★阿修羅♪ > 経世済民67 > 802.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
史上最高額(ピカソ)  次第に拡大する幅   【Nevada 投資情報】
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/802.html
投稿者 愚民党 日時 2010 年 5 月 05 日 21:45:16: ogcGl0q1DMbpk
 

2010年05月05日

史上最高額(ピカソ)

ニューヨークのクリスティーズ・オークションで【ピカソ】の油彩が1億648万ドル(102億円)で落札され史上最高額を更新しています。

有名な画家・作家・芸術家の作品には過去にとらわれない価格が払われており、今までの出遅れを一気に挽回する動きになってきています。

今、【ガレ・ドーム】と言ったアールヌーボー作品でも状態のよい素晴らしい作品には見積り価格の2倍〜5倍以上の価格が払われていますが、それでも良い作品は不足しており、まともに買えない状態になってきています。

今後、本当に価値のある【現物】への資金集中は益々激しくなりますが、誰もほしがらない市場性のないB級品は買い手がおらずたたき売られるという2極化が進むことになります。


次第に拡大する幅

株式市場の上下動の幅が次第に拡大してきており、NYダウで言えば100ドル幅の動きは当たり前の感覚になってきていますが、これが今度は200ドル幅の振幅が当たり前になってきます。

昨夜、【NYダウ】は225ドル余り下落して終わっていましたが、この下落率は2%です。
ところがハイテク株が主流の【ナスダック】は74.49ポイント下落して終わり、この下落率は3%にもなります。

<世界の株式市場の動き>
ハンセン指数  −0.23%
上海総合株指数 −1.23%
FT指数    −2.56%
DAX指数   −1.83%
NYダウ    −2.02%
ナスダック   −2.98%

今後、NYダウで300ドル幅の上下動が頻繁に出現することになるでしょうが、これは以前にも指摘しておきました【金融崩壊第3章】の特徴でもあり、これが為替・商品先物市場にも出てきます。

為替市場ですが、とうとう【ユーロ】は対ドルで1.30台を割り込み、1.2962まで売り込まれてきています。
(対円では122.64円)
しばらくはこの1.30前後で行ったり来たりを繰り返すでしょうが、それが終われば本格的な相場崩壊に突入することになる筈です。

誰もが恐れおののく程の【ユーロ】暴落がみられる筈ですが、この【ユーロ】暴落が世界を大恐慌に引きづり込むことになる筈ですが、この暴落では一ユーロ=一ドルとなる筈であり、今の水準で言えば一ユーロ95円となります。

大方の方は『そんなバカな』と思われるかもしれませんが、『里帰り現象』が起こればこの一ユーロ90円台など当然となります。

【ユーロ】暴落に引っ張られて、【ポンド】・【豪ドル・NZドル】・【スイスフラン】・【カナダドル】・【シンガポールドル】等も暴落しますが、一人勝ちするのが【ドル】です。

これまた大方の方からしますと『そんなバカな』となるでしょうが、相場は相場に聞けとも言われます。

一ドル95円まで戻してきている【ドル】が100円を超えるのも時間の問題です。


http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月05日 21:56:31: uEeoOWdnso
このニュースへのコメントを求められた美術総合研究所だかの
理事のじいさまが、こう言っていたのを聞いて、この国の行く
末がやはりどうしようもないことを思った。いわく
「世界経済の立ち直りにより、景気が上向いてきて、美術品に
お金が向かうようになったのだろう」云々。
なら聞きますが、いまよりもっと景気がよかった2007年ではな
く、なぜいま最高値を更新したのですか? 何の説明にもなって
いない。まったく違う。いま世界は、ドルの崩壊に向け、それ
ぞれの国で実現されるであろう、社会主義的な非常時体制と税制
面での苛烈化へ向けて、現金を振り向けだしたのだ。税金のかか
らない美術品へ振り替えているのだということ。これくらい、専
門家のはずの、それも年寄りは読めよ、無駄飯食いが。

02. metola 2010年5月06日 00:26:56: XbEFO1BzdtcZo: EUMqjmhzGD
なるほど、そのジジイのような輩が、まだ日本にのさばっているというヤバい現状を考えれば、この記事だけではちんぷんかんぷんだろうな、

この転載された記事のミソは
>今、【ガレ・ドーム】と言ったアールヌーボー作品でも状態のよい素晴らしい作品には見積り価格の2倍〜5倍以上の価格が払われていますが、それでも良い作品は不足しており、まともに買えない状態になってきています。
>今後、本当に価値のある【現物】への資金集中は益々激しくなりますが、誰もほしがらない市場性のないB級品は買い手がおらずたたき売られるという2極化が進むことになります。

のあたり。

税金云々のはなしもあるのだが、そもそも、なぜ「状態のよい素晴らしい作品には見積り価格の2倍〜5倍以上の価格が払われて」いるかというと、株や債権や為替などの金融商品の「信用が失墜して」、リスクを回避するために、金融市場から現物市場に金が流れているのである。金融市場の大きさは、現物市場の数倍から数十倍の規模があるので、一度この流れができてしまうと、時価の2倍〜5倍以上の価格がつくという事態に陥ってしまうのである。
で、現物市場といえば、原油や貴金属が思い浮かびそうなものだが、新しい油田や金鉱が見つかれば価格が下落し、利益が回収できなくなる可能性が高い。だから、時価の2倍〜5倍以上の価格で売り買いされることはまず無い。一方、コレクターがいる業界、例えば希少硬貨、スタンプ、芸術品などは、数が限られているので、長期トレンドで必ず値段が上がる。それも世界に一つか二つしかなく鑑定もしやすいものであれば、すぐに値段は10倍くらいになる。だから時価の2倍〜5倍以上の価格で売り買いしても、利益が回収できるのである。

問題は、本当に価値がある【現物】でなければ誰も見向きもしないから、素人が手を出すと「バカの安物買い」になることが多い。後段はその警告。で、普通ならこのあと〇〇に金を払えば、サポートしますよという宣伝が入るのだろう。まぁ、そういうこと。


03. 2010年5月06日 16:10:43: MaljgKSSwQ
結局ピカソに対する評価でなく
投機としての価値なんだよね

04. 2010年5月09日 11:40:16: S1P8YFCErc
西洋絵画の価値もいずれ暴落する時が必ず来る。世界の中心は西洋から東洋に移りつつある。第三次世界大戦を経て西洋基督教文明は歴史上から抹殺される。当然美術品など何の価値もなくなる。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧