★阿修羅♪ > 国家破産67 > 216.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢の不起訴は3日に判断されたというが、前日にはキャンベル会談があり、今回も脅迫を受けてなにかしらの貢物を用意したのか?
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/216.html
投稿者 TORA 日時 2010 年 2 月 07 日 13:20:45: GZSz.C7aK2zXo
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu209.htm
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
カナダ北部のイカルウィットで緊急に開かれたG7秘密会議では、中国が
手持ちの米国債を売ってきた時の、受け皿対策が話し合われたのだろう。

2010年2月7日 日曜日

◆ゆうちょ銀の資金、米国債で運用も 亀井大臣が見解 2月4日 朝日新聞
http://www.asahi.com/business/update/0204/TKY201002030498.html

亀井静香金融・郵政改革相は3日、日本郵政グループのゆうちょ銀行の資金運用について、米国債や社債などに多様化していくべきだとの考え方を示した。郵政見直しではゆうちょの預け入れ限度額の引き上げも検討されており、亀井氏は資金の増加が見込まれるとして、運用先も広げるべきだとの立場だ。

 亀井氏は記者団に対し郵政見直しについて「手足を縛られて営業をしているわけだから、現実にあった形にしていく」と発言。昨年12月末で約180兆円のゆうちょ銀行の貯金残高の増加が見込めるとした上で、米国債など日本国債以外の運用が「もう少し増えると思う」と述べた。

 ゆうちょ銀行は昨年12月末で約180兆円を有価証券で運用しているが、9割近くは日本国債で米国債はほとんどなく、社債も約12兆円にとどまっている。

◆小沢氏、訪米を検討 不起訴受け外交関与 2月6日 日経新聞
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100207ATFS0501X05022010.html

民主党の小沢一郎幹事長が4月下旬からの大型連休中を念頭に米国訪問を検討していることが5日、分かった。資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件での自身の不起訴決定を受け、対米関係でも重要な役回りを演じることで求心力を回復する狙いがあるもようだ。難航している米軍普天間基地移設問題の行方も小沢氏がカギを握るとの見方がある。

 小沢氏による訪米検討は、2日に会談したキャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)からの要請を踏まえたものだ。米側は小沢氏らの訪米時にオバマ大統領との面会も視野に入れている。(06日 07:00)

◆小沢不起訴とゆうちょの米国債  2月6日 コーヒーとモカエクレア
http://coffee-eclair.at.webry.info/201002/article_6.html

ゆうちょのカネを米国債で運用などと、亀井が言い出しましたが…。ゆうちょ銀行は2009年12月時点で約180兆円を有価証券で運用しているといい、そのうち9割程度が日本国債。この比率を落として米国債で運用させるという。ドルの信用が揺らいでいる中での米国債投資と、日本の強みである国内での国債償還率低下。

外国人保有率が6%程度である日本国債が、その保有率が多少低下した位では大きな影響度はないと考えられるし、ゆうちょの日本国債離れでその国内保有率低下に即座に繋がるのかという疑問も。とはいえゆうちょとして米国債に投資をする理由が、政治的な理由以外にあるわけがない。

と言ったか言わないか、いずれにせよ日本の強みを弱まらせることには変わりない。それと米国債への投資とがバランス取れる有益なメリットがあれば未だしも、一時的な反転はあっても下落のトレンドが反転するとは考えられず、各国が米国債離れ・外貨準備先離れをしている時に、買ってやるという発言はトヨタ問題を収束させてくれでもしなければ折り合いがつかない。

一説では中国の米国債売却の引受先という見方もあるようですが。。。

それにしてもG7があるとはいえ、唐突感のあった亀井発言。2月3日の事だけど、その前日には小沢・キャンベル会談があった。1日から来日して普天間問題やらハーグ条約を協議していたようだが(文句を言う理由として「離婚したけど子供に会わせろ」なのに何が「国際的な子供の奪取」だ、とこの条約も胡散臭いなぁと感じてますけど)、ルース米大使も同席したこの会談は・・・非公開。非公開を要求したのがどちらの側なのかは不明も、事後説明すら中止となったのは、結局『何が話されたのかは全て憶測』ということになる。「ナイス・トークス」ではさっぱりわからない。

2月2日:小沢・キャンベル会談
2月3日:亀井発言(ゆうちょ運用先に米国債)
2月4日:民主党大訪米団計画が発覚
2月6日:インド洋給油部隊の帰還

これに被さってくるのが小沢不起訴。東京地検が起訴見送りとしたのが2月3日。元秘書ら3名は起訴されるものの、小沢本人に対しては嫌疑不十分。これが”捜査終結”ではないだろうし(読売は”終結”と言っているが、根拠は?)、小沢問題は政治資金規正法違反ではなく収賄なのだから、ここの見送りはあらかた予想もされたところ。とはいえ”もしかしたら”と期待はしたが…。

小沢の不起訴は3日に判断されたというが、前日にはキャンベル会談があり、これが非公開ともなれば何らかの合意を取ったものと憶測されても仕方がない。何せ小沢は湾岸戦争時にブレイディの脅迫を受けて40億ドルを僅か数時間で了承した人物。今回も脅迫を受けてなにかしらの貢物を用意したのかもしれない。

ネット上ではゆうちょのカネが保証されたと指摘しているけど、その推測も一理ある。田中派、経世会と続いた政治とカネにまつわる事件の中で、ロッキードの田中、リクルートの竹下、東京佐川の金丸、日歯連の橋本と政治生命を断たれたのに対し、経世会出身の小沢が免れているのは、やはり売ったのかも。しかし経世会系ばかりが事件化されるのも不可解だ。。。ということは、ここで小沢一郎の立ち位置が大きく変わったということか。会見でも神妙だったし。


(私のコメント)
今日のテレビ報道も小沢不起訴問題一色ですが、「株式日記」で指摘したような、小沢キャンベル会談でアメリカが小沢を不起訴にしてあげる代わりに、郵貯資金で米国債を買う密約説は触れられなかった。沖縄返還でも密約が交わされていましたが、日米間にはとかく密約が多くなる。日本国民にはとても公開出来る内容ではないからだ。

しかしニュースなどを並べて分析すれば、かなりの部分を分析できるし、「株式日記」などで密約を暴露してしまえば密約の意味がなくなる。亀井金融大臣の話と小沢・キャンベル会談の内容を分析すれば何らかの取引が成立していた事は確実だ。だから会談の内容は公表されなかった。

前後関係を分析していけば、2日小沢・キャンベル会談で検察の起訴は不起訴にしてあげるから、郵貯のカネで米国債を買えと言う交換条件が成立したのだ。そして翌日3日に亀井大臣が郵貯資金で米国債も買うと発言した。4日になって検察は小沢幹事長を不起訴処分にした。そもそもアメリカの政府高官が党の幹事長に会う事じたいが不自然だ。

5日からイカルウィットでG7が開かれましたが、非公開でステートメントも発表されない。何が話し合われたかはこれも分析しないと分かりませんが、中国の人民元の問題とギリシャの経済危機が話し合われたのだろう。「株式日記」でもギリシャの経済危機は書かねばならない問題ですが、ユーロの問題にまで発展しかねませんが、時間がないので書けない。

中国の人民元の問題は昨日も書きましたが、オバマ大統領は中国との関係を最優先にしてきて、同盟国との関係をおろそかにしてきた。そこを中国につけこまれてアメリカは追い込められてしまった。日本も親中的な外交に変えようとして来て、沖縄の米軍普天間基地も中に浮くような結果を招いている。

日本がアメリカと距離を置き、中国に接近すればアメリカはどうなるのか、オバマ大統領もようやく認識を変えてきたのだろう。中国と日本はアメリカに対する債券の大口保有者ですが、日中が共同してアメリカに対して米国債やドル債券に対して交渉してきたらアメリカはかなり不利な立場に立たされる。

中国がアメリカとの関係が緊張化して米国債やドル債券を売ってきたら、世界の金融が大混乱する。だからアメリカは同盟国の関係を強化して、中国が売ってきたらG7各国が共同して受け皿になる事をG7で話し合ったのかもしれない。その為には日本との関係も改善して日本が郵貯のカネで数十兆円くらい引き受ければ最悪の事態は避けられる。

その為には反米的な小沢一郎を追い込んで取引に応じさせる事だ。キャンベルとの会談で小沢一郎は連休前にもアメリカに訪問すると発表されましたが、鳩山首相もなかなか会えないオバマ大統領との会談も予定されているようだ。その場で普天間基地問題は一気に解決する予定なのだろう。

アメリカのG2戦略は、日本がアメリカに協力することが前提であり、日本がアメリカから離れてしまえばG2そのものが成り立たない。トヨタに対するバッシングもアメリカの危機感の現れですが、アメリカは自動車産業を再建しなければならないほど追い込まれている。アメリカは自動車で成り立つ国ですが、自動車の売上げでも中国に追い抜かれてしなうほど衰退してしまった。

小沢一郎はもともと親中派でもなく親米派でもなく利権政治家だ。カネと権力になればどちらにも転ぶ政治家であり、世界のどこにでもいる独裁者と同じだ。アメリカはこのような独裁者が大好きであり、カネと権力を与えて利用してきた。だからキャンベルとの会談で小沢一郎はコロリといってしまった。91年の湾岸戦争の頃の小沢に戻ってしまったようだ。


◆小沢は毛沢東 2月5日 中韓を知りすぎた男
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-568.html

新生党→新進党→自由党→民主党、小沢は権力を得るために仲間を裏切り
続けます。自由党時代小沢に見切りをつけた野田・二階などが保守党を
結成し、政党助成金の半分を要求するも小沢は拒否、分裂直後に行われた
衆院選で自由党はテレビCMに20億円を投じ話は当時話題になりました。

彼の怨念は自分を見捨てた自由民主党を壊滅させることにあり、そのために
仲間にひどい目を合わせることに躊躇しません。

つまり小沢は権力を手中に収める事が目的であり、主義主張もイデオロギーも
関係ありません。このあたりが毛沢東とそっくりです。

イデオロギーの無い小沢は権力を握る為、票の為なら韓国民団や左翼勢力
とも平気で組めます。「生活第一」のスローガンと甘いマニフェストで
国民を騙し、税金をばら撒きます。

鳩山首相は小沢を恐れて党人事から国会運営まで小沢に「一任」します。

私に逆らえばポストはもらえない、党の決定に背く行為をしたら、下手すれ
ば除名になるという恐怖心を煽って、党内の言論を封殺していきます。

そして国民の多くが反対している外国人参政権や夫婦別姓の法案を左翼や
日教組の意向に沿って進めようとしています。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月07日 15:32:35
小沢が毛沢東なら
小泉純一郎はさしずめヒトラーというところか?
(いや、ヒトラーは独裁者だったが
売国奴ではなかった。)

米国・CIAに首を押えられた清和会と
日本資本主義代表の経世会とでは
やはり勝負はあらかじめ決まったようなもの。

権力掌握の仕方、使い方はCIAには
かなわない。

左翼や日教組なんて関係ない。


02. 2010年2月07日 16:19:03
ヒトラーはブッシュの爺さんやハリマン財閥などから裏献金を
受けてナチスを増長させた。 自分では気づかなかったのか、
それとも意識していたかは詳らかでないが(ヒトラーは英国
軍部の工作員だった、という研究書も英国で出版されている)、
アングロアメリカの犬として動いたことは疑問の余地がない。

なぜヒトラーがソ連侵攻という途方もない戦争を始めたのか?
アングロアメリカの利益という観点からみれば、理解できよう。

小泉はヒトラーになりえぬ小物のチンピラ。しょせん横須賀
マンボのチンピラ野郎にすぎない。 青春の蹉跌……というか、
政治家の三代目に生まれていなければ、強姦の前科者として、
野垂れ死んでいた身の上である。 だがこういう精神不安定の
チンピラこそ、米国の使い捨て工作員としては利用しやすかった。

小泉も竹中平蔵も、日本の伝統的民族文化のなかでは、ハシにも
棒にもひっかからぬ、使いパシリのチンピラにすぎない。 おそらく
ロクな死に方はしないだろう。 アメリカさんは「心不全」とか「自殺」
とかの美しい演出をしてくれるから、まあ小泉も竹中平蔵も
そういう死に方でこの世から消えていくのでしょう。(笑)


03. 2010年2月07日 17:19:50
小沢幹事長の主張していたことは日米・日中を等距離に置くと言うことだったと思う。 単純思考で親中とか親米と言うのは雑な見方じゃないだろうか。 ルース・キャンベルとの小沢会談の結果で検察が引っ込んだなら、検察は日本の組織ではなくアメリカ直属の組織であると告白したも同じ。 公務員法の改正でも検察と宮内庁人事が別扱いと言うニュースが流されているのも、この会談で裏取引が成立したように見える。 亀井大臣の郵貯アメリカ国際運用容認発言も同じ見方が出来る。 小沢不起訴がこれだけの成果を上げたのなら、えらく高いものにつくような気がする。 どうもこの辺の分析がちょっと先走っているのじゃないだろうか。 公務員法の改正だけでは検察・宮内庁人事にまで踏みこめない理由があるのだろう。 少なくとも検察についてなら検察法の改正が必要になるのだろう。 だとすれば今国会では改正は無理だから、参議院選挙の後になって、民主党政権の安定した後に改正する作戦じゃないか。 中国にばかりのめりこんできたアメリカ外交が、これまでと逆に中国と距離を置く姿勢に変わったとすれば、日本にとっては歓迎すべきこととも言えるが、今度は中国との友好関係を維持するのが難しくなる可能性も出てくる。 ロシアも含めて日本は核保有国に囲まれているという事実を忘れることは出来ない。 自らは核武装せずに等距離外交を展開するのであれば、独自の安全保障政策と軍事力(核抜きの)を整備せねばならず、それに加えて情報組織を造らねばならないだろう。 鳩山首相の主張した東アジア共同体構想は、米欧から見れば最も危険な思想とになされる可能性が大きい。 プラグマテイストであると言われる小沢幹事長の動きをしばらくは見ている必要がありそう。 N.T

04. 2010年2月08日 03:36:04
なかなか分析はいいけど、思想が極右翼ですね。
それに、後追いの分析ばかりですね、新公共が理解できない方でしょうね。

05. 熱烈な自民党支持者 2010年2月08日 17:51:43: V/uzXpXm4m5LQ
<世界に向けて走り出した小沢>
小沢氏の不起訴を受け、郷原氏や田中氏らが検察の捜査の杜撰さを批判している。なぜ法律の守護神でもある検察が、素人目にも解るいい加減な捜査をしたのだろうか。郷原氏は否定するが、やはり政治的影響を受けた検察の捜査であるとしか考えられない。一体、政治的影響とはどんなものだったのだろうか。

昨年麻生政権で、樋渡検事総長が東大の同級生で自民党のヒムラーともいえる漆間官房副長官の意向を受けて小沢民主党潰しのために「西松事件」をでっち上げたことはよく知られている。では一体誰が漆間に指示を出したのか。当時、漆間は内閣官房機密費を使い100人規模の謀略組織を立ち上げ民主党攻撃のネガキャンを展開したと言われている。

この金の流れを見ても、内閣官房機密費を握る河村官房長官が、彼の出身母体である清和会の命を受け漆間に指示したことは容易に想像がつく。ところで清和会の政治スタンスは共和党右派や小泉を支持したデビッド・ロックフェラー、軍産複合体等の米英主義者と同根であることは間違いない。

一方、小沢氏は多極主義者の民主党中道派やジェイ・ロックフェラー、さらには中国の胡錦濤、温家宝らと密接な関係を持っていることはよく知られている。支持率が低下しているオバマにとって自身の権力基盤を固めるためには中国との同盟関係の強化が重要であり、そのためにも中国と密接な関係を持つ小沢の存在は必要不可欠であった。

そこで米英主義者や清和会の小沢攻撃に対し、(ジェイ・ロックフェラーの進言?で)オバマはCIAを使って検察上層部に圧力をかけ小沢不起訴に持ち込んだと考えられる。キャンベル国務次官補が小沢と会談したのも、小沢不起訴の情報を与え、5月には普天間や日米新安保、対中関係についてオバマと会って話し合うことを求めたのではないか。

また小沢側もオバマへのお土産として米国の財政支援のための米国債購入を承諾したとも考えられる。興石参議院会長が2月になれば潮目が変わると言っていたが、どうやら小沢氏は清和会の下劣なスキャンダル攻撃を乗り越えて、対中、対米関係強化に向けた日本外交を本格的に展開しようとしているのように見える。


06. 2010年2月08日 20:08:54
>そもそもアメリカの政府高官が党の幹事長に会う事じたいが不自然だ。


新聞記事に「表敬訪問」とあったので、一層不自然でした。


07. 2010年2月08日 20:13:02
もう郵便局からお金をすべてひきだしましょう!あっ郵貯銀行か!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 国家破産67掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 国家破産67掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧