★阿修羅♪ > 経世済民69 > 469.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
円高を止めるのは簡単だ
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/469.html
投稿者 山田の案山子 日時 2010 年 8 月 12 日 07:11:42: qqx1OIrwnvAXs
 

 円を刷って(本当は刷る必要もない、コンピュータの中の数字を増やすだけでよい)世界中の通貨を買いまくれば良い。輪転機を回しただけ、キーボードを叩いて数値を増やしただけの円で外貨だけでなく世界中の資源でも利権でも買いまくれば良い。すぐそんなことしたらインフレになると言われそうであるが、外貨が入ってくるんだから原油でもなんでも必要になものは何でも買えるんだからインフレになるわけがない。海外には円が流れるから日本の輸出の環境もよくなるだろう。

 実はは経済発展著しい中国が行っている政策である。元を事実上ドルにペグして元が挙がりそうになるとドルを買いまくる。おかげで世界一の外貨準備を持つ国になった。米国世論の批判があり徐々に基準価格を上げているが、政策当局が決めた通貨水準を自国の通貨を使って維持していることに変わりはない。

 円を刷って外貨を買い漁っても、日本人にとって悪いことは何にも起こらない。通貨の値下がりを防ぐためには緊縮策をとらざるを得ず、そのために国中倒産や失業の嵐になった例は多々あり、対策は大変難しいが、通貨を値上がりの阻止は通貨当局や政府にとって何も難しいことはない。介入しても通貨を安定させる政策だということなので海外からの反対も多くは起こらないだろう。実際に大規模に実施しなくても、政府や日銀が円高を阻止する断固とした態度を示すだけで円高の傾向はいっぺんに納まるだろう。

 こんな簡単なことがなぜ出来ないのか不思議である。おそらく日本国民を意図的に不幸な状況に置いておこうとする“悪魔”が日本の上層部を牛耳っているのだろう。


 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月12日 08:44:26: eJpJR4SFmM
そのとおりです。日本の通貨を増やせばよい。

ただその方法において問題がある。

国債を発行して通貨を作ることは同じだが、
@直接ドルやユーロを買うか。
A内需を拡大させ輸入を増やすかだ。

@は、輸出企業主導の経済回復となる。
Aは、内需企業主導の経済回復となる。

Aの方がより国民にとって幸せな方法であるし、持続可能な方法である。

どちらにしても、通貨を増やす時である。


02. 2010年8月12日 10:30:15: LGUfwnafEI
そんなことは小学生だってわかってるけど・・・日銀はしません!

断固!しません!

なぜ?

馬鹿だから?

いいえ!

○○○○が怖いからだそうです・・・しょぼん。


03. 2010年8月12日 11:25:16: dsPiaF6FmQ
通貨を増やしたいのはやまやまだろう。
もとより円高傾向ということは、ドル資産を買いなさいという米国の指示に他ならない。トヨタが海外でいくら稼いでも、このまま円高傾向じゃあ儲けが吹っ飛ぶよということだ。
ここで買わなければ、ますます円高が進んで苦しくなるよと言って来ている訳だ。
為替市場に介入せざるを得ない状況が作られつつあるわけだから、そういうことになる。
政府も当然、内需を拡大し輸出入バランスもとりたいだろう。
目減りするドル資産(米国債)は、もうこれ以上買えませんと泣き付いてはいるのだろうが、まったく相手にはされない。
国債をどんと起債したいところだが、どうやらこれも臨界点に来ているということだろう。

04. 2010年8月12日 11:31:50: 4JAamOIDR6
日銀としてはいくら円高だろうが何もやらない
「気品と風格がある」円の維持のためには何千万人あえごうが人の命など彼らにとってはゴミ以下の価値。なにもかまわない
この円高デフレの状況などみんなで共食いしてるようなもので政治家マスコミの大好きな財政再建も出来っこないが誰も口に出さない
それをいいことに彼らは自分達がデフレを続けることで日本を守っているなどとほざく
ドーマー条件満たせてもいないのにこれで安定している状態だ、デフレだからこの程度ですんでいるなどとほざく
デフレで実質金利負担が滅茶苦茶重いのにインフレになると金利負担が増えるなどとほざく
挙句の果てには金融政策など関係無い、円高についてできることは無い(現総裁)とまでほざく
いくら待っても介入は行われず皆ズルズル死んでゆくね
彼らは緩和すると即死だと脅すが、じゃあどうしたいかというと、いや拷問でじわじわと痛めつけたいと言っている

05. 2010年8月12日 12:15:27: Fx4nV1MZT2
マスコミの劣化が甚だしい。意図的なら情報操作だ。
円高の原因として、FRBの報告書を挙げていた。
東京株式市場の値下がりの原因として前日のニューヨーク株式市場(NYSE)の値下がりを挙げていた。
円高もNYSEの値下がりも米国の貿易赤字の拡大がその原因だ。
6月の貿易赤字が、ここ20ヶ月で最高の4990億ドル。
輸入が3%増の2兆30億ドル、輸出が1.3%減の1兆5050億ドル。
国内の景気回復の速度が遅いことが確認されたため。

06. 2010年8月12日 12:24:11: Fx4nV1MZT2
財政は破綻状態?
財政再建は無理?
後は大破綻を残すのみ?

だれが
借金900兆円を超えた、
この日本の円を買い
日本国債を買っているのだろう?

経済原理に反した不合理な行動???


07. 2010年8月12日 12:55:57: LGUfwnafEI
>06

だれが国債を買ってるかって?

銀行とか生保とかですね。

だってほかに投資先ないじゃん。

それに日銀がどんどんお金くれるから。

あまっちゃってんだよねえ。

国債なら安心だしさ。

え?

デフレ不況?

まさかあ!

こんなにお金あふれてるのに?

ああ、庶民の方々のことね。

飢えて死ねばあ。

俺らには無関係。


08. 2010年8月12日 14:01:02: QXVaulDOhs
 郵便貯金で米ドルを買うのであれば円高ドル安で目減りの危険が伴うが、日銀が円を刷ってドルを買い支えるのであれば仮にドルが目減りしても痛みを伴わずに作り出した金なので損はない。まあ形式的には日銀の財務状況は悪くなるのでしょうが、実質的には外貨で欲しいものを買えるわけで損は全くない。しかも円高になれば更に無制限に円を作り出して円安に誘導することすら出来るわけで、形式的な財務状況だって日銀の手で如何様にでも出来る状況にある。

 ただこんなことが出来るのは、日本の生産力が強いこと、世界でトップクラスの債権国であるからである。いかに健全財政を実現できても、教育も荒廃し若者に夢も希望も無いような日本であれば、いずれ逆に外貨を使って円を買い支えなければならない状況になるかも知れない。問題は数字ではなく如何に活力ある社会を維持または取り戻すかである。そして今の円高の状況はそれを強力に推進できる余力があることを物語っている。


09. 2010年8月12日 15:04:08: QXVaulDOhs
為替介入のために円を作り出すことは、外貨という担保があるわけで政府紙幣や国債の日銀直接引き受けより法律的ハードルは低いと思われる。
日本人にとって悪いことはないにも起こらないと書いたが、あえて探すと、物質的・金銭的にハッピーになりすぎてモラルハザード特に青少年のを心配しなければならない位でしょうか。

10. 2010年8月12日 15:19:58: hiatLtOh16
超円安で日本崩壊とか言ってた奴出てこい
後円高で内需拡大とか言ってた奴も出てこい
様子見だけの政府も日銀もいらん
みんな樹海へ行け

11. 2010年8月12日 15:47:29: Fx4nV1MZT2
円高 → ドル、ユーロを売って円を買っている → 円で国債を買う人、Who?
日本 → 株式市場 → 値下がり → 売られている
     国債   → 金利低下 → 買われている
円高の原因として、つまり資金が逃げ出した原因として、最近、米国のサイトに掲載された衝撃的な警告があると個人的には考えている。
「デリバティブ付きの“商品ETF”(ETF(Exchange-Traded Fund=上場投資信託)は絶対買うな!」
先ず商品市場はウォールストリートの金融によって支配され、価格操作されている。
その商品先物を混ぜた形(サブプライムと言う毒を混ぜた金融商品と全く同じ手法)で投信をウォールストリートが直接、または他の金融機関を介入させて売り出している。投機的な動きは最近の小麦商品市場でも明らかだ。(小麦が不足しているわけでもないのに、ロシアの小麦禁輸措置に過剰に反応した。)
http://www.marketwatch.com/story/commodity-etfs-toxic-deadly-evil-2010-08-03?siteid=rss&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A%20marketwatch%2Fpf%20%28MarketWatch.com%20-%20Personal%20Finance%20News%29

12. 2010年8月12日 15:57:10: LGUfwnafEI
お前らへ・・・


こんなにいじめられて、どうして暴動が起きないのか?不思議なんですけど。


そんだけ飼いならされて、ぶーぶー云ってるだけってか?


悲しい家畜の性だなあ。


13. 2010年8月12日 21:46:55: Un288sukfw
為替相場を簡単に操作できると考える人が多くて笑える。
中国元の相場は元々ダンピングして外資の工場を誘致していたが、
その歪みが国内外で大きくなってきて元が高くなっているだけ。
高くなっているといっても、ダンピング開始前の水準にはまだまだ程遠い。
日本の円も、世界中でバブルを引き起こしそれが弾けて、本来の実力値に
向かっているだけ。今後1ドル60円位になってもおかしくない。
世界最大の資本財生産国である日本は海外から見ると恐ろしい国であることを
考慮すべき。

14. 2010年8月12日 23:56:10: QXVaulDOhs
為替市場というと世界中の無数の投資家の意志が集合されて形成される神聖なものと思われているが、実際には少数のものが主導するポーカーゲームのようなものである。ソロスがやった英ポンドに対する攻撃は、ソロスつまり大富豪の手下と国家の政府や通貨当局とのせめぎ合いだったのである。富豪やそのの手下達や政府当局がプレイしたポーカーゲームだったのである。

ソロスがやったときは英政府や英通貨当局はとても富豪とは呼べない手下に過ぎないソロスに敗退してしまった。英ポンドを防衛する弾薬つまり外貨が十分用意できなかったからである。今、ソロス見たいのが現れて円高を煽って勝負をかけても日本政府や日銀が負けることはありえない。弾薬つまり円高を防衛するために必要な通貨は円であり、輪転機で刷るあるいはコンピューター内の口座に数値をセットすればいくらでも創造できるのである。

通貨の下落を阻止するのは難しい。防衛用の外貨を調達する必要があるからである。アジア通貨危機の時韓国ではIMFから防衛用の外貨を調達し、韓国経済はIMFから箸の上げ下ろしまで注文をつけらるような状況になった。しかし円高を阻止するのは簡単である。日銀で無制限に円を創造すればいいのだから。


15. 2010年8月13日 02:49:17: dtdRmnw4aY
理屈は判っている。 行動しないだけ。

16. 2010年8月13日 08:27:37: A13TtQ2Nsg
国民全員に月10万円程度のベーシックインカムの実施が一番良い。

生活苦の人は救われ消費に繋がる。余裕のある人でも分散されているため、投機やインフレには繋がらない。

犯罪の減少・将来への希望・煩雑で無駄が多い年金制度に頼らなくても良い。その他メリットが大きい。

反対する人は現行制度で多大なメリットを享受している層に属している人だろう。
生活に不安のない人である。他人の痛みが分からない人である。


17. 2010年8月13日 08:35:18: VPLJB8Rjlk
円高って要するに円が少ないからなるのでしょう。なら円を増やせば円安になる。簡単な事で、誰にでも分かることです。政府・日銀の人がこんな簡単なことが分からない、という事はありえません。皆様がおっしゃられるように、「分かっているけどやらない」、あるいは「やれない」、という事なのでしょう。

18. 2010年8月13日 14:05:03: 5DdmIulEP2
単純に円を国内限定で増刷するわけではあるまい。
円の増刷が為替操作の手段としてなされるということは、結局大量の円札を海外勢に売り渡すということに他ならない。
海外勢がドル安の勢いに乗って手にした大量の円が、今度はどういう形で動き出すかは注目すべき点だろう。
一旦安定したかに見えた為替相場が、再び逆方向に揺り動かされる不安定材料を自ら作り出していくことにもなろう。
慌てることはない、ここはじっくり円を買わせてやろうじゃないか、みなの衆。

19. 2010年8月13日 14:33:05: l1NDyNLn5M
糞メディアどもは、円高、円高と大騒ぎしているが、
ガメリカ崩壊の序曲による世界的ドル安だと、
なぜ本当のことを伝えないのか。

売国奴どもが!!


20. 2010年8月13日 16:17:48: QXVaulDOhs
>ガメリカ崩壊の序曲による世界的ドル安だと、なぜ本当のことを伝えないのか。

 本質は確かにその通りですが、昨今の円高は米ドルに対してだけではなく、ユーロや豪ドル、英ポンド、スイスフランなど全ての通貨に対して値上がりしているから、日本の政府や通貨当局の無為無策もその一因です。
 本質的には円高は好ましいことですが、急激な円高で日本の経済が損なわれるようでは本末転倒でしょう。日本の一人当たりGDPなんかも今回の円高で大きく跳ね上がるでしょうが、それで倒産・失業あげくの果てに自殺者まで増えるのでは本末転倒でしょう。日本政府や日銀は国民が不幸にならない通貨政策を日本国民のために行う義務がある。


21. 2010年8月14日 01:34:28: nZ3PnTZW02
金は幾ら刷っても良いんだよ。
但し、1年で価値が半分になる減価通貨を発行するのだよ!
みんな、思い切り使いまくるだろ?しかもインフレを抑制する。
国民全員に毎月5万円分の減価通貨を配れば良い。

22. 2010年8月15日 03:50:22: nZIe4X8gmA
<投稿者 山田の案山子様>に座布団5枚!
具体例を挙げて補強してくださった<14〜2010年8月12日 23:56:10: QXVaulDOhs様>に座布団5枚!
為替変動相場制の“市場原理の怪しさ”に気付いていらっしゃる<多くの皆様>へ
座布団5枚!

私は素人なりに昔から、「金融資本主義」の本質は“マネーゲーム”以外の何物でもない!と考えています。このマネー幻想が始まったのは、実物資産(金・銀)本位制を放棄したところから始まっています。通貨というものは元来が“価値交換”のための媒介ツールであったものが、そこを逸脱して通貨・紙幣そのものが“価値を持つ”という根源的な幻想に走ってしまったってことにカオスの根源があります。現状の各国通貨を担保しているものはその国の“市場力=消費力”でしかありません。にも拘らず、市場力が相対的に落ちている筈の“円”が高くなるのは何故?
…経済学者もアナリストも、誰一人「解読」できません。要は、こうした連中は全く当てにならないってこと。(株価予測すらロクスッポ当たんないんだからねぇ?)何故なら、「為替変動相場制」の「金で金を買う」ことの不条理が解っていないってことです。
恐らく“真の天才的な経済学者”の登場を待つしか二進も三進も行かないところまで「金融資本主義」は追い詰められていると、私は思う。
それまでの延命策として、偶々って言うか瓢箪から駒っていうか、「中国」がとっている“変動キャップ制”をひとまずグローバル・スタンダードにすることも、解決策的一案だと思う。


23. 2010年8月15日 04:03:23: 3o479QoQUA
あ菅は軽井沢で寝言言ってないでさっさと介入させろ!

24. 2010年8月15日 10:49:36: HlwakAuqPc

亀井氏や植草一秀氏に財政をやってもらうしか無い!

25. 2010年8月15日 23:53:20: 22sO8tn7PI
まったくいい方法だ、
かつて、米国がやったことだ。

そのくず米国債を買ったのが、小泉だったよね

同じ方法がいい


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧