★阿修羅♪ > 経世済民69 > 699.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
公的年金の動向に関心=日本の財政懸念で−米紙 4兆円の資産を売却する見通し
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/699.html
投稿者 gikou89 日時 2010 年 9 月 18 日 09:33:28: xbuVR8gI6Txyk
 

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010091800046

【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は17日、日本の公的年金を運用している独立行政法人、年金積立金管理運用(GPIF)の三谷隆博理事長とのインタビュー記事を大きく掲載した。大量の日本国債を保有するGPIFは近年、年金給付の増加で資産の売り手に転じており、国債相場の需給に影響を及ぼす可能性もあるため、米メディアもGPIFの動向に注目しているもようだ。
 三谷理事長はインタビューで、企業の資金需要低迷が続く中、邦銀は国債で資金を運用せざるを得ず、国債相場の需給に問題はないと指摘。国債の暴落懸念を否定した上で、日本がギリシャのような財政危機に陥る可能性はないと強調した。
 ただ同紙は、GPIFが年金給付の資金を調達するために今年度だけで4兆円の資産を売却する見通しであることや、円高で4〜6月期に多額の評価損を計上したことに言及、GPIFの運用余力に懸念を示した。(2010/09/18-06:00)

==========================================================================================

コメント

NY市場も底固い動きのようです。日銀の介入したドル資金がここでも生かされているのでしょうか。

菅政権がどうも小泉元政権のまねをしてきているように感じられるのですが、どうでしょうか。つまりは、劇場型政権であり、続投早々、まれにみる大規模な為替市場介入、そして、閣僚による介入宣言といったことからもみえてくるのですが。

その上、アミテージ登場、前原大臣による中国批判。

小泉元総理と菅総理とを比較しても、小泉元総理には、竹中氏というブレーンがいましたし、そして脱官僚的官僚も味方におり、その上名物私設秘書と、なにかものまね政権のようにもみえますが。

米国にしても中間選挙が今後控えており、オバマ人気の陰りが見え始め、それなりに波乱含みとなるかとは感じますが、米国民主党政権としては、今後それなりの対策を打っていくはずであり、そのためには財源が必要です。

米国議会にしても日本の市場介入に厳しい意見がでていますが、厳しさが増すほど菅政権が介入で手に入れたドルの行方が気になります。

丹羽中国大使が、今回の事件で中国側と対応しているようですが、丹羽さんが伊藤忠時代には、中国などの海外に赴任する社員に向かって、中国に赴任するなら中国人になれとけしかけたように、大使になったとしても中国よりの対応をするのでしょうか。

ただ、なかなか日本寄りの対応は難しいとも感じますが。

商売人に国境がないとはいいますが、日本の場合、多くの大手企業は、国策企業として国益をになって設立され、その恩恵を受け、倒産を逃れ、合併若しくは併合などをして生き延びてきています。

しかし、現在は、多くの大手企業が、日本国益主義者の意見よりも外国資本の意見を聞かなければならなくなってきているようです。

つまりは、経団連などは、ほとんどが外国の意見の代弁者という状況なのかもしれません。

経団連などの提言にしても消費税増税、法人税減税、為替介入支持などからもよく理解できます。

また、官僚にしても資本が外資に占められている大手企業にしても、元々が国策企業としてみているために、経団連などの意見を取り入れざるおえないのかもしれません。

菅民主党政権というのは、国民生活第一から遠く踏み外れた政権に変わるのかもしれません。

雇用が大事と一様市民派から出現した政治家ということですが、どうも思想転換したようです。

国民生活が大事という国益政治家というのは、日本のような敗戦国には、芽をつまれるのかもしれません。

政治板にも今回の民主党の総裁選挙状況から、不正問題が取りざたされていますが、米国としては、今後衰退していくということがいわれており、そのことは、米国としてもそうならないような対策をしていくはずであり、中国にしても今後世界での地位をより強くしていくために対策をしていくはずであり、そのために工作などはある程度当然と考えた方がいいのかもしれません。

その点、日本は、その工作がなかなかできない国ともいえます。

そうなると、日本の国力が疲弊していく中、多くの国民は、生きていくために外国の工作を利用するしか手立てがなくなるのかもしれません。

ピアノの中古を大連経由で北朝鮮に流した経営者が、生活するためには仕方がなかったということを語ったようですが、そのしないかぎり生活を確保することが難しくなる時代へと日本が変わりつつあるのかなとも感じます。

今はまだ国内に年齢層が高い国民の私用で使われない大金が眠っていますが、徐々に使われないなら使ってやるという姿勢に変わりつつあるようです。

株式にしても大手企業の批判をよく政治家がするのですが、大手企業の株式を日本人が買わないから外国資本が買うわけであり、郵政民営化にしたら、外国に売り飛ばすという発想になるのかもしれません。


民政化しても日本には十分な資金があるわけで、いかに市場の国民による活性化を対策にするべきだとも感じますが。

さすれば、円高というだけで、NY市場が下落したというだけで、日本の株式が外国以上の変動を被ることは少ないとも感じますが。

円高になれば、その分、仕入原価が低くなるわけであり、国内市場が堅調ならば、企業としては十分利益がでるはずであり、技術進歩が進めば進むほど、海外から日本に買い付けに来るはずだとも感じますが。

今の民主党政権が、海外に出ていく企業を支援するような形式になっていくと国内需要を高めるということは難しいかなとも感じますが。

野党である自民党が、政権を取る気持ちが本当にあるのか見えてこない状況、民主党菅政権も前自民党後期と同じ状況になるのかなとも感じています。

後は、本当に国民が病んだ時、大きな時代の変化が現れるのかもしれません。

偽装請負問題、非正社員問題が、当時の権力者からみれば突然噴き出したのも、偶然ではなく、そのような状況下の中で官僚や、政治家や、大手企業の経営者よりも優秀な人材が怒りを爆発させたわけであり、そのことが海外からの圧力、年金問題、厚生労働省体質問題、金融危機へという流れをつくったのかもしれず、一番大事なことは、国民が病んでいると本当に気付くことが今後の始まりになるのかもしれません。

それまでは、今のような閉塞感が続くのかもしれません。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年9月18日 12:38:53: FbQn4B9yw6
中小企業の経営者は、自分の給与を削り雇用を守ってきた。
給与を支払うための一時的な資金を調達するため、銀行に融資をしてもらい
資金繰りを回してきた。
そんな企業から銀行はむりやり貸しはがし、倒産に追いやってきた。
中小零細企業経営者や保証人は責任を追及され、身ぐるみはがれ自殺に追い込まれた人も多かった。

銀行の金利に踊らされ、低金利の中過大な金利負担を負わされた企業は
ひたすら借金の返済に追いまわされた。

資金繰りに悩む中小零細企業の経営者を誰も助けてくれなかった。
KSDのように自民党に献金し、中小零細企業経営者を食い物にした者もあった。

大企業の役員は事業に失敗しても、責任はここまで追及されないだろう。
グローバル化を口実に単価を値切る大企業、自民党に献金はしても
中小零細企業の経営者のように雇用を守る責任感はないようだ。

また、第三セクターなどの失敗をしても退職金に心配のない役人にも責任感などなく、これもまた人ごとなのだろう。

外需依存のビジネスモデルの破たんは、物事を見直す良い機会かもしれない。
無責任、無関心社会日本。今のままでは未来はない。



02. 2010年9月20日 04:47:28: Iqj1yxqyds
国債暴落したら円安になるでしょ。

03. 2010年9月20日 13:15:15: hj5sogWyEs
アメリカに貢ぐ為、そして内需拡大策に転換させない為の介入でしょう。
そして使いものにならない米国債だけが溜まって行く。
聞くところによると日本は官民を併せると700兆円を超える対米資産を持ってるそうですが、そんなに貢ぐんなら国内に還元しとけよと。
今回の介入にしても国内にヘリマネしろと思うんですがね。
FRBと日銀の資金供給量の差が円高招いてるんだから。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧