★阿修羅♪ > 経世済民69 > 687.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
環境自動車税、軽自動車は4倍強の増税に
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/687.html
投稿者 あややの夏 日時 2010 年 9 月 16 日 16:23:04: GkI4VuUIXLRAw
 

レスポンス 9月16日(木)9時42分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000004-rps-bus_all

総務省が2011年度に税制改正し12年度の創設を目指している「環境自動車税」。同税は、自動車税(地方税)と自動車重量税(国税)を一本化しようとするものだが、軽自動車が課税対象になった場合、軽自動車は現在と比べ4倍強の増税となる。

15日公表された「自動車関係税制に関する研究会」の報告書によると、研究会では軽自動車の規格は小型自動車に近く、安全面や環境面で比較しても特段差異はないものと考えている。特に環境面においては、軽自動車と1000ccの小型自動車のCO2排出量の平均値は軽自動車の方が排出量が多い状況という。

現在、自動車税では1000ccの小型自動車(乗用・自家用)にかかる標準税率は2万9500円であるのに対して、軽自動車税が適用される四輪の軽自動車(乗用・自家用)にかかる標準税率は一律7200円となっている。

税負担に4倍強の開きがあることに関して研究会は「この税負担の格差について、環境自動車税の環境損傷負担金的性格や財産税的性格からは、もはやその格差を合理的に説明することは困難であり、軽自動車と小型自動車を区分して議論すべきものではない」とした。

また、自動車重量税(国税)についても「少なくとも自動車重量税の上乗せ分も含めた規模で一本化すべきである」とした。

研究会の中には、軽自動車に係る税負担水準の引上げについて、市町村の税源を確保することで、地域交通施策の充実につながり、地球環境への貢献に資することにもなるとの意見がある一方、軽自動車の保有は都市部よりも地方部に多いことから、地域の生活の足に対する税負担を急激に重くすべきではないとする意見もあった。

研究会としては、自動車税と軽自動車税を分ける理屈は乏しいものとの考えを前提に議論を整理しつつ、環境自動車税の課税客体に軽自動車等を取り込む課題に対して、現実にどのような形で対応するかについては、今後更に検討を深めるべきとしている。

《レスポンス 椿山和雄》  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年9月16日 16:57:06: eJpJR4SFmM
環境詐欺が、いよいよ牙をむき出してきた。

税金が上がれば需要が減る。

環境は成長分野だということが嘘だとわかるだろう。

需要が減って何が成長分野だ。


02. 2010年9月16日 18:19:23: 2ue0jgxd16
国の税法は美しくない。
直接税、間接税、消費税、所得税、土地等の資産、
その他の税(揮発油、タバコ、アルコール、他)

国は国民に税の有り方について説明しなければ、資産家たちは、この国を
見捨てるかも?


03. 2010年9月16日 18:28:23: cqRnZH2CUM
>自動車税と軽自動車税を分ける理屈は乏しい

昔から言われていることだが、その通りだ
そもそも消費税や重量税との多重課税は憲法違反の疑いがあるのだから
さっさと純粋に環境負荷に応じた炭素税的な税負担に一本化すべきだろう。

そして軽油、灯油、ガソリンなども全て質量あたりの炭素排出量に応じた一律課税にして経済効率を歪めない方がいいだろう。

今は不景気だから、全体としてはやや減税になるような税率にしておいて、徐々に温暖化進展や景気回復とともに税率を上げていくことだが

それでも赤旗連中が文句を言うだろうから、生保に冷房手当を出したのと同じく、所得に応じて貧困層にも一律に居住地域に応じたエネルギー手当でも配ることになり、貧困層の多くはどうせ消費に回すだろうから景気対策としても多少は効果はありそうだ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧