★阿修羅♪ > 国際5 > 459.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中東・北アフリカで燎原の火のごとく広がった「民衆蜂起」は歴史の必然と見る。これらの地域の21世紀の幕開けを告げる素晴しい
http://www.asyura2.com/10/kokusai5/msg/459.html
投稿者 仁王像 日時 2011 年 2 月 22 日 19:58:59: jdZgmZ21Prm8E
 

 中東・北アフリカで燎原の火のごとく広がっている「民衆蜂起」は、歴史の必然と見る。これらの地域の21世紀の幕開けを告げる素晴らしい現象である。
 だが、この混乱に乗じて介入・誘導する勢力があってもおかしくない。彼等はそうするはずだ。

 これらの「民衆蜂起」の主因が何で、副次的に伴った現象は何かという立場での論立てである。
 まず、チェニジアを見てみる。Nスペによると、ある都市の果物を販売して生計を立てている露天商が警官に言いがかりをつけられ、商売に必須なものを取り上げられた。そこで抗議して言い合いになったが、露天商は絶望のあまりその場で抗議の焼身自殺をした。それを見ていた民衆が近くの役所を襲った。その映像がネットに流れた。
 これが始まりだった(もちろんNスペがすべての手がかりを提供しているわけではない)。この映像を見たある女性は、心底怒り、心底悲しんだ。心底こんな社会・政治があってはならないという思いに火がついた。彼女はフェイスブックでこの映像を仲間に流した。これが瞬く間に広がっていった。
 警官がいいがかりをつけて賄賂をとる構図はこれまでも茶飯事だったろう。しかし時代はネットの時代であった。溜まりに溜まった民衆のマグマの噴火口ができていたのだ。

 エジプトの政変も明らかにチェニジアの政変の影響をうけて自然発生的に始まった。
 ここまでの過程にアメリカや国際金融勢力が直接主導したとは思われない。その証拠も今のところないと思う。親米・親イスラエルのムバラク政権をアメリカが自ら積極的に主導して潰す必然性はないはずだ。
 だが、ここまで民衆蜂起が拡大すれば、ムバラクを断固支持するなどと言えたものではない。国際世論も見ている。アメリカの伝統的な「人権外交」という建前もある。これで、ソ連や中国をさんざん揺さぶってきたのだ。

 中東・北アフリカの前近代的な長期にわたる独裁政権を後押しできる時代ではない。だからオバマは曲折の末、ムバラクに即時退陣を求めた。軍部がムバラクに引導を渡したという田中宇の見解はおそらくそうだろう。氏はアメリカの意向を受けた軍部がと言っているが、果たしてそれだけであろうか。
軍部が木偶の坊でない限り、「ムバラクでは持たない」という独自の政治判断もあったのではないかと筆者は考える。軍部が早々とデモを抑えることをしないと表明したのは独自の判断ではないのか。
(このような事例は歴史的にもある。たとえば韓国大統領・朴正煕が側近の護衛官に射殺されたのは(1979.10.26)、国内各地に民衆蜂起が吹き荒れる最中であった)。

 今やリビアも崩壊寸前である。さらに他国にも広がっていく。これらの一連の民衆蜂起がもっぱらアメリカや国際金融勢力の画策によるものとし、否定的に捉える見方は、「敗北主義」であり「民衆不信」である。「中東を戦乱と貧困の混沌に追い込むのが目的。シナリオを書いたのは国際銀行家グループ・国際金融資本」などと現時点で決めつけるのはあまりにもうがった見方で状況を撹乱するものである。あたかもこれらの民衆蜂起が無意味でバカげているかのようだ。この地域の人々の闘いへの冒涜といっていい。

 だが、統一戦線も出来ないうちの急激な政権崩壊は、その後の政権立ち上げを困難にしているのも確か。ここによからぬ勢力が付け込むスキはいっぱいある。アメリカや金融勢力が介入し、自分たちの都合のよい政権が打立てられるよう画策・誘導してくるのも明らかだ。あとはこれらの地域の民衆の力と知恵と(目に見えない)介入勢力との戦いである。

 以上の綱引きの過程で、「民主」というものに慣れていないこれらの国々の新しい政権が十分に民衆の負託に十分応えられないということはあるだろう。だが、一歩前進である。
 ムバラクよりもカダフィ※よりも少しでもマシな政権ができればさしあたりそれで良い。南アのマンデラが27年もの牢獄生活から解放されたのち大統領の座についたのも歴史の流れであった。南アの現政権が万全なものとは言えないだろう。だが、昔日に比べれば格段の前進といって間違いない。
 同様にこれらを足掛かりに次を目指していくのである。それが歴史の大方向というものだろう。

 中東・北アフリカの一連の民衆蜂起は、これらの地域の21世紀の幕開けを告げる素晴らしい現象である(と思う)。

 ※(カダフィ大佐の前半生はアラブの英雄だったかもしれないが、今はまったく様変わりしていると思う。長くやり過ぎた。)

・「統一戦線」の現代的意義を問い直す
 http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/362.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年2月24日 00:51:44: FFuNfLHeO2
カダフィ大佐は健在であると思う。民衆蜂起の見かけでCIAが発砲したのを見抜いたのだから。まともです。今もアラブの英雄です。民主化のための民衆蜂起といいながら、単にカダフィ大佐抹殺のためのひとつの手段だったと思う。本当の民衆蜂起なら国際金融資本が消滅しないといけない。アメリカでこそ起きなければいけない。日本では、みんなで連絡を密に取りつつ、対日謀略部隊を倒すことが先決です。

02. 2011年2月27日 00:30:21: FFuNfLHeO2
参考文献
ユダヤ・ロスチャイルド世界支配年表
アンドリュー・ヒッチコック
太田龍訳
p12
抜粋はじめ

米国大統領がならず者国家として告発する7つの国家は、いずれもロスチャイルド家が保有する中央銀行のない国であった。そのうちアフガニスランとイラクは米国に侵攻された。残りの5か国は、イラン、北朝鮮、スーダン、キューバ、リビアである、と。

抜粋終わり

昔々から計画されたことが起きていることです。
できれば本当の民衆蜂起がおきてほしい。
ロスチャイルド家の中央銀行がなくなってほしい。


03. いくぞ!北アフリカ! 2012年4月26日 13:57:22 : P.HwZY06rtiMg : MPJYuUEd6c
北アフリカというのをきいて何を思いつきますか?
何も思いつかない・ぴんと来ないという人はいいサイトがあります。

http://www.north-of-africa.com
このサイトで情報通になれるかも…。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 国際5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 国際5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧