★阿修羅♪ > 経世済民67 > 698.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
石油は採掘する時代から生産する時代へと変る。藻類から作られる石油はジェット燃料となり、日本から石油が世界に輸出される
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/698.html
投稿者 TORA 日時 2010 年 4 月 22 日 15:44:36: CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu214.htm
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
石油は採掘する時代から生産する時代へと変る。藻類から作られる
石油はジェット燃料となり、日本から石油が世界に輸出されるようになる。

2010年4月22日 木曜日

藻から石油を取り出せばトウモロコシ畑より40倍取れる。
(クローズアップ現代より)


水田が油田に変わる日は近い。


◆藻類から作るバイオ燃料 2009年04月17日 日経エコロジー
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20090417/101276/?P=1

トウモロコシやサトウキビなど、食料を原料にするバイオ燃料を第1世代とすれば、ジャトロファなどの草本や建築廃材(木材)、藻類など非食料を原料にするものは第2世代に当たる。第1世代が、食料価格の高騰を引き起こしたとして、国際社会の批判を浴びたことで、第2世代の開発競争が加速している。

 中でも藻類が優れているのは、狭い面積でも大量に油が採れることだ。下の表のように、大豆は1ha当たり446Lしか油を生産できないが、藻類なら9万8500Lとけた違いに多い。バイオ燃料は、ガソリン代替のバイオエタノールと軽油代替のバイオディーゼルに大別されるが、藻類を原料としたバイオ燃料はバイオディーゼルに含まれる。

米国では藻類を原料にしたバイオ燃料を開発するベンチャー企業が続々と登場。研究室レベルのものから、大規模な培養を試みるものまで様々あるが、実用化は5〜10年後といわれる。すぐにビジネスになるような話ではないが、産業界の藻類への関心は並々ならぬものだ。

 CO2削減を迫られる航空業界では、米ボーイングの航空機に藻類から作ったバイオ燃料を搭載した飛行試験が相次いでいる。従来のジェット燃料にバイオ燃料を20〜50%混ぜる。約1%が米サファイアエナジーが生産した藻類によるバイオ燃料だという。ある関係者は、「航空だけでなく、化学や食品、重工業、医薬など、幅広い業界が藻類に触手を伸ばしている」と明かす。

性能の高い藻類を探す
油の量とため方がポイント
 藻類とは、単細胞植物の総称で、微細藻類とも呼ぶ。顕微鏡をのぞかなければ、その姿を見ることはできないほど小さく、ちょっとした水辺ならどこでも存在する。少なく見積もっても地球上に数万種いるといわれ、未発見の種も多く残る。例えば、富栄養化が進んだ湖沼が緑に染まる「アオコ」は、藻類の一種である藍藻類が大繁殖したものだ。

 藻類の細胞内には、脂質が多く含まれている。細胞を破壊し、脂質を取り出して化学反応させればバイオ燃料が得られる。藻類の中には、石油の主成分である炭化水素を生産する種類も存在する。藻類の種類によって、採れる油の種類や量が大きく異なるため、いかに優れた藻類を見つけるかが研究開発の最大のポイントだ。米ベンチャーの中には、藻類の種類を明かさない企業もある。どんな藻類を使うかがノウハウそのものなのだ。

 国内の研究グループは、いずれも使用している藻類が異なる。この分野の草分けである筑波大学大学院生命環境科学研究科の渡邉信教授は、100種類以上の藻類を比較検討した結果、「ボトリオコッカス」という種類にたどりついた。

 ボトリオコッカスは油の生産量が多いのが特徴だ。オイルシェールの成因のひとつともいわれており、炭化水素を多く生産する。しかも、細胞内だけでなく細胞外にも多くの油を出す。細胞を破壊して油を取り出すのには大きなエネルギーが必要なので、油を細胞外に出す特性は、バイオ燃料の生産に非常に有利だ。やり方によっては、生かしたまま油を採取できる。

だが一般的に、燃料として取り出しやすい油を持つ藻類は、生命力が弱い。また、細胞分裂して2倍に増殖するための期間を見ると、速い種類なら数時間なのに対して、ボトリオコッカスは約1週間と遅い。そこで渡邉教授は、バイオベンチャーのネオ・モルガン研究所(川崎市)と組んで、品種改良を開始した。

 同社は遺伝子組み換えではなく、突然変異を人為的に起こす進化工学的な手法を得意とする。「通常の遺伝子工学よりも短期間に安く良い性能を持った藻類を得られる可能性が高い」(渡邉教授)

真珠の養殖技術を生かす
100tの大量培養に成功
 藻類を原料にバイオ燃料を生産する場合、性能の高い藻類を獲得するのが第1ステップである。第2が、藻類の大量培養で、第3が効率の良い燃料製造工程の確立だ。コストと投入エネルギー量をいかに抑えるかがポイントになる。

 徳島県内の産学グループは、容積100tの培養槽で大量培養に成功した。グループを構成するのは、技術系人材派遣会社のWDB傘下の環境バイオ研究所と徳島大学、四国大学短期大学部、ベンチャーのアムテック(徳島県石井町)である。同グループが数カ月前に見つけたイカダモの1種は、油の量こそボトリオコッカスに及ばないが、真冬の寒さでも、40℃を超える水温でも、1日で約2倍に増えるなど環境変化に強い。

 大量培養が難しい種類もあり、この段階で苦労している研究グループも多い。徳島県のグループの成功には、真珠の養殖技術が生かされている。WDBの環境バイオ研究所の前身は、田崎真珠の研究所で、2009年2月に事業譲渡されたばかり。真珠を育てる貝の餌として、藻類の大量培養を20年以上研究してきた蓄積がある。

 藻類の大量培養には、光合成に必要なCO2を通気し、太陽光がまんべんなく当たるように、攪拌などの操作が欠かせない。また、培養槽の形状もコストや投入エネルギー量に影響する。閉鎖系の培養槽を使えば、他の動植物が混入するのを防げるが、コストが高くつく。一方、プールのような開放系の培養槽は安価だが、混入が起きやすい。

 同グループの培養槽はプールのような開放系のものだ。環境バイオ研究所の鬼木浩所長は、「イカダモの生命力が強いので、他の動植物が混入する余地が少ない。50Wという小さな電力で100tの培養槽を攪拌する技術を見つけたことで、培養にかかるエネルギーも極めて少なく済む」と自信を見せる。今後は、藻類から油を取り出し、燃料にする工程を詰めるという。

製造工程は日本のお家芸
発電所との併設をにらむ
 第1世代のバイオ燃料は、原料が農作物だったため、米国やブラジルといった農業大国の独壇場だった。だが、藻類なら、日本が得意とする生産管理技術が生かせる。企業もここに着目し、続々と参入している。

 その代表格がデンソーだ。同社は、筑波大学の渡邉教授と共同研究をしているが、慶応義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)とも、「シュードコリシスチス エリプソイディア」という藻類を研究している。

同研究所は生物の代謝経路を明らかにする手法メタボローム解析で世界トップクラスの研究設備を誇る。メタボローム解析で藻類が油を作り出すメカニズムを解明すれば、効率良く安定的に油を産出させるための培養条件が明らかになる。「プラントの建設地域が藻類の生育に合わなくても、培養条件がわかれば日本が得意とする生産管理技術で対応できる」(伊藤卓朗研究員)

 東京工業大学と竹中工務店が中心になって2008年6月に設立した「海洋バイオマス研究コンソーシアム」も、バイオ燃料の製造工程の検討を進めている。コンソーシアムには複数の電力会社が参加。石炭火力発電所のCO2回収・貯留施設に培養槽を隣接し、分離したCO2の有効活用を狙う。

東京工業大学統合研究院の小田拓也特任准教授は、「CCSはCO2を分離して地中に押し込むために余分なエネルギーを消費する。CO2をためるだけでなく、藻類などの育成にも有効利用すべきだ」と力説する。

 第1世代のバイオ燃料は、条件によっては、バイオ燃料で削減できるCO2よりも、生産時に排出するCO2量が上回るという指摘もある。各研究グループともに、投入エネルギー量やCO2排出量には配慮して進めており、藻類では問題がないという。

 環境バイオ研究所の鬼木所長は、「将来的には軽油と同等価格にできる」と断言しており、コスト削減の潜在力も大きい。筑波大学の渡邉教授は、「2025年に日本を石油輸出国にする」という壮大な目標を掲げる。

 性能の高い藻類を見つけ、得意の生産管理手法を生かせれば、エネルギー大国への飛躍も夢ではない。

石油は採掘する時代から農産物として生産する時代が来る。


水と太陽が豊富な国や地域が石油産油国となる日が来る。


(私のコメント)
一昨日のNHKの「クローズアップ現代」でバイオ燃料について特集していましたが、藻から石油を取り出す技術が進んでいるそうです。問題はコストがどれだけ下げられるかにかかっていますが、石油相場は1バレル85ドルにまで値上がりしていますが200ドルとか300ドルまで値上がりすればすぐにでも採算ラインに乗ることでしょう。

石油の代替物としてバイオ燃料が注目されてきましたが、サトウキビの搾りかすから作ることも出来ます。バイオ燃料としてはアルコール系の燃料になりガソリンの代替物になります。それとは別に藻から作るバイオ燃料は軽油としてそのままジェット機やジーゼルエンジンの燃料になるそうです。

アメリカでは既にベンチャービジネスとして巨大な藻による石油生産プラントが作られており、そこで生産された軽油でジェット旅客機が飛んだそうです。トウモロコシや大豆などからバイオ燃料を作ることは食糧危機を巻き起こしましたが、藻から石油を作ればそのような事は起きない。

日本では水田や養殖池などがありますが、そこで藻を大量生産して石油を生産することが出来ます。米を作るよりも藻による石油を生産したほうが儲かるという状況になれば日本は一大石油生産国となる事も可能でしょう。風力発電や太陽光発電プラントが日本でもあちこちに作られるようになりましたが、石油生産プラントも休耕田などを利用して作られるようになるでしょう。

アメリカなどでは農地は広くてもトウモロコシや小麦などの畑ばかりだから水が無い。アジアや南米などの土地が広くて水が豊富で太陽が降りそそぐ地域で生産すればコストは安くなり、何千メートルも地下を数百億円かけて油田井戸一本掘るよりも石油生産プラントを建設した方が安くなる時も来るだろう。

いま研究が進められているのは、藻の品種改良でありバイオ技術を使えば生産性が飛躍的に上がる事もあるでしょう。「株式日記」では地方の活性化として橋や道路を作ることよりも農業の振興を図るべきだと主張してきましたが、相変わらず道路やダムなどの公共事業ばかりに目が向けられています。

太陽光発電所やバイオ燃料プラントなどエネルギー分野への集中的な投資が行なわれれば地方の活性化に繋がるだろう。電気や石油などの価格が安ければ工場の生産性も上がるし国内でエネルギーが自給できればオイルショックなどの影響も避けられるようになるでしょう。

クローズアップ現代でも言っていましたが、日本における問題はこのような新しい技術に投資をするベンチャーがないことであり、銀行などの金融機関の行員は科学技術に弱い。藻から石油を作る話をしても銀行員は???だろう。しかし品種の改良と生産技術の進歩で商業化の目処がつき始めている。

ジェット機や船や大型トラックなどは軽油がなければ走りませんが、軽油を農産物として生産が出来るようになればエネルギー事情がかなり変わってきます。中東の石油に頼る時代が終わる時が来るかもしれません。今まで藻は邪魔者で厄介者でしたが石油の生産に欠かせない主役になりつつあります。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月22日 19:23:55: JiuafC5wMQ
藻から石油を作るは私も同感です。
藻は水田や養殖池,畑の水桶に大量発生します。藻による石油バイオでディーゼルエンジンは噴射ポンプの点火時期を代えるだけで容易に馬力が低下しないで動きます。ムダな税金を投入する道路やダムなどの公共事業より遥かに環境に強く,攪拌作業で増殖が容易です。

信用恐慌から早期脱出するためにぱ第二次産業革命へ大胆にシフトすることです。第二次産業革命とは「CO2を発生させない動力」への転換革命です。

第二次産業革命に早期シフトした国家は、CO2の発生を75%減らすことに成功すると同時に、世界の技術革新をリードし、全産業を活性化させることができます。又、第二次産業革命に早期シフト企業は、大不況下でビジネスを飛躍できます。

先進工業国の基幹産業は、自動車とエレクトロニクスと住宅です。この基幹産業の好不調が、約3年半ごとの景気の上昇下降を決定しています。だから、三大基幹産業の製造は上昇すると、全産業に第二次産業革命は拡大し、景気は上昇します。


02. 2010年4月22日 19:45:08: QOhUBvhqqk
藻類も植物である。故に、肥料(N・P・K)が必要。
リン鉱石の枯渇は時間の問題である。

03. 2010年4月22日 20:04:21: P7fhJ2YZXA
その日のNHKクローズアップ現代私も見ました。
とにかく日本は現在主流となっている資源が乏しい国なのだから、
せめて自活できるような状態に国を挙げて取り組んで頂きたいなと思います。

ただ、投稿者様が仰るとおり、
確実なビジネスにならないとどこもスポンサーが手を上げない… 
と言う所が日本の昔からの弱点で、それが色んな業界で各国に遅れを取る
原因だと思っています。

それでも、研究は進んでいるようですので、
私もささやかながら更なる発展を祈っております。


04. 2010年4月23日 19:50:36: TlXYjtwVTA
02さんへ
 良く判らん。教えてくれ。
チ・リ・カが植物には必要なのは知っとるんじゃが、植物が消費したPはその後どこへ行ってしまうじゃ?
 

05. 上葉 2010年4月23日 21:46:58: CclMy.VRtIjPk: 7aTFFFAJQA
技術事始/藻類から作るバイオ燃料:ECO JAPAN −成長と共生の未来へ− 上葉
http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/221.html

 宣伝というわけでもありませんが、エネルギー板に投稿したものです。一応リンクしておきます。
 日本は「石油輸出国」にはならないし、なるべきでもないと考えています。


06. 2010年4月24日 00:57:57: L9lhVFyEGw
中国の海で藻が大量発生したことがあったが、あれを利用できんもんだろうか。

07. 2010年4月24日 07:13:37: P7fhJ2YZXA
>>06さん
私もそれを考えていました。
日本でも夏場に赤潮や青潮が発生した…なんて報道がありますよね。
ヘドロなどを上手く利用できないものかと思います。

08. 2010年4月24日 20:01:38: xtlWVCU5v6
リンの枯渇というと、この参陰中央新報の記事が参考になるかと。
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=518070035

09. 2010年4月24日 22:41:17: xukoP2wTNY
ところで石油自体今のところどのように生成されたか解明出来ていないのでは無いのでしょうか。
石油採掘開始時のかなり浅い所から産出されていた時期は今迄の石油の紀元で説明がつくと思いますが、現在の石油採掘は何キロもの深さから、それも花崗岩の隙間から産出されています、これを地質学的にどのように解説出来るでしょうか。
どなたか詳しく解説出来る方がいるでしょうか。

単なる疑問です。


10. 2010年4月25日 18:14:56: xtlWVCU5v6
そういえば、私が子供の頃は『あと30年で石油は枯渇する。』って言われていました。
まあ、採掘技術が進んだことも大きいとは思いますが・・・。

化石燃料とは別という説も近年は唱えられていますね。


11. 2010年12月16日 17:26:20: FLqTKfM4UQ
海苔も藻なんだろうが、藻をバカにしちゃいかんかったんだな。
来世紀の人々は藻を食事にし、藻から採取した繊維で服や家を作り、
藻から油や薬を作り、ブロック状に加工した藻を食べる馬やカバに
乗って通勤する藻文明を形成しているかもな。
チョコレート味の藻や牛肉味の藻など、様々な味の藻がバイオ技術で
作られているような気もする。

12. 五月晴郎 2010年12月29日 11:21:01: ulZUCBWYQe7Lk : ZMbmXo037I
藻からも燃料作れるのかも知れないけど、石油って本当に有機物が堆積して出来たもんなの?石油は有限と強調するための説だって言説が結構あるようだけど。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
コメントの2重投稿は禁止です。
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧