★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 7223.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
公約違反する、三反園・鹿児島県知事への批判論は ?
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/7223.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2016 年 12 月 07 日 20:54:05: jobfXtD4sqUBk kMKW2Itnkb6YWQ
 


公約違反する、三反園・鹿児島県知事への批判論は ?

ペテン師が多い、日本の政治家 !  安倍総理、仲井真沖縄県知事等 !

4022ガルの地震が、観測されたのに、

    620ガルの川内原発を再稼働は非常識だ !

小泉純一郎元総理の今までの脱原発に関する発言まとめ


T 鹿児島県・有権者への裏切り、公約違反 !

     三反園知事が、川内再稼働を事実上容認 !

(www.nikkan-gendai.com:2016年11月29日より抜粋・転載)

有権者への裏切り行為だ。鹿児島県の三反園訓知事が、11月28日、定期検査中の九電・川内原発1号機の運転再開を、事実上容認した。

 三反園知事は、28日開会の県議会定例会に、第三者機関「原子力問題検討委員会」設置のための予算案を提出した。その理由説明で、「(九電の)特別点検の結果報告を検討委で検証し、その結論を踏まえて(運転再開の是非を)総合的に判断したい」と語った。

 九電の報告は、来年1月初旬の予定。12月8日にも見込まれる、運転再開には、とても間に合わず、事実上の容認に転じた。

 今月11日に、原発内を視察した後には、「私に稼働させる、させないの権限はない」と繰り返すなど、明らかにトーンダウンした。

☆7月の知事選で、川内原発の一時停止を公約に掲げた

のは、票目当てのパフォーマンスだったようだ。


U 鹿児島県三反園訓知事が公約違反 !

川内原発再稼働容認とは、何故、ここまで簡単に公約を投げ捨てる !

(inotoru.blog.fc2.com:2016/11/30 01:56より抜粋・転載)


弁護士 猪野 亨のブログ:

 鹿児島県の三反園知事は昨年7月、川内原発停止を公約に掲げて当選しました。今年4月に発生した熊本地震は、改めて原発の怖さを私たちに教えてくれましたし、それが三反園知事誕生の原動力でもありました。この反原発の民意の前には原発容認の自民党推薦候補はもろくも敗れ去ったわけです。

☆ところが、この三反園知事が事実上、川内原発再稼働に容認と報じられています。

「有権者への裏切り 三反園知事が川内再稼働を事実上容認」(日刊ゲンダイ2016年11月29日)
「その理由説明で、「(九電の)特別点検の結果報告を検討委で検証し、その結論を踏まえて(運転再開の是非を)総合的に判断したい」と語った。

 九電の報告は来年1月初旬の予定。12月8日にも見込まれる運転再開にはとても間に合わず、事実上の容認に転じた。」
 これよりも前から、三反園知事は、再稼働に関してあからさまにトーンダウンしており、誰もがこの三反園知事の言動には、ヤキモキしていたところでした。

 そして、この「容認」報道に至っては、何故、このように簡単に公約を裏切るのかということです。

 しかも決まって、公約破りは、体制側に反対する公約を掲げて当選したにも関わらず、その後、変質していくのです。

大嘘で当選していた、沖縄の仲井真県知事のような人も決して少なくない !

 体制側で当選して、反体制になった、候補(首長)など聞いたことがありません。
 最初から大嘘で当選していた、沖縄の仲井真氏のような人も決して少なくありませんが、仲井真氏は、最初から体制側で、早晩、エセ公約をひっくり返すということは誰もが想定していたところでした。

◆「安倍総理の口約束と仲井真氏  の辺野古移設承認の茶番劇」

☆三反園氏は、公約違反も甚だしく、裏切りそのものでしかありません。

 しかし、ここまで自民党政府の政策に反対する公約を掲げて当選しておきながら、何故、ここまで簡単に公約違反が行えるのでしょうか。

☆最初からその程度の人格に過ぎなかったということもあります。

こういった問題では、かなり人柄が出ます。

 もっともそればかりではありません。県議会では自民党が多数であることが多く、特に地方では、6〜8割が自民党の議席であることも珍しくありません。
郡部を中心に血よりも濃く厚い「血縁」票によって支えられています。

 鹿児島県議会も定数51のところ、自民党議員は、37となっており、議席占有率は72.5%です。
 このような中で知事が主導していくことの困難さはあります。国会でもそうですが、自民党の議会運営は、非常にレベルが低いことが少なくありません。

 本来、民意を背景にしているのですから、知事がもっと主導してもよいと思うのですが、その点では、石原慎太郎氏や橋下徹氏のような、恫喝政治は普通の人にはできません。

石原氏も橋下氏も次の選挙でも当然に当選できるという思いがあるから強権政治を可能にしています。


☆首長にそのような「強い」支持基盤がないと、次第に、

自民党が支配する議会に、圧倒されていくようになり、

変質していくようになります。

 それが全く逆なのが沖縄県議会です。自民党が少数派に転落しています。

 ここでは沖縄の民意を変えられないため、政府が先頭に立って沖縄をぶっ潰そうとしています。ヘリパッド受け入れは相当な圧力の結果です。本当にひどい政権です。
 鹿児島県の場合にはこのような強い圧力はありません。

 三反園氏の場合には、人格的要素も原因であるかのようにも報じられていますが、問題はそれだけでなく、こういった政策を実現させるためには、当選した知事だけに丸投げするのではなく、知事の公約が実現するよう、有権者の側でも積極的に応援し、支えていくことがもっとも大切なことです。

☆原発に反対する知事を当選させたことが単なる一過性の

ものではなく、常に応援し支えている、こうしたことが

知事を勇気づけることになります。


(参考資料)

T 4022ガルの地震が、観測されたのに、

     620ガルの川内原発を再稼働は非常識だ !

(「植草一秀の『知られざる真実』」:2015/10/07より抜粋・転載)

1)4022ガルの地震が、観測されたのに、

   620ガルの川内原発を再稼働の非常識・ペテン師 !

安倍政権が、再稼働させた、九州電力川内原発の耐震性能は、わずか620ガルに過ぎない。
このような耐震性能しか備えていない原発を、再稼働させたのである。

原子力規制委員会が設定した耐震基準には、一カ所だけ突出した数値が設定されている。
新潟県所在の東京電力柏刈羽原発1〜4号機の耐震基準だけが、2300ガルに設定されている。

その他の原発の耐震基準は、すべて、400〜800ガルに過ぎない。
柏崎刈羽原発の耐震基準だけが高い数値になっているのは、2007年7月に発生した新潟県中越沖地震で、柏崎刈羽原発で、2000ガルを超える地震動を観測してしまったからだ。実際に強い揺れを観測してしまったから、柏崎刈羽原発の耐震基準だけが高く設定された。


2)新潟県の原発以外は、耐震基準は、すべて、

   400〜800ガルという非常識・ペテン師 !

しかし、他の原発では、まだそのような揺れが観測されていないという、ただそれだけの理由で、著しく低い耐震基準しか設定されていないのだ。

TPPについて、NHKは、「TPPで輸入品の価格が下がり、消費者に恩恵が付与されるが、輸入品に押される農家が苦しい状況に追い込まれる」としか伝えない。

TPPの本質を全面的に歪める「完全なる誤報」である。

U 小泉純一郎元首相、鹿児島市で講演 !


(www.asahi.com/:2015年6月4日18時より抜粋・転載)

■使用済み核燃料の処分をどうするのか ?

 原発事故後、政府も原発依存度をできるだけ低く、低減させると言っていた。それが今、これからも原発依存度を20%程度維持しなきゃならんと。認めちゃ駄目だ。原発を維持したいために、自然再生エネルギーが拡大していくのを防ぐ意図としか感じられない。

選挙で言ったことを、もう忘れちゃったのか。
 核燃料を燃やした後のゴミ(使用済み核燃料)をどうするのか。依然として(最終処分場が)見つからない。再稼働すればどんどん増えていく。せめてもう一切増やしません、出しません。

これまでのゴミ、そのための処分場は国民(に)協力してくれということじゃないと、各地域の住民は了解してくれない。


■核のゴミは、+産廃以上に危険だ !   捨て場所がない !


 ゴミの捨て場所を見つけない限り、産業廃棄物業者は作ることができない。核のゴミは産廃以上に危険だ。捨て場所がないのに国はなぜ(再稼働を)許可するのか。捨て場所を九州電力は確保しているのか。(鹿児島市のホテルで行った講演、会見で)


V 小泉純一郎元総理の今までの脱原発に関する発言まとめ

「政府は、原発は低コストだとしてきたが、高レベル放射性廃棄物を処分するには、
膨大な費用と数万年単位の時間がかかる」

「10万年だよ。300年後に考える(見直す)
っていうんだけど、みんな死んでるよ。
日本の場合、そもそも捨て場所がない。原発ゼロしかないよ」

「脱原発は、政治がリーダーシップを発揮しないと進まない。
自分は数十年後には死んでいて、原発のない日本は見られないかも知れないが、それをするのが本物の政治家だ」

「東日本大震災を考えると、原発をゼロにした方がいい。日本の能力を考えればできる。ピンチをチャンスに変え、原発ゼロの
循環型社会をつくる契機にすべきだ」

「震災の困難をチャンスに変えることが、日本ならできる」

W 小泉元首相の講演、今度は福島・

いわき市で「廃炉は国民の常識」と主張 !


(yuzawagenpatu.blogspot.com:2016年2月11日より抜粋・転載)

小泉元首相は、2月8日に、都内で脱原発の講演をしたばかりですが、2月10日には、福島県いわき市で、講演をおこないました。

 約1300人の聴衆に向かい、「福島の原発を全て廃炉にするのは国民の常識」、

「原発ゼロは空想でも幻想でもない。事実が証明している」と述べました。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ