★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK100 > 459.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
非公開となった「検察のあり方検討会議」 (田中龍作ジャーナル)
http://www.asyura2.com/10/senkyo100/msg/459.html
投稿者 pochi 日時 2010 年 11 月 26 日 08:31:45: gS5.4Dk4S0rxA
 

非公開となった「検察のあり方検討会議」

写真
秘境・検察庁。「捜査の秘密」を楯に自らに不都合なことを隠し続ける。(写真:筆者撮影)


 原則公開の「原則」は、やはり曲者だった。主任検事による物的証拠改ざん事件で地に堕ちた検察の信頼を取り戻すために作られた「検察のあり方検討会議」。

 25日開かれた2回目の会合は非公開となった。法務省庁舎20階で持たれている会議のもようを、記者団は地下1階の部屋に置かれたモニター画面で視聴した。天と地ほど引き離したのは「壁耳」などをさせないためだろうか。

 モニター画面は撮影も録音も禁止となった。念の入ったことに部屋には法務省の広報担当者が張り付いている。

 第1回目会合(今月10日)後の記者会見で、「会議は全部公開するのか?」と迫る記者団に対して千葉景子座長は「『原則』公開」と答えた。どういう時が原則でなくなるのか?との質問には「プライバシーや捜査中の事件に関わる案件」とした。

 だが、2回目の会合は果たしてこれが「プライバシーや捜査中の事件に関わる案件」だろうか、という内容だった。委員の手元に配布された資料には固有名詞や事件名が書かれているが、やりとりされる話の内容は一般論以外の何物でもなかった。

 この日は検察庁の事務方らしき人物を呼んでヒアリングした。検察のベールの向こうが少しでも覗けるのかと期待したが、完全に裏切られた。

 モニターを通してのため発言者の正確な名前と役職は分からない。会場全体を撮影しているため映像に映る人物は小さくて顔も見えない。以前から声を知っている委員以外は誰が発言しているのかも不明だ。音も時折割れる。

 検察庁の事務方らしき人物は、検察庁の機構や組織をざっと述べ、直受、認知、送致事件での逮捕から起訴・不起訴までの流れをこれまたざっと説明した。この他、検察庁法など。

 少なくとも検討会議の委員を務める人なら、分かりきった事柄ばかりである。これに30分間も費やしたのである。検察庁側の狙いは時間稼ぎだ。

 委員の質問に対する答弁がまたふるっていた―

江川紹子委員:高検、最高検に決済が上がる時の基準は?

検察庁 :村木さんの(郵便不正事件で無罪となった厚労省局長)件は、高検、最高検に上がっている。社会の耳目を集める事件は上級庁に上がる。

吉永みち子委員 :(証拠改ざん事件の)最高検検証チームは誰がどういう検証をしているのか?

検察庁 :最高検の検事12名が行っている。本件をよく精査し関係者から話を聞くなどしている。

 検察庁側の答弁はすべてマスコミ報道されたものばかりだった。何のための検討会議なのだろうか。

 「個別の案件にはお答えできません。法と証拠に照らし合わせて適正に対処します」。柳田前法相を辞任に追い込んだ法務省の「答弁哲学」は健在だ。

 「検察のあり方検討会議」の結論は見えた。検察庁はあくまでも隠し貫く方針であるということだ。何十回ヒアリングをしても、木で鼻をくくったような答しか出てこないだろう。

 これでは冤罪を生み出す体質が変わることはない。痴漢冤罪に嵌められたらおしまい、ということを肝に銘じなくてはならない。


http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/170682852.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年11月27日 17:13:18: Plcq0bDRo6
仙石が法相になったからだろう。奴は、身内中の身内であり、検察改革などする気がないのだろう。政治家の役割を放棄している。また、役人も、国民への説明責任を放棄している。

田中龍作さん、この取材を粘り強くがんばってほしい。柳田法相が、せっかくはじめようとしたこの会が、検察と悪さをする仲間であるマスメディアの力で辞任させられたことにより、どのように捻じ曲げられ、隠蔽され、子供だましにさせられてゆくか。


02. 2010年11月27日 17:30:37: uxpN967vMg
「検察のあり方検討会議」は、必要ない。

何故か?、裁判は法と証拠だけで、公開し行えばよい。

検察審査会は不要、即刻廃止、何の役にも立っていない。

捜査の可視化、録音、公開で、敢えて検討の余地は無し。

国民目線、裁判員制度は、冤罪の温床、あくまで法と証拠、国民感情などいらぬ事。

司法の人事、政治主導、あと2〜3の問題解決で、全て終わり。

以上決めてやれば良いだけのこと、「検察のあり方検討会議」は、何を検討する会議か?。

当該会議で会議するのは良いが、最早何が問題か分かっているので、権益側が躍起になって止めているだけ、これも小沢氏しか解決できないのだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK100掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK100掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧