★阿修羅♪ > 経世済民69 > 263.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
マドリッド地下鉄労働組合:5%の賃金カットを1%に抑えることで 合意  スペインニュース・コム
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/263.html
投稿者 hou 日時 2010 年 7 月 21 日 07:10:22: HWYlsG4gs5FRk
 

(回答先: アマゾン・コム:「電子書籍を扱って33ヶ月にすぎません。電子書籍がハードカバー本を超えたことは驚くべきことです」激しく  投稿者 hou 日時 2010 年 7 月 21 日 06:58:58)

スペインの経済2006年からかなりバブリーになっていた影響で
現在では不良債権漬けに、特に公的貯蓄銀行が酷いようでスペイン政府は
貯蓄銀行への多額な融資を行っています。
また、この国も、日本と同じく年齢所得格差が酷く将来急増するであろう年金等の公的債務を
減らせないでいます。
また若年層は低所得で抑えられ、失業率の改善はみられません。

http://www.spainnews.com/news/index.html

マドリッド地下鉄スト終結

昨日行われたマドリッド地下鉄労働組合の集会で、土曜日の労使交渉で合意に達した結論の是非を問う 投票が行われた。
その結果、全体の68%にあたる組合員がこれを承認したため7回に渡って行われたストに終止符が打たれた。
先日の労使交渉では、最初に予定されていた5%の賃金カットを1%に抑えることで 合意したためスト終了はほぼ確実だったが、組合員の投票により正式なものとなった。
昨日の集会での投票は挙手によるものであったため、一部の組合員からは公正を欠くなどの不満の声があがった。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月21日 18:55:29: pdUshsvdiQ
最近日本では、ストライキをする労働組合がないけど、
やはりストはせないかんね。

アマゾンは日本の支社を物置とか言って課税逃れをしているが
適正に徴収して貰わないかん。


02. 2010年7月21日 19:08:32: cqRnZH2CUM
EUROでは日本の大手製造業に融資の引き揚げが始まっているらしい
かってのバブル崩壊後の貸し渋り、貸し剥がしの再来か
これでは、企業が内部留保を増やすのも必然であり
ますます欧米日での投資増(雇用増)は期待できないか。

【第513回】 2010年7月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
週刊ダイヤモンド編集部 

スペイン大手銀が融資引き揚げ
ユーロ圏を蝕む信用収縮の影

 ユーロ圏を信用収縮の影が覆いつつある。

 スペインの大手銀行が、現地に進出している日本の大手製造業に融資の引き揚げを打診し始めている。まだ、銀行間市場でスペインの大手銀行が資金を取れないという深刻な事態に至っているわけではない。だが、その危機を未然に防ぐかのような融資抑制に動いている。

 市場の動きを見ても信用収縮を示唆する材料には事欠かない。欧州中央銀行(ECB)に銀行が預ける準備預金が増加している。準備預金の期日における超過額は、ギリシャ財政危機が市場を揺るがす前の3月には10億ユーロだったが、6月には13億ユーロにふくらんだ。

 ECBへの準備預金金利は、0.25%である。「銀行間での(取引相手に対する)カウンターパーティリスクへの懸念が強まっている」(ロジャー・フランシス・みずほインターナショナルクレジットリサーチディレクター)ため、低い金利水準の準備預金であっても、信用できない相手先に資金を融通するより安全と判断し、準備預金が膨張しているわけだ。

 ユーロ圏の銀行間取引金利も急上昇している。EURIBOR(欧州銀行間取引金利)の3ヵ月物は4月末までは0.65%前後で推移していたが、7月7日には0.8%を超え、12日には0.827%にまで上昇した。金融機関の信用リスクが高まったがゆえのことである。

 ECBは金融危機対応として実施していた市場を通じた資金供給を取りやめた。昨年6月末に開始した期間1年の資金供給の期限が7月1日に到来したからだ。金融機関の経営状態が健全であれば市場から資金を調達し、ECBに返済できるはずだ。

 しかし、ECBが期限当日に実施した3ヵ月と6日間の資金供給に、延べ259もの銀行が応じた。「これらの銀行の多くは市場から資金を取ることができない」(田中理・第一生命経済研究所主任研究員)と見られても仕方がない。

 個別の銀行名は明らかにされないが、ギリシャ、ポルトガル、スペイン、アイルランドといった周辺国の銀行が多いと推測される。ECBの市場を通じた資金供給額は昨年11月から現在まで1661億ユーロ増加したが、「このうち1246億ユーロをギリシャ、ポルトガル、スペイン、アイルランドの4ヵ国が占める」(田中氏)からだ。

 こうした状況で、7月23日に公表されるストレステストの結果はきわめて重要である。現状より悪化した経済状態において、銀行がどれだけ損失を被るのかを公表し、資本が不足する銀行があれば公的資金注入の方針を示す予定だ。

 甘い基準で発表すれば、市場に疑心暗鬼を生じさせることになる。厳しく損失を見積もって、公的資金を投入すれば信用収縮の影を封じ込めることができるが、世論は容易に同意しないだろう。欧州連合(EU)は金融危機に際しての本質的な決断を迫られている。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 竹田孝洋)


03. hou 2010年7月23日 06:13:01: HWYlsG4gs5FRk: rsLDgNTlRM
01> はげしく同意ですね

02>やはりここでも、公的銀行が弱いようです

ギリシャの民間銀行はイタリアの銀行にくわれていますので

ギリシャ=イタリアの債務問題となりますが
それほど心配ないのではないでしょうか 

イタリアは貿易黒字なので

スペインも民間銀行のサンタンデール銀行は問題ないと思います

ただ、もう一つの銀行 バンコ ビルバ ビスカヤ アルジェンタ銀行 はそれほど
良いという訳でもなさそうです。
そして、カイシャ カタルーニャ貯蓄銀行

ただ 欧州で問題なのは。 実は イギリス オランダ  スイスで

イギリスのロイヤル バンク オブ スコットランド
HBOS

スイスのUBS

買収された、ABMアムロ このへんの不良債権がまだ消化できてないように感じます。

ヨーロッパの銀行は多かれ少なかれ、イギリスの金融システムと関連があるので
その辺は一蓮托生とみるのが妥当で

ストレステストも妥当性を重視した内容になったのではないかと想像しています。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧