★阿修羅♪ > 経世済民67 > 809.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ユーロ続落、対円で昨年2月以来の118円台突入−欧州債務懸念強まる(ブルームバーグ)
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/809.html
投稿者 そのまんま西 日時 2010 年 5 月 06 日 23:06:08: sypgvaaYz82Hc
 

ユーロ続落、対円で昨年2月以来の118円台突入−欧州債務懸念強まる 5月6日
(ブルームバーグ):

東京外国為替市場ではユーロが続落。1100億ユーロ規模のギリシャ向け救済パッケージでもユーロ圏の債務危機を食い止められないとの懸念が強く、対ドルでは昨年3月以来、対円では同年2月以来の安値を付けた。

  ユーロ・ドル相場は一時、2009年3月12日以来の水準となる1ユーロ=1.2737ドルまでユーロ安が進行。ユーロ・円相場は1ユーロ=120円、119円を突破し、一時、118円86銭と同2月20日以来のユーロ安値を付けた。

  三菱UFJ証券クレジット市場部為替課長の塩入稔氏は「さすがにここ数日のユーロ・ドルの下げ幅の大きさを考えると短期的にテクニカル的な反発はありそうだが、これでユーロの下げが終わったとみるのは時期尚早だ。仮にギリシャがアルゼンチンのようにリスケジュール(債務返済繰り延べ)しても財政懸念上のあく抜け感が出ず、ユーロの信認面では事態がさらに悪化する可能性もある」と話していた。

  一方、ドル・円相場は1ドル=93円台後半でもみ合う展開が続いていたが、欧州の財政懸念を背景に株安が進むなか、午後には円高が加速し、約1週間ぶりの水準となる93円29銭を付けた。

           ギリシャ懸念続く

  ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)は2日に1100億ユーロ(約13兆7000億円)規模のギリシャ支援策を承認したが、投資家の懸念を緩和するには至らず、外国為替市場では週明け以降、ユーロ安が加速している。

  5日にはドイツ連邦議会の予算委員会がギリシャ支援法案を可決したが、独紙ハンデルスブラットはドイツの最大野党、社会民主党(SPD)が7日、ギリシャ支援策に関する採決で賛成票を投じない可能性があると報じている。

  一方、ギリシャ国内では政府の緊縮財政措置に対する抗議デモが拡大。アルゼンチンのフェルナンデス大統領は5日、債務危機をめぐってギリシャで起きている抗議行動について、950億ドル(約9兆円)相当の国債がデフォルト(債務不履行)に陥った2001年当時のアルゼンチンに酷似しているとの見解を示した。

  ステート・ストリート銀行の富田公彦金融市場部長は、欧州諸国の政府レベルではギリシャ向け支援の合意ができたが、ドイツ議会の動向が依然不透明で、「次がどうなるかもう一つ見えてこない」と指摘。ギリシャ国内でデモが激化し、ポルトガルなどでも利回りが急上昇しているなか、「落としどころが見えなくなってきているというところが怖い」と語る。

  ユーロは対ポンドでも9カ月ぶりの安値まで下落。塩入氏は「英国では足元の指標が良く、介入警戒感もないことなどから、ポンドが対ユーロの逃避先通貨として選好されているようだ。きょうの英総選挙でも野党の勝利を前提として、財政再建が進む可能性も意識されている」と解説していた。

           ECBの対応に注目

  ユーロ安が進むなか、この日は欧州中央銀行(ECB)の定例理事会が開かれる。金融政策は現状維持の見通しだが、市場ではECBが通貨を守るため、ギリシャ国債購入など別の手段を行使する可能性があるとの見方が浮上している。

  ECB政策委員会メンバー、ウェーバー独連銀総裁は5日、ギリシャの財政問題について「ユーロ圏のほかの国に重大な感染効果を及ぼす恐れがあるほか、資本市場で悪循環が強まる危険もある」と指摘した。一方、ギリシャの財政危機波及の脅威への対応については「あらゆる手段の活用」が許されるわけではないと述べた。

  ステート・ストリート銀の富田氏は、ECBがギリシャ国債の引き受けなどに動く可能性は非常に低いとしながらも、「今の国債利回りの上がり方などを見ると、状況はそこまで追い詰められているのかもしれない」と指摘。実際、過去10年間、政治統合をしてこなかったユーロ圏で、「今動ける組織といったらECBしかない」と語った。

  ギリシャなど欧州の財政問題が懸念されるなか、6日の東京株式相場は大幅反落。3日に発表された中国の預金準備率引き上げや商品相場の下落も嫌気され、日経平均株価は1年1カ月ぶりの下落率を記録した。アジア株も軒並み下落している。

  みずほ証券の林秀毅グローバルエコノミストは、欧州に対する懸念を背景に株安が進行し、米債利回りも低下しているなか、「リスク回避的な円高圧力が強まっている」と指摘。ドル・円も今週末発表の米雇用統計がよほど上振れれば、「95円越えもリスクシナリオとして見えてくるかもしれない」が、当面は円が底堅い展開が続く可能性が高いと話していた。


http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=a9klTILCQkKs  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月07日 06:21:39: eJpJR4SFmM
ECBが無制限にユーロ加盟国のユーロ建て国債の買い取りができるとしても、通貨介入は誰がするのだろうか。

ユーロ買い介入を同時にしなければ、ユーロ安は止まらない。

すべてのユーロ加盟国が合意しなければ通貨介入ができないというのでは、危機に迅速に対応できない。

ユーロ加盟国がまとまっていないのにましてや他国であるアメリカや日本中国も協調介入できない。

ユーロには加盟国を従わせる大統領などの強い権力がないという致命的欠陥が暴露されてきている。

迅速な対応ができるかどうかが大切な局面であるからだ。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧