★阿修羅♪ > 経世済民69 > 176.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
実際は サウジ中央銀行による「隠れ外貨準備」のポートフォリオ見直しです。(紙幣→Gold は、価値保存手段の原点回帰)
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/176.html
投稿者 月読 日時 2010 年 7 月 10 日 22:51:13: ydTjEPNqYTX5.
 

(回答先: 原田武夫 とうとう現れた…「サウジの金塊」 投稿者 新世紀人 日時 2010 年 7 月 09 日 17:54:42)

阿修羅らしい陰謀論ネタですが…
実際は、Saudi Arabian Monetary Agency(サウジの実質的な中央銀行)による
「隠れ外貨準備」のポートフォリオ見直しです。
これまでは、ペトロダラーに相応しく、外貨準備はドル主体でしたから。

国家や富裕層のGoldシフトは、価値保存手段の原点回帰(マルクスへの回帰)みたいなもので、
所謂「支配層」は、ケインズ的経済政策や新自由主義的経済政策に限界があると承知の上なんでしょう。

今の政治戦に照らせば、民主か自民か などは、もはや小さ過ぎる選択でしかなく、
増税なども一部の階層が生き残るための時間稼ぎだけのような気がします。

日本(=高貯蓄の高齢社会)においては、右派や左派なども関係なく、
デフレ(=預貯金資産価値の上昇)容認が多数派であって、
だから、消費税増税→景気悪化すら容認傾向となり、これは、
行き着く先に悪性インフレが待っているという可能性も十分に示唆してると思います。

紙幣が兌換から離れた今日の世界では、経済安定のための、

「紙幣数量=商品数量」

という等式を成り立たせ続けるために、※恒常的に紙幣の減価がおこる のが必然であり、
これを分かってる人は、国家信用力の毀損時点を見抜いて柔軟な対応ができるはずです。
(他方で、そういう経済理論の見地に立つ人々の党派に広がりがないのも、ある種、理解できます。)

※恒常的に紙幣が減価→
→兌換から離れた後の、世界の物価指数の上昇継続を見ても納得できます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧