・

>保身の為、掲示板と言う特殊な媒体の為、多くは語れないことを
お詫びします。

(意見)
・・・

>一見事実とかけ離れ過ぎた嘘のような事が事実である場合が
多いです。
そして、偽の情報を絡ませる。
ある国民は混乱し、ある国民は事実ではないとコントロールされる。

(意見)
見事に混乱し、コントロールしている!

>優先されるのは国家の安全、経済の安定であり
国民の生命ではありません。

(意見)
そういうことなのか?!


06. 2010年9月12日 08:38:14: xNm8THW6yE
謎な噂話
http://chiakiy.blog1.fc2.com/blog-entry-11.html

25年前、グリ森犯や他にも日本国にとって不利益になる輩が数人いたそうです。 空港建設、政治家、暴力団などがキーワードだそうです。
たしかにそれら輩の悪はあったと思います。
25年が過ぎ、時代が変わり悪は違う形で社会を脅かしています。
911を起点に悪が猛威をふるってきています。
日本も例外ではないと思います。
グリ森犯や自民党政治悪のかわりに官僚悪、属国政治がはびこっており、
格差拡大などもそれだと思います。

>優先されるのは国家の安全、経済の安定であり
>国民の生命ではありません。
>(意見)
>そういうことなのか?!

ボクは、悲劇が繰り返されぬよう祈るだけです。
2度と繰り返されぬようにしていくことが慰霊だろうと思います。


07. 2010年9月14日 22:53:07: xNm8THW6yE
竭 菴呵ォ縺縺後∝ー乗イ「豌上′邱冗炊螟ァ閾」縺ョ讀蟄舌↓蠎ァ繧九%縺ィ縺ェ縺励↓縲123萓ソ縺ョ繝帙Φ繝医ョ隗」豎コ縺ッ縺ェ縺縺ィ諤昴≧縲

蟆乗イ「豌上ョ謾ソ豐サ蜩イ蟄ヲ縺ッ縺昴ョ隗」豎コ縺ォ荳逡ェ霑代>蟋ソ繧貞ス「菴懊k蜿ッ閭ス諤ァ繧呈戟縺」縺ヲ縺繧九
蟆乗イ「豌上↑繧峨∫樟蝨ィ縺ッ蠖シ縺ョ縺ソ縺後√い繝。繝ェ繧ォ縺ョ螻槫嵜謾ソ豐サ繧貞サ縺励∝ョ伜壽が繧貞サ縺励√槭せ繧エ繝溘r蟒縺励∝嵜螳カ縺ョ螳牙ィ縲∫オ梧ク医ョ螳牙ョ壹′險医l繧九→諤昴≧縲ゅ◎縺ョ蝓コ遉弱r謖√▲縺ヲ縺繧九
縺昴l繧峨ッ1985蟷エ縺ョ譎ゆサ」繧貞性繧縲√>縺セ縺セ縺ァ縺ョ謾ソ豐サ縺ォ谺縺代※縺縺溘ョ縺ァ縺吶
123萓ソ縲√Ο繝繧ュ繝シ繝我コ倶サカ縲√い繝。繝ェ繧ォ縺ョ謾ッ驟阪r霄ォ繧偵b縺」縺ヲ荳逡ェ霄ォ霑代〒菴馴ィ薙@縺ヲ縺阪◆蠖シ縺ッ縲∵怙蠕後ョ遐ヲ繧貞ョ医▲縺ヲ縺繧九ョ縺ァ縺ッ縺ェ縺縺繧阪≧縺具シ滂シ√

シ亥ー乗イ「豌上シ
縲瑚。梧帆縺ョ莉慕オ縺ソ繧貞、峨∴繧九√→縺縺縺薙→縲りェ蛻繧豌台クサ蜈壹′謗イ縺偵※縺阪◆譌励r邨カ蟇セ縺ォ縺翫m縺輔★縲√←繧薙↑縺ォ蜴壹¥縺ヲ繧るォ倥¥縺ヲ繧ょ」√r荵励j雜翫∴縲∬ェ蛻縺ョ雋ャ莉サ縺ァ繧ア繝ェ繧偵▽縺代k縲ゅ◎縺ョ諢丞袖縺ァ縺ッ縲∬ェ蛻縺悟燕騾イ縺ョ縺溘a縺ョ遉弱∝ア阪↓縺ェ繧九よ疲オ√↓險縺医ー縲∝ヵ縺ョ螻阪r荵励j雜翫∴縺ヲ騾イ繧薙〒縺サ縺励>縲ょ」√↓縺カ縺。蠖薙◆繧翫√カ縺」螢翫@縺ヲ繧ゅ√%縺。繧峨□縺」縺ヲ豁サ縺ャ縺九b縺励l縺ェ縺縲ゅ□縺九i縲√◎繧後r荵励j雜翫∴縺ヲ蜑埼イ縺励※縺上l繧倶ココ髢薙′縺縺ェ縺縺ィ縲ょヵ縺ッ縺カ縺」螢翫☆閾ェ菫。縺ッ縺ゅk縺代l縺ゥ縲√b縺励°縺励◆繧峨%縺。繧峨b蛯キ縺、縺上°繧峨 縲

縲悟セ。蟾」鮃ケ螻ア縺ァ縺ョシェシャシ托シ抵シ謎セソ莠倶サカ縺ョ謦蠅懷多莉、繧貞コ縺励◆縺ョ縺ッ隱ー縺具シ溘譁ー蟷ケ邱壹〒鄒、鬥ャ驕ク謖吝玄縺九i蟶ー莠ャ荳ュ縺ョ螢イ蝗ス謾ソ豐サ螳カ 荳ュ譖ス譬ケ蠎キ蠑倡キ冗炊螟ァ閾」
http://www.asyura2.com/07/war93/msg/736.html
謚慕ィソ閠 謨大嵜縺ョ闕芽漆縺ョ蠢怜」ォ 譌・譎 2007 蟷エ 7 譛 03 譌・ 20:41:20: fzrYJ5Wj4Dt36
http://www.asyura2.com/07/war93/msg/736.html

竭。縲nikkansports.com

蟆乗イ「豁サ縺吶→繧よ隼髱ゥ縺ッ豁サ縺ェ縺夲シ上う繝ウ繧ソ繝薙Η繝シ險倅コ九r蜊ー蛻キ縺吶k
縲豌台クサ蜈壻サ」陦ィ驕ク縺ォ遶句呵」懊@縺ヲ縺繧句ー乗イ「荳驛主燕蟷ケ莠矩聞シ茨シ厄シ假シ峨′譌・蛻翫せ繝昴シ繝縺ョ繧、繝ウ繧ソ繝薙Η繝シ縺ォ蠢懊§縲シ托シ疲律縺ョ髢狗・ィ譌・逶エ蜑阪ョ蠢蠅繧定ェ槭▲縺溘よュ蜍「縺ッ縲悟縺九i縺ェ縺縲阪→縺励↑縺後i縲∽サ雁屓縺ョ遶句呵」懊r豌台クサ蜈壹ョ謗イ縺偵◆縲檎エ譚溘r縲∝ョ医k縺溘a縺ョ謌ヲ縺縺縲阪→蠑キ隱ソ縺励◆縲らキ冗炊縺ォ縺ェ縺」縺溷エ蜷医↓縺ッ縲瑚。梧帆縺ョ螢√r縺カ縺」螢翫☆縲ゅ□縺後√%縺」縺。繧ょす縺、縺肴ュサ縺ャ縺九b縺励l縺ェ縺縲ゅ◎縺ョ譎ゅッ蜒輔ョ螻搾シ医@縺九ー縺ュシ峨r荵励j雜翫∴縺ヲ騾イ繧薙〒縺サ縺励>縲阪→豎コ諢上r遉コ縺励◆縲
縲シ埼∈謖呎姶譛邨ら乢縺ョ諠蜍「繧偵←縺隕九※縺縺セ縺吶°
縲蟆乗イ「豌上縺薙l縺ッ縲∝縺九i縺ェ縺縲よ勸騾壹ョ驕ク謖吶ッ荳闊ャ縺ョ蝗ス豌代ョ逧縺輔s縺檎嶌謇九□縺九i縲√★繝シ縺」縺ィ螟悶r蝗槭▲縺ヲ縺繧後ー諢溯ァヲ縺ッ蛻縺九k縺代l縺ゥ縲∽サ雁屓縺ッ縺昴s縺ェ縺ォ蝗槭k繧上¢縺ァ繧ゅ↑縺上√し繝昴シ繧ソ繝シ縺ィ縺縺」縺ヲ繧ゑシ郁ェー縺具シ牙縺九i縺ェ縺縲ゅ%縺難シ亥嵜莨夲シ峨ョ荳ュ縺縺代ョ縺薙→縺ォ縺ェ繧翫∪縺吶°繧峨
縲シ堺ス楢ェソ縺ッ縺ゥ縺縺ァ縺吶°縲ゅ♀驟偵ッ鬟イ繧薙〒縺縺セ縺吶°
縲蟆乗イ「豌上縺企偵ッ豈取律縲鬟イ繧薙〒縺縺セ縺呻シ育ャ代>シ峨
縲シ阪%繧後∪縺ァ縺ョ謾ソ豐サ逕滓エサ縺ァ縲∫キ冗炊縺ォ縺ェ繧翫◆縺縺ィ諤昴▲縺溘%縺ィ縺ッ菴募屓縺ゅj縺セ縺吶°
縲蟆乗イ「豌上縺繝シ繧難シ医→閠縺医※シ臥キ冗炊縺ォ縺ェ繧翫◆縺縺ィ諤昴▲縺溘%縺ィ縺ッ縺ェ縺縺ュ縲
縲シ堺サ雁屓縺悟昴a縺ヲ縺ァ縺吶°
縲蟆乗イ「豌上シ育樟菴灘宛縺ョ縺セ縺セ縺ァシ芽ェ蛻縺溘■縺梧軸縺偵※縺阪◆譌怜魂縺ィ蜈ィ辟カ驕輔≧縺薙→縺ォ縺ェ繧後ー縲√○縺」縺九¥蝗ス豌代′蜍豌励r縺オ繧九▲縺ヲ謾ソ讓ゥ莠、莉」繧貞ョ溽樟縺輔○縺溘ョ縺ォ縲√%縺薙〒螟ア謨励☆繧九→譌・譛ャ縺ョ豌台クサ荳サ鄒ゥ縺ッ螳夂捩縺励↑縺上↑縺」縺ヲ縺励∪縺縲ゅ◎縺縺吶k縺ィ縲∵帆豐サ縺後#縺。繧縺斐■繧縺ォ縺ェ繧九@縲∫オ梧ク井ク肴ウ√′驥阪↑繧句庄閭ス諤ァ繧ゅ≠繧九らオカ蟇セ縺ォ縲∝、ア謨励&縺帙※縺ッ縺縺九s縲よ代縺梧軸縺偵◆譌怜魂繧堤オカ蟇セ縺ォ縺翫m縺輔★縺ォ繧繧九↓縺ッ縲∬ェ蛻縺梧昏縺ヲ遏ウ縺ォ縺ェ繧峨*繧九r蠕励↑縺縺ィ縺縺縺薙→縺ァ縺吶りェー縺九⊇縺九ョ莠コ縺後>繧後ー縲√%繧薙↑蜴莉九↑縺薙→繧貞シ輔″蜿励¢縺ェ縺上※繧ゅ>縺繧薙□縺代←縲√⊇縺九↓縺縺ェ縺縺九i縲よ怙蠕後ョ縺泌・牙ャ縺ィ縺縺諤昴>縺ァ縺吶
縲シ咲キ冗炊縺ォ縺ェ縺」縺滓凾縺ョ縺薙→繧定◇縺阪∪縺吶′
縲蟆乗イ「豌上莉ョ縺ォ縲√ュシ育ャ代>シ峨
縲シ榊ョ伜壹r菴ソ縺縺薙↑縺励∵怙蠕後ッ邱冗炊縺瑚イャ莉サ繧貞叙繧九→縺縺縺薙→縺後∝ー乗イ「縺輔s縺瑚縺医k縲檎キ冗炊縺ョ繝ェ繝シ繝繝シ繧キ繝繝励阪〒縺吶°
縲蟆乗イ「豌上遘√ッ螳伜壹r蜷ヲ螳壹@縺ヲ縺繧九ョ縺ァ縺ッ縺ェ縺上∝ョ伜壹′縺ゅi繧繧九%縺ィ繧偵さ繝ウ繝医Ο繝シ繝ォ縺吶k縺ョ縺ッ縺縺代↑縺縲√→險縺」縺ヲ縺繧九ょョ伜壹ッ繧ケ繧ソ繝繝輔↓蠕ケ縺吶k縺ケ縺阪□縲よ帆豐サ螳カ縺梧怙邨りイャ莉サ繧貞叙繧九°繧峨∝ソ驟阪↑縺上%縺ョ譁ケ驥昴〒繧縺」縺ヲ縺サ縺励>縺ィ險縺医ー縲∝ョ伜壹ッ縺。繧繧薙→蜊泌鴨縺励※縺上l繧九
縲シ阪←繧薙↑繧ソ繧、繝励ョ邱冗炊縺ォ縺ェ繧九▽繧ゅj縺ァ縺吶°
縲蟆乗イ「豌上謾ソ豐サ螳カ繧繝ェ繝シ繝繝シ縺ッ縲√◎縺ョ譎ゆサ」縺瑚ヲ∵アゅ☆繧九b縺ョ縺縲ゅh縺上檎伐荳ュ隗呈蜈育函縺御サ翫√>縺溘i縲阪→縺縺隧ア繧偵☆繧倶ココ縺後>繧九ょヵ繧る撼蟶ク縺ォ蟆頑噴縺励※縺繧九@螟ァ螂ス縺阪□縺」縺溘¢繧後←縲∫伐荳ュ蜈育函縺檎函縺阪※縺阪◆譎ゆサ」縺ィ莉翫ッ縲∝渕譛ャ逧縺ォ驕輔≧縲ゅち繧、繝繧ケ繝ェ繝繝励@縺溘∩縺溘>縺ォ莉翫ョ譎ゆサ」縺ォ譚・縺溘°繧峨>縺縲√→縺縺隧ア縺ァ縺ッ縺ェ縺縲ょス捺凾縺ョ謾ソ豐サ螳カ縺ィ縺励※縲∫伐荳ュ蜈育函縺ッ蛯大コ縺励◆莠コ縺縺ィ諤昴>縺セ縺吶′縲∝ュヲ縺カ縺ィ縺薙m縺ッ縺ゅ▲縺ヲ繧ら憾豕√ッ驕輔≧縲よ凾莉」縺ォ蜷医▲縺溯ェ蛻閾ェ霄ォ縺ョ蜩イ蟄ヲ縺ィ閠縺域婿繧偵∵戟縺溘↑縺代l縺ー縺ェ繧峨↑縺縲
縲シ阪Μ繝シ繝繝シ繧キ繝繝励→縺縺縺ィ縲∬ソ大ケエ縺ァ縺ッ髟キ譛滓帆讓ゥ繧堤ッ峨>縺溷ー乗ウ臥エ比ク驛取ー上′縺繧
縲蟆乗イ「豌上蜒輔ッ蟶ク縺ォ縲∬ェ蛻縺ョ莉穂コ九↓閾ェ蛻縺ァ雋ャ莉サ繧呈戟縺」縺ヲ縺阪◆縲ょー乗ウ画ー上ッ謾ソ豐サ螳カ縺ョシ代▽縺ョ隕∫エ縺ァ縺ッ縺ゅk縺後√ヱ繝輔か繝シ繝槭Φ繧ケ繧縺代s縺九′縺縺セ縺縲らオ先棡縺ョ蝟縺励≠縺励ッ蛻・縺ォ縺励※縲驛オ謾ソ驕ク謖吶〒縺ッ縲梧慣謚怜兇蜉帙阪r縺、縺上jシ域ウ墓。医′シ牙盾隴ー髯「縺ァ蜷ヲ豎コ縺輔l縺溘i陦髯「隗」謨」縺ィ縺縺繝上メ繝」繝。繝√Ε縺ェ縺薙→繧偵@縺溘′縲√◎繧後〒繧ょ嵜豌代ッ豐ク縺縺溘ょ、ア謨励☆繧後ー閾ェ蛻縺瑚イャ莉サ繧貞叙繧後ー縺縺縺ィ縺縺諤昴>縺後∬ケ縺ョ荳ュ縺ォ縺ゅk縺九i縺ァ縺阪◆縺ョ縺繧阪≧縲るΨ謾ソ謾ケ髱ゥ縺ェ繧薙※荳ュ霄ォ繧ゆス輔b縺ェ縺縺代l縺ゥ縲
縲シ阪%縺薙□縺代ッ豁エ莉」縺ョ邱冗炊縺ィ驕輔≧縲√→縺縺轤ケ縺ッ
縲蟆乗イ「豌上陦梧帆縺ョ莉慕オ縺ソ繧貞、峨∴繧九√→縺縺縺薙→縲りェ蛻繧豌台クサ蜈壹′謗イ縺偵※縺阪◆譌励r邨カ蟇セ縺ォ縺翫m縺輔★縲√←繧薙↑縺ォ蜴壹¥縺ヲ繧るォ倥¥縺ヲ繧ょ」√r荵励j雜翫∴縲∬ェ蛻縺ョ雋ャ莉サ縺ァ繧ア繝ェ繧偵▽縺代k縲ゅ◎縺ョ諢丞袖縺ァ縺ッ縲∬ェ蛻縺悟燕騾イ縺ョ縺溘a縺ョ遉弱∝ア阪↓縺ェ繧九よ疲オ√↓險縺医ー縲∝ヵ縺ョ螻阪r荵励j雜翫∴縺ヲ騾イ繧薙〒縺サ縺励>縲ょ」√↓縺カ縺。蠖薙◆繧翫√カ縺」螢翫@縺ヲ繧ゅ√%縺。繧峨□縺」縺ヲ豁サ縺ャ縺九b縺励l縺ェ縺縲ゅ□縺九i縲√◎繧後r荵励j雜翫∴縺ヲ蜑埼イ縺励※縺上l繧倶ココ髢薙′縺縺ェ縺縺ィ縲ょヵ縺ッ縺カ縺」螢翫☆閾ェ菫。縺ッ縺ゅk縺代l縺ゥ縲√b縺励°縺励◆繧峨%縺。繧峨b蛯キ縺、縺上°繧峨
縲シ榊嵜豌代ョ逕滓エサ縺ッ縺ゥ縺螟峨o繧九°
縲蟆乗イ「豌上縺セ縺壹∵勹豌励r濶ッ縺上☆繧九→縺縺縺薙→縲り遵シ育峩莠コシ峨&繧薙ッシ托シ仙ケエ蠎ヲ莠育ョ励ョ莠亥y雋サシ茨シ貞蜀シ峨ョ蜊雁繧貞濤陦後@繧医≧縺ィ縺励※縺縺セ縺吶′縲∵勹豌怜ッセ遲悶→縺励※縺ッ荳豌励↓繧繧九∋縺阪□縲らァ九°繧牙ャ縺ォ縺九¢縺ヲ縲∵勹豌励′蠎募牡繧後☆繧句庄閭ス諤ァ繧ゅ≠繧九ゅ◎縺縺縺譎ゅッ荳譎ら噪縺ォ蝗ス蛯オ繧貞「礼匱縺励※繧ゅ∵勹豌怜ッセ遲悶r縺励↑縺代l縺ー縺ェ繧峨↑縺縲らァ√ッ縲∝慍譁ケ縺ク縺ョ陬懷勧驥代r荳諡ャ莠、莉倬代↓螟峨∴繧九→險縺」縺ヲ縺繧九ょ慍譁ケ縺ォ雋。貅舌∵ィゥ髯舌r遘サ縺吶%縺ィ縺ッ縲∝ョ伜壻クサ蟆弱ョ謾ソ豐サ繧偵∪縺夂ャャ荳縺ォ縺カ縺。縺薙o縺呵ゥヲ縺ソ縲ょヵ縺ッ蠖馴∈縺励◆繧峨√●縺イ莉雁コヲ縺ョ莠育ョ励°繧峨∝慍譁ケ縺ク縺ョ莠、莉倬代r閾ェ荳サ雋。貅舌→縺励※繧繧九よ怙蛻昴°繧牙ィ鬘阪→縺縺繧上¢縺ォ縺ッ縺縺九↑縺縺励シ灘ケエ縲シ泌ケエ險育判縺ォ縺ェ繧九°繧ゅ@繧後∪縺帙s縺後ゆサ翫∪縺ァ縺ィ蜷後§謇区ウ輔〒繧縺」縺溘i縲∬イ。貅舌↑繧薙°蜃コ縺ヲ縺薙↑縺縲り遵縺輔s縺ッ縲∽サ翫∪縺ァ縺ィ蜷後§繧医≧縺ォ螳伜壻ササ縺帙↓縺励※縺繧九°繧芽イ。貅舌′縺ェ縺縲√◎繧後〒縺ッ豸郁イサ遞弱r荳翫£縺セ縺励g縺縺ィ縺縺隧ア縺ォ縺ェ繧九ゑシ域惻繧偵懊Φ縺ィ縺溘◆縺搾シ峨◎繧後r蝗ス豌代↓縲∝盾髯「驕ク縺ァショシッ縺ィ險繧上l縺溘s縺ァ縺励g縺シ溘蜒輔ッ譛蛻昴°繧峨∽サ翫∪縺ァ騾壹j縺ォ繧縺」縺ヲ縺縺溘i縺企代ッ縺ゅj縺セ縺帙s縲∽サ慕オ縺ソ縺昴ョ繧ゅョ繧貞、峨∴繧医≧縲√→險縺」縺ヲ縺縺セ縺吶
縲シ榊ス馴∈縺吶l縺ー蜥悟ュ仙、ォ莠コ縺ッ繝輔ぃ繝シ繧ケ繝医Ξ繝繧」繝シ縺ォ縺ェ繧
縲蟆乗イ「豌上蜒輔→縺ッ莨シ縺溘b縺ョ螟ォ蟀ヲ縺ァ縲∝、悶↓蜃コ繧九ョ繧貞ォ後′繧九る∈謖咎°蜍輔ッ縺吶k縺代l縺ゥ縲√ヱ繝シ繝繧」繝シ縺ォ繧ょコ縺溘′繧峨↑縺縲ゑシ亥、紋コ、縺ョ蝣エ繧ゑシ牙ォ後′繧九s縺倥c縺ェ縺縺九↑縲
縲シ阪♀驟偵r豈取律鬟イ繧縺ョ縺ッ
縲蟆乗イ「豌上驟偵ッ逋セ阮ャ縺ョ髟キ縺繧ゅョ縲ゅン繝シ繝ォシ第擶縺ィ縲∵律譛ャ驟偵よッ取律縺ョ譎ゥ驟後′縺ェ縺縺ィ繧「繧ヲ繝医□縺ュ縲る偵ッ縺イ縺ィ繧翫〒縺、縺縺ァ鬟イ繧縺ョ縺後♀縺縺励>繧薙□縲
縲シ咲キ冗炊蟆ア莉サ縺ョ螟懊↓縺ッ縲∽ス輔r鬟溘∋縺溘>縺ァ縺吶°
縲蟆乗イ「豌上縺ィ繧薙°縺、繧帝」溘∋縺溘>縺ェ縲ゆサ翫ッ豐ケ繧ゅョ縺ィ閧峨r鬟溘∋縺壹√⊇縺シ闖憺」溘〒縺吶ゅ◆縺驕ク謖呎悄髢謎クュ縺縺代ッ縲√→繧薙°縺、縺ィ縺励c縺カ縺励c縺カ縺九☆縺阪d縺阪∝、ゥ縺キ繧峨rシ大屓縺壹▽鬟溘∋縺ヲ繧ゅ>縺縺ィ閾ェ蛻縺ォ險ア縺励※縺繧九よ姶縺ョ譎ゅ▲縺ヲ縲√ユ繝ウ繧キ繝ァ繝ウ縺御ク翫′繧九〒縺励gシ溘閼ゅ▲縺ス縺繧ゅョ縺碁」溘∋縺溘¥縺ェ繧九s縺繧医ュシ育ャ代>シ峨
縲シ榊・ス縺阪↑繧ケ繝昴シ繝驕ク謇九ッ縺縺セ縺吶°
縲蟆乗イ「豌上繝、繝ッ繝ゥ縺。繧繧難シ郁ーキ莠ョ蟄仙盾髯「隴ー蜩。シ峨ョ縺比クサ莠コ縺ァ縺吶ョ縺ァ縲∬ーキ菴ウ遏・驕ク謇九ョ繝輔ぃ繝ウ縺ァ縺吶ゅ∪縺溘∝錐蜑阪′蜷後§縺縺九i縺ィ縺縺繧上¢縺ァ縺ッ縺ェ縺縺代l縺ゥ縲√う繝√Ο繝シ縺悟・ス縺阪□縺ュ縲る撼蟶ク縺ォ遽蛻カ縺励※縺繧九◎縺縺縺励∝巻蜉帙b縺励※縺繧九ゅ≠縺ェ縺溘◆縺。縺ォ縺ッ螟ア遉シ縺九b縺励l縺ェ縺縺代l縺ゥ縲√槭せ繧ウ繝溘↓諢帶Φ繧偵オ繧翫∪縺九★縲∵ゥ溷ォ後r蜿悶i縺ェ縺縺ィ縺薙m繧ゅ>縺縲
縲シ肴ュエ蜿イ荳翫ョ莠コ迚ゥ縺ァ縺ッ隱ー縺悟・ス縺阪〒縺吶°
縲蟆乗イ「豌上縺ソ繧薙↑縺ォ雖後o繧後※縺繧倶ココ迚ゥ縲らケ皮伐菫。髟キ繧螟ァ荵菫晏茜騾壹〒縲∝・ス縺阪→縺縺繧医j繧ゅ∝ー頑噴縺励※縺縺セ縺吶
縲シ崎湊鞫ゥ阯ゥ螳カ閠√ョ蟆乗收蟶ッ蛻縺ォ闊亥袖縺後≠繧九◎縺縺ァ縺吶′
縲蟆乗イ「豌上莉翫ッ縺昴≧縺ェ繧薙□繧医るセ埼ヲャ繧定ご縺ヲ縺溘ョ繧ゅ∬・ソ驛キ繧螟ァ荵菫昴r蜍輔°縺励◆縺ョ繧ょー乗收蟶ッ蛻縺縲
縲シ肴怙蠕後↓豎コ諢上r
縲蟆乗イ「豌上蠢縺壽勹豌励r濶ッ縺上☆繧九ょヵ縺ョ逶ョ繧偵∩縺ヲ繧ゅi縺医ー蛻縺九k縺代l縺ゥ縲∽サ翫∪縺ァ縺ァ縺ッ閠縺医i繧後↑縺九▲縺溘%縺ィ繧偵√>縺上▽縺句、峨∴縺ヲ縺縺阪∪縺吶らエ譚溘@縺溘%縺ィ縺ッ蠢縺壼ョ溯。後☆繧九ゅ〒縺阪↑縺縺薙→縺ッ譛蛻昴°繧峨√〒縺阪↑縺縺ィ險縺繧医ゆココ髢薙□縺九i縲∫オ先棡縺ィ縺励※シ托シ撰シ撰シ縺ァ縺阪k縺九←縺縺九ッ蛻縺九i縺ェ縺縺代l縺ゥ縲√◎繧後↓蜷代°縺」縺ヲ蜈ィ蜉帙r蟆ス縺上@縺セ縺吶ゅ占◇縺肴焔繝サ蜊玲イ「蜩イ荵溘∽クュ螻ア遏・蟄舌


08. 2014年6月05日 08:59:11 : thXr3FH0og
都合のよいところだけを取り上げて、あるいは都合よく解釈して
結論ありきの自説に固執する。知能が低いのでしょうなあ。

9. 2015年11月16日 16:49:21 : 8ki1TbellQ

ここのスレが引用されてるっす。

日本式CQC(近接格闘術)軍隊流護身術「近接戦闘術研究会」

JAL123便ミサイル撃墜 プラザ合意押し付け トロンOS技術者暗殺 佐宗邦皇氏不審死事件

2015年08月31日
http://cqclabojapan.doorblog.jp/archives/45774563.html


10. 2015年11月16日 17:01:18 : 8ki1TbellQ

↑から抜粋


●ボーイング787は、完全にコンピュータ管理されたマシーンで、遠隔地:生産国から如何ようにでもコントロール可能です。

●パイロットが何も出来なくするくらい朝飯前。

●しかしB787のほとんどは日本で造られ、アメリカで組み立てしてるだけのもので今回は「 遠慮 」があったようにも思われます。

●アメリカでは昨今、組み立てすら満足にできないほど技術が劣化していてB787は組み立てまでそのすべてを「 みんなの利権党 」の渡辺喜美が地上げした那須高原で行うことになっていましたが、さすがにすべてを日本でとなるとアメリカの面目丸つぶれ。

ということで那須高原はキャンセル。 棚ぼたの口をあんぐり開けて待っていた渡辺喜美は、コブ取り爺さんになってしまったとさ。

それが「 みんなの利権党 」崩壊の真相。

と、いうことで、ブレーキ事故はNSAによる「 警告 」であり、「 いやがらせ 」なのです。

__________


三菱重工業トップが語る!航空機設計の舞台裏
http://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001481


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧