★阿修羅♪ > 国家破産67 > 456.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
円は1ドル100円へ、日銀の追加緩和策見込む−クレディ・アグリコル(ブルームバーグ)
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/456.html
投稿者 そのまんま西 日時 2010 年 3 月 13 日 01:10:06: sypgvaaYz82Hc
 

円は1ドル100円へ、日銀の追加緩和策見込む−クレディ・アグリコル 3月12日
(ブルームバーグ):

  日本銀行がデフレ克服に向けて金融市場に資金供給するなか、円相場は対ドルで1ドル=100円と昨年4月以来の安値水準へ下落する公算がある。クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベスメント・バンク(CIB)が見通しを示した。

  政府からは日銀に行動を求める声が強まっており、今月に入り円はドルに対し約2%下落した。亀井静香金融・郵政担当相は、日銀による追加金融緩和に期待感を示している。

  クレディ・アグリコルCIBの外国為替世界戦略責任者、ミツル・コテチャ氏(香港在勤)はブルームバーグとのインタビューで「政府内で円安バイアスに向けた政策シフトが見られている」と指摘。「日銀は一段と積極的な対策を取る可能性がある。行動を起こす時期は近づきつつあり、それは当然円安を導くだろう」と語った。

  直近で円が対ドルで100円の大台を下回って取引されたのは昨年4月14日。

  コテチャ氏は、現行の「金融政策は円安とデフレ克服に重点を置くものだ」と述べた上で、「向こう数カ月でデフレ圧力は緩和されると予想する。ただ、物価上昇率がプラス圏に戻るにはしばらく時間がかかるだろう」と語った。


http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=aD8UgovkbyB0  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月13日 23:29:12
世界がバブルだった時、日本は小泉・竹中の借金返済路線で企業は返済に追われたため、設備投資して輸出を増やすことができなかった。日銀は金融緩和したが日本企業はお金を借りず、世界にお金を供給し金融バブルが起った。世界のバブルが顔を少しのぞかせたのがイザナギ景気越えの実態のない虚の好景気であった。日本の変わりにバブル景気で利益を得たのがサムスンをなどの韓国、中国企業であり、日本企業との力関係が逆転してしまった。小泉・竹中を支持した人たちは責任をとる必要が有る。このとき、リチャード・クーのバランスシート経済もとにばらまきを行っていれば、日本企業もバブルによってサムスンと並べるような企業に成っておれたであろう。麻生のばらまき政策は9年遅かったのである。
その時と違い今は、世界的な不況である。日銀が金融緩和をしても効果はない。また、ばらまき策も焼け石に水となり変えって自らを苦しめるだけである。今は、我慢のときである。バランスシート経済も地球規模ではどうしようもないと考えられる。いま、ばらまきをしても時すでに遅しであろう。
亀井さんは、小泉に変わって総理になるべきであった。残念ながら、今の時代は亀井さんといえども打つ手がないと感じる。

02. 2010年3月14日 10:13:23
<ここ数年の投資戦略は?>
確かにここ数ヶ月で円安に向かうことは否定できない。その理由として
・日本の貿易収支の黒字化が進行している
・来週には元が切り上げられるという観測が出ている
・米国の景気がかなり上向いており金利引き上げも近いという観測が出ている
・EUのソブリンリスクがギリシャ以外にも拡がり再度ユーロ安ドル高に

3月末には93円台に、また4月初旬発表の米雇用統計が改善すれば95円台へ、さらに上海万博に向けて中国の景気が最高潮になり、それに引っ張られ米国の景気回復が堅調に推移し97円から98円台の円安になるかもしれない。

しかし秋口からは中国の金融引き締めが強化され、下手をすると(政治的動機に基づいた)中国の不動産バブル崩壊でリーマンショック後のような世界恐慌が発生するリスクもある。

もし再度、恐慌が発生すれば、各国政府とも既に財政出動の貯金を使い果たしているので、長期の大恐慌が発生し世界経済は大破綻する可能性がある。

そこで投資戦略としては本年夏の世界景気のピーク時までに、値上がりした株やコモディティ、値上がりしたドルなどの高リスク資産を売却(或いは空売り)し、預貯金などの低リスク資産に移し換えたほうが安全だろう。また預貯金もペイオフを考慮し1金融機関1千万円以内というように預金先を分散しておくことも考えたほうが良い。


03. 2010年3月14日 10:19:47
日銀には金融緩和策の追加を力強く宣言してほしい。
ていうかしなければ日本は終わる。
日経新聞はあいかわらず悪意に満ちてるけど、こんな立ち腐れメディアはもう忘れよう。

04. 2010年3月14日 16:13:43
日銀の動きは米ドル基軸体制維持が目的なんでしょう?
民主党政権の為に日銀が動いているのではなくて米ドルのためでしょう


05. 2010年3月14日 18:32:46
「日銀」は、「日本銀行」の名に値しない。

「売国奴スパイ銀行」と改名すれば、
 その歴史、実体を表すものとなります。

「日銀」は、常に、売国奴的対応に終始してきました。
 それは、今も、変わりありません。

 バブルつぶしとその後の長い長い不況も、
 今日のデフレも、「日銀」に大きな責任があります。

 民主党は、本当の「日本銀行」を
 作ることも考えてはよいのではないでしょうか。
 


06. 2010年3月14日 19:46:54
副島さんが「ドル亡き後の世界」で日銀の速水優氏について言及していました。

日銀の速水優(1998年〜2003年)はアメリカから押し付けられた「ゼロ金利政策」に一生懸命抵抗し、金利決定独立を唱え戦った。
「ジャブジャブという名のお金が流れている」といって任期を終えた(辞めさせられた)。


お、日銀にも勇者がいたのかとwikiべてみたところ以下のように書かれていました。

彼はあくまで通貨が信任を得ることが強い経済の条件と考え、当時のデフレを良いデフレとして消極的に金融政策を行った。
一連の大蔵省・日銀スキャンダルの責任を負って1998年、当時の日本銀行総裁松下康雄と同副総裁福井俊彦が退任。
内閣総理大臣橋本龍太郎から日本銀行の後継総裁としての指名を受け、世間を驚かせた。
総裁就任にあたっては保有していた日商岩井株をすべて財団に寄付している。
1998年3月に日銀総裁に就任。同年4月1日に日銀の独立性が強化された改正日本銀行法が施行され、改正日銀法下初の総裁となった。
在任中は日本銀行の独立性を高めることに全力を傾注。新日銀法及び人事権の独立を勝ち取った。
1999年2月、ゼロ金利政策を導入。2000年8月、これを解除。2001年に再びゼロ金利政策に復帰した。
同年3月からは量的金融緩和政策を実施した。そして辞任。

また、アホ日銀総裁の話もありました。

速水氏の辞任後は、一連の大蔵省・日銀における接待汚職問題で1998年副総裁を辞職していた福井俊彦が小泉内閣の支持を得て、日本銀行総裁に就任。
2006年3月には、5年超続いた金融の量的緩和政策を解除。
さらに日本銀行員は利殖活動ができないにもかかわらず、福井は村上ファンドに1000万投資していて就任後に解約(利益確定)、夫人名義の株保有もばれた。

やっぱり小泉竹中はヤクザのゴロツキで、周りもそう人たちばかりだったのでしょう。

今の日銀総裁については、
http://blogs.yahoo.co.jp/mgmkwn/31077672.html
で少し言及されています。

もう日銀はただのユダ金箱ですね。


07. 2010年3月15日 22:21:59
4月に
小沢さんと
オバマとジェイと会談するだろう

円は1ドル100円へ、日銀の追加緩和策見込む−クレディ・アグリコル
それを見て
クレディ・アグリコル社が話題として目をつけたんだろうな?


08. 2010年3月16日 16:43:48
本家ジェイDロックフェラーはこんな人(超悪頭デビッド叔父を懲らしめている)
http://rockefeller.senate.gov/about/

おそらくフェアな精神を持つ紳士とお見受けした。

本物は4月小沢さんと会談予定


09. 2010年3月16日 16:48:30
08>> あまいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 国家破産67掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 国家破産67掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧