★阿修羅♪ > 国家破産67 > 503.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トヨタに伸びるロスチャイルドの触手…ハイブリット技術は彼らにとっては喉から手が出そうなくらい欲しい技術です。
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/503.html
投稿者 新世紀人 日時 2010 年 3 月 22 日 16:03:39: uj2zhYZWUUp16
 

http://green.ap.teacup.com/pekepon/222.html

2010/3/18
トヨタに伸びるロスチャイルドの触手  時事


■ トヨタは何故叩かれるのか? ■

米議会によるトヨタ叩きは、GM破綻の頃から予測された事態です。
一般的に考えれば、GMやクライスラーなど税金を投入して救済した米自動車産業の経営を後押しする為に、最も勢いのあるトヨタの売り上げを減らそうという戦略です。
80年代であれば、関税を引き上げて外国車を市場から締め出す事も出来ましたが、自由貿易を他国に押し付けている都合上、あからさまな保護主義を打ち出す事は出来ません。さらに、トヨタを始め日本車の多くは米国内で生産された米国車です。これを関税で締め出す事は出来ません。そこで、「安全性というトヨタ神話」を切り崩す戦略に出たのでしょう。

■ 公聴会の議長は何とジェイ・ロックフェラー ■

社長自ら米国に赴いて弁明するという事態に発展してトヨタ叩きですが、その米議会の公聴会の議長を務めていたのがジェイ・ロックフェラーです。
ジェイ・ロックフェラーはゴールドマンサックスを所有する、アメリカのロスチャイルド派の頭目です。

実は、ジェイ・ロクフェラーとトヨタの関係は深く、学生時代に日本に留学して親日家の仮面を被るジェイは、豊田創業家とも個人的に親しいと言われています。トヨタの部品工場をアメリカに最初に誘致したのもジェイです。

■ トヨタ叩きで得をしたフォードと日産 ■

トヨタ叩きで得をしたのは、GMやクライスラーでは無くフォードです。売り上げが40%以上増えています。さらに日産も米国内での売り上げを2お%以上伸ばしています。

フォードはご存知の通り、ロスチャイルド系の自動車会社です。日産を支配するルノーもロスチャイルド系と言われています。フォードはリーマンショックの1年前の2006年に銀行団から大量の資金調達をして、金融危機での痛手をGMやクライスラーより受けていません。

■ トヨタを手中に収めたいロスチャイルド ■

ジェイ・ロックフェラーは何故今になって旧知のトヨタを叩くのでしょうか?
彼は民主党の上院議員ですから、国内的にはビック3を救済するパフォーマンスと考えられます。国民の不満の捌け口をトヨタに向けた訳です。

しかし、それとて表向きの理由で、本当の目的はトヨタをロスチャイルドの手中に収める事でしょう。

ご存知の如く、トヨタの財務状態は健全で、巨大な内部保留を有しています。金融からトヨタを攻める事は出来ません。そこで、販売を妨害してジリジリとトヨタを締め上げる手に出たのでしょう。

■ レクサスからプリウスへ ■

レクサスから始まった騒動ですが、現在はプリウスの急加速問題に摩り替わっています。レクサスはアメリカにおいてトヨタのドル箱です。レクサスの信用失墜はトヨタの経営にとって痛手です。

しかし、プリウスは世界においてトヨタ=ハイブリッド=ECOを印象付ける、最重要車種です。レクサスの信用失墜以上にプリウスの信用失墜はトヨタにとっては痛手です。
「世界最高水準のハイブリット技術は、実は不完全であった」という演出はトヨタの喉元に突きつけられてナイフです。

■ 調査の仮定で流出するハイブリット技術 ■

ロスチャイルドは原子力を牛耳り、地球温暖化を演出して石油資本であるロックフェラーを切り崩す事に躍起になっています。トヨタのハイブリット技術は彼らにとっては、喉から手が出そうなくらい欲しい技術です。

ハイブリット車で欠陥が相次げば、トヨタは米国の捜査当局に相当な技術資料を開示せざるを得ません。ブラックボックス化されたような制御系のプログラムも開示する必要に迫られるでしょう。

ハイブリットの技術のコアは、回生ブレーキの制御技術です。このソフトを手に入れてしまえば、ある程度の技術力のある会社は、比較的容易に高い燃費のハイブリット車を開発する事が出来ます。

■ 経営危機に追い込む事も出来る ■

トヨタがこれらの技術の開示を拒めば、アメリカはトヨタを米市場から締め出す事も出来ます。そうなればトヨタの経営は一瞬で破綻します。

確かにアメリカ国内にはトヨタの工場が多数あり、それらの州ではトヨタを擁護する声も高まるでしょう。しかし、トヨタの欠陥を大量に捏造し、トヨタが社会的に背徳企業だというレッテルを貼る事は容易です。そうなれば、全米からトヨタの退場を求める声が噴出するでしょう。

トヨタに道は残されていません。ロスチャイルドの軍門に既に下っているのです。リコールまでのトヨタの動きが鈍く見えたのは、こういった事態回避への日本政府や米政府への根回しに追われていたのでしょう。

■ 小沢一郎はトヨタを助けない ■

トヨタは当然日本国政府にも救援を要請しています。しかし、小沢一郎はロスチャイルドのエージェントですがから、政府が積極的に米国と交渉する事は無いでしょう。

トヨタは懇意にしていたジェイに裏切られて、さぞ落胆している事でしょう。ジェイがトヨタ問題を拡大しても、あるいは収束させても、トヨタはジェイ・ロックフェラーに頭が上がらなくなってしまいそうです・・・。

(新世紀人コメント)

現象と背景を深く捉えた評論なので転載しました。
尤も、私は全面的に首肯して紹介するものではありません。
所謂陰謀論にも意味するものは多くあると考えており、排除は致しません。
しかしながら陰謀論の欠陥は悲観主義に陥り現実的展開を分析できない事にあると考えています。
トヨタ叩きの問題は”叩く側”の立場に立って考えなければならないでしょう。
日本人である我々が米国人でない限りにおいてまた外資系企業の従業員でない限りにおいてはそうでしょう。
米国においては支配権を巡って対立の激しさが継続しています。
その対立にトヨタが自動車産業内の強者であるが故に巻き込まれているのです。

仮にこのように仮定してみましょう。

◎米国内でトヨタの生産販売活動を放置するに任せていたならばどうなるか?

米国自動車産業は明らかに衰退して行きます。
米国市場はトヨタをはじめとする外国企業に席巻されてしまいます。

米国を支配する勢力がそれを放置する筈がないでしょう。
尤も、この論者の言うようにトヨタが完全にロスチャイルドの会社になっていれば「米国席巻」もOKでしょう。
そうはなっていないから、「住み分け」を要求されるのでしょう。
ということは、ロスチャイルドによる完全支配は要求しないと言う事ではないのか?

私は日本の自動車産業が達成した先進的量産技術は正当な対価を得たうえで外国メーカーへ移転すれば良いと思う。
トヨタのハイブリッド技術は今のところ大きな市場席巻力を持っている。
と言う事は、次世代のEV(電気自動車)や燃料電池車の量産技術確立の優位性が高いということです。利益確保が高いからです。
ますます差がついてしまう。
これに「待った」をかけたいのが米国でしょう。他の外国メーカーも待ったをかけたいが政治力が米国ほどには欠けているからそれができない。
米国は大規模に核武装しているから借金まるけの金融破綻国家でありながらそれが出来るのです。

小沢一郎氏をはじめとする日本の政治が仲介しないと言う事はあり得ないでしょう。
むしろそれを期待してのジェイ・ロックフェラー氏の行いなのではないのか。
そう考えるのが自然でしょう。
小沢氏がロスチャイルドと親交があり、トヨタがジェイ・ロックフェラー氏と親しいならば当然ながら「落ち着くべきところに落ち着く」と考えるべきでしょう。

現実的な行く先を読むべきでしょう。

日本の一人勝ちは許されない。同時にロスチャイルドであれ誰であれ金融資本の一人勝ちは許されない。

日本企業も世界のその様な有様を見て田舎企業を脱するべきでしょう。

 2 81 +−  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月22日 16:10:52
え。
よく似てるけど、ロスチャイルドとロックフェラーは違うよ?
主に、ロスチャイルドが英国で、ロックフェラーは米国。
ま、主旨とは一寸脇道だけど。
協力関係ともライバル関係とも、それは米英の歴史に似るけど。
でも一応、違う財閥ですから。

02. 2010年3月22日 16:31:57
TORA氏の投稿かと思ったよ。

03. 2010年3月22日 18:10:40
新手のトヨタ擁護ね。
もうトヨタは詰んでいるかも?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
猛烈な販売促進策(トヨタ)
アメリカトヨタは販売不振を挽回するために、猛烈な販売促進策を取っていると報じられており、これはいずれ『ダンピング』として議会等で追求されることになります。

報道では【トヨタ】は5年間の金利ゼロ及び販売奨励金を$1,000上乗せするキャンペーンをしていると伝えられており、これで販売台数は増えるかも知れませんが利益をかなり圧迫することだけは確かであり、これに他のメーカーも同調すれば米国市場では車は売れましても赤字になるという事態になるかも知れません。

5年間の金利0%キャンペーンは過去にもそれほど多くある訳ではなく(1〜2年間の金利0%や優遇は普通です)、きわめて異例な販売促進策と言えます。

そしてこのような販売促進策は中古車市場を直撃します。
下取り価格・販売価格引き下げにつながるからです。

GM破たんの前には新車を買って即転売すれば儲かるという位の販売促進策を導入していていましたが、今回の【トヨタ】の5年間0%金利という販売促進策は
膨大な借金を抱える【トヨタ】にとりきわめて重い負担になりかねません。

今後米国内で賠償問題が【トヨタ】を直撃しますが、現預金が2兆円台しかない【トヨタ】にとり、危機は続くことになります。
もし、格下げ等になれば財務部門に重大な問題が生じてきます。

トヨタ問題はこれからが本番となります。

(3月22日分より)
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2010-03.html


04. 2010年3月22日 18:39:54
ハイブリッドは一時の場繋ぎ技術。
電気自動車が新本格。

05. 2010年3月23日 04:14:16
04さま
私もそう思います。トヨタの中でも技術を知る者はみな否定しないでしょう。

ユダヤ陰謀論など片腹痛い。ろくに理解もせずに副島氏の本など振り回すバカの一つ覚えだ。今回はトヨタの過去のつけが回ってきただけ。因果応報。

そもそもユダヤ人はそれほど愚かではない。それこそ彼らの本当の怖さを知らない証拠。本質を徹底的に理詰めで突き詰める数学好きの彼らが本気になれば、狙うのは常に大将の首ひとつ。ここでは、電気自動車の中核技術である新型充電池を意味する。今のトヨタなど相手にもされない。


06. 2010年3月23日 06:26:29
ハリウッド張りの守銭奴おお猿芝居、誰が益を得るか?
監修、時の勢力者汚沢?、主演あきお、プロデューサ諸々、
税の立ち食いビー層向け八百長CMだろ。


07. 2010年3月23日 13:56:30
>>5
それで、何が結論なのかさっぱりわかりません。

08. 2010年3月23日 20:35:46
遂に「トヨタのハイブリッドは危ない!」根拠が総崩れ。
最近のクレクレ詐欺のオッさんのみならず、2005年の「ブレーキが利かない」オバさんは慌ててアクセルと「ブレーキの踏み間違い」と。
引用元:
http://twitter.com/gloomynews
「軍兼法的執行機関専用の電磁パルス銃」説が効いたのか?

09. 2010年3月24日 00:23:56
ハワイ出身のニューヨーク大学の教授が「トヨタ者に不満を持つ者は周辺には誰一人いない。」って言ってたよ。
真実はわからないけれど、アメリカでも日本でも同じような事やってんだね。

10. 2010年3月24日 01:15:17
考えすぎ。 

11. 2010年3月24日 14:13:08
すでにトヨタバッシングから、トヨタを訴えた連中バッシングに変わってるよね。

12. 2010年3月24日 18:07:15
暇な妄想だ。

トヨタはすごいよ。1企業がアメリカと戦ってるんだから。
こんなマネできる企業世界中他にないんじゃないか?

政府の援護がないのがいまいちよくわからん。
最近本当に民主党はバカなんじゃないかと思ってきた。。。


13. 2010年3月24日 21:11:56
>>12 トヨタはすごいよ。1企業がアメリカと戦ってるんだから。

まったくどっちが妄想なんだか。長年癒着で築いてきたどす黒い政治力で散々国民の富をしゃぶりつくしてきたくせに、何が1企業が、だ。ETC無料化もエコポイントも、全部トヨタの命令で自民(経団連経由)と民主(直嶋大臣経由)に作らせた政策です。エンジン・ブレーキをはじめ中核技術をムダとして徹底的に削ぎ落したあげく、もはや国の保護なしにはやっていけない企業がトヨタです。

モノづくりの会社が聞いてあきれる社内の実態。プリウスの一体どこがオリジナルなのか、どの部分が最先端技術なのか、自分の言葉で説明できるものならしてみなさい。一部の程度の低い人間はマスコミのイメージ洗脳で、アメリカ政府が狙っているなんかすごい技術らしい、と刷り込まれているようだが、全部事実とかけ離れた妄想。


14. 2010年3月25日 08:10:53
>ETC無料化もエコポイントも、全部トヨタの命令で自民(経団連経由)と民主(直嶋大臣経由)に作らせた政策です。

やらせたのは自動車連合。トヨタ一社じゃないよ。


15. 熱烈な自民党支持者 2010年3月25日 12:32:35: V/uzXpXm4m5LQ
<滅亡の危機に瀕しているロスチャイルド>

世界最大の保険会社を支配するロスチャイルドは、ジェイロックフェラーがポールソンとともに画策した金融危機で壊滅的打撃を受け、とてもトヨタを手に入れようとするなどの余力は無い。

現在、英国が経済危機の真っ最中にある中で、もはやロスチャイルドやデビッドロックフェラーなどの英米中心主義者は、かつての勢いを失い滅亡の危機にある。今やジェイロックフェラーやチャイナユダヤなどの多極主義者が彼らに代わって支配力を強めている。

なおトヨタは現在、ジェイロックフェラーに接近するための猛烈なロビー活動を展開しているようだ。


16. 2010年3月25日 12:57:08
自動車業界では、省エネ自動車の本命は「燃料(水素)電池車」といわれている。しかし現時点では貴金属を使用するためコスト的にまだ合わない。移行段階として自動車会社各社は電気自動車とガソリン車を組み合わせたハイブリッド車や電気自動車も開発したが、販売戦略の違いから、GM、フォード、日産、三菱は電気自動車を、またトヨタとホンダはハイブリッドから販売を始めている。なお省エネ車の技術の中核は電池と制御技術にあり、この技術を持っているのは自動車会社ではない。(自動車会社はメカには強いが、化学や電子技術は弱い)

17. 2010年3月25日 14:22:10
>>小沢一郎はトヨタを助けない???>>トヨタは当然日本国政府にも救援を要請しています>>何で貴方がそんな事しってるの???>>小沢一郎はロスチャイルドのエージェントです>>小沢一郎氏は本当の愛国者ですよ。>>それと小沢民主党幹事長は、民主党の幹事長で、民主党現政権の役職は有りませんから政府に対する政策の指示は出来ないし、その様な事はしないでしょう。
>>政府が積極的に米国と交渉する事は無いでしょう。>>今まで巨額の金を自淫党に献金し、現時点でも多くの検察OB、(旧体制維持派の)官僚OBを顧問として高額の給与を支払い雇用しているトヨタには、心ある民主党の幹部は政府を上げてトヨタを助けようとする気持ちは起こりえないでしょう。
まずトヨタは現時点で雇用して高額な顧問料を支払っている検察OB、(旧体制維持派の)官僚OBをトヨタから追い出した後で、Helpのお願いを申し上げるのが筋と思います。

18. 2010年3月25日 16:01:54
>ハイブリットの技術のコアは、回生ブレーキの制御技術です。このソフトを手に入れてしまえば、ある程度の技術力のある会社は、比較的容易に高い燃費のハイブリット車を開発する事が出来ます。

ソフトなんかあってもアメリカ人には無理でしょう。エンジンパーツの加工、モーターパーツの加工、ドライブシャフトから等速ジョイント、ABSパーツの加工まであらゆるパーツの加工技術はトヨタではなく、トヨタの下請け工場が持っているのです。トヨタは派遣社員を使って組み立てているだけです。日本では軽自動車でも「DOHC」マルチバルブの時代にアメ車はまだ「OHV」です。ソフトなんかあっても宝の持ち腐れ、アメリカがほしいのは日本の金と、下請けの技術、中国も似たようなもんです。


19. 2010年3月25日 21:11:14
2005年愛知万博来日時のジェイロックフェラー発言に注意
http://amesei.exblog.jp/789011/

ジェイロックフェラーはデビッドと異なります。
皆さんは汚い競争を見てしまうのは、それなりの立場でみるから仕方ないです。

ジェイはトヨタが悪いと思えば判断するし、
小沢さんの姿勢も彼と似ている

1企業のごたごたにいちいち付き合っておれんよ。
これが回答です。
もっとワイドに見なきゃならないことがたくさんあるんです。
皆さんの姿勢が「ちいせー、ちいせー」


20. 2010年3月26日 03:33:29
ジェイ委員長のトヨタ上院議院公聴会を通しで全部見ました。見た目は落ち着いた雰囲気ながら、議論の中身はトヨタに対して非常に厳しかったですね。

ジェイは2002年から数千件もの苦情が集まっていたのにすべて隠蔽した上何の原因究明も行ってこなかったトヨタをしっかり叩いていましたよ。トヨタをかばいつつも、トヨタの怠慢によって多くの命が失われた可能性を繰り返し強調していました。とても70過ぎには見えない、若々しい目の輝きと穏やかな語り口が印象的な切れ者でした。

是々非々で仕事を進める、あれがロックフェラーの家風の一端だとすれば、なぜこれほど強大な勢力を比較的短い年月で築くことができたのか、なんとなく納得できました。ユダヤと言うと、非情さ、残虐さ、陰謀といった暗いイメージで語られることばかりですが、公聴会では、論理性や事実に対する重要性の認識、双方向の交渉の尊重など、意外に理知的な物の考え方に感心しました。

確かにユダヤ人に強権的な面があるのは事実ですが、単なる謀略と暴力だけでは、たとえば日本の警察や検察のように自分より弱そうな者を密室で囲んで虐待するのが関の山の無能な犯罪者集団となってしまい、世界を支配するまでの巨大な影響力を得ることはできないのでしょう。


21. 2010年3月26日 05:21:03
微妙な問題だね。
日本人であるからして、心情的にトヨタの味方をしたいのは山々ではあるが、派遣切りで路頭に迷った人たちも日本人だし、リコール隠しで改善されなかった欠陥車による事故で死んだ人にも日本人はいるからね。
トヨタを「同胞」と呼ぶ評論家は多いが、「同胞」というのは、同じ日本人を派遣切りで路頭に迷わせたり、欠陥車のリコールを隠さなければ防げた交通事故で日本人のドライバーを死なせたりする連中の事なんだろうか?
トヨタ本社の不払いが元で首を吊った中小零細企業の社長さんも日本人だよね。

22. 2010年3月26日 13:38:34
>>21
まぁ派遣法改悪でそこまでの大企業優遇のお膳立てをしたのは
紛れもなく、国賊・小泉&竹中なんだけどね。

その傍らで死屍累々(民主・小泉議員談)の自殺者も出しましたが・・・。

結局、TOYOTAは今の日本全体の国力衰退を体現してるんだな・・・と思った。
特にものづくりという面で。

それらを企んだのはNYのユダヤ金融権力であることは明白。
これは陰謀"論"じゃなく、明らかに"陰謀"なんだよ。>>05さん。


23. 2010年3月26日 18:23:50
トヨタの衰退は、イコール日本の製造業の衰退、とは違うなぁ
トヨタの生産拠点の3分の2は国内ではなく海外の法人のものだし、
トヨタの収益のほとんどは「自動車ローン」という名の「金融商品」
つまりトヨタは「多国籍企業」であり「金融商社」

24. 2010年3月27日 02:52:59
明らかに「陰謀」でしょうが、技術うんぬんはどうでしょうか。

米軍の持つ極秘軍事科学技術を知れば、バイブリッドなど子供の三輪車以下に思えるはずです。


25. 2010年3月31日 17:33:48
急加速問題は、アメリカ発のように見えるが、国際間で計算された計略である。
背景には、日本車の市場制圧を恐れるアメリカ車の販促活動はあるだろうが、
NHKやレイバーズネットなど、日本の労組系統によるテレビ界隈が戦術的に共謀している。
日本では、電気自動車は静か過ぎて歩行者が気づけずに危険、という民放の報道から始まっている。

NHKは逸早く電気系統の不備かと報道しており、NHK人脈が国際間の黒幕である疑いが極めて強い。

アメリカは、狂言や悪意と、悪意を演じる芝居を、善意の理性で仕分けしている。

アメリカの理性が慎重になったのは、労組系人脈の背後に北朝鮮の影がちらつくからである。
労組系人脈は、小泉改革や国際化、多国籍企業のリストラを批判することで、労働運動にテコ入れする反米派である。

オルタナティブ通信などが、「全ての自動車には意図的に事故を誘導できる装置が組み込まれている」と糾弾している。
アメリカが相手にしているのは、トヨタ自体でなく、そのような陰謀論ふうの論調なのである。
アメリカは同時に、911自作自演説を説く論調をも相手にしており、対象は阿修羅♪にも伸びている。


26. 2012年4月29日 19:20:40 : T1asFloJL6
>>1さんへ。貴方は何か誤解されてますね。小沢氏は米ロスチャイルドのエージェントなんですよ。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 国家破産67掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 国家破産67掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧