★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 13177.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
  石川知裕議員の逮捕は、検察による、事実無根の完全な冤罪事案であった !
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/13177.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2019 年 12 月 27 日 21:14:48: jobfXtD4sqUBk kMKW2Itnkb6YWQ
 


 石川知裕議員の逮捕は、検察による、事実無根の完全な冤罪事案であった !

   政官業癒着・自民党政権・自公政権下、

       検察・裁判官の深層・真相は ?

(「植草一秀の『知られざる真実』」:2019/12/25より抜粋・転載)
────────────────────────────────────
1)安倍内閣が、不当に長期間存続している理由は、三つである !

安倍内閣が、不当に長期間存続している理由は、以下の三つである。

1.安倍内閣がマスメディアを不当に支配していること

2.安倍内閣が刑事司法を不当に支配していること

3.主権者国民がぬるいこと

この三つの要因が、すべて揃っているから、安倍暴政が続いている。

2)三つの条件の一つでも欠ければ、安倍内閣は、直ちに崩壊する可能性大だ !

この三つの条件の一つでも欠ければ、安倍内閣は、直ちに崩壊することになるだろう。

この三つは、民主主義国家が正常に機能するために必要不可欠な条件である。

残念ながら、現在の日本では、この三つが同時に欠落してしまっている。

そのために安倍内閣長期存続という異常事態が発生しているのだ。

3)国交副大臣・内閣府副大臣等の秋元司議員は、収賄容疑で逮捕された !

安倍内閣の国交副大臣、内閣府副大臣、復興副大臣を歴任してきた、自民党参議院議員の秋元司氏が収賄容疑で逮捕された。

安倍首相、安倍自民党総裁の責任が問われる。

秋元議員が所属する、自民党二階派の棟梁である二階俊博氏が記者からのインタビューに激高したことが伝えられているが、二階氏の責任を問うことも求められる。:https://bit.ly/39bgfmD

収賄は、安倍内閣が強行に推進している、IR=カジノ=国営賭場に関連するもので、秋元議員は、IR担当副大臣を務めていた。

4)秋元議員の逮捕について、安倍首相

   の責任が厳しく問われなければならない !

秋元氏の議員辞職が求められるとともに、安倍首相の責任が厳しく問われなければならない。

ところが、テレビメディアで安倍首相へのへつらい発言を続ける、田崎史朗氏は、「秋元氏は小物であるから、政権への影響は大きくない」と発言した。

安倍政権が腐敗しているだけでなく、取り巻き御用記者も、完全腐敗している。

メディアは、現職国会議員の逮捕は、10年ぶりと伝えているが、2010年1月15日の石川知裕衆議院議員の逮捕と、今回の秋元議員の逮捕とは、まったく異なる。同列に論じるべきでない。

5)石川知裕議員の逮捕は、検察による、

    事実無根の完全な冤罪事案であった !

石川知裕議員が逮捕されたのは、小沢一郎衆議院議員の、政治資金管理団体の不動産取得に関する政治資金収支報告が、虚偽であるとの、「見当違いの嫌疑」によるものだった。

石川知裕議員の逮捕は、事実無根の完全な冤罪事案だった。

小沢一郎議員の資金管理団体は、世田谷所在の不動産(土地)を取得するために、2004年10月に代金を決済し、2005年1月に、移転登記を完了した。

小沢一郎議員の資金管理団体は、この事実を、2005年の収支報告書に、記載して提出した。

6)大学教授:小沢一郎議員の資金管理団体の事務処理は、適正だった !

裁判で商法と会計学の専門家大学教授が、証言したように、この事務処理は、適正なものであった。

ところが、偏向した裁判官である、東京地裁の登石郁郎裁判長と、東京高裁の飯田喜信裁判長が、まったく無理筋の筋違い有罪判決を示したために、石川議員は、有罪認定されてしまった。

この裁判の不当性については、元検事で弁護士の郷原信郎氏が、厳しく批判している。

https://bit.ly/378BML6

裁判所は、水谷建設から小沢一郎議員サイドへの、裏金提供を事実認定したが、この事実認定が、誤りである。

7)飯田裁判長が、証拠調べを行わずに、石川議員に、不当判決を示した !

控訴審では、水谷建設社用車運転手の決定的な証拠が存在し、石川議員代理人が、証拠調べを求めたにもかかわらず、飯田喜信裁判長が、証拠調べを行わずに、不当判決を示したものだ。

この逮捕に際して、小沢一郎議員は、不起訴とされた。

ところが、この不起訴決定に対して、検察審査会に、審査が申し立てられた。

その結果として、東京第五検察審査会が、2010年4月27日と9月14日に二度、「起訴相当」議決をして、小沢一郎議員は、強制起訴された。―この続きは次回投稿しますー

(参考資料)

T 「CIAの対日工作員」が幹部になる、米国・自民党従属が、検察の正体 !

1 歴代トップは、「全員CIAに留学」する東京地検特捜部

東京地検特捜部の歴代トップは、「全員CIAに留学」し、「CIAの対日工作員」としての徹底的教育を受け、日本に帰国するらしい。

この教育を受けた者でなければ、東京地検特捜部、そして日本の警察機構の中で、上層部に出世する事は出来ないそうだ。 防衛省・元事務次官守屋を東京地検特捜部が逮捕した理由は、表向きの増収賄等とは全く別の、米国諜報組織「CIAの対日工作」であった。

2 佐久間達哉・東京地検特捜部長の正体

(1) 佐久間達哉は、対米隷属・清和会系の中曽根康弘に近い

東京地検特捜部長の佐久間達哉は1980年代に駐米日本大使館にいた。ここで「CIAの対日工作員」としての徹底的教育を受けたと思われる。 当時の駐米日本大使は大河原良雄であった。大河原良雄は、太平洋戦争当時から中曽根康弘とは戦友であり、駐米大使当時も中曽根の総理としての対米外交に二人三脚だった。

大河原良雄は、退任後に「財団法人世界平和研究所」の理事長になった。この法人は、外務省管轄ではなく防衛省の管轄であり、主な目的として、「日米関係を良好なものとし、中国の軍事戦略について研究する」というものであった。

そして、大名誉会長には「中曽根康弘」、そしてブレーンはあの「ナベツネ」だった。 ナベツネ&中曽根−大河原−佐久間は、生粋の「親米反中ライン」であり、さらには、同団体の研究主管の薬師寺泰蔵は、「竹中平蔵」とツーカーなのだ。 この団体は面白いことに、あの「柿澤弘治」も理事になっている

(2) 役所内で酒を飲みながら犯罪構想を 練る悪徳・東京地検特捜部長

役所内で酒を飲みながら「小沢一郎をぶっ殺せ」と

喚く東京地検特捜部長

法務省職員の証言によれば、佐久間達哉東京地検特捜部長らのチームは、毎晩、庁内で酒を飲み、「小沢をぶっ殺せ」と喚いているらしい(週刊朝日2010年1/28号21ページを参照)。仕事をする役所内で年末の仕事納め以外の時に酒を飲むのは、違法行為ではないのか。

それとも東京地検特捜部長らのチームだけは、酒を飲んでもいいと言う法律があるのか。まず、東京地検特捜部は、人様に対してガタガタ偉そうなことを言う前に、自分たちが役所内で酒を飲むことの是非の説明責任を果たしてもらいたいものだ。

しかもその酒は税金で買っているのだろうから泥棒行為にも相当する訳で、二重、三重に違法行為だ。こいつらの仕事ぶりのいい加減さが、法務省職員の証言で見えて来る。

U NHK等が隠す自民党政権・自公政権下、裁判所と裁判官の暗闇 !

(元裁判官生田暉雄弁護士が証言する)

(1) 最高裁は裁判官に憲法違反の統制をしている

裁判官というのは、みんな自分は勉強ができると思い込んでいるので、人よりも落ちると言われることに一番弱い体質なんです。比べられて落ちると言われる ことにです。 そういうことから、これを逆手にとれば、一番、裁判官を「うまく統制できる」ということになります。現在、最高裁は裁判官に「憲法違反の統制」をしています。

それは どういうことでやるかといいますと、裁判官になって20年目までは、月給はみんな平等に上がっていきます。20年目までが4号と いうところです。 「21年目」に4号から3号になるかどうかということで、「ふるい」にかけられるわけです。

3号にならないと「裁判長」にもなれません。それから、4号から3号になる 「給料差」ですが、これはだいたい2000年、平成12年の基準でいきますと、4号俸の月額が90万6000 円、3号俸になると106万9000円で、16万3000円差があります。毎月で16万3000円違って、これがボーナスや諸手当、給料の1割がつく大都市手当、それらを 合わせると、だいたい年間で、「500万円」の差になる。結構大きいんですよ。

だけど、その給料差だけじゃなしに、相手は3号になったのに、会合の座席 でいえば、自分を飛び越して「上座」に行っちゃったのに、自分は行っていないという、こういう屈辱感みたいなものも大きいんですよね。そういうことで、非常に「3号」にみんななりたくて仕方がない、21年目ぐらいからは。

(2)最高裁に嫌われないため検事の要求と違う判決は出さない !

だけど最高裁は、どういう要件があれば、3号になって、どういう要件がなければ、3号にならないかという基準を明らかにしないのです。だから、こういう行動をとっていたら、最高裁は自分を嫌わないだろうかとか、最高裁に評価されるんじゃないかということを非常に気にして生活や判決もします。

だ から、まず考えられるのは、組合関係の判決なんかで、検事と違うような判決を出せば、まず最高裁からもにらまれるであろうということ は、推測は立ちますから、検事の要求と「違うような判決」は、まず出さないと思います。裁判官としてはまず出さない。

(3)最高裁に気を使うヒラメ裁判官が多い理由は ?

(4)検事提出の自白調書を信用するのは「給料差別」による餌があるから !

(5)最高裁はウラ金とウラ取引で裁判官・学者等を支配 !

(6)GHQにうまくだまされた日本人 !


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ