★阿修羅♪ > 経世済民69 > 106.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
経済危機:次の金融災厄のラウンド  次の金融災厄が間近い (ROCKWAY EXPRESS )
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/106.html
投稿者 新世紀人 日時 2010 年 7 月 03 日 00:09:51: uj2zhYZWUUp16
 

http://rockway.blog.shinobi.jp/

経済危機:次の金融災厄のラウンド

次の金融災厄が間近い

◆7月1日

 今年後半から世界経済の崩壊の第2ラウンドが始まる、とマティアス・チャン氏は去年の11月に書いていたが、それを思わせる今日の株価であり、また外国為替の動向であった。これからずるずると下落が続き、ある時どさっと来ると考えて準備するべきなのだろう。

 これは地球維新というか、改変というか、この世が成り立つ根本的枠組みが変わっていく端緒になっていく動きと思われる。誰も止められないし、おそらく止めるべきではないだろう。むしろ現在の仕組みが変わることによって初めて、本当に新しい仕組みを生み出していけるのだから、歓迎すべきと言える事である。

 経済や金融関係に長らく携わっている人々には考えられないことかもしれないが、これから生み出されていく世界は、急激に変化する人生観・世界観と密接に連携して生み出されていくものだから、価値観そのものが根底から変化した内容となっていくのだ。

 経済・金融のみに集中していると、全体の動きが分からなくなってしまうから、今からは、視野を拡大させていく努力が必要となってくる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●経済危機:次の金融災厄のラウンド
G-20 サミット・シャレード
【6月29日 by Matthias Chang】

 私は2009年11月の論文で、早くて2010年の最初の四半期までに、遅くても第二四半期までに 世界経済は崩壊するだろうと予想した。

 2009年の第二四半期以降、そして2010年の最初の四半期は更に、オバマ政権、G8、国際マスメディア、IMF、世界銀行、みんな、世界経済は「回復基調にある」、「最悪期は脱した」と謳っていた。

 その傍らでは、ダウが2009年3月の最低から「回復」し、10,000を越え、あらゆるメジャーなマーケットは偽りの回復を演出する為に操作されていた。

 しかし、ここで、常識的な判断をしてみたい。
 いわゆるエコノミストと金融アナリストたちが世界的な回復がなされていると吹聴している時、それが実際は何を意味するのか、考えてみたことがありますか、ということだ。

 もしも、経済の回復があるのならば、常識として生産的存在、つまり会社とか国家経済は金を生み出しているはずだし、企業は利益を挙げているし、国家は輸出力を改善させているはずなのだ。

 更に大切なことは、いわゆる回復というものが経済成長を伴う持続的な回復ならば、結果として生じる政策はその楽観的見方を反映させるはずであろう。
 つまり、論理は実践と、あるいは現実と一体でなければならないということだ。

 しかし、一体我々は何を目撃しているであろうか? 世界の中央銀行は何をやっていたのだろうか?

1.彼らは慎重に、金利を低く抑え(連邦準備制度のケースでは殆どゼロだ)、影の銀行システムの利息に寄与していた。この邪悪な政策について、そして一般人に対してそれが何を意味するかは、は後ほどまた語ることにする。

2.彼らは、量的緩和政策を継続した。つまり負債・隷属サイクルを維持するため何もないところから金を生み出すことだ。

3.危機は乗り越えられていないことを知りながら、そして最悪がくることに震えながら、彼らは激しい通貨戦争を始めた。ドル対ユーロ、ドル対元、ドル対円、その他もろもろだ。これは、通貨の競争力の下落をもたらした。  
 何が実際に起きているのだろうか、つまり実際の経済の状態はどうなのか?

1.企業の利益は弱い
2.失業数は上昇し続けている
3.差し押さえは増大している
4.税は増大している
5.国家経済の公的な支出分野の大幅なカットが起きている
6.新しい大規模な「刺激策」が願われている
7.G20が、経済混乱を整理するために召集された

 これが、G20サミット開催の背後にある厳しい現実なのだ。
 その結論はもう一つの言葉遊びである。前のサミット何も変わっていない。各サミットの参加者は、自己の利益がまず先決だというサインを出してきていたこと、そして、誰も先進国を席巻している国家財政破綻を前にして他国を支援できる立場にないということははっきりしていることである。
 
 世界金融機関のあらゆる主要臓器に転移した金融の癌にどううまく対処するかで、二つの対立的な考え方がある。
 つまり:

1.大規模な刺激策を継続しあらゆるレベルで資金を借りまくる
2.厳しい引き締め政策を実施し、負債と借り入れを減らす

 解決の引き延ばしは、コインを投げ上げるようなわけにはいかない、いわゆるエコノミストとエキスパートが忘れているのは、両者は同じコインの両側である、ということだ。
 何が望ましい解決策だとしても、結果はブームと破産の悪辣なサイクルであろう。しかしそれは2008年の破産よりも更に厳しいものとなるだろう。

 どうしてか?
 世界経済の重要なファクター、特に金利問題を吟味してみよう。

 今に至るも、暴力革命と・あるいは社会騒乱が先進国で起きていないことは不思議なことである。その国の人々は、現代的な技術を使い金融関連新聞を読みこなす、教育され洗練された「投資家」であるとされている

 以下のことに、世論は怒らないのだろうか:

1.大きすぎて破綻させられない銀行は何十億も金利ゼロで借り入れることができ、それを貸し出すことができるので、巨大な利益を上げている。なぜ誰も見えないのか、無利息とは中央銀行(Fed、ECB、etc)からノーコストで何十億でも借りるということを意味するということを、なぜ誰も見えないのか? これらの銀行がどうやって金を儲けているかを知ることはすぐわかることだ。コストがかからないのならば、何からでも莫大な利益を上げられることになる。それこそが、この腐敗した銀行が2008年前には上げたことのないほどの記録的な利益を上げたと発表している理由なのだ。それは、2008年以前では、これらの銀行はFedとか銀行にインターバンク・マーケットで利息を支払っていたからだ。
 借り入れた資金に対する利息を支払わなくともいいというこれらの金融操作は世界の経済・金融機関だけが享受しているものである。

 その一方では、一般の人々はローンの半分の価値にも満たない住宅のためのローンを継続して支払わねばならないのである。
 だから、なぜ民衆は中央銀行(Fedを含む)、ウォール街と政治家らの太った猫に対する行動を取らないのか?

2.その他の人々は、立派なビジネスを始めようとすれば、利息という形の莫大な金融コストの重荷を背負わねばならないのだ。そして利益のマージンは非常に小さく、何らかのケースでは利益がでるかどかさえ分からないほどなのだ。

3.懸命に働く人々は、店、工場、その他なんでも汗水たらして働いて得る金以上の金を得れるかもしれないという幻想を抱いて、世界的なカジノに誘われていく。「長期の投資」というマントラは、ジョー君の頭に叩き込まれ、彼は洗脳されるのである。大きく稼ぐためには彼はレバレッジを効かせる必要があるのだ。

4.このような金融マニピュレーターが、このようなばら撒きを得る時、Fedにいる賢い者と政治家らは、何とそれを呼ぶのか? 私はそれを、ばら撒き、賄賂、補助金だと言いたい! そしてその金額ときたら、数兆だ。

5.緊縮政策推進に対する不満の声が上がっている。腐敗した政府は社会保障費、福祉、年金、公団住宅、医療ケアなどに必要な支出は、これらの膨大な支出を支えるほど十分な金を国庫は持っていないのだから、大幅にカットされるべきと要求している:補助金は大幅に削減されるべきだというのだ。これは馬鹿げた議論である。

 普通の人々は重荷を背負うべきだが、銀行家らは社会的弱者にはかつて支払われたことのない最大級の補助金を受け続けていられるとは。

6.「政府は破産している」と、雇われ書記は公言してはばからない。しかし彼らは、ウォール街の太った猫と、破綻させるには大きすぎる世界的銀行と闇の貸し金業者に対しては数兆ドルの補助金を出せるのだ。彼らは金を何もないところから生み出す。そしてそれをゼロ金利で彼らに貸し出す。しかし我々には政府は、社会保障、医療ケア、その他のために融資してもらわねばならないと言う。そして彼らは資金不足なのだから、増税せざるを得ないと言う。なぜ政府は何もないところから金を創造し、あなたにゼロ金利で貸し出せないのか? 丁度彼らが太った猫どもにやっているように?

 そして、なぜ民衆は反撃しなかったのか?
 前の段落で語っていた、いわゆるエコノミストとエキスパートたちの解決策の選択で正しいかどうかを更に詳しく説明する必要はない。
 答えをあなたを見ているのだ。
 何かをするべきだ。嘆いたりうめいたりするのは止めよう。
 多くの者たちから、少数の者たちへの歴史上最大の富の転送という、この世界的な窃盗を、組織的に動いて止めさせるべきだ。

 大きすぎて破綻させられない大銀行が崩壊し破産するとしても、世界経済は崩壊しないだろうということを、保証させてもらう。そのような崩壊を避けるため、全ての人々がすべきこととは、中央銀行を「社外重役」の手から切り離し、完全なコントロールを獲得し、中央銀行の管理の仕方を一変させることにある。

 市場が金利を支配しているというのは嘘である。闇の貸し手、ヘッジファンドetcと共謀している世界の中央銀行こそが、事前に決められた変数を使って金利を支配しているのだ。それは常にインサイダーのゲームなのだ。

 これがなされるまでは、金融改革を語ることはただおしゃべりに過ぎない。中央銀行を支配することが問題の核心なのだ。

 ロスチャイルド金融帝国の創始者は、通貨を創造する力を支配する者が、全てを支配する力を最終的に獲得するだろうと言わなかったであろうか?
 それでは、誰が通貨の創造を支配する最終的権力を持つべきであろうか:普通の人々なのか、それとも、注意深く選ばれた金融エリート、太った猫etcであろうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2010/07/01 (Thu) 経済


(新世紀人コメント)

いやいやとうとう、米国株も下落が続いています。何時まで高値に誘導し続ける事が出来るのかな? と見て来ていたのですが…今後どうなるかわかりませんね。
ただ、オバマ政権は政治的な仕掛けをかなり準備してきていると思いますよ。
原油流出事故(実は9・11のように権力の側が仕掛けたテロ事件でしょう。)とか、イリノイ州(オバマが出たシカゴがあります)の銃所有規制が米国憲法に違反するなどと言う判決が出されたし、何処の州だったかで死刑囚に銃殺刑が執行されました。その理由が当人の死刑囚が銃殺刑を望んだからというものでしたが、出来すぎた話ではないでしょうか?
意図的に、限定的な内乱を呼び込もうとの計画があるかもしれませんね。考えすぎと思われるかもしれませんが、経済社会のストレスを解消させる目的ならば何でもやるんじゃあないでしょうかね。
もしも限定的な内乱なんかを経て、機能不全に陥ったUSAシステムを分割することにより、USAの組織として負ってきた負債から自由になれるし、国土や資源を売ったり譲渡したりして負債の返済に充てる事も出来るし、幾つかの地域にイスラエル人を呼び込んで移住させればパレスチナ問題=イスラエル問題も解決できると言う訳です。
これらを大統領オバマが実行しきったならば(実は側近のエマニュエルなんかがやるのでしょうが)、米国歴史上で最大級の大統領と賞賛されることになるのです。
最近、オバマ大統領の人相が悪くなって来ているように見えます。
彼は米国民をあやしておくには打って付けの人物であるようで、彼ほど米国民を眠らせておける人物はいないのではないでしょうか。ヒラリーやバイデンでは無理でしょう。ましてやエマニュエルは表には出れないでしょう。
エマニュエルはブッシュ政権のチェイニーの様な位置にいる人物なのではないでしょうか。

参考投稿↓

メキシコ湾原油流出とBP株U
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/224.html
投稿者 アイーン 日時 2010 年 6 月 28 日 05:50:14: PfwON5qlq7VYg

「シオニスト政権:20年で消滅 」CIAが予想(ROCKWAY EXPRESS )200万人がアメリカへ15年かけて脱出
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/245.html
投稿者 新世紀人 日時 2010 年 6 月 30 日 23:58:47: uj2zhYZWUUp16

チェルノブイリ原発事故とメキシコ湾原油流出事故は共通目的で引き起こされた可能性を考える。…ソ連とUSAの解体再編を促す為
http://www.asyura2.com/10/senkyo89/msg/226.html
投稿者 新世紀人 日時 2010 年 6 月 25 日 01:13:17: uj2zhYZWUUp16


 2 81 +−  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月03日 03:53:52: cqRnZH2CUM
>1.大きすぎて破綻させられない銀行は何十億も金利ゼロで借り入れることができ、それを貸し出すことができるので、巨大な利益を上げている。無利息とは中央銀行(Fed、ECB、etc)からノーコストで何十億でも借りるということを意味する

中央銀行はどんな時でもゼロ金利で無制限に貸してくれるわけではない。
倒産により金融システム不安が生じると判断した場合になされる。

また21世紀、ローリスクの美味しい貸出先はない。
サブプライムみたいな貸し倒れリスクが必ず存在する。

銀行がノーリスクで儲けられるというのは単なる幻想にすぎず
実際は預金者への金利、人件費・貸し倒れコストなどを
上回る利益をあげ、リスクに見合った平均金利以上の配当を出さなくてはならない。

体力がある先進国の大企業は証券市場で投資家から直接金を調達できるから、
本来は銀行が利益を出そうとすれば、資金需要はあるがリスクのある貸出先を選別して投資していくしかないわけだ。
だから米国の銀行は、中規模であっても簡単に倒産するし、大規模銀行の救済であっても、ティーパーティーみたいな激烈な反発がある。

農協やJALに税金をつぎ込んでしまうような日本よりは大分厳しい。


02. 2010年7月03日 19:44:56: GEELBwnfCk
参考投稿 メキシコ湾原油流出とBP株Uについてお聞きしたいです。

http://www.youtube.com/watch?v=hmgeA3dr2uY

赤い盾の息のかかった映画会社がこういった予言をしておくのは
以前からあったことです。(9.11をターミネーター2で、”Cautin
9.11 と陸橋に書いてあったり。)

さて、映画”Knowing”でメキシコ湾の原油流出とそっくりな場面があった、死者数も現実と同じ11人、という記事を読みましたが、
気になったのは、その予言に当たるニュースが始まる瞬間、時計が12時00分を
さすとき、時計の隅に”JAPAN”と書いてあったのは、皆様、どう思われますでしょうか? 単なるmade in japan?

なにか、意味でも??

いちど、動画をごらんになって下さい。


03. shiryu星 2010年7月05日 11:49:41: lZ5uA5QqjwzmM: dSZR7EKq7I
(オバマ政権は政治的な仕掛けをかなり準備してきていると思いますよ。)
わたしもそのように感じています。(背後の巨大金融権力機構軍産複合体の仕掛け) 最近、世界があれやこれやと一見なんの関係もなさそうな事件が特に表面化しており、要注意だと思っています。 メキシコ湾流出 CO2売買権 クリーンエネルギー政策 地球温暖化偽データー ギリシャ・スペイン他 為替・国債 原油・金価格の乱高下 イスラエル拿捕天安沈没 ロシアスパイ逮捕 口蹄疫(ワクチンの恐怖) 狂牛病バンデミック 百日咳 狙われる郵政簡保・・・すべては人為的な問題 悪意と考えます。これから近い将来想定されることは、 @ギリシャの次・その次・・・債務不履行の連鎖からの国債・株式・あらゆるものの暴落→世界恐慌(金と権力を独占する絶好の機会) Aバイオテロの蔓延(ワクチンの恐怖) B イスラエル・イラン戦争→国連を巻き込んだ戦争・・・その他 ですが、最近ではWEB上ですべて暴露されてしまいますので、昔のようには簡単にはいかないでしょう。させてはなりません。要注意です。
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/346.html

04. 2010年7月05日 13:44:45: 1ri5LnBJO2
見ました。
1:18、確かに意味深です。
日本製は時計の裏にあるでしょうし、もしも入るとすればメーカー名が妥当なような。
シンガポールや香港の金融筋では「次は日本」が常識だと以前知人から聞きました。
この参院選は日本の運命を決めるような気がします。
郵政改革法案を成立させ、筋書きを狂わせねばなりません。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧