★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 2798.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
こうして北方領土交渉は終わった
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/2798.html
投稿者 ダイ 日時 2012 年 11 月 05 日 00:50:44: iaO82cHYta6wc
 

こうして北方領土交渉は終わった

1993年、この年のG7・サミットの議長国は日本だった。議長国であり最大の資金源でもある日本が首を縦に振らなければ350億ドル以上と言われる経済支援は実現しない。しかもロシアは、西側の経済支援がなければ国を存続することさえできないのだ。日本は、「政経不可分」の原則を切り札にして、北方領土交渉最大のヤマ場になる東京サミットに臨む(外務省幹部)はずだった。

4月14,15日東京で開かれるG7外相・蔵相会議を前に4月3、4日カナダ・バンクーバーで米ロ首脳会談が行われた。ここでクリントンはエリツィンに、日本に積極的な対ロ支援をさせることを保証した。これで北方領土交渉の形勢が逆転。それまでの、北方4島を返さなければ友好関係などありえないという強硬姿勢から一転、ここから日本は、現在まで続く対ロ弱腰・屈辱外交を強いられることになる。

自民党・宮沢政権は突然、戦後堅持してきた『政経不可分』の原則を放棄、『政経分離』を宣言する。
4月13日武藤外相が、領土とは別に支援と明言。
4月14日宮沢首相が18億ドルの対ロ2国間支援を表明。
4月19日小和田外務事務次官「今までのように『政経不可分』という言葉を使い続けることは誤解を招く」と指摘。
4月21日政府は事実上『政経分離』へ解釈を統一することを決定。

会談後、クリントンがエリツィンに日本人のイエスは要注意と忠告したメモが発見された。ステファノポロス大統領主席報道官は「日本人を信用するなというメモについて知っていることは」と記者団から追及され「全くの誤解」で「日本人の礼儀とエチケットについてちょっと注釈を加えただけだ」と必死に応対した。
     
7月東京でサミットが開催された。積極的に経済支援を行うべきだと迫る西側各国に対して日本は孤立した。各国がロシア支援に積極的だったのには理由がある。日本だけが有名無実のココムに縛られる中、各国はゴルバチョフ前政権の時代から積極的に企業が進出していたからだ(シェブロン社、イーストマン・コダック社、ジョンソン&ジョンソン社、ナビスコ社、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社)。自国の企業を救済するために日本に金だけ出させようとしたのだ。結局日本は、ロシアと西側各国に金を巻き上げられただけで『北方領土』ひとこと『政治宣言』に入れることができなかった。クリントンの忠告を忠実に守ったエリツィンは一島も返すことなく、議長国日本がまとめた434億ドルの経済支援を手に入れた。しかもエリツィンが感謝したのは、7か国中最大の資金貢献をした日本ではなく、渋る日本を動かしたアメリカだった。
                               
この年の12月、それまで領土返還交渉を主導してきたクナーゼ外務次官が更迭され、専門外の韓国へ大使として転出した。

クナーゼは90年9月、ゴルバチョフ政権のシンクタンクIMEOの日本部長として「歯舞・色丹の返還を約束した共同宣言を速やかに実行すべき」と提言。
エリツィン政権の誕生と共に外務次官に抜擢された。
91年9月25〜27日択捉、色丹、国後の各島を訪問。「ロシア外務省は共和国市民の死活的利益を考慮する必要があると同時に、日ロ関係の客観的現実にも導かれねばならない」とロシア外務省の姿勢を住民に説明。色丹島では「色丹、歯舞の2島返還の可能性が排除されているわけではない」と慎重な言い回しで2島返還の可能性にも言及した。
91年10月2日『モスクワニュース』紙に「1956年に約束した島を日本に返還すべき時が来た」とコーズィレフ外相の名で寄稿し、領土返還への世論作りを始めた。
人民代議員大会では、北方領土問題で妥協的な姿勢を取る必要があると文書で代議員たちに訴えた。

領土返還につながる明るいニュースはすべてクナーゼからもたらされてきたのだ(そのあとに必ず地元や保守派が反発しているという情報もくっ付いてはいたが)。しかし領土返還によるメリットがなくなるとクナーゼが外務次官に留まる理由もなくなった。そこで北方領土交渉に関与できない韓国大使に島流しにされたのだ。

93年末にはエリツィン政権による領土交渉は終わっていたのだ。もっと正確に言えば東京サミット直後には終わっていた。ロシアはコーズィレフ外相が92年3月に来日したとき「二島先行返還」を提案している。しかし東京サミット後の93年10月エリツィンが来日したときには、これが秘密提案だったため提案自体がなかったことにされてしまっていた。もうこの頃には、現在まで続く、返す気もない形だけの交渉に変わっていたのだ。

ロシアにとって北方領土問題は、クリントンが介入する前は、国を存続させるためにも避けては通れない問題だった。それが、東京サミットで大規模な経済支援が決まっただけでなく、その後の経済協力も領土問題とは絡めないと日本政府が表明したことで領土問題という障害は完全に取り除かれたかたちとなった。その後の交渉は、日本政府の顔を立てて儀礼的に付き合っているにすぎないのだ。


日本人の「イエス」要注意  ロ支援で米大統領忠告  
米政府は「誤解」と否定
【ワシントン93年4月5日共同】
米政府は5日、クリントン米大統領がエリツィン・ロシア大統領との会談で、日本人のイエスは要注意と忠告したと報じられ、大きな反響を呼んだことに戸惑いを見せ、誤解解消に追われた。
 定例会見で記者団の関心はクリントン発言に集中。バウチャー国務省報道官は、クリストファー国務長官が小和田外務事務次官に電話をかけ、どのようなやり取りの中で出てきたクリントン発言なのかを説明し、日本側に理解を求めたことを明らかにした。
 ステファノポロス大統領主席報道官も「日本人を信用するなというメモについて知っていることは」と記者団から追求され「全くの誤解」で「日本人の礼儀とエチケットについてちょっと注釈を加えただけだ」と必死に応対した。
 両報道官とも、クリントン大統領が@北方領土に関する日本の立場を米政府は支持するA対ロ支援で日本の積極的な取り組みを保証したーことが首脳会談での日本に関する会話の全体的な趣旨だったと改めて強調した。
 クリントン大統領はエリツィン大統領に対し、多国間または先進7カ国による2国間の対ロ支援拡大で努力する意向を表明しているが、最大の資金源と目されているのは日本。このためイエス・ノー発言だけが取り上げられ、日米関係や対ロ支援に影響が出ることは本意ではない、との判断が米政府にあるとみられる。


首脳会談のメモに記載  地元テレビが報道
【バンクーバー共同】
問題となっているクリントン米大統領の日本人に関する発言報道は、米ロ首脳会談が開かれたバンクーバーの地元テレビUTVが4日報じた。
 同報道によると、クリントン米大統領はエリツィン・ロシア大統領との3日夜の第2回首脳会談の席上「日本人がイエスという時はしばしばノーを意味する。大切なことは日本人にあなた方との関係でそのようにふるまわせないことだ」と忠告した、という。
 この発言はUTVのリー・マロー記者が、会談が終わった後、会場のレストランのテーブルで見つけたロシア語のメモの中に記載されていたという。
 同記者によると、メモの書き手は夕食を挟んで行われた会談のロシア側出席者とみられ、エリツィン大統領のロシア語演説原稿の裏に鉛筆でびっしりと書き込まれていた。


【ロシアが、北方領土「二島先行返還」を秘密提案】
 ソ連が崩壊し新生ロシアとなった直後の92年3月、コーズィレフ外相が初来日し、外務省の飯倉公館で渡辺美智雄外相と会談した。日本側は、渡辺外相のほか、外務省の小和田恒事務次官、斉藤邦彦外務審議官、兵藤長雄欧亜局長らが出席した。この外相会談で、ソ連側が北方領土問題での秘密提案をしていたことがわかった。1・日ロ平和条約を締結して歯舞、色丹の二島を日本に返還する。2・国後、択捉の二島については平和条約締結後も協議を継続するとの「二島先行返還」案を秘密提案した。日本側は対応を検討し、提案を受け入れる前提として、「国後、択捉の将来の引き渡しが確約されないと条約は締結できない」と主張した為、交渉は決裂に終わった。複数の日ロ外交筋が明かした。

 当時、ロシア外務省の一部には将来の四島返還に前向きな意見もあった。日本側は秘密提案を受け、「国後、択捉を日本の領土と確認し、何年か後に還してもらうことが可能だと思った」(日本外務省高官)という。

 しかし、その後ロシア国内の政情が不安定になり、エリツィン大統領の政権基盤が弱まったことなどから、交渉は難航。93年秋に大統領の来日が実現したときには、すでに提案をめぐる交渉は決裂していた。

 ソ連政府は、「二島引き渡し」を明示した56年の日ソ共同宣言の後、冷戦を背景に領土問題の存在すら認めなくなった。が、ロシア政府は冷戦終結を受けて西側諸国との新たな関係を模索。対日関係でも従来の方針を転換し、譲歩できる限界の妥協点として秘密提案を示した。提案は、交渉が実らなかったため、「存在しなかったことになっている」(日ロ外交筋)という。(2002.5.21日付け朝日コム参照) http://www.marino.ne.jp/~rendaico/toshi/nihonkiyosanto_nokenkiyu_toshi_54.htm  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. ダイ 2012年11月05日 01:02:43 : iaO82cHYta6wc : inRH04BoBI
■2重投稿は禁止。
・自分が今から投稿する予定の内容を、すでに別の人が投稿済みかもしれません。
他の人が同じ記事をすでに投稿していないかどうか、2つの方法で確認してください。
検索1:各ページ上部にあるgoogle阿修羅検索に投稿予定のタイトルを入れて検索してみてください。
検索2:投稿予定の板のタイトル一覧ページで、キーボードのCtrlボタンを押しながらFキーを押して検索窓をだし、そこに投稿予定のタイトルの一部を入れて検索してください。

■タイトル規定 (2重投稿を防ぐために必要です)
<ニュースや他サイトを引用師、引用がメインの場合>には、
投稿の【件名の頭から30桁以上は、元記事のタイトル】をそのまま使ってください。


■板違いは削除
・投稿はそれぞれの投稿の質にあわせて板を選択してください。
投稿前にじっくり板に投稿してある内容を観察してください。

たとえば、
原発板は原発や放射能と直接関係がある内容を投稿してください。
政治板は日本の政治と直接関係がある内容を投稿してください。
現状の投稿をよく見て、その辺の感覚を把握してから投稿してください。
板選定に不安があるときは投稿前に管理板で確認してください。

■文字数は200文字以上
・新規投稿、レスポンス投稿(意見質問等)はおおむね200文字以上の
文章でお願いします。それ以外の投稿はこちらの掲示板では不要です

・ただし、NEWS板にニュースのコピペをする場合のみ、200文字未満の投稿が可能です。


■広告は禁止
・自分のブログを多くの人に読んで欲しい。とか、アフィリページに
多くの人のアクセスを集めたい、などの理由で投稿してはいけません。
読者の30%以上に利益があると思われる投稿をお願いします。

■投稿前にお知らせ板で、タイトルに自分のペンネームが出てないか確認してください。
管理人からあなたにお知らせがあるかもしれません。

<その他>

・個人情報をハンドルネーム使用者本人の同意なく求めたり詮索する投稿を認めない
・ハンドルネームと投稿者相互の同定を詮索する投稿を認めない
・投稿はすべて、即座に各種MLにてメール送信される
 http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/296.html
・投稿の削除は管理人だけが可能。
・投稿後の文章を自分が消したいから消す、ということはできない
・同じ内容の2重投稿は、内容にかかわらず残らずすべてを削除する。罰則はとても厳しい。
・投稿に慣れてない場合は、投稿テスト板で練習してから投稿することをお勧め。
・リバイバル板は板違い投稿可能。ただし、昼休み板限定で投稿可能な方やカルト板限定で投稿可能な方はリバイバル板への投稿は不可。(2011.10.23追記)
・基本的に自分のものであっても電話番号やメールアドレスを投稿・コメントすることは不可。 (2011.10.24追記)
・1人1板1日11個以上の投稿は禁止。(2011.11.12追記)

<引用する場合は必ず>下記いずれかを明記してください。
●引用した記事を確認することができるURL(存在するときは必ず)
●引用した記事を公開しているホームページのトップページURL(上記が無いときの替わりに)
●引用した記事を公開している会社名等(URLが無いときに)

心配な時は、投稿前に、管理・お知らせ板で質問してください。おおむね24時間以内に返答します。

ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/238.html

リチャードなんとかの引用コメントは、昼休み板とカルト板のみ可能
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/639.html

副島隆彦さん関連のすべての投稿・コメントはカルト板か昼休み板限定で投稿可能です。
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/695.html


02. ダイ 2012年11月05日 01:17:44 : iaO82cHYta6wc : inRH04BoBI
投稿規定を3回読み終わりました。
登録よろしくお願いします。

03. 管理人さん 2012年11月05日 07:28:55 : Master
投稿可能になりました。本番投稿をお願いします

お手数をおかけして申し訳ありません。

★阿修羅♪掲示板を大活用してくださいませ。


04. ダイ 2012年11月06日 01:58:48 : iaO82cHYta6wc : cJYLpPhvgQ
ありがとうございます。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧