★阿修羅♪ > 経世済民67 > 872.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
欧州単一通貨ユーロが急落。投資家が、マネーを、株式から「安全資産」である日米の債券などに逃避させる動きが鮮明になってきた
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/872.html
投稿者 TORA 日時 2010 年 5 月 10 日 15:20:35: CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu215.htm
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
欧州単一通貨ユーロが急落。投資家が、マネーを、株式から「安全
資産」である日米の債券などに逃避させる動きが鮮明になってきた。

2010年5月10日 月曜日

◆ギリシャ危機「想定超す」 投資マネー、一気に逃避 5月10日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20100510-OYT8T00244.htm

◆世界株安 日米債券・金へ流入

日米欧で株価の下落が続き、ギリシャの財政危機をきっかけにした金融市場の動揺が収まらない。為替市場でも欧州単一通貨ユーロが急落。投資家が、マネーを、株式から「安全資産」である日米の債券などに逃避させる動きが鮮明になってきた。

 市場では「第2のリーマン・ショック」になりかねないとの懸念も出てきた。(ロンドン 是枝智、経済部 西原和紀)

◆1万円割れも
 7日午前9時前、都内の大手証券のトレーディングルームは、不気味な静けさに包まれていた。欧米市場で株安が続き、「もはや対岸の火事ではない」との思いが共通していたからだ。7日の東京株式市場は取引開始直後から幅広い銘柄に売り注文が殺到した。日経平均株価(225種)の下げ幅は一時、取引時間中で今年最大の438円まで拡大し東証1部の値下がり銘柄数は全体の90%を超えた。

 世界の金融市場が動揺しているのは、「ギリシャの財政危機は当初の想定をはるかに超えて悪化している」(BNPパリバ証券の河野龍太郎氏)との認識が広がったためだ。日経平均株価は1万円割れが現実味を帯びつつある。

 ギリシャ以外にも、欧州各地で財政問題が深刻化するとの懸念も強い。7日の欧州債券市場では、ギリシャ国債(10年物)が早朝に一時、2001年にユーロ圏入りして以来、最高の年15%台まで急騰したほか、財政が悪化しているポルトガル国債も年7%台、アイルランド国債も年6%台まで一時上昇した。2008年秋に世界を襲った金融危機のようなパニック的な様相が強まる中で、悲観的な見方を口にする市場関係者が増えている。

◆長期化も
 国内外の投資家が、各国株式市場でリスクを取って投資することを避け、安全資産にマネーを逃避させる姿勢が鮮明になっている。

 10年物の米国国債の流通利回りは6日、前日より0・15%低下して年3・40%になったほか、日本国債(10年物)も7日の終値で年1・28%と低い水準だった。欧州のマネーが日米の債券市場に流れ込んでいる構図だ。

 金を買う動きなども広がっており、金地金大手の田中貴金属工業によると7日の国内の金小売価格は1グラム=3774円(税込み)と約27年ぶりの高値を付けた。(後略)

◆危機の伝染に共通する人間の特性 5月10日 Financial Times
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3432

筆者が目にしている図には5つの輪が描かれている。すべての輪が互いに矢印で結ばれており、これらの輪から別の方向へ飛んでいく矢印もある。一見すると、核爆発か何かのような、何らかの連鎖反応を示す複雑なイラストに見える。

 この図が実際に示しているのは、ポルトガルとアイルランド、ギリシャ、イタリア、そしてスペインの債務で、矢印は、その国の債務がどれだけ各国の投資家に保有されているかを表している。これは、米シティグループがまとめたソブリン債の信用リスクに関するプレゼンテーションの一環だ。

 「ここには制御された爆発の余地はあまりない」。表題には、こう書かれている。「すべてが互いに結びついている」

◆すべてが互いに結びついている

 16カ国から成るユーロ圏の中では小国に過ぎないにもかかわらず、ギリシャが債務をデフォルト(債務不履行)するかもしれないという懸念は、封じ込めることができなかった。

 多くの債務ウオッチャーにしてみれば、これは何ら驚くに当たらない。まさに、ユーロ圏内、そしてグローバルな投資の世界では、すべてが互いに密に結びつき、関係しているせいだ。

 800年前までさかのぼる債務危機の歴史を研究したメリーランド大学のカーメン・ラインハート教授(経済学)が筆者にしてくれた話では、彼女はよく人に、ギリシャがどれほど小さい国か聞かされるそうだ。彼らは暗に、同国のデフォルトが連鎖反応を引き起こすのはおかしいと示唆しているのだという。

 「伝染の源は、金融の相互連関と重要な関係があり、欧州などの地域では金融の相互連関が強いことが分かっている」。ラインハート教授はインタビューでこう語った。「小さな危機」が大きな危機に発展し得るもう1つの理由は、「警鐘の仮説」だという。「肩越しに(他国に)目を向け、ちょっと待てよ、これらの国もギリシャとよく似てるじゃないか、と気づくわけだ」

 債務危機には共通する要素がいくつもある。問題に対処することを躊躇う態度や、問題の深刻さを認めたがらない態度などもそうだ。実際、ギリシャ国債で損失が生じる可能性を考慮して、投資家がリスクを再評価する中、世界の市場が痙攣を起こして急落したが、政治家は、市場の急激な動きが発するメッセージを軽くあしらおうとした。

◆問題を小さく見せようとする政治家

 「ある意味で、これは政治家と市場との戦いだ」。ドイツのアンゲラ・メルケル首相はこう言った。「しかし、すべての同僚もそうだと思うが、私はこの戦いに勝つ決意を固めている」

 大抵の場合、債務の危険性や悪影響を小さく見せようとする行為には、強力な実際的理由ばかりでなく、政治的な理由がある。誰も信頼喪失に手を貸したくはないのだ。歳出削減や人員解雇、年金カット、あるいは住居を手放すといった諸々の痛みを伴う対策をもってしか対処できない現実を受け入れるのは難しい。


 しかし、債務危機が手に負えないほど膨れ上がっていく可能性は常に存在している。

 「多額の借り入れがある時は、悲惨な状況に陥るのに、大したきっかけは要らない」。ケネス・ロゴフ教授と共同で債務危機を分析した著書『This Time is Different(今回は違う)』を執筆したラインハート教授は、こう語る。「何か案件が1つ失敗する、債券発行が1度でも大失敗に終わる、借り換えを巡る本当に短期的な資金不足に見えること・・・どんなことでも、投資家が一斉に逃げ出すシナリオの引き金となり得る」

◆小さな出来事をきっかけに出口への一斉逃避が起きる

 5月第2週の市場の大揺れは、それがいかにして起き得るかを思い出させてくれた。多くの場合、出口への一斉逃避のきっかけとなる予想外の要素がある。

 先日そのきっかけとなったのは、コンピュータープログラムに原因があったと見られる取引の大混乱だった。実際、コンピューター取引の普及のために、株式から債券、通貨に至るまで、あらゆる市場がますます密に相互に連動するようになっている。

 「一連の自己増殖的なプロセスは雪だるま式に、市場を本質的に不安定なものにする」。シティグループの信用ストラテジスト、マット・キング氏はこう指摘する。「我々が最も懸念しているのは、市場間の相互連関の度合い、そして信頼という極めて重要な要素について、投資家も政策立案者もまだ十分に理解していないのではないか、ということだ」

 ひとたび債務危機が起きた時に行われる分析は、債券が買われたり、売られたりする前に何をすべきかについて、有益なアイデアを提供してくれる。国、あるいは企業が投資家に債券を売ろうとする時、買い手を引きつけるために作られたプレゼンテーション資料には、派手なチャートや数字が並べられている。

 より大きな構図を理解し、リスク間の関係を把握することは重要だ。ラインハート教授の著作に掲載された、はっとするようなチャートを見るのもいいだろう。そこには、デフォルトと債務危機がどれほど頻繁に起きてきたかが示されている。

◆人間の傲慢と無知

 ラインハート教授は、危機に共通する要素は、人間が持つ2つの特性だと言う。つまり、「傲慢と無知」だ。

 「無知というのは、多くの場合、政策立案者や投資家、一般の人は、我々が以前にもこれを経験したこと、この映画を前にも見たことがあるということを全く知らないからだ」「傲慢というのは、そう、もしかしたらそれは分かっている・・・けれども我々には当てはまらない、という考え方だ。我々は前任者たちより賢いし、一連の古い原則、事情は変わった、技術も変わった、と思い込む」

 「このため結局、我々が本来注意すべきだったことが全く注意されずに終わり、同じパターンが繰り返されるのだ」とラインハート教授は言う。


(私のコメント)
「株式日記」のコメント欄には口蹄疫が大変だと書いている人がいるが、確かに大変な問題だが、ギリシャ危機が発端となっている世界的金融危機の方がとんでもない状況になりつつあるのにそれを指摘する人がいない。サブプライム問題の時もリーマンショックの時も大変な状況になりかけたのですが、市場が麻痺してもテレビのニュースなどでは報道されない。

いったん信用不安が発生すると各金融機関は一斉に貸出資金の回収にかかる。銀行の中で返せない銀行が出てくれば連鎖的な破綻が生じる。ギリシャ国債は世界中の金融機関が保有していますが特にヨーロッパの金融機関がたくさん持っていると想像されるから、世界の金融機関は疑心暗鬼になっている。

だからリーマンショックなどのときのように世界の中央銀行は市場に資金を供給して破綻を防ごうとしている。ギリシャを始めとしてPIGS諸国の国債利回りは急上昇していますが、逆に日本やアメリカの国債利回りが低下している。欧米のマネーが安全を求めて日本に避難している様な状況になっている。

円やドルなどの通貨や国債などの債権の信用の元はその国の経済力であり、ギリシャなどでは観光ぐらいしか産業が無い。円が高く国債の利回りが低いのはそれだけ日本の経済力が強いからですが、強いドルや米国債を買い支えているのも日本だ。日本が世界に資金供給しているときは世界がバブル景気に沸きましたが、日銀が資金供給を締め始めてからサブプライムやリーマンショックなど出始めた。

世界の中央銀行が資金供給するにしても資金力があるのは日銀くらいでFRBもむやみに資金供給できない状況になりつつあります。世界中の銀行が資金回収に追われれば今までバブル景気に沸いていた新興国もドバイからギリシャからPIGSへと広がりつつある。

目一杯借り入れした新興国の金利が急上昇すれば金利が払えなくなり新興国は破綻する。1997年のアジア金融危機の時は通貨を切り下げて経済が復活して何とか収まりましたが、ユーロ圏のギリシャにはそれが通用しない。金曜日に書いたようにギリシャを破たん処理して緊縮財政を取らせるしか方法はないでしょう。しかしギリシャ一国で収まるとは思えない。

ニューヨーク市場における1000ドルあまりの乱高下は結局は原因が分からないようですが、コンピューターが一斉にそう判断したのかもしれない。想定外の事が起きればコンピュータープログラムが想定外の売り指示を出す事もあるだろう。大量の売りものを細かく分けて売買するから誰がどう売ってきたのかも掴めないのだろう。

NY株式市場の乱高下は為替市場も巻き込んで乱高下した。為替が極めて短期の間に5円も動くとは株式も債券も為替もみんな連動して動いている。NY市場では60%以上変動した取引は取り消すそうですが債券や為替取引までは取り消せない。

ギリシャ自身は取るに足らない小さな国ですが、ユーロを形成している鎖の一番弱い部分であり、そこが切れればドイツも支えきれなくなりユーロから離脱するかもしれない。それよりもギリシャを破綻させてユーロから離脱させた方がいいのですがユーロはそのような状況を想定していなかった。

ユーロの暴落は基準が守られていれば起こり得ないはずのものだった。しかし財政赤字の基準を守れる国は無くECBも機能しない。ヨーロッパは一つといいながら上手くいっている時はいいが危機が起きると支える国が無い。ドイツもPIGS全部を支えるには弱すぎる。韓国は何度も外貨危機に見舞われてきたが日本とアメリカが救ってきた。

1997年のアジア金融危機の時も日本はアジア通貨基金を作ろうとしてアメリカに反対されて潰された。いかにアメリカが日本に対して警戒心を持っているかが分かりますが、それに比べるとドイツがどうしてギリシャ一国を救えないのだろうか? 

世界中の国が過剰債務に気がつき始めている。景気が上昇気流に乗っている時はいいが、気流が収まってみると過剰な債務の大きさに返済が優先されて経済規模は小さくなっていく。日本もそのような状況に直面して20年近く立ちましたが、欧米の場合はデフォルトという形で処分されるだろう。

債務が過剰かどうかは経済の成長度にもよりますが、新興国の多くが先進国の資本と技術に依存した経済成長だった。きのうもNHKの特番では自動車用バッテリーの開発現場をルポしていましたが、いかに中国がアメリカの技術に依存しているかが分かっただろう。だから高度成長しているように見えてもアメリカからの資本や技術が入ってこなくなれば中国の高度成長は止まるだろう。

確かに新興国の市場は人口から見ても巨大ですが、日本や欧米からの投資がある時は経済成長も著しいだろう。しかし信用不安が起きれば今回のギリシャのようになり、あっという間に破綻する。ドバイなども金融センターを目指していましたがヨーロッパからの投資が集まっていたからだ。

「株式日記」では日本が世界の覇権国となり円が世界の基軸通貨になると書いてきましたが、ヨーロッパが潰れてアメリカが潰れれば日本しか残らないからだ。新興国も自立的な経済発展は無理であり、中国がアメリカを追い越すことはアメリカが許さないだろう。昨日のNHKの番組を見ても中国の高度成長はアメリカの技術が大きな力になっている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月10日 18:52:59: eJpJR4SFmM
通貨だけを統合するということが成り立たないことが証明された。

ユーロ加盟国は、国ではなく県と同じである。

ユーロには、県ばかりで国がない、という状態である。

日本でいえば国の権力で、東京から地方の各県へ所得移転して、県の財政を助けている。
しかし、ユーロには黒字国から赤字国へ強制的に所得移転させる強い権力がない。

強い権力がないと、赤字国が成り立たない。

すべて黒字国ということはあり得ない。

だから、ユーロは必ずなくなる。

ユーロがなくなるということは、ユーロ建て債券は価値がなくなる。


02. 2010年5月10日 21:54:53: qJjgYWzFd2
なかなか優秀な意見だね。一般的な模範解答はそうなるだろう。

私は事件の本質を探っている。
アメリカは大量の米国債の引受け手を模索していた最中の危機。
ギリシャの危機を仕立て、ユーロを暴落させ、自国でもトラブルを起こし不安を煽る。
裏にはゴールドマンサックスがいる。ユーロ120円のオプションを崩せるのはココ位。
ユーロが無くなる事はドル崩壊と同じくありえないと思う。

マスゴミの一方的な報道に洗脳されている我々は、まずアメリカがと考えた方がいい。
アメリカという国は天下の詐欺国だ。やる事成す事、全てがでたらめ、やらせ。

こんな事件に一々振回されている私達が哀れになります。



03. 2010年5月10日 22:10:54: w6m1iWoSZ6
>>01
同時に地方分権だの道州制やらの胡散臭さ、危うさ、怖さも見えてきましたねえ。

01さんと02さんの意見を合わせると、ものすごい暗黒の未来が見えますね。この従米奴隷国家・日本においては。


04. 2010年5月10日 22:17:56: FqDvXxU8vI
現状は、来るべきドル・ポンド危機を相対的矮小化する下準備として全て「予定通り」。
ギリシャ危機の仕込みはゴールドマン・サックスが請け負った。
それにしても、仕込に対する感度が欧州ほど良いのは、哀しい皮肉。
やっぱり米英への「近しさ」と正比例か。

05. 2010年5月10日 23:26:25: Y5oJIgm5fA
危機はこれからだ。今はほんの序章にしかすぎない。
 縮小均衡で赤字財政をを立て直そうとしているが。成功するのはきわめて難しい。
 年金をひきさげますだけでもGM,JALでは大騒ぎになった。今度は全国民相手に税金上げます。給料下げます。てなことを納得させなければならないんだからしなんのわざだ。
日本株もこれから本格調整にはいるだろう。下げろ、下げろ、俺は今株を持っていない高いうちに全部うっぱらってしまって本当によかった。下げれば下げてくれるほどうれしい。
 限度までくれば自立反発するからだ。タイミングさえまちがえずに買えば、おおもうけできるからだ。みんな生きているうちに頭使えよ。

06. 2010年5月11日 21:19:01: vDqESb73Wo
ヨーロッパ共同体(EC)幻想、EU幻想、ユーロ幻想。

----------------------------
アテネオリンピック(Games of the XXVIII Olympiad)は、2004年8月13日から29日までギリシャの首都アテネで行われた第28回夏季オリンピック。夏季オリンピックとしては21世紀最初の大会。アテネで開催するのは1896年の第1回大会以来、108年ぶり2回目。
---------------------------

2004年にオリンピックを開催したギリシアの経済危機。

国家が国際金融動物による「空売り」によって、急襲される。しかし通貨は「ヨーロッパの多様性が否定された」単一通貨ユーロ。

単一世界構築をめざしてきたヨーロッパ共同体プログラムの頓挫である。

国際金融動物は国家を食いつくし、国民を奴隷化していく。世界単一金融市場のために多様性は否定される。その見本が「ギリシアの悲劇」という世界劇場だ。

どんなちいさな街でも生態系は多様性に満ち溢れ、多様な個人が活動し生活してきた。

グローバルな単一世界は国際金融動物が詐欺によってプログラムした世界劇場だが、そこで人類は「ハゲタカ」の餌食とされていく。

「ギリシアの悲劇」も古代の世界劇場だったが、「ギリシアの喜劇」も世界劇場だった。国際金融動物は「世界演劇」を支配している演出家だ。

配役は演出家によって決定される。

この配役の体感にいよいよ「暴落」を演じた国際金融市場コンピュータプログラム機械生命族ターミネータが世界劇場にデビューしたという。市場はターミネータに瞬間的に占領されていたいう「芝居のセリフ」が国際金融動物が配役した俳優たちから吐かれる。

国際金融動物による「空売り」の世界劇場こそ21世紀の10年代となるであろう。その世界演劇の主役は機械生命族ターミネータである。

わたしは「反時代精神」をもって、多様性に注目していこうと思う。

ヨーロッパ共同体の貴族と官僚たちはユーロによってヨーロッパ各国を隷属化してきた。しかしヨーロッパは古代から多様性に満ちた世界であり地域だった。

ヨーロッパの没落とユーロの没落から胎動し復権するのは、ヨーロッパの多様性であると思う。


07. 2010年5月12日 19:51:30: CtNhKXFYrY
007は時の世相を先取りして上映される、なんせ、MI6のジェームズボンドは殺しのライセンスを英国政府から与えられているからね。
今回のギリシア危機の後に超高速取引で、金融相場を、乗っ取る国際金融マフィアは、この007シリーズではどんな、脚色をされた脚本で映画が上がって来るのか今から楽しみです。さしずめアイパッドで超高速取引の開始が行われるところから世界の金融市場が混乱していく様が、米国上海東京英国と画面分割で上映されていくのかな、途中でアルカイダが出てきて、ユダヤ資本の影も見せない内に、イランを思わせる国で、国際金融組織の陰謀が、イランの長老組織であったみたいな、世界的偏向報道的映画で終わるのかな。そうなると007シリーズも国際的な信用を失うか?いずれにせよ、何か国際偏向的なメディア報道みたいな広報作戦は必ず行われます。みなさん騙されないように、しっかり監視監視

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民67掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧