★阿修羅♪ > 雑談専用39 > 843.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ハリウッド現役プロデューサーが暴露「役のために女優は寝る」の実名(ABCdane.net) 枕営業
http://www.asyura2.com/10/idletalk39/msg/843.html
投稿者 高橋是清会 日時 2012 年 4 月 15 日 03:10:23: fqnvpSFGv5aiA
 


ハリウッドの現役敏腕映画プロデューサーが「女優はセックスして役をとる」と衝撃発言した。

かねてから、芸能界ではよく噂されていた「女優と監督たち」の関係が、”当事者”である「ヴァージン・スーサイズ」などの映画をプロデュースしたクリス・ハンレイによって暴露された。

「私は今までに24本の映画をプロデュースしてきたが、ほとんど全部の映画で主演女優は、役を得るために監督かプロデューサーか主演男優と寝ている」と発言した。これはある大学の30周年同窓会のスピーチで明かされたとニューヨークポスト紙は伝えている。

また「俳優のほうがビックネームの場合は、監督がその映画の監督をしたいがために、俳優陣と寝ることさえある」とも発言したという。

ハンレイが携わった映画では「ほとんど全ての映画」で、「役ゲットのためのセックス」が行われてきたというが…。

ちなみにハンレイ制作映画では、「ヴァージン・スーサイズ 」がキルスティン・ダンスト(左上)やキャスリーン・ターナー、「バッファロー66」がクリスティーナ・リッチ(左下)、「アメリカン・サイコ」でクロエ・セヴィニー(右上)、そして今年公開予定の「Edmond」ではジュリア・スタイルズ(右下)が出演している。

http://abcdane.net/blog/archives/200506/hanley_girls.html

(引用ここまで)。


最近では、韓国で女優さんが何度も性接待をされたあげく、自殺。警察当局は捜査を打ち切って、この件は幕引きとなったが、

このように、クリス・ハンレイというプロデューサー自体が、芸能界の”性事情”について暴露している。

日本の芸能界も、こんなのは日常茶飯事なんでしょう。

どこの国でも芸能界では、プロデューサーと女優は枕営業によって性的関係が結ばれてしまうのか。

芸能界は金とセックスまみれだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年4月15日 03:11:02 : 03DI0KkuT2
ハリウッド現役プロデューサーが暴露「役のために女優は寝る」の実名(ABCdane.net) 枕営業


02. 2012年4月15日 06:10:09 : SpAeJkxUgM


従業員に命じて『枕営業』させた会社経営者、大沢伸一を準強姦で逮捕

 部下の女性に取引先とわいせつな行為をさせたとして、警視庁が音楽プロデューサーで
会社経営の大沢伸一容疑者(44)を準強姦容疑で逮捕していたことが捜査関係者への
取材でわかった。逮捕は14日。

 捜査関係者によると、大沢容疑者は11月、自らが経営する会社に勤務する女性に
「取引先の男性の相手をしてほしい。そうしないと会社が潰れる」などと命令し、
東京都内のホテルで男性とわいせつな行為をさせた疑い。

 同庁は、大沢容疑者が女性に対し、従わなければ解雇されると誤信させたことについて、
準強姦罪の要件である抵抗不能な状態に陥らせたと判断した。
会社の利益を図ろうとしたとみている。
大沢容疑者は歌手の安室奈美恵さんらの作品を手がけていた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111229-OYT1T00184.htm



03. 2012年4月15日 06:15:15 : txKoq6KBVw
AKBが滅びることはない。何故なら運営が傾くと少女たちを使うからだ。
映画やテレビに出してもらう為だけではなく、プロダクション存続の道具として使う。
まったく、秋元の頭の良さには舌を巻く。

04. 2012年4月15日 07:19:57 : LyiwjtbeRc


韓国人女優の「性接待」事件、国家機関の不法介入と警察の隠ぺい疑惑

2012/01/06(金) 09:59

  所属事務所の社長に番組のプロデューサーや広告主への接待を強要されたことを苦にして、2009年に自殺した韓国の女優チャン・ジャヨン事件に、韓国の国家情報院が不法に介入していたとの疑惑が持ち上がった。韓国メディアは5日、相次いでこれを報じ、多くの疑問を残したまま捜査終了となった同事件に再び注目が集まっている。

  「国家情報院の介入」と「警察の隠ぺい」があったとの疑問を呈したのは、MBC放送のイ・サンホ記者。イ記者は5日放送のモバイル専用ニュース番組『手の平TVニュース』で所轄の盆唐警察署から入手した捜査資料と関係者からの証言を元に、チャン・ジャヨンが自殺した同日に、国家情報院が元マネージャと接触していたと主張した。

  さらに、警察は元マネージャに対する取り調べで国家情報院との接触について質問をしており、元マネージャは国家情報院との接触を認めている。イ記者は国家情報院の介入があっただけではなく、所轄の盆唐警察署が調査を怠ったと主張した。

  この疑惑に対して、国家情報院関係者は「関係する人物がいるかどうか確認だけ」と釈明しており、警察も隠ぺいを否認している。だが、イ記者は「国家情報院の不法介入は明らかなもの」「証拠もある」とし、関連部署の適切な対応がない場合、来週の番組ではチャン・ジャヨン事件の裏にある組織を暴露する考えを明らかにしており、大きな波紋が予想される。

  故チャン・ジャヨンは出演中のドラマ『花より男子』が大ヒット放送中の2009年3月に自宅で自殺した。自殺する1週間前に元マネージャに実名を記した接待リストを渡したが、多くの疑問を残したまま警察が早々捜査を打ち切った。

  また、チャン・ジャヨンの死から2年後の2011年には「性接待は100回以上、31人」と具体的に書かれた彼女直筆とされる手紙が公開されて一時騒然となったが、捜査の結果、ねつ造であることが発表された経緯がある。(編集担当:金志秀)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0106&f=national_0106_044.shtml



05. 2012年4月15日 13:03:31 : uz4zqg3c5L
あきもとはばいしゅん容疑で摘発される可能性があると阿修羅さんの記事にまえに出てたが、いっこうに摘発されないね。真実は違うのじゃないか。

えらいさんや関係者の爺どもがアイドルの中に射精してるのが日常だという枕営業というのが普通だという噂は本当なのか。

恋愛や大人のセックスは個人の自由だろ。一緒に仕事してたら男と女はセックスするようになるのは普通だろうが。人生の息抜きは女も男も一緒だしアイドルも若い少女もセックスは日常的にしてるだろうが。枕営業しても仕事はとれんだろ。


06. 2012年4月15日 15:53:16 : S6Sn4jy9lk
なぜ、05は芸能界のお偉いさん達を擁護する。



07. 2012年4月15日 22:06:23 : dGbKj18QPs
「オズの魔法使い」で主役を演じたジュディ・ガーランドが性的に破天荒だったことは良く知られている。

人一倍目立つ存在は、何かが異常と言っていい。
それは至極当たり前のことに思える。

我々が、そこに幻想を見る自由は残されている。
けれども、彼らは異常と言って良かろう。


08. 2012年4月15日 22:31:47 : txKoq6KBVw
>いっこうに摘発されないね。

そりゃパチンコが粛正されないのと同じだよ。(笑)

世の中すべてが以前より悪くなって行ってる気がするねぇ。


09. 2012年4月16日 14:46:14 : LGUfwnafEI
えーーーなに今更言ってんの?

TVに出てても「御清潔」なんて思ってる人いるの?

ちょっと頭弱いんじゃない?


10. てんさい(い)[707] gsSC8YKzgqKBaYKigWo 2017年10月17日 12:17:07 : 0kUGInjLpY : VLecBnM2280[371]
https://news.yahoo.co.jp/byline/saruwatariyuki/20171016-00076971/
嫌われ者ハーベイ・ワインスタインに対する本音、あちこちで炸裂

ケイト・ウインスレットは、オスカー受賞スピーチでワインスタインに感謝しなかった(写真:ロイター/アフロ)

 かつてオスカーを牛耳った男が、仲間たちから追放された。西海岸時間14日、アカデミーは、セクハラ問題で世間を騒がせているハーベイ・ワインスタインの処分について緊急会議を行い、彼の会員資格を剥奪することを決めたのである。出席したのは、スティーブン・スピルバーグ、トム・ハンクスらを含む役員54人。決定には3分の2の票が必要だったが、賛成の票は、それを大幅に上回ったそうだ。

 ワインスタインが手がけた作品は、これまでに、のべ300以上のオスカーノミネーションを手にしてきている。「L.A.TIMES」に、”the Oscars”ではなく”the Harvey’s”と呼ぶべきか、と言わしめたこともあるほどだ。 受賞スピーチでも、彼は何度となく名指しで感謝をされてきた。だが、成功は全部自分の手柄にし、ライバルを陥れることも厭わない彼を良く思わない人も少なくなく、彼が凋落した今、これまで溜まっていた本音が、あちこちで聞かれるようになっている。

「ブリジット・ジョーンズ」シリーズでワインスタインと組んだこともあるイギリスの映画会社ワーキング・タイトル・フィルムズの代表エリック・フェルナーは、「Screen Daily 」に対し、今ワインスタインの身に降りかかったことを聞いてうれしく思うと語った。「僕は彼のことが全然好きじゃなかった。彼の仕事のやり方も、クリエイティブなふりをするところも。女性の扱い方もだ。彼は、僕の身近な人にもそれをやったから、僕は知っているんだよ。あいつには我慢がならない」と、ぴしゃりと言うフェルナーは、コーエン兄弟らなど業界の大物がいる前で、ワインスタインに面と向かってはむかったこともあると告白している。だが、もっと強く立ち上がるべきだったとも言う彼は、「だから、今日は良い日なんだ。何年も言いたかったことを、僕らはみんな、言うことができるんだよ」と述べた。
「俺がお前にオスカーを取らせてやる」

 ワインスタインがプロデュースした「愛を読むひと」でオスカーを受賞したケイト・ウィンスレットは、受賞スピーチでワインスタインに感謝の言葉を捧げていない。それは意図的だった。「L.A.TIMES」に対してウィンスレットが語ったところによると、「受賞したらハーベイに感謝するように」と周囲から言われていたのだが、「失礼な行動をする人に感謝する義理はない」とはねつけたのだそうだ。

 ウィンスレットは、ミラマックスの「乙女の祈り」で映画デビューを果たしている。そのことを誰よりも覚えているのがワインスタインで、「君に最初の映画をあげたのが誰だったか忘れるな」と、ウィンスレットを見るたびに言ってきたらしい。「愛を読むひと」でウィンスレットが候補入りした時も、「俺がお前に勝たせてあげるからな。俺がやってやる」と、恩を売りつけた。だが、肝心の撮影現場では、スティーブン・ダルドリー監督や彼女に相談もなく、もうお金がないからと予定より4日早く撮影をやめさせるなど、クリエイティブ面での理解や支援はなかったという。ダルドリーが、オスカーの時期に間に合うように作品を完成させるのは無理と言った時のワインスタインの激怒ぶりは、当時も広く報道されている。ウィンスレットの担当エージェントの女性が、彼から毎回のように侮辱の言葉を浴びせられるのにもうんざりした彼女は、以後、ワインスタインとは仕事をしないと決めた。今回の事件に関しても、「この罪に対して最も重い刑罰が与えられることを願う」と語っている。
弟も言葉の暴力をたびたび振るわれた

 ワインスタインに最も近い人であるはずの弟ボブも、実は彼と疎遠な関係にあった。西海岸時間14日の「The Hollywood Reporter」で、ボブは、この5年の間、兄と個人的な会話をしたのは10回くらいだと打ち明けている。

 彼は兄からたびたび言葉の暴力を受け、時には肉体的な暴力を振るわれることもあった。ミラマックスの一部として、ホラーを中心にした別のレーベル、ディメンション・フィルムズを立ち上げてからは、意図的にニューヨークにいる兄を離れ、自分はL.A.のオフィスでディメンションに専念したという。セクハラについては、既婚の兄がほかの女性にも手を出していることは知っていたものの、ここまでひどいとは思わなかったと主張。「自分が知っていたのは、彼が傲慢で、いつも他人をひどい形で扱う人だということ。僕のオフィスには、常に、『あなたのお兄さんに、こんなことをされました』と、泣きながら人がやってきていた」と語った。

 実際、ミラマックスとザ・ワインスタイン・カンパニーでは、社員は給料が安くてすむ若い人が中心で、入れ替わりもかなり激しかったようだ。今になって、元社員や関係者も、社風や社内でのワインスタインの行動について、口を開き始めている。隠されてきた汚い真実と抑圧された感情は、これからまだまだ噴出してきそうである。


11. てんさい(い)[708] gsSC8YKzgqKBaYKigWo 2017年10月17日 12:29:01 : 0kUGInjLpY : VLecBnM2280[372]
https://news.yahoo.co.jp/byline/saruwatariyuki/20171017-00077006/
ハーベイ・ワインスタイン事件:ここまでの経緯をおさらいしてみる
猿渡由紀 | L.A.在住映画ジャーナリスト
10/17(火) 6:30

 ハーベイ・ワインスタインについての暴露記事がハリウッドに衝撃を与えてから、11日が経った。事態は刻一刻と先に進んでいるが、状況に着いていけていないという人のために、彼という人物や、これまでの経緯を、ここで簡単に説明しておこうと思う。

 この機会にお伝えしておくが、正しい発音は、ワインスティンである。しかし、日本では長年ワインスタインと表記されてきたため、混乱を防ぐために、筆者はワインスタインで通すことにしている。

ワインスタインとはどんな人なのか

 ハーベイ・ワインスタイン(65)は、ハリウッドで強力なパワーを持つ映画プロデューサーである。ニューヨーク出身の彼と弟ボブ(62)は、70年代末に、映画会社ミラマックスを創設。社名の由来は両親の名前で、小規模だった頃は、母が受付に座っていたりしたそうである。

 80年代末から90年代にかけて、ミラマックスは、「セックスと嘘とビデオテープ」「クライング・ゲーム」「パルプ・フィクション」など、大人向けの良質で個性的な作品を次々に送り出し、批評面でも、興行面でも大成功を納めた。「イングリッシュ・ペイシェント」では、初のオスカー作品賞を獲得。これをきっかけに賞に貪欲になったワインスタインは、毎年その時期になると、強引すぎるほどのオスカーキャンペーンを展開するように。そのことから、彼は、現代のオスカーキャンペーンの基礎を作った人とも言われるようになった。ミラマックス時代には、ほかに「恋におちたシェイクスピア」と「シカゴ」が、作品賞に輝いている。

 無名俳優だったマット・デイモンとベン・アフレックを「グッド・ウィル・ハンティング〜旅立ち〜」で大ブレイクさせてあげたのも、ジョージ・クルーニーに監督デビューのチャンスをあげたのも、ワインスタイン。グウィネス・パルトロウ、クエンティン・タランティーノなど、彼に恩がある人は、ほかにも多数いる。

 ミラマックスは、93年、ディズニーに買収されたが、その後も、実質的な経営は、ワインスタイン兄弟が以前と同様に行ってきた。しかし、ディズニーのトップとの間に摩擦が強まり、2005年、兄弟は自分たちが創設した会社を離れ、ザ・ワインスタイン・カンパニー(TWC)を創設する。TWC時代になってからも、「アーティスト」「英国王のスピーチ」がオスカー作品賞を受賞した。

 結婚歴は2回。最初の妻は元アシスタント 。2007年に再婚した相手は、ファッションブランド、マルケッサのデザイナーであるジョージナ・チャップマン。あまり表に出ず、 主に関連レーベルのディメンション・フィルムズの経営にたずさわる弟ボブと違い、ワインスタインは出たがりで目立ちたがりや。多くの才能を発掘した一方で、監督と編集についてもめることもたびたびあり、皮肉を込めて「シザーハンズ」(ハサミ)とも呼ばれてきた。「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」では、自分の気に入らないバージョンを監督とプロデューサーがカンヌ映画祭に出品したことに怒り狂い、カンヌをボイコットしただけでなく、アメリカで劇場公開をしないという仕返しに出ている。怒りっぽく、気に入らないと大声で怒鳴ったりすることでも有名だ。

 長年の民主党支持者で、オバマ、ヒラリー・クリントンをはじめとする民主党の政治家に、多額の寄付をしてきている。ロバート・デ・ニーロと組み、レストランに投資もする。彼の資産総額は、3億ドル(約336億円)とされる。
彼のセクハラはどのように明るみに出たのか

 ワインスタインについての大きな記事を書くべく、「New York Times」と「New Yorker」が別個に動いているという噂は、少し前から出ていた。ワインスタインも把握しており、なんとか阻止しようと策を練ったそうである。

 先に出たのは、「New York Times」。今月5日に出たこの記事には、ワインスタインが20年以上にもわたって、若い女優や社員らにセクハラをしてきたことが、詳細に書かれていた。仕事のミーティングを装って狙った相手をホテルに呼び出し、自分の部屋に上がって来させて、バスローブ姿の自分にマッサージしてほしい、あるいは自分がシャワーを浴びるのを見ていてほしい、などというのが、彼がよく使った手口。記事の中では、アシュレイ・ジャッドが実名を出して告白している。また、彼が、最低でも8人の被害者と示談に応じていたことも明かされた。

 10日に出た「New Yorker」の記事は、さらにショッキングだった。彼は、セクハラだけでなくレイプもしていたというのである。被害者のひとりは、イタリア人女優アーシア・アルジェント。この記事ではまた、2015年、ニューヨーク警察が録音していた証拠音声も公開された。これと同じ日に、「New York Times」が続報記事を発表。こちらの記事では、グウィネス・パルトロウ、アンジェリーナ・ジョリーら複数の女優が、被害者として名乗り出た。

「New York Times」と「New Yorker」の記事が立て続けに出たのは、偶然である。「New Yorker」の記事を執筆したローナン・ファローは、10ヶ月かけて取材を行っており、もともとは、テレビ局NBCで放映するつもりだったのだ。しかし、NBCが最終的にこれを取り上げないと決め、彼は「New Yorker」に持ち込んだのである。一方、「New York Times」は、2004年にもワインスタインの行動について記事にしようとしたことがあったのだが、実現しなかった。これらの背後にワインスタインからのプレッシャーがあったのかどうかは、今のところ、はっきりしない。ところでファローは、女優ミア・ファローとウディ・アレンの息子である。彼は父と険悪な関係で、昨年、自分の娘に性的虐待をしたアレンがまだ堂々と仕事をさせてもらえているハリウッドの実情を非難するエッセイを、「The Hollywood Reporter」に寄稿している。

発覚後、彼はどうなったのか

 5日の「New York Times」の記事が出た直後、ワインスタインは謝罪の声明を出し、更生のため休職をすると発表した。しかし、言い訳に満ちたその声明は、逆にもっと批判を呼ぶことになる。ワインスタインの弁護士は、「New York Times」を訴訟すると宣告した。

 記事に出たワインスタインの行動についてまったく知らなかったと主張するTWCは、独自の調査を始めると発表。8日には、役員会議でワインスタインをクビにする決定を下した。この直前、ワインスタインが、ジェフリー・カッツェンバーグを含む業界の大物に、「クビになりたくない。自分を助ける手紙を書いてほしい」とメールを送っていたこともわかっている。

 英国アカデミーは、ただちに彼を追放。ハリウッドのアカデミーも、14日の会議で、彼の除名を決めた。プロデューサー組合も、アメリカ時間本日16日に投票にかける。彼が常連だったカンヌ映画祭も、批判の声明を発表。マクロン仏首相は、レジオンドヌール勲章を剥奪すると発表した。この流れに逆らうのは無理と悟ったのか、「New York Times」を訴訟すると言った弁護士は、それを行動に移さないまま、15日にワインスタインの弁護を辞めている。
どうしてこれまで表に出なかったのか

 2013年のオスカー授賞式で、ホストを務めたセス・マクファーレンは、助演女優部門の候補5人の名前を読み上げた後、「おめでとうございます。あなたたちはもう、ハーベイ・ワインスタインが好きだというふりをしなくてもいいですよ」とジョークを言っている。彼は、親しい女優から話を聞かされていたのだ。パルトロウも、被害の直後に家族や友人に話しているし、決して、これまで誰も知らなかったわけではないのである。

 だが、ワインスタインは、社員たちに、会社やトップの不名誉になることを言ってはいけないとの契約書にサインさせていた。言うことを聞かないとキャリアを潰してやると、被害者を脅すこともしている。

 業界の男たちも、何かを耳にはしても、知らん顔をして彼とのビジネスを続けていた。ローズ・マッゴーワンは、アマゾン・スタジオズのトップに、自分がワインスタインにレイプをされたことを伝え、「彼とはビジネスをしないで」と言ったが聞いてもらえず、逆に自分のプロジェクトを潰されたとツイッターで打ち明けている(このトップもまたセクハラ加害者であったことが判明し、先週、アマゾンをクビになった)。

 今になって明るみに出たことには、社会の変化も関係しているだろう。昨年は、フォックス・ニュースのトップでテレビ界の大物ロジャー・エイルズが、セクハラで辞職に追いやられた。それとは別に、フォックス・チャンネルに出ていたビル・オライリーも、15年にわたって複数の女性にセクハラをしていたことが判明して、番組を追いやられている。女性たちの間で、黙っていてはいけないとの風潮が高まってきていたのだ。

 アリッサ・ミラノは、15日、ツイッターで、セクハラを受けたことのある女性たちに、「#Me Too」のハッシュタグをつけてメッセージを投稿しようと呼びかけた。ソーシャルメディアは、今、このハッシュタグで溢れかえっている。 

果たして彼のこれからは

 ワインスタインは、セックス依存症の更生のためとして、アリゾナ州スコッツデールで時間を過ごしている。だが、アメリカ時間明日17日のTWCの会議には、電話で参加する予定だ。解雇は契約違反だとする彼は、断固として闘うつもりのようである(ボブは、解雇はゆるぎがないと『The Hollywood Reporter』に対して語っている)。ワインスタイン兄弟はTWCの42%を所有しており、彼の持ち分をどう取り戻すかも焦点になりそうだ。

 ロンドンとニューヨークでは、警察の捜査が進められている。かなり昔の出来事とあって、刑事事件として起訴する上では障害が大きいだろうというのが、専門家の見解だ。だが、被害者たちによる民事裁判が起こる可能性は、十分ありえる。その裁判は、映画でもめったにないほど、多数の女性たちが登場するものになるだろう。そしてそのドラマが始まる時、ワインスタインは、カメラの後ろでのんびりするのではなく、みんなが見つめる主人公の役を担うことになるのだ。


12. 2017年10月18日 17:20:17 : FieXiNBWLk : tqFS9X@7p2I[85]
麻薬とセックスだらけのハリウッド。
全世界に影響を及ぼしてる。

13. てんさい(い)[719] gsSC8YKzgqKBaYKigWo 2017年10月20日 14:16:30 : 0kUGInjLpY : VLecBnM2280[383]
ハリウッド顔負け 日本芸能界セクハラ&パワハラ驚愕実態
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/215717
2017年10月18日
被害に遭った女優は数知れず(C)AP

 米ハリウッド発のセクハラ騒動が日本の芸能界にまで波及している。

 映画「恋におちたシェイクスピア」などで知られる大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏(65)がこのほど、アカデミー賞の主催で知られる映画芸術科学アカデミーから会員資格を剥奪されたことでハリウッドは大騒ぎだ。

 現地報道などによると、ワインスタイン氏は疑惑を否定しているが、同氏のセクハラは関係者の間では「公然の秘密」。今回の措置はアンジェリーナ・ジョリーら大物女優が相次いで被害証言をしたことが決定打となったもようで、これは映画界からの追放を意味し、米メディアは「前例のない厳しい措置」としている。

■グラビア撮影で「キスの儀式」

 成功を夢見る女優に職権を乱用してセクハラ三昧とは許しがたい所業だが、これは日本の芸能界にとっても対岸の火事じゃないという。

page: 2

「セクハラ問題は日本の芸能界の暗部でありブラックボックス。女優らがハリウッドにならって証言をはじめたりすれば、間違いなく大騒動になります」と言うのは芸能プロデューサーの野島茂朗氏。その実態を聞くと……。

「たとえば、巨匠と呼ばれるベテランのカメラマンは、グラビア撮影の際、モデルのくちびるにキスをして、水着の上からですが胸を揉みます。それが当たり前の儀式のようになっているのは、グラビアの仕事をする関係者の間では有名な話。それをスタジオで目撃した新参のマネジャーが驚いて止めに入るのを、現場のプロデューサーや編集者が制止するんです。また、あるDVD販売元の社長は作品の主演女優をクルーザーパーティーに誘う手口で近づいて、3Pプレーを強要したという話もあります。この女優は人間不信でうつになったことで知られている。さらにテレビ番組などソフト制作会社の某プロデューサー兼スタイリストは、かねて衣装部屋として会社経費で借りているマンションの一室にモデルを連れ込んでのレイプ疑惑がある。大物とされる人物を筆頭に、業界での影響力にものをいわせてのセクハラが横行しているんです」

page: 3

■女優からの逆セクハラも

 他にも著名な映画プロデューサーは「銀座の高級クラブでホステスの胸元に手を突っ込んで“カップを当ててやる”と揉みまくっていますよ。そういう店じゃありませんと拒否すると不機嫌になって席を外される。店も上客だから文句は言えない」(クラブ関係者)。これも立場を利用した立派なセクハラ、パワハラ行為といえよう。

 また日本の場合、ベテラン女優からの逆セクハラも少なくないという。

「ドラマの現場では、若手ディレクターが熟年の女優から猛アタックされて辟易しています。いわゆる草食系ということもあってか、『厚化粧のババアにベタベタされてたまらない』と嘆いていました。セクハラ告発が相次げば、彼も証言するかもしれませんね」(野島氏=前出)

 明日のスターを夢見る女優の卵やアイドルを食い物にするヤカラが跋扈する日本の芸能界。ワインスタイン氏のように告発して永久追放すべきだろう。


14. 2017年11月04日 20:02:16 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-3784]
2017年11月4日(土)
セクハラ被害「私も」
米欧揺るがす勇気の告発

 米国で、ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏によるセクハラが告発されたことをきっかけに、セクハラ被害を公にしようという動きが起きています。それを受けて英国でも、男性政治家による女性国会職員に対するセクハラの常態化に社会が注目。1日にはファロン国防相がセクハラの責任を取って辞任しました。

 (ワシントン=遠藤誠二、ベルリン=伊藤寿庸)
米 ハリウッド発端

 「Me too」(私も被害にあった)を合言葉・ハッシュタグ(投稿検索の目印)に、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)での発信など、セクハラを告発する動きが全米で沸き起こっています。

 ワインスタイン氏のセクハラ問題は、10月5日付の米紙ニューヨーク・タイムズが報じたのが最初。女優のアシュレイ・ジャッドさんが過去に被害を受けたと告発しました。その後、グウィネス・パルトロウさん、アンジェリーナ・ジョリーさんらが次々と被害を公表。名乗りをあげる被害者は増えています。

 女優のアリッサ・ミラノさんがツイッターで、「もしセクハラや暴力を受けたら『Me too』とこのツイートに返事して」と投稿したところ、大反響を呼びました。

 米国の著名人によるセクハラはこれまでも、コメディアンのビル・コスビー氏やFOXニュースの故ロジャー・エイルズ元CEO(経営最高責任者)、キャスターのビル・オライリー氏など多数、明らかになっています。ブッシュ元大統領(父親)も過去の行為を告発され、謝罪しました。
英 国防相が辞任

 セクハラに対する米国での批判の広がりを受けて英国でも、政治家による女性スタッフへのセクハラが問題となっています。そうした中、メイ首相に近いとされる重要閣僚のファロン国防相が1日、辞任しました。同氏は2002年にラジオ番組に出演した際女性司会者の膝を触ったことを暴露され、批判されていました。

 首相に提出した辞表で同氏は「過去に私が、軍に求められる高い基準より低い行動をとったことを認める」と述べました。

 同日には、グリーン筆頭国務相に対する疑惑も浮上。15年にセクハラを受けたとする女性記者が、英紙タイムズに、事実を明らかにする記事を掲載しました。グリーン氏はこれを否定しています。

 英国会では、秘書やリサーチャーなどの女性職員が、ソーシャルメディアを通じて、加害者の情報を共有していると報じられています。

 メイ首相は先週、「望まれない性的行動は全く受け入れられない」として、被害者に名乗り出るよう呼び掛けていました。

 労働党のコービン党首も10月28日、「ゆがんだ、尊厳をおとしめる文化が、ウェストミンスター(国会)を含む政界で横行している」と批判。労働党内からもセクハラの告発が出ており、議員1人が資格停止処分を受けています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-11-04/2017110407_01_1.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用39掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用39掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧