★阿修羅♪ > 経世済民67 > 671.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
5月末に1ドル=87円へ円高か、人民元切り上げ再開を機に円巻き戻しへ――佐々木融 JPモルガン・チェース銀行債券為替調査
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/671.html
投稿者 gikou89 日時 2010 年 4 月 20 日 16:19:14: xbuVR8gI6Txyk
 

http://www.toyokeizai.net/money/markett2/detail/AC/7dfcd816b610961b91bd348d95437a36/

米長期金利の3月の上昇というのは予想外の展開。当社ではFed(FRB、米中央銀行)は来2011年の半ばまで利上げはしないという予想だが、長期金利が上がって、ドルが強くなった。

 円に関しては、予想外に弱かった。円が予想外に弱かった理由は2つあって、1つはかなり世界の株価が上昇したこと。株価が上がって、世界中でリスクアピタイト(許容度)が高まると、円をファイナンス通貨として投資する動きが出るので、円安になった。もう1つは海外の円ベア(弱気)センチメントが強い。彼らの投機的な円売りが多い。

 しかし、米国の長期金利はそんなに上がらないと見ている。4%を超えてもうちょっといくかもしれないが、基本的なトレンドは下向き。だからそんなにドルは買われない。

 円に関しては、目先をみると、ヘッジファンドの短期の円ショート(売り)ポジションがすごく膨らんでいる。この巻き戻しを余儀なくされるので、ドルは円に対して下がるだろう。

 海外投資家が円ベアな理由に日本の財政赤字膨張を挙げるが、日本の財政赤字が膨らんでも、円安にはならない。外国人はJGB(日本国債)のマーケットに入ってきていないので、まったく関係ない。

 もう1つが、日銀の金融政策で円安になるという考え方。しかし、日銀にできることは、もうないに等しい。量的緩和にしても、前回の量的緩和のときを見れば、ドルが円に対して大きく落ちているのがわかるはず。量的緩和で円安になった経験則はない。

 米国の景気はいいかもしれないが、金利は上がらないと思う。需給ギャップが大きすぎるので、成長率(今年は3.4%予想)は高くても、インフレ率が下がる。

 長期金利に関しては、日本の金融危機当時と似てきている。いったん長期金利が反発した後、銀行の預貸ギャップが広がって、銀行がせっせとJGBを買った。最終的にはJGBの10年債利回りが0.4%まで下がった。米国も今同じことが起きていて、預貸ギャップが広がって、銀行はせっせとトレジャリー(米国国債)を買っている。

 米国はここから長期金利が下がりやすいと思うのは、トレジャリーの半分を外国人が持っているため。だから、リスクプレミアムで金利が高い。それをこれからアメリカの銀行がせっせとトレジャリーを買っていけば国内の保有者の比率が高まる、その結果、リスクプレミアムがいらなくなってアメリカの長期金利が下がる
これまでの経験則から言っても、FedのFF金利と10年債の利回り差が400ベーシスポイント(4%ポイント)以上開いたことはほとんどない。さすがにイールドカーブが立ちすぎだ。しかも、こんなにイールドカーブ立っていたら、日本から外に為替リスクをとっていくインセンティブはないので、ドルが円に対して上昇するというのは限界がある。

「LIBORの日米金利逆転でドル高説」はナンセンス

 マーケットでは、LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)の日米金利が逆転したことがドル高要因だといっているが、全然関係ない。LIBORの3カ月物金利で、米国のほうが高くなったからドル高になるというより、米国のほうが高くなければならない。

 日本は世界第2位の経常黒字国。米国は断トツの経常赤字国。日本は世界最大の対外債権国。米国は世界最大の対外債務国。それで米国は国債の半分を外国人に頼っている。日本はほとんど日本人で賄っている。こんな両極端の国で、金利が同じなら、ドルは円に対して売られるに決まっている。

 過去のLIBOR3カ月物金利の推移をみると、差が150ベーシスポイント以上ないと、ドルは円に対してしっかりとした上昇基調をたどっていない。150ベーシス以下なら、フラットか下落している。

 LIBOR3カ月の米国のリスクプレミアムは150ベーシスだと思っている。150ベーシス以上ないと、ドルは上がらないと思う。

 ユーロ/ドルについては、基本的にドルによって規定されているので、ドルが弱くなれば、ユーロは対ドルで上がる。今までもユーロ圏の経済が米国に対して相対的に弱いからユーロが売られるという法則はなく、むしろ逆相関だった。ユーロ圏経済のほうが弱いときにユーロがドルに対し上昇することもあった。

 今回、ユーロがドルに対して値下がりしている背景は、単純にギリシャの問題があったからでなくて、それによってマーケットがリスク回避モードになったので、ドルが買われた。それでユーロが対ドルで落ちたと理解している。

 ギリシャの問題はそんなに大事にはならないと思う。ギリシャがデフォルト(債務不履行)すると、ドイツやフランスもとばっちりを食らうし、ECB(欧州中央銀行)への批判も高まる。それは避けたい。だからギリシャは助けられると思う。
11年に米利上げが本格開始で1ドル=100円へ

 今後3カ月では、ドル/円は87円くらいまで下がると見ている。タイミングとしては5月末くらい。一番注意すべきは、人民元の切り上げ。切り上げの再開が4月から5月にあると見られ、それが実際に始まるとすると、ドルは対円で一時的にせよ売られるだろう。

 円ショート(売り)ポジションが非常に大きいので、その巻き戻しが起こると思う。米長期金利も上がりすぎと思うので、これが修正されれば、これもドルの下落圧力になる。

 来年に向け、米国の利上げ期待が高まったらドル/円は上がる。Fedが来年に本格的に利上げし、それに向けて3カ月物の金利差が150ベーシスまで行ったら、ドルは100円まで上がる。

 今のシナリオでいけば、今年末までは90円台前半がいいところ。今回の94円を年後半に上回ることはあるかもしれないが、100円は難しい。

 ユーロ/円は、円高、円ショートポジションの巻き戻し、人民元の切り上げ再開がユーロ/円を押し下げる(ユーロ安・円高)。もう1回1ユーロ=120円くらいまでいく可能性がある。

 ただ、年後半になると、景気はそれなりにいいし、株価も強いので、円はユーロに対して弱くなる。また130円くらいにいくのではと見ている。ざっくりと120〜130円のレンジと見ていいと思う。

 資源国通貨については、当面は円買いになるので、オージー(豪ドル)/円とか、みんな円に対して下落する。だが、年後半には、景気は安定的、金融政策は緩和的、株価堅調だから、おカネはそっちへいく。オージー/円、カナダドル/円、みんな上昇する(円安)と思う。目先2カ月間の円高の後だ。世界全体のおカネがまたコモデティにいく流れは出ると思う。
(聞き手:中村 稔 =東洋経済オンライン)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月21日 05:21:19: hj5sogWyEs
円高は困るんだよな〜
つうかファンダメンタルズが弱いのに通貨が強いのは非常に困る訳で。
基本的に通貨が強くて良いのは米国くらいなもんだろう。
特に日本のように製造業&輸出で食ってる国は通貨が安い方が良いに決まってる。
戦後の成長曲線見てもそれは明らか。
ニクソンショック、プラザ合意と二度の切り上げがあったがその度に成長曲線は鈍化してる。
特にプラザ合意後の円高期はほぼ0成長。
米の学者も指摘してたが日本のデフレ脱却には1j130円以上の円安が必要だと。
実力以上の通貨高に苦しむのはプラザ合意以降の内需拡大策から小泉・竹中が国内需要を減少させ極端に外需依存にしたから。
90年代半ばには外需依存率は9%程度だったのに07年には16%程度まで急上昇してしまった。
小泉・竹中改革で国内に利益分配されない仕組みに変えられたのが大きかった。

02. 2010年4月29日 12:03:37: PTsQNee82s
過去数年のレンジで見れば、今後もドル安は顕著。 今後ドル高となる要因が不明。米国経済立ち直りは日本の過去の例を見れば、10年はかかる。 為替は常に市場心理で変動するが、一時的に97円くらいまでのドル高に振れても、瞬間的。振り子は87円に向かってドル安でゆれ続ける。 納得できる。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧