★阿修羅♪ > 経世済民70 > 136.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
オバマ大敗に日本人は誤解している、この誤解は極めて危険だ
http://www.asyura2.com/10/hasan70/msg/136.html
投稿者 heiwatarou 日時 2010 年 11 月 04 日 16:33:39: Bioiw4SmLoqDQ
 

政治家もエコノミストもマスコミも全てが誤解している、極めて危険だ
「税の集め方と使い方日米比較」米国は日本より貧乏人に可成り優しく金持ちに厳しい(この逆と思っているが危険だ)
これが元にあってこれ以上に貧乏人に優しくするオバマ政策に反対した結果だ
この事実を無視して米国の報道を鵜呑みにするのは極めて危険だと言わざるを得ません

米国は日本より貧乏人に優しく金持ちに厳しいとの事実は財務省や文科省を含む全てのデータで言えるのです、逆のデータがあったら教えて頂きたい
※善し悪しや社会の比較ではなく、税制予算の比較です、念のため付言します

例えば次の8例

▼米国税制(EITC)、課税最低限以下の勤労者全員に現金を支給している(給与所得税ですね、税還付を忘れないように)

EITCを知らないで税制を語る資格はないのです

子供2人の例、税額控除だからマイナス税が存在する

▽収入が3万9783ドルの場合は納税額はゼロになる(07年の課税最低限ですね、日本の課税最低限は325万円)

▽収入が35,000ドルでは1,013ドルの差引税還付があり収入は36,013ドルになる

▽収入が15,000ドルでは4,716ドルの差引税還付があり収入は19,716ドルになる

子どもの対象年齢は19歳未満、学生は24歳未満

(参考)※米国の出生率は2.04と高い

※控除額は年々増加している。2001年は32,121ドル以下がマイナスとなり現金支給、2002年は34,178ドル以下、2007年は3万9783ドル以下と増加している
※サラリマンなら誰でも単身でも課税最低限以下には差引現金が支給される。だが大幅に減額
※だから米国の減税では勤労者全員に現金が支給される(扶養家族により支給額が異なる)だから減税は景気対策になる、日本の減税は高額者ほど有利で特に課税最低限以下には恩恵がない


▼資産性所得課税、日本も総合課税にすべき、
日本では累進課税は給与所得税のみで資産性所得は低率の分離課税、
例えば株売買の儲けや配当課税は10%(国7%地方3%)と低率、だから資産家は益々資産がたまる。鳩ママさんには好都合

米国は原則総合課税なので資産家には最高税率(47.5%)がかかる

▼公共料金や食料品は日本より可成り安い,食料には原則消費税はかからない、だから生活し易い、
例えば電気料金は日本の1/2以下
U.S.Total(Cents per kilowatthour)
2010年、 2009年
Residential   11.32、  11.42
Commercial  10.03、  10.15
Industrial    6.65、    6.88
次より
http://www.eia.doe.gov/cneaf/electricity/epm/table5_6_b.html

▼教育でも、公立高の授業料は無賞、州立大学の授業料は日本より安く入学金はなし、奨学資金総額は日本の15倍、うち返済不要は日本総額の3.6倍(日本には返済不要はなし)

▼法人税率日米比較(法人税、事業税、住民税を含む)日本はむしろ低い

▽ニューヨーク45.95%、ロサンゼルス40.75%

▽東京40.69%、日本標準39.54%(財務省06年1月現在)
※最近のデータにはニューヨークのがない何故か、


▼生活保護、日米比較 、日本は劣悪
日本は、給付総額は少なく、保護されている人はさらに少ない

▽公的扶助総額     GDP比 日本0.3%、米国 3.7%、OECD平均2.4%

▽与えられている人数の総人口比 日本0.7%、 米国10.0%、OECD平均7.4%

(出所)BIZ+PLUS  第65回 原田 泰氏 大和総研 チーフエコノミスト「日本の奇妙な生活保護制度」


▼医療費の国庫負担、日米比較、米国は可成り多い

▽医療費の国家予算に占める比率:日本6%、米国16%

(参考)軍事費:日本6%、米国18%

米国では65才以上の高齢者の医療保険(メディケア)に10%、低所得者の医療保険(メディケイド)に6%は国が負担している
http://www.fukuyama.hiroshima.med.or.jp/iryou/futan.html

▽1人あたり医療費の公的負担(2003)(税金+保険料)

米国2,503ドル(72%+28%)

日本1,743ドル(19%+81%)

次より算出
http://www.geocities.jp/yamamrhr/ProIKE0911-73.html

▼州知事や市長の給与は日本より可成り少ない
特に地方議員の処遇は日本の数分の一、地方議会は夜開くのでサラリーマンでも議員になれる,傍聴者は誰でも発言出来る
処遇の一例
▽1人当り県州議員(諸手当を含む)
 日本2119万円、アメリカ400万円
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/524.htm#2.

◆次より抜粋、引用
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/a220.htm  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年11月04日 17:15:02: GKgTt6SCHQ

小泉政権の医療抑制策の欺瞞
「三方一両損」の内訳
患者、保険者、医療機関

患者=患者
保険者=保険料=患者
医療機関=病院、医者

患者と医療機関の負担が増えただけ。 官僚のお金の税金の投入はしなくてすむ。
企業と国、地方自治体の負担は増えない。
一方的に現場負担増。

朝三暮四 の実例


02. 2010年11月04日 17:27:43: cqRnZH2CUM
>米国は日本より貧乏人に可成り優しく金持ちに厳しい

日本の場合、再分配の主要部分が年金と医療費であるため、その対象が主に高齢世代であり、若年貧困層への再分配が極めて少なく、貧しい世帯がさらに貧しくなることすら起こっている。
特に科学技術立国にもかかわらずGDP比教育支出が極めて小さい。
ここへの重点的な支出増が、今後、特に必要だろう。


http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4666.html
 ジニ係数は0〜1の値をとり、1に近いほど不平等な格差の大きい状況をあらわす。税や保険料を払う前の「当初所得」のジニ係数と、税や社会保険料を払い、年金や健康保険の給付を受けた後の「再分配後所得」のジニ係数を比較すると、どれだけ所得再配分によって格差が是正されているかが分かる。

 すでに、このような分析による日本の再分配の状況の推移については、図録4667でふれ、年齢別、地域別の再分配の状況については、図録4668、4669でふれた。

 ここでは、所得再配分の状況を先進国間で比較したグラフを掲げた。対象国は、10カ国、具体的には、イタリア、米国、オーストラリア、ドイツ、ベルギー、日本、オランダ、フィンランド、スウェーデン、デンマークである。

 再分配所得のジニ係数では、日本は、先進国の中で、平均よりやや格差の大きな国であることが明らかになっている(図録4652参照)。ここでも、再分配所得のジニ係数は、10カ国中、6位であり、中間的地位を占めている。

 ここでの新たな知見は、日本の場合、当初所得の格差は最も小さく、また、当初所得から再分配所得への格差是正効果が最も小さいという2点である。

 図録4668でも見たように、所得税や相続税の累進度を低め(所得税の最高税率70%→37%)、逆進性を持つ消費税への依存度を高めた結果、税による再配分効果は低まり、社会保険による再配分効果が大きくなっている。社会保険は、国民年金のような定額負担、あるいは健康保険料のような所得比例負担は、累進税制に比べれば、逆進性をもっている。このため、再分配による格差是正効果の最も高いスウェーデンなど北欧諸国に比べてばかりでなく、米国のような自力救済型国家と比べても、日本の再分配による格差是正効果は小さいのだということができる。

 これまでのように当初所得の格差が小さいうちは、矛盾が大きくあらわれないかも知れないが、当初所得の格差が大きくなったとき、このような再分配状況では、格差社会の矛盾が大きく浮上する可能性があるといえよう。


4652 所得格差の国際比較(OECD諸国)
4667 所得再分配調査による所得格差、及び再分配による格差改善度の推移


03. 2010年11月04日 22:11:39: XUWhJDVwi6
アメリカの茶会党といい、なんで今頃地獄の底から蘇ったような古色蒼然とした思想がもてはやされるんだ。
日本だけじゃなくどこもおかしいんじゃないのか?
http://twitter.com/sunafukin99/status/29071765543
米で起きている茶会運動を跳ね上がった右派の戯言だと思っていると痛い目にあうと思っている。
サラ・ペイリンの背後にいる連中に思いを馳せなきゃダメだ。これは自戒を込めて。
現に米では本来リベラルサイドにいる人々まで食われている。
一点突破型の民衆運動をナメたらいけない。これも自戒を込めて
http://twitter.com/gaitifujiyama/status/28901417395
日本では、「日本版ティーパーティー」を目指していると公言している在特会みたいなネオナチ勢力もいるしな。

■しかし不況に対する批判票が共和党支持につながったってどういうことかさっぱりわからん。
むしろ共和党の政策だったら余計に不況がひどくなると考えないのかな。
http://twitter.com/sunafukin99/status/29549994234


04. 健奘 2010年11月04日 23:13:58: xbDm84QDmOFmc : J1wPQ9sgtc
03 さん

合衆国の伝統には、"自分のことは自分で"というのがあります。自分の町は自分たちで守る、そのために警察官をやとい、仮に警察官が犯罪者をつかまえたら判事を呼んでくる、というのが原型です。

町をつくるのは、農場をやり商業サービスをやる人たちで、その人たちが役人を雇うという気分は、今でも続いています。

私も、事業家たちの集まりに参加したことがありますが、商務省の役人を使うという意識を持っていることがよく分かりました。(日本ですと、経産省の役人がくると、平身低頭ですけどね。形だけかもしれませんが。。。)

したがって、昔から合衆国を作ってきた中核の人たちは、政府は最低限のことをやれば良いと空気のように思っています。彼らの多くは、もともと、素朴な共和党支持者ですが、そこにティーパーティーが刺激を与えたと思われます。

   −−−

問題は、こうした素朴な共和党支持者が、
1)金融立国を進める人たちに、うまく利用されてしまっていることを自覚していないこと、
2)"自分のことは自分で"という気持ちと"儲けを目指す"ことが固く結びついていること、そして
3)自分たちのやり方に疑問をまったくいだかないこと
だと思っています。


05. 2010年11月05日 00:33:54: SX4szZQet9
低所得=貧困、というのはアメリカでは当てはまっても、日本で特に田舎ではあてはまるとは限らない。
歴史の浅いアメリカの田舎で食料を親戚同士で融通しあうのは聞いたこと無い。
都市部ではアメリカの貧困層のほうが日本よりはるかに貧しそうに見える。
中間層については、日本よりアメリカのほうが暮らしぶりはゆとりありそうに見える。
電気はアメリカは安いが、医療費は高い。
食料品は同じ質で比べれば日本のほうが安い。日本は高品質故額面は高い。日本並の質を求めれば、アメリカでもそれなりに高い物を買わざる得ない。

日本がこの10年でとんでもない方向に進んでいるのは確かだし、貧しい人、若い人が負のループから抜け出せないのは、今より将来にとんでもないコストとして跳ね返ってくるだろう。これは確かに心配だ。

ただ統計上の経済指標をそのまま鵜呑みにして日本と海外を比較するのはどうか?
それより日本なりにあるべき姿を定義し、それをベンチマーク化して現状とのギャップを測るべき。外国の数字をそのまま指標におくべきではない。


06. 2010年11月05日 03:44:25: G1C3ad0bnM
アメリカ政府の出す統計の出鱈目さについてはノーム・チョムスキー氏がしばしば厳しく言及している。

07. 2010年11月05日 05:07:22: Qcco4Y9ymB
ヒント、デラウェア州の税制その他
不公平税制や抜け穴はいくらでも存在して、高額所得者が冷遇されているなんて
間抜けな主張はアホかと思う。

08. 2010年11月05日 10:43:24: uKFoqoJusE
やはり洗脳されている方が多いですね
善し悪しや社会の比較ではないのですよ、税制と予算ですよ

感覚的でなく
反論あるならデータを示して下さいね、

▼ご参考までに
「アメリカでの入院体験記」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/873.1.htm

※だからビックスリーが潰れたのですかね


09. 2010年11月05日 15:48:57: 6L28ayDJYA
こっちは手持ちのデータは何にもないのでただの一言感想で申し訳ないが、面白いデータですね。

>やはり洗脳されている方が多いですね

これ在日経験のある外国人がよく言ってますよ。日本人は被害妄想がひどい、洗脳されてる、まともな話ができない、はよく聞く。

いろんな話を聞いたけど、スレ違いなんで止めときますけど、日本人は耳障りのいい話しか聞かない、これは常識。


10. 2010年11月06日 10:38:26: uKFoqoJusE
個人所得課税が米国と同じなら税収は16兆円増になる、
※16兆円増の根拠 

個人所得課税負担率をアメリカと同じ12.0%(日本7.6%なので4.4%増)にすれば単純計算で16兆円税収増になる

(2008年の国民所得384兆円なので384×4.4%=16.8兆円となる)

▼アメリカで消費税のかからないものは次のどれ、税率%は?(メリーランド州03年)
こめ、バナナ、りんご、りんごジュース、ミネラルウオーター、コーヒー豆の粉末、コーラ、ビール、チョコレート、ビタミン剤、せき止飴、ピスタチオ、ピクルスの瓶詰、お菓子のオレオ、綺麗な飾り箱に入ったドロップ、歯ブラシ、歯磨剤、電気、家賃、ガス、水道、ガソリン、アイスクリーム、デコレーションケーキでは?
次より
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/111.htm


11. 2010年11月06日 20:05:59: 6kuobrWeYc
>現に米では本来リベラルサイドにいる人々まで食われている。
>一点突破型の民衆運動をナメたらいけない。

一見、反政府的だからな。

日本では名古屋の河村なんか典型だろ。
阿修羅でも持ち上げているやつが結構多い。

>>9
なんといっても日本は税金が安すぎるのが原因。
アメリカよりとれていない。
にもかかわらず国民は重税だと感じている(笑)


12. 2010年11月06日 20:37:44: 6kuobrWeYc
>>08
リンク先、参考になった。
しかし「愛国法」以降のアメリカの情況に無批判なのは引っかかる。
プライバシーより公共だとか、個人情報が漏れても民主社会ならば弊害が少ないとか。奴隷根性まるだし。

13. 2010年11月06日 23:01:47: kbjD6Oqr1Y
財界と霞が関(財務省)の指示で、電通がマスコミ誘導した結果。

日本人には、誤った常識が多いのでは???

マスメディアが、統制された情報を流し続けているのでは???

小沢さん問題で、過去の報道が捏造では???
と疑問が湧き出している。


14. 2010年11月07日 02:33:59: mHY843J0vA

http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/873.1.htm
>医療保険料は研究所が全額払い年6000ドル、本人負担なし

普通は、こんなに低価格ではないし本人負担も大きいですね
米国も日本と同じく老人や最貧困層への医療補助(medicareやmedicadeなど)は厚いが、中の下の層の医療費負担(医療保険、医療費・・)が大きいのが問題ですね。
医療費自体、富裕層やクレイマー訴訟対策の非効率な濃厚診療で日本に比べ一人当たり負担も非常に大きく、obamaの改革が実現する可能性も低くなりつつあり改善は望めない?
http://www.urban.ne.jp/home/haruki3/america.html
<盲腸手術入院の都市別総費用ランキング> 2000年AIU調べ
 順位  都市名       平均費用  平均入院日数
  1  ニューヨーク    243万円   1日
  2  ロサンゼルス    194万円   1日
  3  サンフランシスコ  193万円   1日
 因みに日本での虫垂切除術の手術代の保険点数は6420点(64,200円)


http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20100326/213649/
・米ヘンリー・J・カイザー・ファミリー財団と米保健調査教育基金(HRET)の共同調査によれば、2009年の雇用主提供医療保険の平均年間保険料は、 1世帯当たり1万3375ドル(約120万円)だった。たいてい、従業員が保険料の約20%を負担し、残り(従業員1人当たり平均1万700ドル=約 100万円=)を雇用主が支払っている計算だ。

・一方、新設される医療保険取引市場では、年収が貧困レベルの400%までの世帯に対して、保険料の公的補助を行う。例えば、4人世帯で年収が米国平均の約7万ドル(約650万円)の場合、貧困レベルである約2万2000ドル(約200万円)の317%に当たるため、年間保険料の本人負担額の上限は年収の 9.5%の約6650ドル(約60万円)となる。保険料の残り50%(本人負担額と同額の約60万円)を政府が負担する。


http://dailynews.yahoo.co.jp/fc%2Fworld%2Famerican_health_plan%2F#backToPagetop
オバマ米大統領は2010年3月23日に今後10年間で3000万人以上の無保険者を解消する医療保険改革法案に署名し、同法が成立した。(時事通信) 
* 下院を通過した米国の医療保険改革法案とは? - Market Hack(外国株ひろば Version 2.0)(2010年3月22日) 
* 米14州が政府提訴 「医療保険法は憲法違反」 - フロリダ、バージニア両州などの司法長官は「国民に保険の加入を強いるなど個人の自由を侵害する恐れがある」などとして、連邦政府を相手取り違憲訴訟を提起。中日新聞(2010年3月24日)
* [用語] 米国の医療保険制度
 米国は日本のような国民皆保険制度をとっておらず、公的保険は65歳以上の高齢者ら向けの「メディケア」、低所得層が対象の「メディケイド」や軍人向けのものなどに限られている。国民の約3分の2が民間の医療保険に加入する一方、15%にあたる約4700万人が無保険者。民間保険加入者の約9割は勤務先を経由して加入しているため、失業した場合には無保険者となってしまうなどの弊害が出ている。公定診療費も設定されておらず、経済協力開発機構(OECD)の統計によると、1人当たり年間医療費は2007年に7290ドル(日本は06年に2581ドル)と高額。国民医療費の国内総生産(GDP)比も16%(同8.1%)と高く、財政を圧迫している。(ワシントン共同)


15. 2010年11月07日 16:39:39: uKFoqoJusE
米国旅行中に足親指が腫れ上がって歩けず08年10月
フロリダ、
医院、医療費は治療と注射など含めて285ドル、薬代61ドル抗生剤1週間分
だが旅行保険に入っていたので負担はゼロ、(医院には金の支払いなし、薬局での薬代は支払い後に旅行会社で清算)
日本なら個人負担3割で約5000円、薬代込みでと思う、だから治療代は1万5000円くらいか、だから日本の医療費は米国の1/2以下ですね。

日本に帰り念のため医者にかかった、医者代と薬代で負担3割で1500円だから5000円くらい、治療、注射はなかったのであったら負担5000円くらいか、だから15000円くらいと推察、日本の医療はアメリカより可成り安く1/2以下と思う。


16. 2010年11月08日 01:05:00: uKFoqoJusE
>>14
保険会社が医療機関と契約するので値引があり表料金より可成り安いと聞きますが、

▽アメリカではボランティアが活発なのです。アメリカの医療を考える場合にはこの寄付金も加える必要がありますね。

G病院の資料によれば(ロビーにあったパンフレット)
Foundation Annual Report(Fiscal Year 2002: July1,2001-June 30,2002)
WITH GRATITUDE TO OUR DONORS
Cash and pledge payments received during Fiscal Year 2002
(寄付者名が続く、個人と団体で、おおざつぱで2500人くらい)
GIFTS FOR FISICAL YEAR 2002
$9,146,011
Sources of Gifts
individuals $2,336,394 Corporations $1,301,663 Organizations $2,071,921 Estates $524,643 Foundations $2,911,390

寄付は年$9,146,011、約10億円ですね。1日約300万円、
アメリカはボランティアが活発だからと想像はしていましたが驚きです、日本では病院への寄付はどうでしょう。


17. 2010年11月08日 13:58:58: aokPoQqLuW
アメリカの物価は安い、生活水準は日本よりかなり高い、これはアメリカに住んだ経験のある人たちの共通認識で常識。
こんなことを言ううとすぐにアメリカの貧困層はもっとひどいとか何とかいう人が出てきて議論が振り出しに戻りますが、いい加減堂々巡りの議論はやめたらどうか?
さらにいえば、日本は東京に人口が過度に集中しており、毎朝毎晩の通勤地獄、これはアメリカはおろか、先進国ではありえない。ほとんどの後進国でもまずない。
これが日本では40年も放置され、かつ年々ひどくなっている(広域化、長時間化している)。こんなこと自体、欧米、豪州では考えられない。
道路事情、交通渋滞となると、これは東南アジア並み(失礼)、韓国などのほうがよほど進んでいるとしか思えない。
さらに、地方の過疎化、これも40年も言われ続けているが、全く改善されない。
どころか、最近は東京近郊ですら、通勤圏街では過疎化が進んできており、状況は悪化している。農家は高齢化しており、農業は崩壊の危機にひんしている。
公務員の多さ、給料の高さ、意味のない市議会や町議会なども、少なくともアメリカにはないと思う。私の考えでは、これらはもはや、制度化された、従って誰にも手を出せない、しかも国民生活の一部となったゆえに直しようがない社会の病だ。
食品などの高品質性を日本の美点として訴える人は多い。しかし、海外に住めば、それらは大きな問題ではない。生活全般の豊かさ、ゆとりと、ケーキやフルーツの美味しさとどちらを選びますか?と言われて、後者を選ぶ人は、アメリカに住んだ経験のある人の中にはいないだろう。そんなものは、大したことではないし、たまにほしくなれば、ちょっと(ちょっとである)多めに金を払えば、いくらでも手に入るからである。
日本は貧しい。それは認めなければならない。
でなければ、進歩も改革も、その必要性すら埋没してしまう。

18. 2010年11月09日 15:03:04: YQeMxhpnFo
マイケルムーアの「シッコ」を見れば、一目瞭然。


19. 2010年11月09日 21:54:08: WZ2jIPwkwk
マイケルムーアは問題提起がうまいけれど、それを鵜呑みにするのはどうでしょうか?彼の映画はあくまで金持ちの道楽みたいなものだと思います。
たとえば、医療において日本は新薬についても新しい治療法法においても、終末医療、尊厳死等々ムーアさんがすきそうな分野で、決定的に遅れている。それによっていかに多くの人々が犠牲になっていることか?日本では絶望のふちといわれている人々がなけなしの金でアメリカに行って『不治の病』を治療していることか?
マスコミやムーアを利用している人たちにだまされてはいけない。
遅れているのは日本である。それを糊塗しているのは官僚であり、官僚に好かれて一緒に出世したい全国紙の記者をはじめとするマスコミである。
そして何よりもいつまでたってもあほが抜けないわれわれ国民だ、とは思わないのですか?ムーアに日本の『先進性』の仮面をはいでもらったらいいでしょうが、貧乏性の日本人には、アメリカ人のようにそれを受け入れる素地も無いのではないかと危惧されます。

20. 2010年11月10日 01:36:30: n5JOzlGz9w
米国圏を体験した者ですが富裕層はダイエットを意識しヘルシーな輸入食材を堪能しています。
貧困層は、重労働での負荷を満たすように安価で高カロリーのジャンクフードを食べています。

地位や経歴を紹介されるまで…どちらが、いわゆる成功者か全く見分けがつきませんでしたよ


21. 2010年11月10日 02:33:19: B5offegeiY
阿修羅さんへ
年金も健康保険も広義の「税金」ですけど何か?
コメント欄も嘘を馬鹿みたいに連ねてますね。
B層撹乱部隊(プロ奴隷:小泉政権の立役者の一部)が明躍中って事ですか。

最高の奴隷は奴隷であることに気づいていない奴隷。
悪いけど私は奴隷であったことに気づいたんですよ。


22. 2010年11月10日 13:28:47: uKFoqoJusE
>>18
マイケルムーア日本版を作って頂きたい

がん検診率,16カ国で日本は最低、米国は最高
※「日本のがん治療水準は30年遅れ」国立がんセンター中央病院腫瘍内科医長の話
(07年10月12日、日本テレビ、リアルタイム)
「日本医療は後進国」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/1202.htm


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民70掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民70掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧