★阿修羅♪ > 経世済民67 > 732.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自然と人間優先の同心円型成長モデル
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/732.html
投稿者 伊予次郎 日時 2010 年 4 月 27 日 16:29:41: kixPLv9awJZfA
 


景気循環と経済成長

不況脱却には、景気の自動回復を前提にした見解が少なくない。だが失われた20年と、800兆円の政府債務は何を語るのだろうか。景気循環と経済成長について、政府の役割を考えてみよう。

景気の変動は、実体経済の在庫循環、設備投資循環、技術開発で説明されてきた。またインフレやデフレは、実体経済と貨幣経済の乖離から生まれる。そして生産と消費、供給と需要は、市場の価格で結ばれている。

新自由主義は、国家の規制を緩和して、グローバルな市場の競争に委ね、供給サイドから労働・資源の再配分を図った。だが国際分業は、内外で価格の連鎖が異なり、産業構造を競争力優位の産業に収斂させる。

企業は海外生産に傾斜し、家計部門は所得が低減して、国内市場を狭隘にした。実体経済と金融が乖離し、バブルを促進して、世界金融危機を招いている。グローバルな規模の利益の追求は、多国籍企業の収益を増大させても、産業は均衡と連関が断ち切られ、集積の利益が失われて国民経済は空洞化・衰退するのである。

有効需要の原理は、次の式で示される。

国民所得(Y)=投資(I)+消費(C)
YーC=I
Y(1−C/Y)=I
Y=I / (1−C/Y) C/Y:消費性向(所得弾性値)
国民所得=投資/ (1ー消費性向)
成長率=限界投資性向/( 1ー限界消費性向)
(利潤と利子率<流動性選好>)(所得と消費<乗数効果>)
金融政策 財政出動

上の式で経済成長は、投資と消費の関数だが、利子率(金融緩和)と所得(所得・価格弾性値)は、投資と消費が変動する要因の一部に過ぎない。投資の主な要因は、生産や生活の技術変革と商品開発と市場の需給変化で、実体経済が貨幣経済に優先するのだ。

そして政府(官・公・クニ)の役割は、次の三つではないだろうか。

所得の再分配(財政、社会資本<公共投資・社会保障>)
社会規範(法・制度規制)
経済政策(政策価格・金利と関税・為替)

成長の基軸は、仕事と暮らし

アダム・スミスの産業の優先順位、国内の農業→工業→商業→海外貿易は、現在の一次→二次→三次産業→社会資本→海外となる。また市場構造は、生産要素の土地・労働・資本市場と商品市場が、地域市場→国内市場→海外市場として捉えることができる。

そして、土地には地代・地価、労働には賃金、資本には利潤・利子率、商品には価格・費用(償却費・労働費)が、地域市場には地産地消、国内市場には国産優先、海外市場には輸入補完が対応している。

先の成長定式で、企業の投資性向は、地代・地価・賃金・利潤・利子率・商品価格・費用(償却費・労働費)に、家計の消費性向は賃金・商品価格に対応する。そして地代・利潤を除けば、他は土地・労働・資本(貨幣)・商品の価格だ。

こうして雇用と消費、仕事と暮らし、労働市場と商品市場、賃金と物価という成長の基軸が明らかになる。そして国民経済の視点に立つと、この有効需要の定式に、政府と海外部門が加わって、次のように示すことができる。

国民経済 企業 家計 政府 海外
    Y  = I + C + G +EX−IM
雇用 消費 財政 交易
(仕事)(暮らし)
(労働市場)(商品市場)
(賃金)(物価)

では仕事と暮らし、賃金と物価は、どのように関わっているのだろうか。労働生産性と資本集約度は、次の式で示すことができる。

労働生産性=産出量/ 投入労働量
=産出量/ 資本量×資本量/ 投入労働量
=資本生産性×資本集約度

すなわち技術開発で設備投資効果が期待され、商品の販売市場が見込まれる限り、人間労働は機械に替わるのだ。こうして商品の価格・費用(償却費・労働費)に、規模の利益と比較優位が作用することになる。

マルクスは、設備投資や原材料を不変資本、人間の労働を可変資本と呼んだ。そして両者の構成比を資本の有機的構成と捉え、資本集約度の高度化による相対的剰余価値の形成を指摘した。また次の二部門分割再生産表式を残している。

マルクスの二部門分割再生産表式

T 生産財生産部門 W1=C1 + V1 +M1
U 消費財生産部門 W2=C2 +V2+M2

V1 +M1=C2

この再生産表式から、W2=V1 +V2+M1+M2 で、V1 +V2は賃金、M1+M2は利潤・利子・地代だ。ここでも企業の投資性向は、利潤・利子・地代に、家計の消費性向は賃金に対応している。

資本集約度の高度化は、相対的剰余価値を生み、規模の利益と比較優位が追求され、技術文明の高い生産力と市場の内外不均衡という矛盾が増大する。地球温暖化、遺伝子組み換え作物、核の不安、グローバル経済危機である。

商品・産業連関と市場構造の同心円型経済モデル
 
 これまで経済学は、商品を交換価値や価格視点で捉え、使用価値は限界効用に倭小化され外部経済の中に位置づけてきた。また産業構造論は、第一次、第二次、第三次産業の区分と高次産業比重の増大(ペティ・クラークの法則)以外には、スクラップ アンド ビルドが当然視され、リストラとイノベーションを軸に産業空洞化と産業調整を是認してきた。

 だが産業構造は、商品生産の母体である。産業の連関は、商品の体系を構成し、分業と集積の利益が機能する。産業構造と商品の体系は、使用価値の概念だ。

これを経済学の基軸に据えた成長戦略、自然と人間優先の技術開発と、商品・産業構造・市場の均衡・連関・集積した、次の同心円型の経済モデルを提起したい。

  国民経済モデル

技術・生活文化様式(イノベーション・商品の体系・産業連関・市場構造)
商品・生産要素(土地・労働・資本)市場、
   社会構成(企業・家計・政府・海外)、
社会規範 (価格・利潤・利子率・地代の体系)

この経済モデルで、産業の優先順位は、一次→二次→三次産業→社会資本→海外となる。また市場構造は、生産要素の土地・労働・資本市場と商品市場が、地域市場→国内市場→海外市場と結ばれる。

そして企業・家計・財政・海外部門は、技術・生活文化様式を軸に商品の体系・産業構造・イノベーションを担い、商品・生産要素市場が価格・利潤・利子率・地代の体系で結ばれ、三位一体に位置づけられている。

社会資本の運営と地域主権
ー公共投資・社会保障と新しい公共

企業・家計(民・私・イエ)と地域コミュニテイ(NPO・共・ムラ)の役割
は、緑の分権改革を同心円で包含する社会資本型に進展する。

政府の規制・保護 企業 家計 地域コミュニテイ
混合経済(国独資) 大 大
新自由主義(アメリカ型) 小 小
第三の道(西欧型) 小 大
同心円型(緑の分権改革) 小 小 大

その基軸は、自然と人間優先の技術開発と自助・共助・公助の社会だ。グローバル経済危機の打開策は、自然と人間優先の技術開発と、この同心円型成長モデルではないだろうか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月27日 19:24:35: cqRnZH2CUM
ちゃんとURLと著者を書かないのは不適切

02. 2010年4月27日 23:19:16: dqEYtZKp3A
転載なのか???

03. 2010年4月28日 09:17:09: UF7RtfdLjw
01o2さんへ。

不慣れで失礼しました。URLは、下記です。転載ではありません。

http://www.geocities.jp/kirino3330/


04. 2010年4月28日 10:12:53: i4XUl2FPTM
具体的な提案をしなさい、このようなお勉強は無意味でしょう。当たり前のことを書いてどうするの?

05. 2010年4月28日 14:22:45: UF7RtfdLjw
04さんへ

流域圏から地域再生の設計図を見て下さい。

1.チェンジと政権交代ーグローバル経済と地域主権 (PDF240KB) 2010. 4.28
2.何故流域圏なのか (PDF196KB) 2010. 4. 7
3.自然と人間を優先し、活かし・つなぐ生活経済 (PDF 174KB) 2010. 4. 7
4.流域圏を軸に、農と食のチェンジと農協改革 (PDF 227KB) 2010. 4. 7
5.流域圏再生の政策展望 (PDF 177KB) 2010. 4. 7


        <山と川と海、田と畑を活かし・つなぐ農法変革>
1.田畑輪換 (PDF 225KB) 2010. 4. 7
2.輪作と放牧が、園芸と畜産を変える (PDF 233KB) 2010. 4. 7
3.林牧複合で林業・漁業を再生 (PDF 187KB) 2010. 4. 7
(補論)
1.地中海農耕文化の系譜ー西欧農法をどう捉えるか (PDF 203KB) 2010.4.8 
2.日本の湛水灌漑農業ー農工複合の土木技術 (PDF 196KB) 2010.4.8
3.西欧農法と日本農法ー農牧複合・輪作と湛水灌漑 (PDF 174KB) 2010.4.8 

http://www.geocities.jp/kirino3330_ns/


06. 2010年5月06日 08:42:40: UF7RtfdLjw
自然と人間を優先し活かし・つなぐ、
ヒト・モノ・カネの黄金三角形と同心円型成長モデル

コメント

斜め読みで失礼致しますが・・・- びるぬーぶ

どんな理論を展開しても、実行可能で無ければ、単なる卓上の理論で終わります。卓上の理論を幾ら練っても、現実を変える力はありません。大切なのは理論ではなく"心"なのは云うまでも無いのかもしれませんが、そのありとあらゆる人間の心まで動かせなければ、その思考する時間が勿体ない。

[
Re: 斜め読みで失礼致しますが・・・ への返信

お説のとおりです。オバマのチエンジは、世界に波及しました。日本でも政権交代、国民主導・生活第一・地域主権が共感を呼びました。いま日本が抱える閉塞感は、坂の上の雲の成功神話と敗戦のトラウマが綯い混ざっています。その打開には、心を耕した二宮尊徳や、先を見て種麦を残した義農作兵衛のようなキーワードが必要です。、

それが、自然と人間を優先し活かし・つなぐ、ヒト・モノ・カネの黄金三角形と同心円型成長モデルです。



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧