★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK101 > 666.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
表現と言論を殺す「劇薬」の中身は変わらない(都青少年条例)(保坂展人のどこどこ日記)
http://www.asyura2.com/10/senkyo101/msg/666.html
投稿者 CRUSH 日時 2010 年 12 月 09 日 22:57:43: WQV8aK7tXMB2Y
 

http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/68d524cddbc0b4807f85bdbdd1f158d8

東京都青少年条例を今夜も考えてみたい。都議会民主党の条例改正案に対しての賛否は、明日にも定まるだろうと言われている。今や「文化不毛の地」をめざして警察官僚に青少年・治安対策本部長の椅子を準備し、出版物規制を委ねようという石原慎太郎東京都知事と、都議会という閉鎖空間の中で封鎖されている条例の議論に、外からの批判の声がひときわ大きくなってきている。

 角川書店が今回の「青少年条例改正案」に抗議して、来春開かれる『東京国際アニメフェア』への参加を取りやめることを表明した。マンガ家の同条例への抗議に対して「ある意味卑しい仕事をしているんだから、彼らは」(2010年6月定例記者会見)と悪罵を投げつける石原慎太郎東京都知事が実行委員長をつとめるというのだから、角川書店の投げ返した一石の意味は深い。角川書店に続くところも出てきているとも聞く。

 この青少年条例が成立しないと「青少年健全育成」に悪影響が出るなどの切迫した具体的理由はない。春に提出した条例が継続審議・廃案となって越年じゃ都と石原知事のメンツが立たないから、今回は民主党の要求をうんと飲んだから可決・成立でお願いするよ――というのが、正直な話ではないのか。

 たしかに今回の条例を見てみると、東京都が過剰に力んで「精神運動」的なキャンペーンをやろうという部分や2009年の国会で自民・公明提出の「児童買春・児童ポルノ規制法案改正案」に盛り込まれていた「単純所持規制」などを先取りした部分などをごっそり落とした点が、「民主党の要求を反映した」と言える部分だろう。

 しかし、「劇薬」カプセルの中から、いくつかの要素を削って、肝心の猛毒性の表現規制部分を拡大したのが、今回の改正案だ。猛毒性の部分とは、マンガ・アニメなどに自主規制を都が求める対象を「刑罰法規にふれる」あるいは「近親間の」→「性行為」を「不当に賛美し又は誇張して描写し表現する」という枠組となっている。また、これらの好ましからざる出版物の中で「不健全図書」として指定する対象も、「強姦等の社会規範に著しく反する性行為」を「不当に賛美し又は誇張して描写し表現する」というものだ。

 前のカプセルの箱には「18歳未満の非実在青少年」と服用対象が刻まれていたが、今回は「18歳未満の非実在青少年」の表記は消えた。東京都は「大人も対象としました」とごまかすが、ちょっと待ってもらいたい。年齢区分を外して全年齢としたら、当然ながら「18歳未満の非実在青少年」も法規制の網の中に入っている。表示されていないのは、一種の詐術で春に提出した条例と何ら変わりませんよということだ。何ら春と変わらないのも面白くないので、廃案にされたお返しに規制範囲を広げさせてもらいましたとの意図も読み取れる。こんな小細工にごまかされるようでは、あまりにも情けない。現に、東京都は「春の条例と変わらない運用をしていく」とその中身を隠そうともしていない。

「たかがマンガ、アニメで騒ぐな」という人もいるだろう。文字で書かれた小説とは次元が違うと石原都知事らは考えているかもしれない。しかし、「刑罰法規に触れる性描写」が規制対象なら、文字で書かれた小説の類も規制を免れるはずもない。「刑罰法規に触れる性描写」が規制対象なら、「薬物」「刃物」などが登場する創作物はどうなのか。今回の条例改正が、まさに「蟻の一穴」になる恐れは十分ある。さらに「社会的規範」を持ち出すのならば、憲法で保証された「思想・信条、表現の自由」も都条例がズタズタに切り裂くことが出来ることになる。しかも、治安対策本部が規制当局だ。

 警察の取り調べでウソの自白を強要され、長期間拘留されてひどい目にあったと「志布志事件」をテーマにしたマンガや小説も、「社会的規範に反する」と一刀両断されかねない怖さをこの条例改正案は持っている。この条例を提案し、成立させようとしているのは、東京都青少年・治安対策本部である。本部長は警察庁キャリアで志布志事件の発覚当時に鹿児島県警本部長をつとめていた人だ。デタラメな捜査で無辜の民を拘束し、人権蹂躙の限りを尽くした志布志事件の捜査を県議会で問われて、「自白の強要などなかった」と答弁してきた人物である。「出版の適否の決定権」を警察当局がふりまわす社会になってはならない。

戦前の「治安維持法」という民主主義と言論を殺した劇薬だったが、戦後60数年間にわたって、思想検事・特高警察の後継者たちは本質的な反省をしてこなかった。民主主義とは空気のように常に存在し、大地の如く確固としたものではない。つねに、危機にさらされ、その危機のたびに人々が声をあげて、つくりあげていくものだ。

2010年12月、私たちは声をあげようではないか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年12月09日 23:19:55: HELLltNQDA
強姦が表現の自由なのですか。
しょせん、男性の限界ですかね。
それにしてもサヨクの人って、何でもかんでも、○○の自由とかってすればいいと思ってうんざりです。
いずれもっと自由が制限されるっていうのも同じ理屈。

何でもかんでも表現の自由など美辞麗句を隠れ蓑にして、情けないですね。
どうどうと少女強姦アニメが見たいといえばいいのに。


02. 2010年12月09日 23:45:54: lnOCKib2ZI
>>01.

アホはアホらしく、こんなところに出てこないですっこんでろや。


03. 2010年12月09日 23:58:53: kbjD6Oqr1Y

石原慎太郎の様な税金泥棒が、何を言う???
モラルを説く資格も何もなし。
都民の税金を私利私欲で浪費する糞野郎に、
道徳を説かれても、説教泥棒の戯言。

04. CRUSH 2010年12月10日 00:03:56: WQV8aK7tXMB2Y : gzlYMor2cI
>>01さんへ

青少年の健全な育成などという美辞麗句を隠れ蓑にして
表現弾圧を行う貴方たちほどではないですよ。

また、男性がどうのとかおっしゃってますが、
今回の改正案が可決されれば、少女漫画やBLにも
多大な被害が出るのですよ。
貴方のような偏狭な考えの女性(ひょっとしたら男性?)は
ほんの一部なのでは?


06. 2010年12月10日 06:43:09: IgQ0WMLxRU
取締りを強化して有効な前提は、取り締まる側の倫理が確立されてからですね。
今の検察・司法・公安、信用できますか?

07. CRUSH 2010年12月10日 12:23:32: WQV8aK7tXMB2Y : crZxMwRq1w
>>06さん
今回の改正案の危険性に関しては、取りしまる側の倫理の高低の問題ではなく、
行政が民間に一方的な価値観を強制してくるところにあると思います。
大手マスコミは、成人向けアニメ、漫画及びそれに類するものの
陳列区分強化(コンビニ等で売るな等)にすぎない、だからそんなに
目くじら立てて警戒するなといった表現を用いています。
しかし、法はその時の行政の意向によって恣意的な運用がされるのは
避けられません。今回の条例が可決されても、行政は、成人向けアニメ、漫画
を描くな、売るなとまではさすがに拡大解釈はしてこないでしょうが、
ただでさえ萎縮しているこの手の業界に対して、さらなる牽制になることは
間違いないでしょう。エロ本を売ったり(もちろん成人に)、読んだりしただけで、
非実在犯罪の容疑者に仕立てられて、公安に逮捕される。そんな世の中には
するべきではありません。今回の条例は、大義名分では青少年の健全な
育成を目指とありますが、身の毛のよだつ警察支配社会の到来を予知するには
十分なほど危険な法案だと思います。

08. 2010年12月12日 00:11:54: 1ZyaLGIIY6
いままでたいしたことないと成人指定の基準を見9直すだけのようなものと思ってたけどそれだけですまないってことか コミケ市場にも氷河期がくる???

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK101掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK101掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧