★阿修羅♪ > 経世済民69 > 334.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「豚」がユーロを食いつくす
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/334.html
投稿者 gikou89 日時 2010 年 7 月 27 日 01:32:46: xbuVR8gI6Txyk
 

(回答先: 政治の空白で一段と高まった日本のソブリンリスク? 投稿者 gikou89 日時 2010 年 7 月 27 日 01:26:19)

http://president.jp.reuters.com/article/2010/07/26/17FCE86A-95FE-11DF-9BD5-5C183F99CD51.php

ギリシャの財政危機以降、欧州でソブリンリスクの高い国々としてたびたび登場するのが「PIIGS」だ。

PIIGSとは、ユーロ圏の中にあるポルトガル・イタリア・アイルランド・ギリシャ・スペインの頭文字を取った略語である。この語の発音は「pigs(豚)」と同じで侮蔑的な意味が込められているが、その由来の通り、PIIGSはユーロ圏諸国の中で落ちこぼれ的な存在だ。ギリシャ危機に伴い、同様に双子の赤字を抱える他のPIIGS諸国も財政収支のさらなる悪化が懸念され、ユーロ暴落の一因となった。

PIIGSはもともと欧州の成長株ともいわれていた。なぜこうなったのか。そこにはドイツの政策に振り回されるユーロ加盟国の姿がある。

「通貨を一つにしたことにより、競争力を調整する手段がなくなった」とみずほ証券シニアエコノミストの飯塚尚己氏は分析する。

現在、PIIGSには景気対策のためにユーロ圏の中央銀行であるECBの金融緩和が必要だが、自国の景気が回復しつつあるドイツが真逆の方針であるだけに実現できないのだ。

また、PIIGSは自国通貨を下落させて経常収支を改善させたくとも、ユーロ加盟国であるためそれもできない。そのうえ、ドイツの経常収支が年々改善されると同時に、PIIGSの対独赤字は悪化している。ドイツの景気を重視しすぎることが、ユーロ圏経済を不安定にしているのだ。

「このままいくとユーロは崩壊する」(飯塚氏)。PIIGSの未来はすなわちユーロの未来ともいえる。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月27日 02:31:52: YUi7iGItoE
豚がユダ金融に毒饅頭食わされたため、EUはトン死かね?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧