★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK100 > 475.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「iza、“検察の片棒担ぎ”だと言われはじめている共産党」(前田にも在特会にも富士ソフトにも疑問を持たぬ所が怪しいです)
http://www.asyura2.com/10/senkyo100/msg/475.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2010 年 11 月 26 日 11:16:34: 4sIKljvd9SgGs
 

(回答先: 旧新生党の残金 小沢氏側に移動 3億7千万円 15年後に 投稿者 めっちゃホリディ 日時 2010 年 11 月 26 日 10:29:26)

http://udonenogure.iza.ne.jp/blog/entry/1455867/
“検察の片棒担ぎ”だと言われはじめている共産党w
2010/02/11 22:48

 先日の日刊ゲンダイとしんぶん赤旗のバトルは面白かった。それを記事にしたのがJーCASTである。タイトルも「赤旗vs日刊ゲンダイ 小沢疑惑報道で「場外乱闘」というものであった。

まぁ〜記事の内容は、しんぶんの赤旗の記事と日刊ゲンダイの記事を引用したした程度のものであるから、読むにも値しないというかほとんどがしんぶん赤旗の記事というか言い分をそのまま書いたものである。

どちらがどうのこうのとは言うつもりもないのだが、最近の「しんぶん赤旗」の記事に自分は疑問を感じているのも事実ではある。

今月に入ってからの記事だと

2月1日の「西松建設との懇親会/小沢氏出席し謝辞/ダミー献金を認識か/関係者が証言 」としたもの。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-02-01/2010020101_03_1.html

これは、西松建設の岡崎彰文元総務部長が、「政治団体がダミーとは全く思っていなかった」・「OBがやっていて、届け出もしている、と被告に説明したと思う」・「事務所も会社とは別に借りて、資金も別だった」と公判で話ていることから、懇親会に出席をしても何の不思議があろう。まして西松の幹部とあった事をさも重要な事のように書いてはいるのであるが、小沢氏は「たぶん会ってはいない」と記憶は曖昧なのである。鬼の首をとったような記事を書く前に公判の内容を確認をするべきであろう。

2月2日の記事では、「小沢氏、政治的道義的責任ふれず 国民の前で事実明かせ」との記事が書かれている。この記事では、「しんぶん赤旗」の調査では、水谷建設関係者が5000万円を2回、小沢氏側に供与した事実が明らかになっています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-02-02/2010020202_02_1.html

これは驚きである。東京地検よりしんぶん赤旗の調査能力が高いのであろうか。まして水谷建設関係者が渡したと話したのであれば、東京地検よりも明確に証拠をにぎった事になるのだが、では何故に東京地検に情報を持ち込まないのだろうか。

また、2日には「小沢幹事長 3時間の再聴取 家族名義の金、確認書の日付… 説明できず 新疑惑も」と言う記事も書かれているのだが、その中で「小沢氏個人が土地を持たない証拠とした「確認書」の日付が偽装された疑惑についても聞かれています。」や

「今回の会見では、脱税の疑いも記者から指摘されました」と書かれている。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-02-02/2010020215_01_1.html

この記事にある確認書に関しては前にも書いたのだが押収をしたパソコンのデーターを読み取ったというもので完全に東京地検のリーク情報そのものである。が、赤旗は、司法記者クラブには入っていない事は、共産党小池議員がtwitterでも認めていることから、リーク情報をパクったと言われても致し方ないといういい加減な記事である。又、民主党の記者会見にもしんぶん赤旗の記者は出席をしていないのである。これもtwitterを利用をしている方ならご存知の方も多いと思う。

あまり同じような記事を続けてもしかたがないので2月5日の記事を取り上げましょうか。5日には「小沢氏側近3人起訴 本人は「嫌疑不十分」 東京地検」というタイトルの記事が書かれている。これは、東京地検が小沢氏を不起訴にした翌日の記事である。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-02-05/2010020501_01_0.html

「虚偽記載の額は、04年、05年、07年の3年分で20億円を超えます。」とも書かれ「石川被告と池田被告は故意の虚偽記載を認め、大久保被告も関与を大筋で認める供述をしています。」とある。

数字をただ足したらその数字になるだけでこの前に書いた記事にも説明を読んでほしいものである。

http://udonenogure.iza.ne.jp/blog/entry/1455228/

又「しんぶん赤旗」が報じた中堅ゼネコン「水谷建設」からの計1億円など、ゼネコンからの裏献金が土地購入の原資に充てられた疑惑については、未解明のままです」であるから「政治的道義的責任が問われるんだ」と言いたいようである。

では、「しんぶん赤旗」の調査では、水谷建設関係者が5000万円を2回、小沢氏側に供与した事実が明らかになっています。と書いた赤旗の証拠を東京地検に持ち込んだらいいではないか。

挙句には、「東京地検は、石川被告らの動機を「土地購入の原資を隠すためだった」と説明。原資については、「いったん小沢氏に帰属し、陸山会に貸し付けられた。どういう資金かは公判で明らかにする」として、ゼネコンからの資金が含まれると判断したかどうかを明かしませんでした。とあるが、東京地検の記者会見にも出席をしない赤旗がいかにも記者会見の場にいたような書き方はいただけない。ようは、他社の記事をパクったというだけでしかなく、記事の根拠が何もないことがバレバレである。

 石川被告は今後、公判で有罪が確定すれば衆院議員を失職します。となw こんないい加減な記事を書いて言えるような話ではないだろう。

書くのもバカらしいのだが、7日の記事がいよいよ核心の週刊現代のバトルとなる。タイトルが「金権政治を擁護するのか “検察の片棒担ぎ”の暴論」である。「虚偽記載の総額は実に21億7000万円にものぼるという前代未聞の事態です」と大騒ぎであるw

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-02-05/2010020501_01_0.html

ようは、資金繰りは収支報告書には書かなくても言いことを日本共産党は知らないようである。

http://udonenogure.iza.ne.jp/blog/entry/1455228/

記事には、

土地取引購入の原資にゼネコンからの闇献金がふくまれている疑惑があり、さらに小沢事務所がいわゆる「天の声」として東北地方の公共事業の受注に決定的な力をもっていたのではないかという疑惑も提起されています。政治のあり方の根本、国民の税金の使い方にかかわる大問題です。

ようは100%の推測記事を書いて大騒ぎをしているだけでしかない。まして「天の声」なんて話は、西松建設の本体の公判でも相手にされない言葉である。その「天の声」をヒステリックに繰り返したには東京地検であり、ようは共産党は東京地検と同じ穴のムジナだと自ら正体を現したという事でしかない。

ツッコミどころが多すぎる日本共産党って、自民党と一緒に消える運命かも?  記事を書いていてアホくさくなってしまった。

赤旗vs日刊ゲンダイ 小沢疑惑報道で「場外乱闘」

2010/2/ 9 19:11

http://www.j-cast.com/2010/02/09059835.html?p=all

民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる土地取引疑惑に関連する報道で、思わぬところで「場外乱闘」が起きている。大手新聞は小沢氏の不起訴決定後も、厳しい論調を続けているが、一貫して小沢氏擁護のキャンペーンを張っているのが夕刊紙「日刊ゲンダイ」。同紙は大手マスコミの報道姿勢を批判し続けており、小沢氏批判を続けている共産党にも、その矛先を向けた。これに対して共産党側は、「小沢氏批判」批判は「金権政治擁護に通じる」と猛反発しているのだ。

連日、1面トップを含めて何ページも小沢幹事長関連の特集に割いている日刊ゲンダイは、2010年2月5日発行(2月6日付け)の紙面では、表紙を含めて約3ページ半にわたって、この問題を特集。

「司法権力の片棒担ぎか」

「シロでなく灰色だと未練タラタラの真っ黒自民と大マスコミの妄言」

「暴走検察は何度同じ失敗を繰り返すのか」

「検察の言いなりになる大新聞の権力ベッタリ」

といった8つの論点を提示し、検察、自民党、大手マスコミなどの批判を展開した。論点のうちのひとつが、

「自民・石破政調会長や公明、共産は司法権力の片棒担ぎか」

と題したもので、共産党にも矛先を向けている。

記事では、「今回、とくにおかしいのが共産党だ」と指摘した上で、ジャーナリストの大谷昭宏氏のコメントを紹介。大谷氏のコメントでは、国会が司法権力に対して歯止めをかける必要性があったことを強調した上で、

「ところが共産党までが、戦前・戦中、特高警察に嫌というほど痛めつけられた歴史があるのに、自民党などと歩調を合わせ、検察権力の味方になっていた。非常に残念です。ガッカリした人が多いと思いますよ」

と共産党を批判。

さらに記事は、第2次大戦中の言論弾圧事件「横浜事件」で無罪判決が出たばかりだということを引き合いに、

「そんなタイミングなのに、共産党まで暴走検察にシッポを振っているようじゃあ、連中は永久に懲りないぞ」

と、いわば「捨て台詞」を吐くとも取れる形で結ばれている。

「『日刊ゲンダイ』の主張は、非常識きわまりない」

共産党は、普段与党批判は激しく行うものの、メディア批判は多くない。ところが、さすがにこの記事には我慢ならなかった様子で、翌2月6日に機関誌「しんぶん赤旗」が異例の反論記事を掲載した。

記事は「金権政治を擁護するのか『検察の片棒担ぎ』の暴論」と題して、「疑惑を追及してきた日本共産党に対して『検察権力の片棒を担いできた』などと批判する議論が一部に出ています」と指摘した上で、前出の「日刊ゲンダイ」を名指しした。

その上で、小沢氏の疑惑は

「政治のあり方の根本、国民の税金の使い方に関わる大問題」

だとして、検察の捜査とは別に、「しんぶん赤旗」が疑惑を調査報道してきた実績を強調。その上で、

「それを『検察の片棒担ぎ』と非難するような立場は、結局のところ、金権政治擁護に通じるものといわなければなりません。さらにいえば、戦前・戦中の日本共産党への弾圧と、金権腐敗の摘発・追及を同列に置くような『日刊ゲンダイ』などの主張は、非常識きわまりないものです」

と切り捨てた。

日刊ゲンダイでは、現段階では「赤旗」側への反論記事を掲載している訳ではないが、2月9日(2月10日付)の紙面では、

「単純過ぎる世論 この国で民主主義は無理だ」

と題して、「小沢幹事長は、辞任すべきが7割」という世論調査の結果を非難。世論にも批判の矛先を向けつつある。

_______________________________________________

共産党の言葉を借りると日刊ゲンダイは、非常識極まりないらしい。しかし自分には、記者会見にも出ていないのに、さもその場にいたような記事を書いたり、二次情報を堂々と断定で書いたり、東京地検の明らかにリーク情報を断定で書く「しんぶん赤旗」を運営している日本共産党は、常識があるのだろうか。

判断をするのは、このブログ記事を読まれた方にお任せしようと思う。もっともその後は、流石に水谷云々の記事はしんぶん赤旗では書かれていない。だが何故に水谷建設から5000万円を二回つまり1億円を受け取ったと赤旗の調査でわかったのなら書かないのであろうかねw

ようは、嘘を書いていたと自分から白状をしたということだろうか?

産経もいい加減だが、赤旗程はひどくないような気がしてきた(大瀑

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年11月26日 19:47:54: UkdlUuvyNg
<志位委員長は検察のスパイだ>

何処の国でも諜報機関が敵対勢力にスパイを送り込むことはよく知られている。優秀なスパイは、敵方に貴重な味方の情報を与えることで敵の信頼を確保し、敵組織のトップにのし上がることでその組織を壟断することを行う。かつて検察組織の最大の敵は共産党であった。

そこで検察は当時の共産党委員長であった宮本顕治の家族の家庭教師として大学生だった志位をもぐりこませた。志位の両親は教員で日本共産党員でもあったが、祖父や伯父は旧・日本陸軍中将や日本軍第3方面軍参謀でもあり、検察がその人脈で志位に接近したとも考えられる。

宮本顕治の信任を得た志位は35歳の若さで日本共産党中央委員会書記局長になっている。共産党は今でもそうだが、的確な情報で政府を追い詰めることに定評があった。勿論、行政組織にもぐりこませた共産党員からの情報もあるが、志位が検察から得た有用な情報も寄与していたであろう。

こうして共産党幹部からの信任を得た志位は今や委員長の職に就いた。今回の小沢問題で志位は検察が目の敵にする小沢を非難し、不当捜査をした検察に対しては何の文句も言わず検察の意向に沿って動いているというのが真相だろう。


02. 2010年11月26日 20:55:36: c8sBNBbYkU
確かな野党なんて笑止千万。この党の正体を見極めることです。裏で何をしているのかわからない奇妙な党です。

03. 2010年11月26日 21:07:31: uEJtbxnuEE

共産党の支持者は、昔は知識人やインテリが多かったが、今はバカばかり?小生は民主党がダメだったら共産党がどうかと思っていたのは昔のこと。昔は言うことは立派だった。今、自民党と一緒になって政治と金を騒いでいるようでは知能程度が知れる。民主党も取り上げないマスコミと金の問題を騒いだほうがよほど評価が高いと思うが、それもしない。役所より官僚的、自由に意見が言えない、中国・ロシア外交も出来ない、粗大ゴミ。先はないネ。

04. 2010年11月26日 21:39:52: E2StcSdeZs
>>01
それが証拠か?
小沢は推定無罪で志位は推定有罪か?
それなら小沢と小泉は慶應OB同士なので裏で繋がっているとも言える。


>「iza、“検察の片棒担ぎ”だと言われはじめている共産党」(前田にも在特会にも富士ソフトにも疑問を持たぬ所が怪しいです)
その前田には推定無罪を適用しなくていいのか?
在特会?
その文をコシミズの宣伝文で似た文をみた記憶がある。
何で共産党がコシミズ独立党か何か知らないがなどに指導してもらわなければならないんだ?


在特会コシミズ独立党日刊ゲンダイにかかわるとそいつらの宣伝にかえってなるだけなので共産党赤旗はまず相手になどしないだろう。


05. 2010年11月27日 01:22:24: ezqPTG9DzU
これはもう結論出てるな
低俗商業新聞と政党機関紙じゃあ勝負にならんよ
隠れ党員、サポーターが多い共産党の情報収集能力は検察など足元に及ばない
昔、不和哲三委員長(当時)が意味深な発言をしている
「日本の政府は欧米から信用されていない上に情報管理能力が低いから各国は重要な情報を日本には流さないんですよ、アジア各国には流してもね。」
当の不破氏は当時、中国に頻繁に通い中国社会科学院の勉強会に講師として招かれている。北京空港に中国外務省の局長、政治局員が直々にお出迎えまでしている。
日本共産党が中国共産党経由で機密情報を得ている可能性はきわめて濃厚である。
中国共産党は華僑ネットワークを駆使して機密情報を世界中から集めまくっているのは間違いない。
恐らく今のアホ内閣、能無し官僚よりははるかにたくさんの重要情報を持っているはず
内閣官房機密費を暴露(志位委員長が検察のスパイならそんなことしないだろう)したように時期が来れば色々出してくるだろう。

06. 2010年11月27日 09:07:34: kGYRh4EdfA
>>05
「隠れ何とか」が多いのは創価も同様。「反共勢力」も似たような
ものです。

少なくとも、日本共産党が小沢潰しに荷担しているという事実が、
「日本のため」(ヤマト民族であろうとなかろうと日本国領土に
永住する意思のある全住民と日本国籍を今後も持ち続ける意思の
ある全国民のため)になっていないことは確かです。

小沢潰しは三権分立形骸化を助長し民主主義を殺すことに等しい。
これを本当に隷米勢力とは無関係に「善意」でやっているのなら、
不破や志井は東大を出ていてもとんでもないウマシカだということ。

義理で20年間購読していた「赤旗」を最近中止した中年親爺でした。


07. 2010年11月27日 09:59:26: LCHoJvRXKQ
商売の関係上、昔赤旗を取っていました。
その頃は政治には興味なく、アンチ自民と言うだけで一票を共産党に!

しみじみと共産党の発言を聞いていると
マスコミに乗った発言ばかり(笑)
自ら疑惑を追及なんて一切ないような?
マスコミが華々しく取り上げる小沢氏追及にはいそしんでるが、
小泉竹中にはどうしてたん?
自民党の官房機密費、森やら町村の件は追及したのか?

言われるように
第五検察審査会議決疑惑や申し立て人の名が出ていない事や
富士ソフトの税金無駄使い!疑惑満載なのに一切興味がないよう(笑)

共産党も絶滅寸前のため、大きな注目に期待する風潮があるのでは?
地道に国民の不利益追及が大きな一票につながるのを見失っている!
絶滅しても仕方ない、いやその方がいいでしょうね。


08. 2010年11月27日 13:12:59: j4NAfM4wmQ
日本共産党が小澤さんを支持出来ない立場は良く分るが、小澤さんは悪党たちに、些細なミスを1000万倍ぐらいに拡大されて、「疑惑」をデツチあげられた殉難者であると言う事実を見落としている。悪党たち「官僚。大手メデイア11社。既得権益勢力。自民党系。対米隷属勢力。など」が検察権力を使い政敵を追い落とす謀略」を企てて、検察で不起訴になるや、奥の手として、検察審査会へ残忍な自称市民11人を借り集めて審査会を開きブラツクボツクスの中でイカサマバクチの手口で、洗脳、誘導し、「起訴相当の議決」をさせた悪党たちのマフイアのリンチや人民裁判より、ひどいやり方を、なぜ「赤旗」は糾弾しないのか?。4権分立のように、怪しげな市民11人に強制起訴権を与えた制度は憲法を無視している。フアシズムの制度だ。ナチスによるユダヤ人迫害と小澤さんへの迫害は軌を一にしている。

09. 2010年11月27日 14:03:58: aVikxwEiC6

共産党は権力の腐敗(検察)を批判、追及しない。
小沢疑惑はあおるが?
信用できない、こうもり、ヌエ的党だ。
反権力の顔して、権力に癒着している。
国民が勘違いするじゃないか。

10. 2010年11月28日 13:20:20: Z4CdPKvRl6
■共産党は小沢さんがいると自分達の立ち位置が薄くなるので小沢消去に邁進!

小沢さんは「国民のための政治」を本気で目指している。
そして政権党になって、まさに「国民のための政治」が行われようとしている。

それが困るのですよ。
だって「国民のための政治」は共産党のキャッチフレーズでしょう。
いつまでたっても政権与党にはなれないのでかけ声だけ勇ましいところが哀しい。

だから、小沢さんを消したいのですよ。

結果として、共産党は「国民のダメな政治」をやりはじめたということ。
これも自分のことだけしか考えていない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK100掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK100掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧