★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK101 > 429.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ヘレン・トーマス:シオニストがアメリカ外交を支配している  (ROCKWAY EXPRESS )
http://www.asyura2.com/10/senkyo101/msg/429.html
投稿者 新世紀人 日時 2010 年 12 月 06 日 15:27:18: uj2zhYZWUUp16
 

http://rockway.blog.shinobi.jp/

ヘレン・トーマス:シオニストがアメリカ外交を支配している

ヘレン・トーマス女史

◆12月5日

 アメリカのホワイトハウスで長いこと大統領付き記者として勇名を馳せたヘレン・トーマス女史がデトロイトでのワークショップで、アメリカ外交がシオニストに支配されている、と相変わらずのヘレン節ぶりを示した。

 彼女はその歯に衣着せぬ発言ぶりで有名であったが今年、イスラエルはパレスチナから故郷のヨーロッパやアメリカに帰還すべきだと語り、それが仇となって新聞社を辞めねばならなくなったのだ。

 しかし彼女の発言した内容は、物事の真実の本質を突いているからシオニストに支配されているアメリカのメディアから追い出されたのである。

 この問題は実はアメリカだけの問題ではない。ヨーロッパやその他の地域でも多少の違いはあれども似たり寄ったりの状況のはずだ。従って、現在の世界の現状がこのようである責任の多くがこのシオニストに、そしてユダヤ人のある勢力つまり国際金融勢力の責任に帰することができる。

 ということは、このどうしようもない世界をより良い方向に向けるためには、このシオニストや国際金融勢力に間違った考え方を改めてもらうことが必要となる。

 特にユダヤ人の極端な「選民思想」が元凶の一つにある。しかしその選民思想は、自民族が神に繋がるという意味では正しいかもしれないのだが、それが即、他民族を動物並みに扱い彼らを支配してよい、となるのは間違いである、と悟ってもらわねばならない。

 モーセがかの有名な「十戒」の石版を日本に持ってきている、と「経済界」という出版社の出版部長が新世紀の世界最高レベルの霊覚者であると表現している伊勢白山道氏が語っている(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20090617)。

 今の時代になって、最終決着がつけられねばならないこの時代に、今までの霊覚者のレベルをはるかに超える霊覚者がこの日本に出現し、最終決着のための最終情報をもたらしている。日本人は自分たちの使命を悟らねばならないだろう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●ヘレン・トーマス:シオニストがアメリカ外交を支配している
http://www.kansascity.com/2010/12/02/2493818/helen-thomas-says-zionists-control.html#ixzz174nk4fH1
【12月2日 Detroit Free Press】

 ヘレン・トーマスは12月2日、今年初めにアメリカのコラムニストとしての立場を辞職せざるを得なくなったイスラエルについて語った彼女の言葉を撤回することはない、と語った。
 
 また彼女は更に、シオニストがアメリカの外交政策およびその他の機関を支配していると語った。ユダヤ人自治体では彼女の発言を非難している。
 
 インタビューで90歳になるトーマス女史は、イスラエルを批判し、それで彼女はワシントンから追われ辞職せざるを得なくなった。
 「私はホワイトハウスの大統領を本の中で、なんとでも呼ぶことができるが、西岸にユダヤ人のみ通過可能な道路を持つイスラエルには触れられない」と彼女は語った。白人のみ通過可能な道路などと言ったものを受け入れるアメリカ人は居ないでしょう」

 デトロイトでレバノン人の移民の娘として育ち、長いことホワイトハウス付き記者を務めたトーマス女史は、ディアボーン市で反アラブ的偏向報道に関するワークショップに参加していた。

 ディアボーンにあるセンター内でのスピーチで彼女は、「政治にはあらゆる意味で金が絡んでいる」と語った。
 「議会、ホワイトハウス、ハリウッド、ウォール街はシオニストが所有している。これに関しては疑いないというのが私の意見」と女史は語った。
 「彼らは口出ししたいところに金をつぎ込むのです。それで我々は間違った方向に行ってしまうのです」と彼女は語った。

 先になされたトーマス女史の発言内容に対してユダヤ人グループはアンフェアーで偏見だ指摘した。

 「トーマス女史は、ユダヤ人に対する憎悪を扇動するここ一世紀あまりなされてきたステレオタイプの反セミティズム的発言を繰り返した。彼女のコメントは偏見に反対する全ての人々によって非難されるべきである」と、デトロイト市ユダヤ社会連携委員会(Jewish Community Relations Council)のロバート・コーヘン事務局長は語った。

 フリープレスの質問に対し、彼女は、自分のことを反セミティティックであると指摘する人々に対し、「何を言っているのですか、私はセム族ですよ?と言いたいですね」と彼女は答えている。

 インタビューで彼女は、イラク戦争は、「嘘の上に進められた。大量破壊兵器など無かった。アルカイダとの繋がりもない。一体これはどういうこと?なんで我々はこのイラクの人々を殺し続けているの? それにどうして我々はそこにいるのよ?」と語った。

 イスラエルは「パレスチナから出て行くべきだ」と語り、また「ポーランド、ドイツ、アメリカなど何処へでも元の故郷に戻るべきだ」と語った後、トーマス女史はハーレスト新聞社を6月に辞めている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2010/12/05 (Sun) 精神世界


(新世紀人コメント)
黄昏時で御座いますな。道に迷う輩がさ迷う時で御座います。


 2 81 +−  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年12月06日 16:09:42: intS7oKpEk
 アメリカ人や、その属国日本人は裸の王様に追従するアホ臣民と同じだ。
だれが見ても、アメリカや世界を支配しているのはユダヤ人であるとは思っているが、口に出した者は社会から抹殺されるので誰も本当のことは言えない。「陰謀論」で片づけられることにも臆病である。
 ヘレン・トーマスこそ、a person of courageである。

02. 2010年12月06日 19:11:18: KCsvGAOQ4g
外交だけじゃない。
全てを支配されてアメリカという大国を食い潰した。

03. 2010年12月06日 19:52:35: KLT08CD8lU
 ユダヤ人よ、お前達はヒトラーを殺人鬼として糾弾したが、今は、お前達が同様の事をしているのだ!
どんなに詭弁を弄しても、お前達の酷い犯罪の数々を覆い隠す事は出来ない。

04. 2010年12月06日 23:57:52: 8ADMpa8rJQ
ヘレントーマスは、長い間、私の大好きな記者でした。何十年もホワイトハウス詰めの記者であったヘレンは、大統領の記者会見の時は、前列の端に座って、単刀直入に質問をしていました。

ヘレンが、この投稿の内容の発言をしたなら、それは数十年間の政治記者としての経験からきたものであり、その勇気に尊敬を払う者です。 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK101掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK101掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧