★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ59 > 123.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「ライラの冐險」は此處で語られてゐるやうな小説のひとつなんだと思ふ
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/123.html
投稿者 不動明 日時 2010 年 11 月 30 日 22:35:36: yX4.ILg8Nhnko
 

(回答先: 昨日、日曜洋畫劇場で「ライラの冐險 黄金の羅針盤」をやつてゐたが、舞臺が例のスヴアールヴアルだつた 投稿者 不動明 日時 2010 年 11 月 29 日 22:07:15)

 
 
 
 
   「アーサー王の伝説(The Arthurian legends)」は、
    大衆の意識に入り込み、私たちの本当の目的を明らかにする、
    という主な試みだったのです。
    その伝説を継ぐことはできましたが、
    私たちの敵は、
    この伝説の異本を捏造して世の中にばら撒き
    (出版などによって)、私たちのメッセージを混乱させたのです。
    それで、今再び、私たちは試行しようとしているところです。

    インタビュアー:
    どんな風に?

    イルミナティ:
    アーサー王の伝説は、
    私たちが守っている秘密について暗示した想像的なフィクションです…
    言わば聖杯(the Holy Grail)。
    それなら私たちの真相を敵から隠すことができるので、
    そのような小説としてアプローチすることを好んで行うのです。

    私たちの敵は、
    事実とフィクションを見分けることができない人々なのです。
    (まさか、人間ではない?)
    それでも、私たちのことに耳を傾けようとしている人なら、
    そこから真実を学ぶことができるでしょう。

    インタビュアー:
    それで、あなたは新しく暗号化された「アーサー王の伝説」を
    創ることができたのですか?

    イルミナティ:
    ある意味では…。
    私たちイルミナティの本当の目的を概説したものとして、
    4つの暗号化された小説という形にするために、
    ゴーストライターを雇いました。
    選ばれた作家たちには報酬が支払われて、
    知りえたことについて秘匿するよう誓いも立ててもらいましたが、
    しかし…。
    (ここで、しばらく沈黙。次に話す言葉を慎重に選んでいる)

    次の句が出るまで、少し時間がかかることをご容赦ください。

    彼が、その作家が最終の部分について、書かないと言い出したのです。
    これ以上あなたに言うことが私には許可されていません。
    私たちは、この仕事を完成するために
    新しいゴーストライターを探しているところです。

    インタビュアー:
    あなた方の敵は、
    そのゴーストライターを見つけて危害を加えたのではないですか?
    あるいは、逆に、敵陣営に引き込もうとした…
    おそらくそうではないですか?

    イルミナティ:
    私は、そのいずれについてもお答えできないのです。
 
 
 
 
最上位のイルミナティが初めて語ったこと | カレイドスコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-271.html
 
 
 
 
 
 
 
 
    リー・スコーズビーが港でライラと出會つた際に、

     お嬢ちやんにアドバイスをしやう。
     オレだつたら鎧熊を傭うね。

    だつたと思つたがそんなやうな助言をしてゐた。
    其れが妙に引つ掛かつてゐたのだが、
    成る程さう云ふ事かと。
 
 
    あの鎧熊は恐らく露西亞の事を指してゐるのであり、
    プーチンとメドヴエージエフの事だと思ふ。
    日本はプーチン率いるシロヴイキと、
    友好關係を構築せねば成らないだらう。
 
 
 
 
雙頭の鷲を國璽として掲げるフリーメーソン國家露西亞 フリーメーソン國家米國と露西亞 或いはプーチンとメドヴエージエフ
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/565.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 8 月 24 日 22:29:23: xsXux3woMgsl6

プーチンとメドヴエージエフの微妙な關係 其の背景には宇宙人の存在が關係してゐるのか
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/487.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 8 月 06 日 23:21:50: xsXux3woMgsl6
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 不動明 2010年11月30日 22:41:53: yX4.ILg8Nhnko : M6ElNKOta6
 
 
ライラの冒険文学

ライラの冒険(ライラのぼうけん、原題:His Dark Materials)は、フィリップ・プルマン作の三部作のファンタジー小説。第1部「黄金の羅針盤」 (1995年) 、第2部「神秘の短剣」 (1997年) 、第3部「琥珀の望遠鏡」 (2000年) からなる。

概要

現実世界と良く似た別世界に住む11歳の少女ライラ・ベラクアと、我々の世界に住む12歳の少年ウィル・パリーを中心に、無数に存在するパラレルワールドを旅する冒険ファンタジー小説である。

第3部「琥珀の望遠鏡」は2001年、イギリスの文学賞・ウィットブレッド賞(現コスタ賞)の大賞を児童文学として初めて受賞した。

プルマンは「お金のために続編を書く気はない」としていたが、2003年に実質的には続編にあたる短編『Lyra's Oxford』を発表し、さらに2008年にはスピンオフ小説として、若きリー・スコーズビーとイオレク・バーニソンを中心とした『Once Upon a Time in the North』を発表している。

あらすじ

物語は我々の世界に良く似てはいるが、人間には誰もが分身ともいえる動物「ダイモン」がついており、魔女やよろいグマなどが住んでいる世界から始まる。オックスフォード大学のジョーダン学寮に住むライラの周りで、子どもたちが連れ去られる事件が相次ぐ。ゴブラーという組織が北極で子ども達を何かの実験に使っているという噂。ライラの親友ロジャーもさらわれ、叔父のアスリエル卿も失踪する。ライラと彼女のダイモンのパンタライモンは、船上生活者ジプシャンたちとともに、ロジャーやその他の失踪した子どもたちや、アスリエル卿を救出するために、学寮長から渡された「真理計(アレシオメーター)」を手に、北極へと旅立つ。
 
                                  -ライラの冒険 - Wikipedia 
 
 
 
 


02. 不動明 2010年12月01日 20:27:45: yX4.ILg8Nhnko : PcahAeMsHs

ダイモンとは詰まり代紋であり、
此の物語は實は日本人に對して發信された物語ではないかと。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ59掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ59掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧