★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ59 > 853.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人に見せるとびつくりして氣を失ふもしれんから石にほらせて見せておいたのにまだ氣づかんから木の型をやつたであらうがな
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/853.html
投稿者 不動明 日時 2011 年 8 月 12 日 06:27:20: yX4.ILg8Nhnko
 

(回答先: bは鬼であり鬼はbである 大いなる惠みを齎すbは又大いなる災いを齎す鬼である 投稿者 不動明 日時 2011 年 8 月 12 日 06:25:41)

 
 
 
 
    このbのまことの姿見せてやる積りでありたが、
    人に見せると、びつくりして氣を失ふもしれんから、
    石にほらせて見せておいたのにまだ氣づかんから木の型をやつたであらうがな、
    それがbの或る活動の時の姿であるぞ、
    bの見せ物にしてはならんぞ、
    お山の骨もその通りぞよ、
    これまで見せてもまだ分らんか、
    何もかもbがさしてあるのぞ。
    心配いらんから慾出さずに、素直に御用きいて下されよ、
    今度のお山開き まことに結構であるぞ、
    bが烈しくなると、bの話より出來んことになるぞ、
    bの話結構ぞ。
    七月の十三日、ひつ九のかみ。

                          ひふみb示 下つ卷 第三帖(四五)
 
 
 
 
    この方は元の肉体のままに生き通しであるから、天明にも見せなんだのざぞ、
    あちこちに臣民の肉體かりて豫言するbが澤山出てゐるなれど、
    九分九厘は分りて居れども、とどめの最後は分らんから、
    この方に從ひて御用せよと申してゐるのぞ。
    砂糖にたかる蟻となるなよ。
    百人千人の改心なれば、どんなにでも出來るなれど、
    今度は世界中、b々樣も畜生も惡魔も餓鬼も外道も三千世界の大洗濯ざから、
    そんなチヨロコイ事ではないのざぞ。
    ぶち壞し出來ても建直し分かるまいがな。
    火と水で岩戸開くぞ、
    智慧や學でやると、グレンと引繰り返ると申しておいたが、
    さう云へば智慧や學は要らんと臣民早合點するが、
    智慧や學も要るのざぞ。
    惡も御役であるぞ、この道理よく腹に入れて下されよ。
    天のb樣 地に御降りなされて、今度の大層な岩戸開きの指圖なされるのざぞ、
    國々のb々樣、うぶすな樣、力あるb々樣にも御苦勞になつているのざぞ。
    天照皇太b宮樣初めb々樣、あつくまつりて呉れと申してきかしてあろがな、
    bも佛もキリストも元は一つぞよ。
    八月三十一日、ひつ九の

                         ひふみb示 天つ卷 第四帖 (一一一)
 
 
 
 
    昔から生き通しの活b樣のすることぞ、
    泥の海にする位朝飯前のことざが、
    それでは臣民が可哀そうなから天の大b樣にこの方が詑びして
    一日(ひとひ)一日と延ばしてゐるのざぞ、
    その苦勞も分らずに臣民勝手なことばかりしてゐると、
    bの堪忍袋切れたら何んなことあるか分らんぞ、
    米があると申して油斷するでないぞ、
    一旦は天地へ引き上げぞ。
    八月七日、一二

                 ひふみb示 天つ卷 第十七帖(一二四)
 
 
 
 
                  
 
 
    

    

    

    

     

    

    
 
 
 
 


「超知ライブラリー001 [超図解]日本固有文明の謎の鍵はユダヤで解ける」據り
 
 
 
 
サキツミヨノフルコトノモトツフミオオイナルオシエ
先代舊事本紀大成經
 
 
「先代旧事本紀大成経」における古代天皇の身体的特徴 | zackyChannel
http://lucky2zacky.jugem.jp/?eid=760
 
 
「先代旧事本紀大成経」における古代天皇の身体的特徴
2009.05.26 Tuesday | 20:47
 
 
 
 
 
先代旧事本紀大成経(せんだいくじほんきたいせいきょう、先代舊事本紀大成經)は、『先代旧事本紀』を基に江戸時代に作られたと推測される偽書。(wikiより引用)

以下、先代旧事本紀大成経より、いにしえの天皇の身体的特徴を抜粋


神武天皇(初代)

背の高さは約3メートル15センチ、胴回りは、両手を伸ばして一抱えした長さに15センチほど足した長さ。頭には9センチほどの角が二本あり、それはまるで雪のような色をしています。背中には龍のような背ビレがあり、その長さは1メートル20センチ、尾の裏側には大きな鱗が72枚あります。105歳のときに皇太子の位に就かれました。

綏靖天皇(2代)

身長は3メートル、目は黄色に光り、まるで水星のような輝きを放っています。背中に鱗があり、怒られるときにはそれが逆立ちました。その武術は人に勝るので軽々しくモノを言えませんでした。

孝霊天皇(7代)

生まれながらの御容姿は、他の方とは大きく異なり、お顔が長く龍のようですが、決して醜くはありません。その耳の後ろに白い鱗があります。胸にも9枚の鱗があり、その9つの隙間から氣を放っておられます。俊敏で、どんな遠いところにも行かれます。

崇神天皇(10代)

背の高さは1メートル90センチ、額に10センチほどの青い角が一本あります。下の顎の歯は短く丸く、下は長く鼻にまで届きました。

垂仁天皇(11代)

背の高さは1メートル80センチ、髪は右曲がりに頭を9周するように生え、頭頂部で輪のように巻いてとどまっていました。両脇の下には金と緑の羽を持ち、肘にも同じような羽が根ざしておられました。

神功天皇(14代)

御容姿は非常にたおやかで美しく、その目には二つの瞳をお持ちでした。乳に9つの穴があり、力は強く建物の柱を揺るがすほどでした。

応神天皇(15代)

背の高さは2メートル90センチ、肘には弓を射るときの「鞆(とも)」いう丸い当て皮のような形がありました。顔の真ん中の角は天に向かってまるで弓に矢を番えたかのようでした。胸には72本の青い毛が牛の尾のように生えていました。その長さは馬の尻尾ほどで、とても強く根ざしていたので最後まで抜け落ちることはありませんでした。

仁徳天皇(16代)

御壮年のころで、背の高さは1メートル90センチほど、目には青と黄色の光があり、耳は眉毛の上ぐらいの位置から口の下にまで垂れ下がり、足の指は長く、まるで手の指のようでした。

以上

【出典】
天孫降臨/日本古代史の闇―神武の驚くべき正体 (5次元文庫)


■記紀によって偽書に追いやられた日本の超古代文書たち
http://lucky2zacky.jugem.jp/?eid=626
 
 
 
 
 
 
 
 
   ところで富士のコノハナサクヤ姫ノ命に關する傳承
   (b傳富士文献)に次のやうな話が傳はつてゐる。

    超古代、富士の裾野(すその)に阿祖山(あそやま)大b宮を中心とする
    カキツの都が榮えてゐた。
    その國の支配者は女性で、赤く輝く「石」を用い、
    その力によつて皿状の飛行物體を飛ばし、
    死人をよみがえらせ、地球萬國を夫である天皇とともに訪れ、
    世界を平和と安寧(あんねい)のうちに治めてゐた。
    しかし王國の支配は、腐敗した官僚と民衆の叛亂で次第にぐらつき、
    分裂した二國間で丸い「天球」を投げつけ合う激しい戰いが起こり、
    富士と地球の火山は相次いで大噴火し、
    コノハナサクヤ姫は富士の火口に身を投げた。
     なおコノハナサクヤの象徴は球體の丸い石であると云ふ。
    これが現在、南米各地で見つかつてゐる。
 
 
 
 
    英雄アシュヴァッターマンはみずからの空挺ヴィマーナ(飛行戦車)に踏みとどまると、
    水面に降り立って、神々さえも抵抗しがたいアグネアの武器を発射した……。
    アグネアがひとたび空中高く放たれると、
    その矢の束は光輝く流星の雨となって地上に落下し、敵を圧倒した。

    パーンダヴァの軍勢は、突如、深い闇に包まれ、方向感覚を失ってしまった。

    やがて恐ろしい風が吹き始め……太陽がぐらぐら揺れて
    あらゆるものが熱で焦がされ始めた。
    象たちはこの武器の発する熱に焼かれ、
    あたり一面に広がる炎から逃れようとして右往左往した。
    海や川の水まで蒸発し、水中に棲む生き物も死の脅威にさらされた……。

    矢の雨は、あらゆる方向から激しい風をともなって降り注いだ。
    雷よりすさまじい音をたてて爆発したこの武器のために、
    敵の兵士たちは猛火に包まれ、燃え木のようにバタバタと倒れた。
    巨大な象たちも、この武器に焼かれて狂おしい悲鳴をあげ、
    ドドーっと大地に崩れて重なっていった……。

    こうして戦場の生き物は戦車もろとも火に呑み込まれ……
    木の葉のように燃え尽きてしまった……。
    鳥たちは灰で真っ白になった。
    そして数時間後に、すべての食べ物は汚染されて食べられなくなった。
    これを見た兵士たちは恐怖にかられ、命からがら戦場から逃げ出した。
    彼らは急いで川に飛び込み、自分達の身体と身につけているものを洗った。

    ---

    高速のヴィマーナで空を飛んでいたクルスは“雷電”を巧みに操作した。
    彼は、三つの都市がそれまでのどんな武器でも効果がないことを知ると、
    これらの都市へ向けて、神々すらおそれていた巨大な苦しみをともなう武器を発射した。

    それは、太陽を一万個集めたほど明るく、
    輝ける炎と雲がそそり立つ柱となってもたらす
    “鉄の雷電”と呼ばれる未知の武器だった……。

    三つの都市の住民は、ひとり残らず焼き尽くされて灰となった。
    死体は見分けがつかないほど焼けただれ、手足の爪や髪の毛はことごとく抜け落ちた。
 
 
 
 
    「天の御璽のb寶」 「アメノミシルシノカンダカラ」 「天のみ知る死のb寶」
 
 
    


 
 
 
 
 
 
 
 
富士山の噴火口をグーグルマツプ地形圖で見ると不思議な人工地形が浮かび上がつて來る
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/230.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 5 月 20 日 03:04:43: xsXux3woMgsl6

バラモン教聖典『マハーバーラタ』より抜粋 | zackyChannel
http://lucky2zacky.jugem.jp/?eid=608

アメノミシルシノカンダカラ
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/587.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2009 年 12 月 05 日 01:28:47: xsXux3woMgsl6

大魔bの額に角がありヱヴアンゲリオン初號機にも額に角がある 先代舊事本紀大成經の崇b天皇の記述には額に角がある なんで?
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/229.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 5 月 20 日 02:49:13: xsXux3woMgsl6

ヱヴアンゲリヲン アマツヒツギノスミラミコト
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/251.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 5 月 25 日 23:03:31: xsXux3woMgsl6

日本海周邊にb國日本を守護する龍宮の乙姫樣のUSO艦隊、シーゲートが出現してゐる可能性有り
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/506.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 8 月 10 日 22:42:45: xsXux3woMgsl6
 
 
 
 
 
 
 
 
異形のb々は人間界に天皇と成つて天下つて來た存在だ。
佛魔百濟勢力藤原家は
其のb國日本を平和裏に統治してゐた異形のb々を驅逐した。
 
 
 
 
http://www.amazon.co.jp/謎の根元聖典-先代旧事本紀大成経-超知ライブラリー4-後藤-隆/dp/4198619239/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1298361420&sr=8-1
 
 
        
 
 
先代舊事本紀大成經
徳間書店刊
平成十六年(西暦2004年)十月三十一日發行
後藤隆氏著
「超知ライブラリー006 謎の根元聖典 先代旧事本紀大成経」

商品の説明

出版社/著者からの内容紹介

「先代旧事本紀」は竹内文書を含む古史古伝のすべてを網羅し、ヒッタイト・ハッタイトを超えて人類文明の根元まで遡るものであった!
内容(「BOOK」データベースより)
その存在を誰もが知りながら、入手の困難さ、内容の難解さゆえ、一切が謎のベールに包まれていた先代旧事本紀大成経。竹内文書をはじめ、あらゆる古史古伝のルーツともなった七二巻本の全容をここに初めて明らかにする…。
内容(「MARC」データベースより)
天皇家と六家が隠し持っていた秘録を基に、聖徳太子と秦河勝が実用書として再生させた「失われし超古代の叡智」72巻。ヒッタイト文明にまで遡る世界で最大最後の古史古伝。その堅牢なる秘密の封印がついにここに解かれる!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

後藤 隆
神皇家初代当主神主。あまたの企業の相談役をつとめていたこともあるが、現在は東洋医学治療センター院長と『旧事本紀』の研究に集中している。先代旧事本紀大成経刊行普及会、先代旧事本紀大成経研修道場、神代皇代大成経刊行普及会の代表。(有)天隠山専務取締役。古文書翻訳出版協同組合(都認可番号;13産労商調設事第3号)代表理事などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
 
 
目次

序章 ついに紐解かれる「超太古の叡智」七十二巻

 古代パルティアを見よ ― 人類は進化などしていない
 古代電池と金メッキの技術
 エジプトのピラミッドは、単に唯一残った古代建物の一つに過ぎない
 文明の終着点「日本」に残された超古代文明の叡智の結晶 ― それが『先代旧事本紀』だ!
 
 
第1章 万能の学問書『先代旧事本紀』の基礎知識

 『先代旧事本紀』と呼ばれる書物はいくつも存在している
 七十二巻本が原典と言える理由
 『旧事本紀』を貫く古代の万能理論「天隠山理論」とは?
 伊勢神宮と伊雑宮の真相
 神を祀るということの真意
 
 
第2章 なぜ天皇家と六家だけに「宇宙の奥義」が残されたのか

 喪失の危険は最初からわかっていた
 『古事記』以前の書、「古史古伝」と『旧事本紀』
 
 
第3章 世界中の「古代の叡智」はこうして文明の終着点「日本」に集った

 『旧事本紀』の「叡智」は、かつて世界中に存在していた
 超古代の叡智は、どのようなかたちで日本に残されていたのか
 『旧事本紀』はどこから出現したのか
 さまざまな古史古伝、それらもまた『旧事本紀』である
 「先代旧事」と「神代皇代」
 聖徳太子が天皇にならなかった理由
 『旧事本紀』編纂は天皇家だからこそできた
 聖徳太子の目指したもの
 
 
第4章 秦河勝とヒッタイト・ハッタイト文明

 『旧事本紀』編纂の黒幕!? 秦一族の謎
 秦氏と太子の思惑は一致していたのか?
 『旧事本紀』は人間を天才にする
 
 
第5章 聖徳太子の死後千四百年―初めて公開される『旧事本紀七十二巻』の実像

 本書で用いる『旧事本紀』の原本について
 宮東齋臣氏と『旧事本紀』
 『旧事本紀七十二巻』の構成と内容
 
 
第6章 世界の遺跡に宇宙の学問「天隠山理論」が表現されている理由

 誰が宇宙の発生を見ていたのか
 世界中の古代遺跡は一つの理論に基づいている
 繰り返される崩壊と生成
 『旧事本紀』がコンピューターでは解析できない理由
 人間の可能性
 
 
第7章 九重天と六重地―現代数学と物理を超越する「天隠山理論」の真髄

 『旧事本紀』の創造哲学
 理論の誕生を推理する
 九重天と六重地
 天隠山理論は円錐形の山か
 
 
第8章 幸魂・奇魂・荒魂・和魂(四つのDNA塩基)と現代生物学を超える霊魂とは?

 DNAの遺伝子も登場する
 天隠山と占い
 循環する乱数表
 神事と天隠山
 
 
第9章 天隠山理論の要諦にして―権力者が最も恐れた「五鎮三部」とは?

 五鎮三部
 
 
第10章 矛盾の間を生きる「人間」のための学問―『旧事本紀』の教える宗教とは?

 『旧事本紀』は中庸の学問
 宗教とは本来、人間学である
 人は何故信仰を求めるのか
 信ずべきは自分自身、神は人を救わない
 『旧事本紀』が教える親孝行
 道徳の基準「人の道」
 文明と進化
 人間が生きるために必要な学問とは
 
 
終章 謎の根元聖典『旧事本紀』が教える既存宗教と輪廻転生とは?

 現在の宗教は人間を滅亡に導く
 本当の宗教
 日本神道は根っ子、儒教は枝葉
 結果からアプローチした仏教は果実
 宗教が「欲を捨てよ」と教える意味
 日本神道も仏教も一神教である
 人間の才能と能力
 輪廻転生の真実
 
 
 
 
 
 
 
 
蘇我と物部、佛教とb道
物部氏を滅ぼしたのは蘇我氏ではない。
物部氏と蘇我氏は天皇の詔により和解した。

物部氏と蘇我氏を驅逐したのは百濟勢力藤原家である。
佛魔百濟勢力藤原家は聖徳太子や蘇我氏を滅ぼしたあと、
物部氏をも驅逐した。

死人に口無し。
兩家を驅逐した後は
自分達勢力に都合の良い樣に歴史を改竄僞造する。
全ての罪を蘇我氏に着せた。

白村江の戰い敗戰後、唐の太宰府筑紫都督府に據る大和軍事占領下に
唐側に巧妙に取り入り、有力豪族粛正の尖兵として、
物部氏や其の他有力豪族を抹殺し、シユメール文明由來の粘土板や
エジプト文明由來のパピルス等々、
所藏してゐた數多の貴重な歴史書を全て燒却破壞、
焚書坑儒を斷行し、b國日本の歴史の抹殺を圖つた。
 
 
 
『此の警告文は「エメラルドタブレツト」の文章を聯想する』
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/463.html

この警告文の主は恐らくユダヤ祭祀一族のレビ族です。
私はレビ族に関して投稿しようとした時に極めて特殊な方法で警告を受けた事があります。
レビ族は中国で秦を築いた秦一族と同系統であり、
レビ族にはおそらく大秦国と書くローマ帝国に関して、実は陰の真の支配者だった等の秘密がありますが、
おそらくローマ帝国に関するそれらの資料は秦一族である秦の始皇帝が焚書坑儒で学者達が後世に残してしまっては都合が悪い多くの資料を抹消したように抹消されています。
秦の始皇帝が抹消を意図した歴史資料の核心は、始皇帝の秦一族がローマ帝国の方から来た人達で云々といった事だった筈です。
秦一族が日本に来ている以上、ローマ帝国・秦・古代日本で、レビ族・秦一族に関する核心的な歴史資料が抹消され情報操作が為されている筈です。
 
 
 
 
蜂子皇子は百濟勢力に彼の地に留まり續けた場合
弑逆される事が確實ゆえ出羽の國に避難したのだ。
そして蘇我氏を歴史から抹消した。
『日本書紀』は藤原不比等が編纂した書。
 
 
585年(用明元年)- 聖徳太子の勧めにより宮中を脱出。
592年11月3日 - 父崇峻天皇が蘇我馬子に暗殺される。

           ― 蜂子皇子 - Wikipedia 経歴 據り
 
 
『日本書紀』に中臣鎌足が登場する直前のこと、気になる記事がのこされている。
 百済王豊璋が、三輸山で蜜蜂を飼おうとしたが失敗した、という話である。
 天香具山同様、三輪山は神聖な山であり、
 人が入ることはできなかったはずである。
その三輪山で豊璋が蜜蜂を放ったというこの記事は、
いったい何を意味しているのだろう。
そして、その直後の中臣鎌足神抵伯任命記事である。
二つの記事に、何か関係があるのだろうか。

                    ― 関裕二氏著「藤原氏の正体」おわりに 據り
 
 
 
 
    
 
 
 
 
出羽の國のなぞ
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/648.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 12 月 29 日 16:33:38: Gsx84HOp6wiqQ

羽黒山參詣記
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/345.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 10 月 18 日 23:52:48: Gsx84HOp6wiqQ

先生、またまた誤解です。差し出がましい発言すみませんでした、どうぞ投稿をお続け下さい。
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/598.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2008 年 12 月 18 日 20:34:52: 8EItFG7yGzQIA
 
 
 
古代日本のフリーメーソン 石物云ふ時來たぞ
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/209.html
投稿者 不動明 日時 2010 年 12 月 26 日 21:39:44: yX4.ILg8Nhnko
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 島唄 2011年8月12日 14:56:26: ZW97PFZHjT5Lg : 3SstCBCT4w
読み応えがあったよ〜。

先代旧事本紀、読んでみたい〜!


02. 2014年3月05日 21:15:38 : XmjAidrljY

蜂子皇子御尊像拝観

羽黒山午歳ご縁年のご案内 | 山形県鶴岡市羽黒町観光協会
http://hagurokanko.jp/information/76-information/549-2014-01-04-01-29-41.html


03. 2014年3月05日 21:30:16 : XmjAidrljY

出羽三山神社午歳御縁年記念 蜂子神社御尊像 初の一般公開 - 全国郷土紙連合
http://www.kyodoshi.com/news/10882/

出羽三山神社午歳御縁年記念 蜂子神社御尊像 初の一般公開
荘内日報社 2013年12月19日

 出羽三山神社(緒方久信宮司)は、来年の羽黒山午歳御縁年(うまどしごえんねん)記念事業の一環として、出羽三山の開祖・蜂子皇子を祭る羽黒山頂にある蜂子神社の御尊像を一般に初めて公開する「蜂子神社御開扉(ごかいひ)」を4月29日―9月30日の日程で計画している。JRによる大型観光事業「山形デスティネーションキャンペーン」(来年6―9月)もあることから、多くの参拝が見込まれる。同神社では「東日本大震災から3年。被災地には出羽三山の信者も多い。御開扉で御尊像に祈りを込めることで多くの方に希望が見いだされれば」とする。

 古文書などによると、江戸の初めまで開祖の御尊像は五重塔に安置され、元和5(1619)年に宥俊別当が羽黒山頂に堂を建立し安置。それから約250年にわたり御尊像は参拝者に拝観されてきたが、廃仏毀釈(きしゃく)の命によって明治7(1874)年、出羽三山神社の初代・西川須賀雄宮司が当時は開山堂としていた山頂の堂を蜂子神社に改称。さらに御尊像が僧形だったことから堂の奥にしまわれることになり、以来、一般公開はされてこなかった。

 開祖の蜂子皇子は、出羽三山を開き、人々に農耕を教え、産業を興し、治病の法を教え、人々のあらゆる苦悩を救うなど、数多くの功徳を残したとされる。顔が醜く、口は大きく耳の根元まで裂け、鼻は下に下がって垂れるなど異様な姿であったと伝えられ、これは人々の苦悩を一身に引き受けたからだとされる。

 出羽三山神社を中心に地元の観光団体では来年、山形DCも踏まえ、さまざまな御縁年記念事業を展開する。その目玉となる蜂子神社御開扉。観光客の受け皿とする一方で、多くの信者がいる被災地の復興を願い、一人でも多くの人に希望の光を見いだす機会にする意味も持つ。同神社広報室長で禰宜の吉住登志喜さんは「自然や山、先祖に祈りを込める、そういった祈りを伝える機会にし、お参りすることで多くの方の気持ちが晴れやかになれば」と話している。

 午歳御縁年記念事業ではこのほか、出羽三山歴史博物館や麓のいでは文化記念館では午年にちなんだ絵馬(神午)展などの特別展示、今年初めて行って好評だった国宝羽黒山五重塔ライトアップ(6月14日―9月13日)、斎館では海外でも人気の高い精進料理の特別御膳の提供(4月29日―11月23日)、広く一般参加も募って羽黒山中興の祖・天有別当終えんの地・東京都新島村を訪れる「天宥別当墓参ツアー」(6月8―10日)などが計画されている。


4. 2016年9月04日 11:26:44 : I9IQxp0MSC : uf5i1iasGYk[18]

教えて!goo

山形県羽黒山の開祖、蜂子皇子の姿はなぜ黒いのですか?

質問者:tonkachi123
質問日時:2003/02/24 20:35
回答数:1件
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/482274.html

スピリチュアル☆ファンタジー

蜂子皇子。

2011年02月11日
http://ameblo.jp/sf-spirin/entry-10797184771.html


産経ニュース

2014.4.18 02:10更新

出羽三山の開祖・蜂子皇子像初公開 山形県内で秘仏ご開帳めじろ押し
http://www.sankei.com/region/news/140418/rgn1404180006-n1.html抜粋


蜂子皇子の姿は民の苦しみを背負ったため「顔はみにくく、口は大きく耳の根元までさけ…一尺もある異様なお姿だった」と文献にある。この日のお披露目では「秘中の秘」とされる像のため直接の写真撮影は許されなかったが、実際の像は文献に記載された様子とは違い、柔和な表情を浮かべていた。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ59掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ59掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧