★阿修羅♪ > 経世済民69 > 830.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
『ごみ問題ってなあに』嘉田由紀子さん、(国語五上 銀河 光村図書)を通じて将来の経済のあり方を考える。
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/830.html
投稿者 めむめむ 日時 2010 年 10 月 17 日 12:53:23: lmDW19lBDnz8g
 

(回答先: 1日24時間、1年365日と成長戦略 投稿者 健奘 日時 2010 年 10 月 17 日 11:36:00)

国語五上 銀河 光村図書 より以下転載

『ごみ問題ってなあに』 嘉田由紀子さん

「ごみ」ってなんでしょう。 いつもあまり考えずに使っている言葉ですが、意外と説明はむずかしいものです。いっしょに考えてみましょう。

あなたたちの教室のゆかに、えんぴつが一本落ちていたとします。 それに名前が書いてあれば持ち主が分かりますから、えんぴつは持ち主に返されて、ごみにはなりません。 もし、そのえんぴつが道ばたに落ちていたらどうでしょう。 だれかが拾って学校にとどけてくれ、持ち主にもどされれば、ごみにはならないでしょう。 でも、そのえんぴつがみぞに落ちて流され、どこか川べりに流れ着いたら、まだ書けるえんぴつだとしても、ごみになってしまうでしょう。

このように、「もの」としての性質が変わったわけではなくても、人とのかかわりが切れ、だれも使う人がいなくなったとき、物はごみになってしまいます。

また、まだ使えるえんぴつであっても、あなたが「もう、このえんぴつはいらない。」
と思うと、そのえんぴつはごみ箱にすてられて、ごみになってしまいます。「もの」として利用できても、わたしたちが「不要」とみなすことで、ごみになります。物は人の意識の中でごみになってしまうのです。

このように考えてくると、「もの」として、本来ごみである物はほとんどないことが分かります。にもかかわらず、大量にごみを出し続けているのが現代の日本です。

これに対して、物とのかかわりを大切にし、かんたんにはごみを出さない社会がありました。日本の江戸時代です。江戸時代には、物がこわれたら直して使うために、「修理・再生業」がたくさんありました。例えば、あなが空いたなべは「いかけ屋」、われた茶わんは「焼きつぎ屋」という職人がいて、こわれた物を直してくれました。また、わたしたちならすててしまうような物を集めて使ったり、必要な人のところへ運んだりする「回収せんもん家」もいました。例えば、今は水洗便所に流してしまう人間のし尿も、農業の肥料に利用するために集めて、農村に運ぶ人たちがいたのです。また川岸やはまべに流されてきた木切れなども拾い集められ、おふろの燃料に使われました。実は、このように修理・再生したり、回収したりする仕組みは、五十年前ぐらい前まで生きていました。ですから、当時は町や川岸にはほとんどごみがありませんでした。

海外に目を向けて見ますと、今でも、物を大切に使い、ごみを出さない社会があります。わたしは、アフリカのマラウイという国に毎年出かけ、そこの子どもたちのくらしぶりを研究しています。マラウイの子どもたちは、身近にある物を実にうまく工夫して、遊び道具などを作って楽しんでいます。例えば、わたしたちがごみとしてすててしまうビールのびんのふたを、たくさん集めて「数遊び」に使ったり、平らに広げて「びゅんびゅんごま」を作ったりします。ペットボトルも、魚をとるためのあみのうきに「転用」したり、遊びのための船に「変身」させたりします。子どもたちが、一度使われたものをじっくり見て、その使いみちを工夫する力には、いつも感心させられます。ほうっておけばごみになってしまう物たちに思いもかけない新しい命をふきこむのです。

江戸時代の人たちやマラウイの子どもたちのくらし方について、貧しくて物を買うお金がないからだという人がいます。確かに、そのような面もあるでしょう。でも、物を修理・再生したり回収したりしてごみを出さない江戸時代の人たちや、物を「転用」したり「変身」させたりするマラウイの人たちの生活からは、自然に負担をかけずに、その中でくらす豊かさが感じられます。それに何よりも、遊び道具を作り出すときの子どもたちの目には、わたしたちがわすれてしまったかがやきがあります。それに対して、なんでもすぐにごみとしてすててしまう今の日本の社会では、増え続けるごみが自然をこわし、美しい風景をだいなしにしたり、水や空気をよごしたりして、わたしたち自身の生活にとって、大きな問題となり始めています。豊富なものに囲まれていても、この社会では、物を大切にしようとする心が失われようとしているように思われてなりません。

今、日本人は一日に一人平均一キログラムのごみを出すといわれています。一年で三六〇キログラム以上です。このことを考えたとき、わたしたちがごみとして、そのかかわりをたち切り、見すててしまった「もの」たちに、再び命をふきこみ、それらを生かし続けるためのちえと工夫は、ごみ問題を解決していくための重要な第一歩になるのではないでしょうか。

日本にかぎらず先進国といわれている多くの国では、大量のごみが出され、エベレストの頂上から南極・北極にまで、ごみは増え続けています。みなさんはどう思いますか


嘉田 由紀子
一九五〇年、埼玉県生まれ。環境社会学者。川・湖などの水のよごれやごみなどの環境問題について研究している。

以上転載終了

約1.2テラのコンピューター維持のために360kgのごみか...

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. めむめむ 2010年10月17日 13:41:54: lmDW19lBDnz8g : kGBkjulHlo
もし、ここの誰かが言う絶対的な人間数の削減計画とやらも本当にあるのならば、

よけい、こういった”ような”意思を我々もその人たちに提示するべきなのが最善の策じゃぁないんだろうか??


02. 2010年10月17日 18:49:52: IqDrSmvKOo
このオバハンは、市の高給取りの特権ゴミ収集人たちが回収しにくる前に朝早く「違法」にゴミステーションから資源ゴミを回収している人たちのことを知らないのか?w

ゴミ回収を行政が独占事業にするのをやめることだw
何が「公務員」だw
笑わせるw
税金で食う仕事をなくすことだw
完全に民間の商売にすればいいだけw

>絶対的な人間数の削減計画

あいつらは、百年前から、人口が多い多い、絶対もう無理!、生産よりも人口増加の方が早いから絶対に社会崩壊する!!!って言ってた連中だw
大嘘だったw
資本主義経済は、どんどん上がる生産性、社会が支えられる人口が増えることが分かったら、今度は、ゴミの心配ですか?www


03. めむめむ 2010年10月17日 19:04:06: lmDW19lBDnz8g : kGBkjulHlo
私は”あなたのその素晴らしいお知恵”を読者の方々の利益を考えて申し上げております。是非、お知恵をポジティブな方向でご自身の思考も止められぬことなく使ってください、教えてください、どーでっか??

もう一段のjump-upを、と殿、せつにお願い、あいたしまぁすう!!


04. 2010年10月17日 20:56:09: tMdb5SxMco
ゴミ問題は大変と思っています。目の前からゴミが無くなればみんな気にしなくなる。でもゴミの最終処分場はどこも余裕がないはず。本当に考えなければ・・。

05. 陣中見舞い 2010年10月18日 11:03:06: 3pEdi1PI5rkGQ : gQEGimPqCM
ゴミ(エゴ)のゴミ(メジャー)によるゴミ(創造)の為の消費(ゴミ)経済。

遅まきながら、エコノミクスの、この一面を強烈に認識する時にきてますな。

ゴミはモノの「成れの果て」でなく、我々が、無数の「豊かさ」と引き換えにつくる、不可逆な創作品であることも。

そして、誰もが、この問題の主役(犯人)でしょ。


これなども、参考に供する事が出来るのであれば・・・


Story of Stuff 日本語字幕

http://video.google.co.jp/videoplay?docid=-6931908723672573872&hl=ja#

(20分少々、あります)

学校が、教えんなら、親が。
そして、向こう三軒両隣へと。


06. ワッショイ 2010年10月19日 17:59:16: AgaTwq9990oiM : xmb27q5Z7g
ゴミ問題って大変ですね。みんなでごみをへらしましょう。

07. 2010年10月29日 20:56:01: Flg1qtcRZQ
これ、小で習うよ−(^−^/)教科書にある。…えへへ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧