★阿修羅♪ > 経世済民69 > 803.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日銀:再びのゼロ金利と金融資産の買い上げ
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/803.html
投稿者 一言主 日時 2010 年 10 月 13 日 15:18:28: AlXu/i8.H/.Es
 

再びゼロ金利と公社債、相場連動株の買い上げ。
2千10年10月5日、日銀は再び金利を引き下げ、ゼロ金利にした。それと同時に公社債、相場連動株、土地資産などの購入にも手を広げるようだ。

この金利引き下げは、国内の消費や景気を拡大する効果は、ほとんど見込めないだろう。しかも外国も金利を低くしているため円キャリーという問題も起きない。預金者にとっても金利の低下が消費減に結び付くところまでいかないだろう。

無用な金利引き下げなのである。日銀と政府と、新聞の解説者の自己満足だけであろう。私達はいろいろやってます。と言いたいのだろう。

しかし国内で積極的に低金利を利用して資産を買いあさる企業が出て来る可能性がやはりある。外国資本の暗躍は大いに考えられるであろう。特に新興国、中国系の暗躍は大いに考えられるであろう。リーマンの再来である。

今回は、そこへ日銀も参入することになる。

日銀の社債の買い取りは恣意的に日銀の裁量により行われるものであり、損のしない大手のものばかり買われる可能性が高い。景気や業績より、有名企業、大手企業が優先され、景気の指標を表すものではなくなるであろう。また経済資源の適正な配分が阻害されることとなろう。

株式の購入も相場連動性の株を主に買うということだ。それは有力企業に片寄った恣意的なものになろう。

2千10年10月5日以降、日本は日経平均株価を景気の判断基準として使えないだろう。
株相場は日銀の判断に委ねられることになり、景気の指標にはなり得なくなる。

日本経済が悪くなっても株高になるということだ。
国がこのような株などを買い取りをすることは、どちらかと言えば金持ち優遇策になろう。

株や社債がたくさん持っている所帯が得になろう。年収300万未満の所帯までその影響が及ぶのはいつになるか分からないぐらいの緩い手である。

このような政策が取られると、リーマンが暗躍した時代のように、地価が東京などの大都市で、しかも線ではなく点のように地価が上がるだろう。そして地域格差が激しくなる。

このような、直接市場(ハートランド:国民所得を形成する市場)の拡大を図らず、間接的に金融資産や地価の価格を高めるやり方は、労力と資金のいる割に報われないだろう。

このやり方ではあまりに手緩く、4割まで増えた300万以下の所得所帯に、恩恵が回るのはいつになるか分からない。

自由経済競争の正しい資源の分配を歪めることにもなる。
ハートランド理論では、ハートランド(国民所得を形成する市場)が過熱すると、資金が大幅に金融資産や地価に出回り、資産価格を上昇させる。逆にハートランドが縮小し、資金が減少すると、金融資産や地価の価格が下がる。

これは法則として存在するが、逆に現在のようにデフレでハートランドが縮小している場合、無理やり資産価格を上昇させると、資金がハートランドに流入するかどうかは、分からない。少なくともそういう法則は無い。

デフレ下での資産価格の無理やりの上昇は、資金をさらに市場から資産価格に向かわせる可能性が高い。
市場での普通の商売では全く儲からないからである。

しかし資産の上昇がある程度起これば、間接的に消費が喚起されることも事実である。しかし直接ハートランド市場で消費を増やす政策を取ることに比べれば、非常に回りくどく、因果関係が薄いものである。

考えられることは、再びミニバブルが起こるということだろう。ミニバブルあくまでミニバブルであり、実体経済を引き上げるものではない。


今のようにデフレが深化し、市場の資金が減少している時、金融資産の価格を引き上げ、それを維持しても、実体経済が、それに追いつくかどうかは、約束されていない。
市場からより多くの資金が資産に流出し、実体経済がさらに悪くなる恐れも十分考えられる。

いつまで立っても実体と、金融資産とが掛け離れたままで推移するのかもしれない。しかしバブルはいずれまた破裂し、なくなるものである。あのリーマンの時のように。

今回の日銀の肝入りの政策は、日本の経済指標の羅針盤を狂わす混沌をもたらすであろう。


公社債の恣意的購入、地価のミニバブル、日経平均の恣意的変動が、経済指標として何を信じてよいのか誰も分からない混沌をもたらすことであろう。

ここ最近日銀の悪いことばかり書くが、ますます鈍してきている。
私が今、日銀にお願いしたいのは、何もするな。やらない方がよい。その方が日本のためだ。ということだ。
デフレは全体の消費額が減らないようにすれば、維持され回復するものである。資本の増強や、資産の拡大にうつつを抜かしてもデフレは解消しない。

この20年間名目GDPが全く伸びていない、減少している。そして少なくともリーマンショック後も、物価にしろ、賃金にしろ、増やしていないのである。


一言主
http://www.eonet.ne.jp/~hitokotonusi/
httpH//blog.so-net.ne.jp/siawaseinarou/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. めむめむ 2010年10月13日 18:06:53: lmDW19lBDnz8g : j8vMd93EWQ

>20年間名目GDPが全く伸びていない、減少している。

ていうか、このものの見方はどう思われますか。結果的には、減少していても、

例の特別会計の対GDP比での割合からみても、高級官僚あたりに言わせればおそらく

”わしらが国民には見えない形(特会)で日本経済のジレンマをコントロールしてきてやったおかげでまだこれやのに大衆はわしらを無能扱いしよる、人様の親心も知らんと、腹立つわい!!”って考えてるからこそ、彼らは、開き直れる(彼らはそれを愚かな事と知りつつ)か、胸をはっていってるか depend on person. かもと、反省しきり自己嫌悪立ち寄りコメントをお許しください。

私も国民視点では私も賢くないのでおっしゃるとおりではないでしょうか、貧乏くじはいっつも下々の者←歴史をそうすることで逆に人類強欲化マインドコントロールをプランしたのは誰や、と超飛躍も考えたりします。 アメリカでのというか需給による、今冬前後に農作物インフレが、着火点あたりが...今後ご注意なさいませ??


02. 2010年10月14日 04:45:21: EuxaAd0Fno
http://theeconomiccollapseblog.com/archives/11-long-term-trends-that-are-destroying-the-u-s-economy-a-little-bit-more-every-single-day

これは前に出ていた米国経済を破壊する長期トレンドの記事です。

このことから、これはベルリンの壁の崩壊から始まる中国の解放政策を使って世界の経済を破壊して人口を削減して天下統一を完結するための裏世界政府の陰謀ですよ。

米国と日本の経済を破壊して皆をルンペンにして国を潰そうとしてる陰謀ですよ。人口削減なんですよ。中国がその手段です。

日銀は、多分、その世界政府の走狗の確信犯の可能性が大いにありますよ。景気をよくする気持ちなんかないから20年お金を増やさなかったのですよ。解かってやってるのですよ。みなをルンペンにしようとしてるのをきずいてください。人口を減らそうとしてるのですよ。日本国を無くすつもりなのですよ。シナに併合さしてインデアンにするつもりですよ。

ポイントは自分達だけは残れると思ってる日銀もルンペンにされるとおもいますよ。日本に中央銀行は無くすでしょう。


03. 2010年10月14日 22:48:25: IOzibbQO0w
>米国と日本の経済を破壊して皆をルンペンにして国を潰そうとしてる陰謀

日本人が消滅しても地球環境には大した影響はないが、
米国中流層が貧しくなって肉が食えなくなると、大分、食料・エネルギー問題は解決しそうだ
ついでに中国人も米国人や日本人と一緒に全滅すれば、環境問題など、ほとんどの問題が解消し、ヨーロッパの人々は喜ぶだろうw
まあ、そんなに私営世界政府?の狙い通りになるとも思えないが


04. 2010年10月15日 09:35:59: OdjhvPg6s6
20年間名目GDPが全く伸びていないのに何もするなとは・・・

『果報は寝て待て』一行で十分


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧