★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 4244.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ドラマ「花燃ゆ」の内幕 ! 七卿が田布施町に逗留、南朝・ 末裔を名乗る大室家があった !
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/4244.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2015 年 6 月 16 日 18:49:15: jobfXtD4sqUBk
 


NHK・大河ドラマ「花燃ゆ」「八月十八日の政変」が勃発 !

尊皇攘夷派の七卿と長州藩は、京都から追放された !

田布施町・高松八幡宮に、七卿が逗留、近くに南朝・後醍醐天皇

の末裔を 名乗る大室家があった !

安倍晋三の先祖・佐藤信寛と大室家の関係は ?

(第2回)



T NHK ・6月6日放送「花燃ゆ」

(www.facebook.comより抜粋・転載)



U 七卿落ち(八月十八日の政変)とは ?

(jiyodan.exblog.jp/より抜粋・転載)

☆尊攘派の長州・毛利藩(萩藩)と過激派公卿 !

☆公武合体派:孝明天皇・薩摩藩・会津藩等は倒幕には反対 !

☆尊皇攘夷派の七卿と長州藩は、京都から追放された !

☆京都に居た長州藩の藩兵は、本拠の長州に落ち延びる !

以上は前回投稿済みです。以下はその続きです。


V 熊毛郡・田布施町(たぶせちょう)

(jiyodan.exblog.jp/より抜粋・転載)

☆久坂玄瑞は、七卿に吉田松陰門下の
伊藤博文・井上聞多を引き合わせた !

七卿落ち(八月十八日の政変)でやむなく都を追われた三条(実美・さねとみ)卿ら七卿は、久坂玄瑞(くさかげんずい)の案内で長州に下向したのだが、真っ直ぐ萩(はぎ/長州藩藩都)には、向わなかった。
向かったのは、長州藩二ヶ国の内、周防国・熊毛郡田布施の高松八幡宮だった。
七卿筆頭の三条実美(さんじょうさねとみ)ら七卿は、逃れた長州の地・田布施で、松陰派(吉田松陰門下生)に「ある人物」と引き合わされて、そのまま滞在している。

伝えられる所に拠ると、一行を田布施で待ち受けてその「ある人物」を七卿に引き合わせたそれが、吉田松陰門下の伊藤博文(いとうひろぶみ)と井上聞多(いのうえたもん・井上馨/いのうえかおる)だった。山口県(周防)南東部瀬戸内海沿いに田布施町はある。

田布施町は、現在でも人口一万七千人ほどの小さな町だが、実は此処から日本の近代化は密かに始まった。


☆高松八幡宮に、七卿が逗留、近くに南朝・後醍醐天皇の末裔を名乗る大室家があった !

つまり、この田布施町の高松八幡宮が、七卿が逗留、松陰派の長州若手指導者達と「皇政復古」の産声を上げた所である。

そして、この高松八幡宮の僅か北東に浄土宗の西円寺と言う寺があり、その傍(かたわ)らに南朝・後醍醐天皇の末裔を名乗る、この大室家はあった。

七卿が逗留した高松八幡宮と、良光(ながみつ)親王の末裔を名乗る「大室・某」の住まいが至近距離にあった事実に、偶然はありえない。

七卿落ちの公家達が、長州の地で滞在した高松八幡宮は、田布施町大字麻郷に在る。
そして三井(みい)賀茂神社は、田布施町に隣接する光市の三井に在る。

八咫烏(ヤタガラス)は、太陽の表面に現れる神であるから、神武東遷記における「八咫烏神話(賀茂・葛城)」に、神武大王(じんむおおきみ)の先導役として登場する八咫烏(ヤタガラス・賀茂・葛城)の伝承が、この三井(みい)賀茂神社にも存在する。

その事から、賀茂・葛城が、太陽(神武大王)の東遷随行者として「大和朝廷成立に貢献した有力一族」と考えられる。

熊毛郡田布施町大字宿井に、天然記念物の「宿井はぜの木」の大木がある。
この「宿井(宿居)」の字名の意味する所は、仮の居場所(仮御所)の事ではないだろうか?
明治政府が廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)を行なって、根強く信仰されていた全国の妙見系の神社を抹殺した事は、単に神仏習合策を改め「天皇神格化」を狙ったものだろうか?

長州が、妙見信仰の聖地であり、同時に、皇統の或る疑惑の地でもある事から、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)に絡め、何らかの証拠隠滅を図った疑いも浮上して来るのである。

☆幕末の動乱期、孝明天皇(突然死・暗殺された説)の皇太子・睦仁親王が明治天皇に !

明治天皇(第百二十二代天皇)は、孝明天皇の第二皇子である。

父・孝明天皇から親王宣下を受け、立太子を宣明し、幕末の動乱期に皇太子・睦仁親王を名乗り、後に若くして皇位について居る。

ところが、この明治帝(睦仁親王)、明治維新の前後では「全くの別人だった」と言う証言が存在する。

この親王入れ替わりの疑惑に、現在の当局としては「相手にするに値しない」と言う判断なのか、徹底的に無視した状態で、否定も勿論、肯定もしていない。

☆明治維新後、明治帝は、大柄な左利き、相撲好き、乗馬好きの別人に大変身 !

現在の位置付けでは、この疑惑は、単に巷の噂に過ぎないが、睦仁親王
(京都明治天皇・暗殺された説)には無かった「あばた」が、明治天皇には「あばた」が有り、「右利き」だった睦仁親王(京都明治天皇)に対し、「即位した明治天皇(東京明治天皇)は、“左利き”である」とその違いが指摘されている。

こうした話は、事実ではないかも知れないが、その噂話が存在する事は、事実である。
また、このとんでもない噂が本当なら、七卿筆頭の三条実美(さんじょうさねとみ)と長州藩の描いた陰謀に、同じく過激派公家の岩倉具視(いわくらともみ)が参画し、朝廷での「迎え入れ工作を担当した」ものと思える。

後に明治の元勲と言われる維新の立役者は、大方この事実を知っていた事になる。
そして、彼らには、それが正義だった。

*孝明天皇親子弑逆説:

山陰基央、徳富蘇峰、山岡荘八、鹿島昇、大田龍、鬼塚英昭、加治将一
なお、明治初期・中期、京都の公家、有力市民の多くは、孝明天皇親子弑逆を知っていた。


☆吉田松蔭に、「大室家」の存在を教えたのは、安倍晋三の先祖・佐藤信寛だ !

吉田松蔭に、「大室家」の存在を教えたのは、田布施町出身の総理経験者・佐藤栄作氏の曾父・佐藤信寛(さとうのぶひろ)氏との接点が有望である。

岸、佐藤、両首相経験者の曾父・佐藤 信寛(さとう のぶひろ )は、山口県熊毛郡田布施町に長州藩士・佐藤源右衛門の嫡男として生まれている。

佐藤信寛(さとうのぶひろ )氏は、藩校・明倫館にて山県太華に学び、江戸に出て清水赤城に長沼流兵学を修め、吉田松陰に兵要禄を授けていて、学問的には松蔭の恩師筋にあたる。

☆佐藤信寛氏は、維新後は、知事、県令の官職に就いていた !

信寛(のぶひろ )氏は、維新時の長州藩士であり、維新後は、知事、県令の官職にも就いていた。

こうした権力の裏側を勘繰れば、維新政府の有力者に南朝・大室家の地元有力者が抜擢され、後に「何名もの首相や首相候補を輩出したのではないか」と、疑えるのである。

つまり南朝・大室家は、多くの野望をも集めて、中央に担ぎ出され、「それに上手く乗って栄えた家が在った」と言う事に成るのだ。

勿論、むしろ「南朝の方が正統だ」と言う思いが強い我輩としては、北朝天皇から南朝天皇の入れ替わったとしても、正統な皇統であるから、今の皇統が偽者だと言う気は、更々に無い。


☆北朝天皇から南朝天皇の入れ替・陰謀は、吉田松蔭が画策、義弟の久坂玄瑞、

伊藤博文と井上馨等が引き継ぎ、実行した !

この陰謀、吉田松蔭が画策して、松陰刑死後は、義弟の久坂玄瑞(くさかげんずい)が引継ぎ、玄瑞の討ち死に以後は、伊藤博文と井上馨等が引き継いで事を進めた。

これは表ざたには出来ない、「世紀の大陰謀」で、徳川家の新政府入りを画策した坂本竜馬は、この入れ替わりの秘密を守る為に、「倒幕派に暗殺」された可能性を棄て切れない。

また、龍馬と一緒に襲撃された、中岡慎太郎(なかおかしんたろう)は、一時田布施で三条実美(さんじょうさねとみ)一行の衛士を勤めていた。

同じく松平春嶽は、その事を知るが故に、維新の功労者で有りながら、維新後の表舞台から退いているのかも知れない。
これはあくまでも「とんでもない噂話」である。

☆小さい町・田布施町などから伊藤博文等、3人の総理が誕生の理由は ?

しかし下松(くだまつ)市、光市、田布施町などの小さな町々から、明治の元勲と称される伊藤博文(いとうひろぶみ)を始めとして三人もの総理大臣を輩出している。

不思議な事に、岩徳線と言うJR線は直線的近道を走っているのに対し、主幹線である山陽本線は遠回りに海岸沿いに大きく迂回、複線電化のメインルートになって人口の少ない田布施町を停車駅にしている。

この田布施町、文献によると、南朝の系図を有する「大室家」が、数百年に渡って、大内家とその後の毛利家から庇護され居住していた土地である。

公古文書には、意図して事実を隠す為に書かれた物もある事から、別の古文書にポツリと浮き上がる「南朝系図」は、史実を追う上で重要な考慮点と成る。

☆明治帝・睦仁は、北朝系なのに、維新後突然、「南朝正統」主張の理由は ?

室町期に「乗っ取り足利義満朝」の噂あるものの、明治天皇(めいじてんのう)・睦仁(むつひと)は北朝系の天皇である。

それが維新で大権を握った途端に「南朝正統」を言い出し、南朝方忠臣・明治復権を為している。

つまり「南朝系図」の大室某と言う隠された事実が在りながら、「そんな突飛な事は考えられない。」と安易に否定してしまって良いものだろうか?


☆佐藤信寛氏の子孫・岸信介氏・佐藤栄作氏・安倍晋三氏が総理になる理由は ?

この小さな田布施町から、戦後ふたりの総理大臣が輩出されている。
岸信介氏と佐藤栄作氏で、今に繋がる後裔が、言わずと知れた山口県の名門世襲代議士家の安倍家である。

☆二代遡ると入れ替わった、明治天皇の実家・大室家と縁がある ?

首相経験者の橋本竜太郎氏も「二代遡ると大室家と縁がある」と言われている。
つまり、玉(ぎょく)を握っていた長州が、他の維新三藩を大きく引き離し、維新以後の政治に大きな勢力を持ち、政権担当者(総理大臣)を多数排出する事になる。

―この続きは次回投稿します―

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ