★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ59 > 790.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
電気的宇宙論-c
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/790.html
投稿者 海幸彦 日時 2011 年 7 月 21 日 14:35:29: jY0c1QUHK1KaM
 

ウォレス・ソーンヒル博士を阿修羅の賢者にご紹介します。

<抜粋>
銀河と人間の細胞が瞬間的なシグナルでつながっている

電気的宇宙論は、ウォレス・ソーンヒル博士が最先端を行っています。わたしは、博士に2度インアタビューする機会を得ました。サイエンスのコミュニティからはじき出され、大変な迫害と戦いながらの研究ですが、心強いことに賛同してくれる科学者がどんどん増えているようです。

この理論ほどエレガントなものは他にないと思っています。それはこの理論が、生命そのものにまで、ピタリと当てはまるからです。ソーンヒルは博士は言います。

 「生命もまたきわめて電気的です。生物の分子は、分子同士の間で共鳴シグナルを与える仕組みになっています。つまりボディの一部が他のボディの部分やマインドと瞬時にコミュニケーションしているのです。記憶や意識についても同様に説明できます」と。

 この理論では、電気の力が重力や磁力となって、銀河系から、太陽系そして地球の人間その細胞までを瞬間的なシグナルで、つなげてしまうのです。博士は人間に影響するような、遺伝子よりも大切な情報が共鳴構造の中で、電気力によって運ばれると主張します。

「これは宇宙から学ぶべき情報です。これは希望が持てることだといえます。人間は宇宙の一部であり、孤立しているわけではないからです。瞬時的なシグナルで、人間は宇宙とつながっています。人間はより大きいものの一部だという人間の存在価値を考えてほしいと思っています」
http://echan.thd-web.jp/e4658.html
<抜粋終了>

ウォレス・ソーンヒル博士のレクチャー:
http://www.youtube.com/watch?v=AFcNHHxSFl4&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?v=weIEiB_OHpI&feature=related
6パーツ中1と2しかみつからなかったけど、関連のクリップを見つけました。
http://www.youtube.com/user/ThunderboltsProject#p/u
http://www.veoh.com/list/s/Wal%20Thornhill

プラズマ宇宙論とは?
<抜粋>
 プロフィールにあるように、僕は”電磁気整合”を毎日行っている。その関係で、建物の高さや高圧送電線の場所・携帯電話中継アンテナの有無・太陽光線の強さ・家電製品の位置など、普通の人ならおよそ関心を持たないようなことに細心の注意を払っている。電磁気の強い場所やモノを常にチェックしていないと、不愉快な経験をするおそれがあるからだ。そんな毎日を送って、もう数年経った。その内に、もっと詳しく電磁気の流れを知りたくなった。人類の電気文明が作り出した「人工の電磁場」以外に、自然界には、もともと電磁気環境が存在する。その全貌を掴みたくなってきた。

 そんな欲求が高まってきた頃、ロバート・ベッカーの「クロスカレント」で紹介されていることもあり、プラズマ宇宙論に強い関心を持ち始めた。ウェブ上で調べる内に、エリック・ラーナーの「ビッグバンはなかった」が、どうやらプラズマ宇宙論の本だと分かって、早速手に入れた。この本には、プラズマ宇宙論のことも触れられているが、どちらかというとラーナー自身の主張=「ビッグバンはなかった」に重きが置かれている。それでも、ビルケラント、アルヴェーン、アンソニー・ペラット、ラーナーといった先駆者達が唱え始めたプラズマ宇宙論の奥深さに、僕は深く心を打たれた。電磁気の大きな流れは、僕らが住むこの宇宙を作り上げている。そのユニークさとダイナミックさは、それまで僕が信じていた常識=ビッグバン宇宙論をひっくり返すのに充分だった。

 プラズマ宇宙論は、日本ではまだ充分に知られているとは言えない。テキストの日本語訳さえ不充分な段階であり、まともに宇宙論として取り上げられていないのが現状。その理由として、ビッグバン宇宙論が支配的なことが大きいと僕は考えている。それに、大学理工学部でプラズマの研究をしていても、専門的な領域にとどまって宇宙論まではなかなか到達しないのではないか?とも思う。そんな状況の中、オカルト・疑似科学としての評価が先行している面もある。日本ではそんな傾向が根強いが、海外ではプラズマ宇宙論は決して異端ではなく、プラズマ工学関係者を中心に、着実に熱烈な支持を獲得しつつある。

 僕がそのことに気付いたのは、エレクトリック・ユニバース理論のサイト(サンダーボルト)を偶然ウェブ上で見つけてからだった。彗星に弾丸を撃ち込むディープインパクト計画のニュースで、彼等の存在を知った。ちょうどラーナーの本以外にもプラズマ宇宙論の情報を探していたので、興味を持ってサイトを読み出した。このサイトには、エレクトリック・ユニバース理論に関する膨大な情報が掲載されている。すべての記事を読んだ訳ではないが、僕のつたない英語読解力でも理解出来るほど分かり易く書かれている部分もあり、少しずつ読み進めている。個人的には、プラズマ宇宙論を詳しく解説していて、素晴らしいサイトだと考えている。

 エレクトリック・ユニバース理論について解説しておく。エレクトリック・ユニバース理論とは、プラズマ宇宙論をもとにイマヌエル・ヴェリコフスキーやラルフ・ユルゲンの説を加えて発展させたもの。現在は、ウォレス・ソーンヒルやドナルド・スコットが理論的な主柱になっている。太陽や恒星が外部の電気的なエネルギーで輝いているとする「電気的太陽論」、「彗星小惑星説」、「放電によるクレーター形成説」、「電磁気による台風・竜巻発生説」、「地下での放電による地震発生説」などが紹介されている。科学史上のミステリーであるシベリヤ・ツングースカの大爆発についても、独自の見解がまとめられている。また、ヴェリコフスキーの影響を受けて、神話に記された出来事を、プラズマ・電磁気の働きで説明することもある。

 イマヌエル・ヴェリコフスキーについても説明しておこう。彼は50年以上前に、「衝突する宇宙」を発表した。この本は、神話に書かれてある不思議な出来事は、すべて実際に起きた天文的な現象だったと証明しようとしたもの。その内容に対して、カール・セーガンなどの科学者が厳しい批判を行ったことでも有名になった。僕自身の考えとして、「彗星から炭化水素の食物が降ってきた」ような記述は確かに行き過ぎだと思う。しかし、批判論者は、ヴェリコフスキーの主張の重要なポイントを見逃していると思う。「太陽系は決して静的な存在でなく、惑星間の放電などの激しい電気的活動が過去に何度も起きて、常に変化を繰り返していた」ことは、僕には真実だと思われる。電磁気力は大変強い力なので(重力より10の40乗倍も強い)、惑星の軌道を変えたり、地球の磁極をひっくり返したとしても、決しておかしくないと思う。

 プラズマとは、固体・液体・気体に次ぐ4番目の物理状態で、電子とイオンに電離した物質を指す。導電性が高く電気を良く通すほか、強い磁界と電界を持つ。天文学の発達により、宇宙に存在する物質の内、99.9%はプラズマだと判明した。宇宙では、物質はプラズマの状態にあることが普通であって、固体・液体・気体の状態にある僕らの住む地球は、宇宙的に見れば非常に珍しいといえる。宇宙が大部分プラズマで構成されているならば、その挙動が宇宙全体を動かしていると考えるのは、ごく自然なことだと思う。プラズマの特性を考慮していない他の宇宙論は、根本的な欠陥があるに違いないと、僕は考えるようになった。

 現在、プラズマ宇宙論は、行き詰まりを見せる既存の宇宙論に変わって、合理的で明快な理論を構築しつつある。ブラックホールやダークマターを持ち出さなくても、宇宙の現象は充分に説明可能。赤方偏移は、決して宇宙膨張の証拠ではない。プラズマがより合わさって銀河が作られ、太陽系も生まれた。そのような斬新な理論が、説得力ある証拠とともに幾つも考え出されてきている。このまま理論が発展して大きな成功をおさめれば、ビッグバンやブラックホール、ダークマターといった概念は、間違いなく過去の遺物として葬り去られるだろう。

 僕個人としては、プラズマ宇宙論は宇宙論だけにとどまるものではなく、生物の本質を解明する手段としても優れていると考えている。僕は自分自身の経験から、生物が電磁気的な存在だという確信を持った。エレクトリック・ユニバース理論では、まだ生物に関する記事は少ない。僕自身の観点から、幾つかのアイディアをこのサイト上で公表して行く予定。
http://www.tatetadahide.com/plasma/plasma.html
<抜粋終了>
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

投稿者がコメント機能をカットして投稿したためコメントできません。 ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト

--> フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ59掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ59掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧