★阿修羅♪ > 経世済民67 > 551.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
予算の成立を静かに見守ろう。
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/551.html
投稿者 一言主 日時 2010 年 4 月 01 日 18:04:45: AlXu/i8.H/.Es
 

静かに見守ろう。予算の成立

曲がりなりにも民主党の予算が成立した。多くの新聞は経済政策に対して成長戦略がないとか、効果がないとか、財源のない事を強調しているが、子供手当そのものは消費者へ直接の還元であり、デフレにおいて正しい経済成長戦略であり、経済効果のあるものである。

しかしその規模、広がり具合が適切でないため効果の程は不鮮明である。またそのため負担が増える所帯も有り功罪半ばしている。
しかし今はその効果が現れることを期待し静かに見守るしかないだろう。

少なくとも今までのようなデフレにおいて何の効果もなく借金を積み重ねた成長戦略と称した公共投資や補助金政策がなくなったことは一つの成果である。
(あの補正予算7兆円を追加したのは痛恨の極みであるが。)

しかしこのようなあやふやな経済効果の測りにくい予算になったのも、民主党がマニフェストをまともに実行しなかったからである。子供手当だけで、その補強策であるガソリン税の低減も高速代金低減もなくなった。
この辺が今までの政策担当者に押しきられるところが
民主党の弱いところである。

犯人捜しをする時の一つの手掛かりとして誰が得するかを考える方法が有る。

今の5傾国新聞にとって最も都合の悪いことは、景気が回復することだ。ガソリン税を低減し、高速代金を無料にし、子供手当を支払って景気が回復することが一番困ることなのだ。

だからそれを潰しにかかっているのである。自分たちの面子が立つことだけが大事なのであろう。

残念なことに新聞などのプロパガンダが功を奏しガソリン税の低減を反故にしたり、高速代金の先延ばしを
されたりで肝心のデフレの本当の成長戦略が台なしにされてしまった。

しかし少なくとも馬鹿げた公共投資はなくなった。
馬鹿げた低金利はまだ続いている。

四面楚歌のような子供手当であるが静かに見守ろう。唯一の消費額が直接増える政策であり、間違ったケインズ政策へ一石を投ずるものである。

多くの人が気が付いていないが、この20年来のデフレに対して抵抗できる画期的な政策なのである。

冷静にその効果、あるいは無駄かを見定めよう。

見定めるべきところは、小売店、百貨店、スーパーなどの売上が伸びるかどうかであり、名目GDPが、伸びて、実質GDPに肉薄するかである。あるいは逆転するかである。(http://blog.so-net.ne.jp/siawaseninarou/これ程激しい名実GDPの逆点差は初めてではないか。参照)

今まで行われて来ている経済政策は、従来型の生産者重視でありそれは、小売店の売上を減少させ、名実GDPの差を広げている。デフレにおいて、消費の増大なき生産量の増大は、付加価値を上げる事なく、名実GDPは逆転したままである。

名目の増えない成長は税収が増えず、借金を増やすばかりである。(この辺は普通に考えれば分かるはずだ。)

それ故子供手当が効果があるかどうかは、この名実GDPの接近、逆転で判断できるのである。


今回の子供手当予算は、一カ月のガソリン税低減や、麻生政権の一時金のようなものではない。

明らかに消費者への直接投資である。継続的である。画期的な消費額が増える政策である。これが大きく生産量なり、付加価値を増やすことだろう。

(所得線が45度以下に下がっているデフレにおいては、消費者側の資金を増やすことが生産量や付加価値をより大きく増やすことができるのである。http://www.eonet.ne.jp/hitokotonusi/デフレ・インフレの一般理論参照)

それはわずかでも干天の慈雨となって効果を現すだろう。しかしながらそれは直ちにデフレを解消するだけの規模をもっているかどうかは疑問である。しかし何がデフレに対して効果があるかを人々に示すであろう。

大問題はその時、新聞や専門家と言われる人が正しくその効果を評価できるかどうかである。現在の混沌とした経済界では、そのような人物が見当たらない。
恐らく新聞やメディヤは一声に、従来型の政策の成功や日銀の低金利を評価し、子供手当の効果を否定するであろう。

しかしここで再び負けてしまっては、元の木阿弥となろう。ここが我々の勝負時となろう。

心配は管氏などの財政政策だ、もう完全に取り込まれ普通の間違った自民党型の成長戦略を踏襲しようとしている。あげくは消費税増税を探っている。

国交相に至っては首都高速を値上げしようとまでしている始末だ。恐らく自分たちの作ったマニフェストの意味が分からないのだろう。
首都高速の半額こそ景気回復の要。逆にそれを値上げしてどうするのだろう。経済音痴は自民党だけで結構だ。

これらを阻止するためにも少しでも子供手当で景気が浮上してもらいたいものだ。

デフレ解消には現予算は手不足な予算で、日銀も全く場違いな政策をし続けている。預金金利も高くならず、総合的には失敗予算である。消費者の懐を暖かくし経済を成長させるための民主党のマニフェストで、最も効果のあるガソリン税の低減がなかったからである。

人々の懐は経済成長させるほど十分潤っていない。

しかし今回の予算は今までの予算と少しは違っている。どのように子供手当の効果が出るか、あるいは出ないか、
冷静に見守ろう。10月頃には答えが出ているだろう。

一言主
http://blog.so-net.ne.jp/siawaseninarou/
http://www.eonet.ne.jp/~hitokotonusi/
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧