★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 3385.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍自公政権が隠す、バブル崩壊と 「失われた20余年」・デフレの犯人は誰か ?
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/3385.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2014 年 12 月 09 日 20:33:20: jobfXtD4sqUBk
 


安倍自公政権が隠す、バブル崩壊と

「失われた20余年」・デフレの犯人は誰か ?

マスコミが隠す、アメリカの対日収奪戦略と

戦略なき自民党政権の大失政 !


T、米国の対日収奪戦略と戦略なき自民党政権・大失政

(1)バブル崩壊と「失われた20年」の原因・理由

@対外資産を円建てで持たない失政

日本は、世界最大の対外債権国、つまり海外にお金を貸している。
普通であればそれで国民はもっと豊かな安定した生活を送れるはずである。
それがそうなっていないどころか、このように財政も金融もいわば滅茶苦茶であるのはなぜなのだろうか。

そこには目につきやすい小さな失敗を超えた何か、自民党政治の「基本的な問題」があるのではないだろうか。

それは日本にとって経済運営のきわめて大きい外部条件である円・ドル関係の矛盾である。
自民党政治は、しかもそれを是正しようとせず、対米政治関係を慮るばかりで「対症療法」を繰り返し、その挙げ句日本は深みにはまり、今やどうにもならなくなっているということである。

このような場合、かつての19世紀ビクトリア朝のイギリスがそうであったように、対外債権は基本的に自国通貨、つまり「円建て」で持つのが一般的である。

ところが日本の場合、具体的には大蔵(現財務)省が、相手国通貨、つまり「ドル建て」で持つとしたのは、実に「運命的な決定」であった。
その以前、1971年にアメリカは、ドルの金との兌換義務(中央銀行間)を一方的に断ち切り、結局、主な通貨は変動相場制に移っていった。

ドルもその中で単なる一通貨となったはずだが、覇権国家・米国は、国益死守のため、その国際機軸通貨の座だけは、離そうとしなかったのである。

対米隷属の自民党政治・官僚主導・が、今まで日本経済をおかしくしてきたという点で「原罪」なのである。

Aアメリカの策略「超円高攻勢」に大敗北

その線上で、1985年には日本が支え、信用しようとしていたドルの価値が半分になる「プラザ合意」が行われ、具体的な支え手であった機関投資家、つまりは日本国民の資産は「莫大な差損」を蒙った。

経常収支赤字を続けたアメリカは、当時対外債務を膨らませており、株式市場の不安定も、いわば当然だったのだが。

その後も日本は何とかドルの価値を維持しようと金利引下げや日米不均衡の是正に役立つという財政出動を対米融和策として続けた。
しかし、その挙げ句、1995年春には、米クリントン政権に日米自動車協議とからめて「超円高攻勢」をかけられ、とりあえずここで、日本経済の底が抜けた。

対米隷属・自民党政治が、“対米債権を「ドル建て」で持っていたというのが、アメリカの攻勢が成功した本質”である。ドルへの配慮を最優先して円の小世界を放棄したという「原罪」がここでも祟っている。


Bバブル経済の発生と崩壊・米国の「対日収奪の策略」

に、はめられた愚かな自民党・官僚達

アメリカは95年から相対的ドル高によるマネー取り込みで株高の大ブームを作る政策に転換するが、日本はこのためにどこまでも金融援助を続けるよう「協力させられる」ことになった。

当時、日本経済の90年代の低迷をバブル崩壊と結びつけて、「失われた10年」と言われたりしていたが、実は失われたのは1980年代からの「20年だ」ということである。
そして以後6年以上が経ったが、いかに変わろうとあくまでドルを支えるのだという以外の選択を否定する財務省(罪務省ではないか)の「思考停止」によって事態はますます「悪化の一途」をたどっている。
 
     
(2)米国の対日戦略・グローバルスタンダードの美名

BIS基準・減損会計は、貸しはがし・貸し渋りの要因

@BIS規制のワナ

戦後以降、大きな政治圧力で日本の金融・経済を支配してきた、アメリカは、1980年代、日本からの資金流入にたよりつつ、同時に日本のマネー・パワーを抑え込もうという、相矛盾する動きが芽生えていた。

そのために「考案された装置」の1つが、銀行を対象にしたBIS規制(1988年7月G10で合意)である。
アメリカ・大企業の金融は「直接金融が中心」であるが、戦後、日本企業の金融は、「間接金融が中心」である。

たとえば1998年において、日本企業の銀行借り入れの対GDP比率は、110%なのに対して、アメリカでは15%に過ぎない。
このような「間接金融への過度の依存」状況が生じた一因としては、銀行保護のため、企業の社債発行要件が厳格に規制されていたことが挙げられる。

この結果、社債を取引する資本市場は発達させず、銀行が金融の仲介機能を一手に引き受けることとなった。
このBIS規制は、エサン・カプスタイン(米外交評議会研究主任)が分析・実証したように、日本の銀行の伸張を抑えようという、「アメリカの意図」よるものである。

BIS基準は、アメリカと違う、この日本経済の特徴(間接金融中心、株式の持合が多いなど)を、「狙い撃ち」にしたのである。

米国・情報機関は、「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」を誇大・集中報道させ、官僚を屈服させた。
BIS基準以下になると銀行は、公的管理されるため、BIS基準・減損会計は、「貸しはがし・貸し渋り」の大きな要因になった。 
                 
A 会計ビッグバン・時価会計・減損会計のワナ

また、日本企業の特徴は、株式の持合がさかんであり、銀行・資産勘定には多くの持ち合い株式が含まれている。
会計ビッグバン』による時価会計の完結編として、2005年度の決算から「減損会計が義務」つけられた。

これによって、企業は、含み損を抱えている不動産や株式の評価額を大きく減らさなければならなくなった。
日本企業は、長い間、「含み益」を基にして、これに信用創造機能をもたせて経済繁栄を築いてきたのである。

日本の与党政治家、官僚、経済・政治・会計関係の学者など多くは、この米国の
国益のための巧妙な、「ワナ・意図・戦略」に気がつかず、グローバル・
スタンダードの美名のもとに、従順に、BIS規制や時価会計を、
 安易に導入した。       

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年6月18日 16:25:04 : CfiAEmj656

どっかに貼ったような気もするけど、読んでない人は読んでみてください。
日本はやられっぱなしだったわけではないそうです。
「証拠はないにしろ、サブプライムショックは日本が起こしたものだろう」とのことです。これまでのほーふくのために。


匿名党ブログとてんこもり野郎ヲチスレ


新年特集 日本国大勝利への道(前篇)
http://tenkomoriwotisure.blog.fc2.com/blog-entry-551.html
新年特集 日本国大勝利への道(中篇)
http://tenkomoriwotisure.blog.fc2.com/blog-entry-578.html
新年特集 日本国大勝利への道(後篇)
http://tenkomoriwotisure.blog.fc2.com/blog-entry-585.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ