★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK102 > 299.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
朝日新聞主筆船橋洋一氏の「退社」は「対米従属派」の全面敗北の開始を意味し ている!(杉並からの情報発信です)
http://www.asyura2.com/10/senkyo102/msg/299.html
投稿者 山狸 日時 2010 年 12 月 16 日 10:59:45: tX9mutQ2kzrA2
 

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/1f52f60e201349da232dfd87d0239649

私は新聞を購読していないので朝日新聞主筆の船橋洋一氏が12月15日付けで朝日新聞社を退任したことを知らなかったのですが、昨日の天木直人氏のメールマガジン記事「船橋洋一朝日新聞主筆の退任と駐米大使人事の行方」でこのことを初めて知りました。

(以下は記事の一部を転載)

今日(12月15日)の報道で私がもっとも注目したのは朝日新聞だけが書いていた「船橋洋一主筆が退任する」という記事である。

これは朝日の社内人事であるから、朝日しか書かないのは当然であるかもしれない。

一段の小さな記事で次のように書かれていた

「朝日新聞社の船橋洋一主筆が15日付で退任した。2007年6月、朝日新聞社が約30年ぶりに設けた主筆に就任し、「日本@世界」の連載や、昭和報道検証、朝日地球環境フォーラムなどを通じて、紙面の質の維持・向上につとめた」

(転載終わり)

新聞記事では「退任」と書かれていますが朝日新聞社に彼の居場所はなく「石もて追われる」形で「退社」したのだと私は思います。

船橋洋一氏は2007年から今日までの3年間、朝日新聞の記事と論説の両方を管理する主筆として絶対的な権力を握り、朝日新聞を読売新聞と見間違うほどに右傾化=対米従属した紙面に変えてきた張本人です。

紙面の余りに劣化した内容に怒って定期購読をやめた購読者が続出し広告収入の激減と相まって朝日新聞は二期連続の赤字に陥ったのです。

今回船橋洋一氏が「退社」したとしても朝日新聞の信用が回復して購読者が戻り広告収入が増えるとは到底考えられません。

その理由の一つは、多くの賢明なる国民は戦前の朝日新聞が天皇制軍部ファシズム政権と一体となり「大本営発表」報道で国民を騙して太平洋戦争に駆 り立てた暗い過去を知っており、ここ3年間の船橋洋一氏が時の政権と一体となって主導した対米従属・米国利益優先の紙面内容に「戦前と同じ危うさ」を感じ取っているからです。

一度失った信用は二度と回復しないのです。

その理由の二つ目は、「ネット媒体」の急速な普及によって「紙媒体」による「情報独占」と「世論操作」がもはやできなくなり「商売のうまみ」が無くなったことです。

朝日新聞が唯一生き残れる道は100万部程度の「調査報道」に徹した紙面作りとネット媒体への移行しかないと思われます。

今回の朝日新聞主筆船橋洋一氏の「退社」はメディアにおける「対米従属派」の全面敗北の開始を意味していますが、政界でも民主党の内部が「国民生活第一」「日本独立」の小沢民主党と「大企業第一」「対米完全従属」の菅・仙谷・前原・岡田民主党とに明確に割れてきています。

多くの国民は日本の再生は「大企業第一」「対米完全従属」ではなく「国民生活第一」「日本独立」でしか達成できなことを良くわかってきていますので、「日本独立派」が「対米完全従属派」に勝利することは必然なのです。

天木直人氏は船橋洋一氏の次期駐米大使への起用の可能性を言及されていましたがそれはないと思います。

(終わり)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年12月16日 11:10:10: WTkylLMjDQ
Woohoo!

02. 2010年12月16日 11:18:40: LIWB9XQJTE
Time They're changin'

03. 2010年12月16日 11:43:38: 7WZekNACgc
しかし、対米従属派が引っ込めば、親中派が余計にのさばって来るのじゃありませんかね。
今後の紙面に注目です。

04. 2010年12月16日 11:54:10: 1EQxiOkWEA

国賊船橋が退社ですか、大変喜ばしい出来事です。

願わくば、まともでない死に方で一生を終えていただきたいと思います。


05. 2010年12月16日 12:25:09: 0KLbVBBQt2
これで、止めを刺された。
>朝日新聞主筆の船橋洋一はCIA協力者リストに名前がある。
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/420.html
http://cryptome.org/cia-2619.htm#F
>Funabashi, Yoichi Ashai Shimbun, Washington, DC

だれが、主筆になろうと、朝日新聞に期待できません。


06. 2010年12月16日 12:58:26: WRbIVHQh9o
私も朝日に期待等しないが、これを機に大きく論調を変えるのならそれは歓迎する。
次は読売のナベツネが消える番だね。

07. 2010年12月16日 13:36:43: aOGXFRx5zo
http://cryptome.org/cia-2619.htm#F
Funabashi, Yoichi Ashai Shimbun, Washington, DC

さすがにこれはマズいだろ。ナベツネの過去が明らかになったのは随分前だが、
現役の朝日新聞主筆がCIA協力者とはね。信じられない。


08. 2010年12月16日 13:46:59: 6O32bIJQRg
そんなことで騙されてどうするんだよ!
アメリカに留学してCIAの手先になった奴は朝日新聞・テレビ朝日にごろごろいるぞ。
こいつらが2度とのさばらないように、倒産するまで粛々と購読・視聴停止運動を続けよう。

09. 2010年12月16日 13:54:31: KLT08CD8lU
社長の秋山耿太郎さんも、◎◎Aかも!

10. 2010年12月16日 13:54:41: Rmg9FAz1a6
>>03
船橋洋一氏は「対米従属派」であると同時に「極端な中国寄りのジャーナリスト」であったとみなす向きもある。「週刊新潮」(12月16日号)のコラム「変見自在」に元産経新聞記者の高山正之氏が「船橋洋一論」を書いているらしい。

「『記者の基本』なるもの」(柳原滋雄コラム日記 2010/12/13)
http://www.yanagiharashigeo.com/kd_diary/index.htm http://goo.gl/VsEzW
「朝日新聞主筆の船橋洋一氏とは、こんな人物。」(寺子屋BBS sugiyama 2010/12/10)http://www3.rocketbbs.com/731/bbs.cgi?id=terakoya&mode=view&tree=2648


11. 2010年12月16日 14:10:01: pwqXLQNYpx
船橋氏の経歴を見ると、1944年12月15日生まれとある。
つまり、65歳までは働いたけれど66歳の誕生日を機に退社した、
というだけのことじゃないんですか?

どうせ高月給で儲けたのだから、「これからは自由に生きよう」とでも思っているのでしょう。


12. 2010年12月16日 14:22:07: fbjJbRbe1A
 さあ、次は星浩だ、そして、早野透も。

13. 五月晴郎 2010年12月16日 14:43:55: ulZUCBWYQe7Lk : ZMbmXo037I
>>11
>船橋氏の経歴を見ると、1944年12月15日生まれとある。
>つまり、65歳までは働いたけれど66歳の誕生日を機に退社した、
>というだけのことじゃないんですか?

と、いうことだと思いますよ。残念ながら。

>朝日新聞が唯一生き残れる道は100万部程度の「調査報道」に徹した紙面作りとネット媒体への移行しかないと思われます。(記事)

その通りだと思います。が、TV等と併せてのPR機関が必要との認識が、(こういう言い方はしたくないですが)「支配」側にあります。また、「原稿部数」−「100万部程度の調査報道」の数の、調査報道の類に興味を持たない需要があります。これらも事実です。で、全国紙の統合は、ずっとささやかれてますよね。朝日と読売とか、ちょっと前だと考えられないような組み合わせとか。


14. 2010年12月16日 17:36:45: EU0PyI189M

リーマンショック以降、この1年半で
アメリカの新聞は150紙消滅した。
新聞記者の35%が失業した。
電子書籍ならぬ、電子新聞が出て、質がよければ、
購読者は、そちらにシフトするだろう。

15. 2010年12月16日 17:36:48: bm2MZB7ORk
船橋が退社しても、朝日には「政治と金」、「政治と金」、「政治と金」・・・

呪文のごとく唱える 星 浩 が健在じゃよ。 それに弟子の(?)曽我とかいう

パリパリの小澤嫌いがいるでよ。 小澤氏も大変だよ。


16. 2010年12月16日 18:22:54: Pt6sBYysx2
つい近年、自民党の悪政が続いているときはずっと朝日はましな新聞と思っていた。思わされていた。「朝日ジャーナル」という週刊誌があったが全共闘系の連中をはじめラジカルを自認する若者が好んで読んだ。その全共闘の資金源も実は米CIAという話も聞いたことがあるが、恐ろしい世の中だ。

17. 2010年12月16日 18:30:23: LhHXQ2nBwQ
朝日新聞退社で喜んではいけない。
「参議院選後に船橋洋一が駐米日本大使」と噂が流れたのは記憶に新しい。

18. 2010年12月16日 18:40:18: z6smctz0vE
3Kとゴミ売りは問題外として
朝日も毎日も少しでも早く潰れるように、情報拡散してやる
徹底抗戦!

19. 2010年12月16日 19:48:19: KLT08CD8lU
 朝日新聞大阪本社の財務セクションマネジャーに船橋量哉と言う人物がいるが、息子かな?

20. 2010年12月16日 20:16:05: vUUer8HzcU
■甘いかも知れません。朝日希望の『星』が生きていますよ。

船橋は本当に駐米大使候補かもしれません。

国内は『星』に引継です。

先日、報道ステーションで初めて『星』を見た。

菅や仙谷と似ている印象だった。

"鉄面皮"。

表情を変えずに公衆の面前で臆面もなく嘘をつける、そんな感じだった。

ただただ小沢喚問を理屈抜きで主張し司会者は迎合していた。

まだまだ朝日解約攻撃の手をゆるめては成りませんぞ。

本当に倒さなければ我々の闘いは始まりません!


21. 2010年12月16日 21:12:53: XJ9eMlz9vk
へー、やめたホントに理由が、スポンサー(=アメリカ=ユダ金)からの
解雇だったら笑えるな。それ以外に理由でも、どーでもいいけど。

ただまともな死に方はせんでしょう。これだけ祖国を売っとばして、天国
に行ったら、そこが新しい「地獄」だっちゅーことです。そう、こいつの
行く末なんて、ケケ中たちと同じ。煉獄で永遠にさまよえ!!!!
末代まで苦しむがよい。


22. 2010年12月16日 21:36:00: d8R1BNCmlc
>>朝日新聞主筆船橋洋一氏の「退社」

めでたいことです!!

朝日新聞購読を今年はじめに止めたものとしては
万歳三唱したい気分です。


23. 2010年12月16日 21:58:54: hmijnKrvu6
 「反米大陸」という本を読んでいます。とても面白くて止められません。アメリカが中南米で過去どんなにひどいことをしたか、新自由主義で南米の国々をぼろぼろにしたこと、南米諸国の富をただただ収奪してきたこと、反米左派政権が誕生するとCIAが軍事クーデターを起こして、政府転覆をはかり傀儡政権をうちたて国々を支配したこと。などなど・・・そして、アメリカの侵略と虐殺の建国の歴史もあますところなく書いてあります。
 南米諸国にしたことを日本にしようとしていること。しかし、今や南米諸国の人民は反米にめざめ、CIAの謀略にのらないこと・・・なんと、こんな良質な本を朝日新聞の伊藤千尋さんという方が書いているのです。つまり、朝日新聞にはこんな素晴らしい人もいたんだということです。過去、本多勝一もいました。
 もちろん朝日新聞は、とっくに止めています。早くつぶれてほしいですが、過去このような人もいたんだということを知って少し救われたような気がしました。

24. 2010年12月16日 21:59:36: otaTsIdSPs
普天間基地移設のときの鳩山腹案と同様、見たいようにしか現実が見えないサルたちの妄想コメントの嵐の中、冷静に現実が見える「人類」11さんの常識あるコメントが光る。

>>11. 2010年12月16日 14:10:01: pwqXLQNYpx
船橋氏の経歴を見ると、1944年12月15日生まれとある。
つまり、65歳までは働いたけれど66歳の誕生日を機に退社した、
というだけのことじゃないんですか?

まさにその通り。名もない民草から見れば国賊かもしれないが、現実には、会社にも周囲の人々にも祝福され名誉も金も手に入れ、このたび満を持してめでたく円満退社されたのだ。

政権交代で感極まって小泉竹中の逮捕間近を叫び続けたりと、阿修羅もデマはほどほどにしないと。ま、ピーク時でも読者数1万人/日にも満たない落書き板では、社会への影響力もたかが知れているがね。


25. 2010年12月16日 22:01:07: dBLszMlN8Y
大変喜ばしいことですが、舟橋が止めても、今後二度と朝日新聞を購読しようなどとは思いませんね。

「嘘、憶測に満ちたマスコミサイドの言い分・世論誘導にお金を掛けることほど馬鹿馬鹿しいことは無い!」、こう小沢さんの西松事件以降学習しました!!


26. 2010年12月16日 22:02:21: chbWh3gTmA
舟橋の退社は、色々取りざたするほどのことでもないような気がする。

主筆と言っても、役員でもない人間を、ナベツネのごとくいつまでも置き続ける訳にはいかない。一方で、社員の首切りをやっておいて、いくら(この会社にとって)重要な人間だったとしても限界はある。それが、企業の論理だろう。

これからどういう動きをするかは気にはなるが、それだけのことでしょうよ。

それにしても、曽我と言う奴、以前、エディターという肩書で署名記事を書いたのを読んで飛び上がった。生意気そのもの。その男の姿を先日、TVで見て、再び飛び上がった。こんな男、早く始末した方が、御社のためですよ。朝日さん。


27. 2010年12月16日 22:04:18: dBLszMlN8Y
25. 訂正
>舟橋が止めても
   ↓
 舟橋が辞めても

28. 2010年12月16日 22:19:06: 58dVDGEMgY
船橋が退社しても、本日の朝日の社説では法人税をもっと下げろと外資系ファンド株主の意見が反映されたような社説であった。
15日退社ということは16日付けのこの従米記事を出してトンズラかましたってことだと思う。

朝日はもう潰れてもらうしかない。


29. 2010年12月16日 22:42:08: PfR99B4l1U
■船橋が辞めようが 辞めまいが 朝日は変わらんし・許せん。

船橋、星の悪行・暴走を トップから末端販売員までそれを許してきた体質は
戦前・戦中のそれと同じ、一朝一夕には変わらない 

と言うより会社がつぶれて 亡くならないと変わらない。 


30. 2010年12月16日 23:10:00: UCxFEtWpdo

船橋洋一が辞めた真相はわからないし、理由など、どうでもよい。

速報性という価値のなくなった新聞は単なる資源の無駄でしかなく、広告媒体とし

てはあらゆる世代の目に触れるものではないので企業としては広告経費を投じるに

見合う媒体ではなくなったのである。

 船橋、星、天声人語氏の功により読者離れが加速したことであろう。普通の社員

は家族を抱え定年まで朝日新聞社が存続することを願っていることだろうが、紙媒

体のメデイアはアメリカのように倒産する新聞社が出てくることも近いかもしれな

い。 新聞社が無くなることにより、ジャーナリズム精神のかけらもない記者の集

う記者クラブも無くなることが必要であると気づきつつある人がふえている。

 普通の社員は辞めることもできないだろうが、船橋氏は生活には困らない金をつ

かんでいることであろう。

 


31. 2010年12月16日 23:42:44: EEjVtrxvWg

 ネットの普及によって、朝日新聞の捏造の歴史が

暴かれたために購読者が減ったんだよ。

強制連行しかり、従軍慰安婦強制連行しかり、

教科書検定の近隣条項しかり、

朝日新聞によって、戦後日本は莫大な損失を

蒙らされた、

ネット世代が朝日にノーを突きつけただけで、

船橋洋一がだれかも知らないよw


32. 2010年12月16日 23:56:25: EEjVtrxvWg

1915年(併合5年後)から1945年まで

朝鮮半島で発行されていたた、大阪朝日新聞の

朝鮮版を研究した「朝日新聞朝鮮版の研究」

という本を読んでみな。

いかに、戦後に朝日新聞がキャンペーンを行って

きた日本帝国主義の悪辣な植民地支配が嘘であったか、

ネットで展開されてきた朝日新聞への反論が正しかったかが、

明確になる記事が山ほど出てくる。

在日と結託した朝日新聞のさまざまなキャンペーンによって

日本人は朝日新聞に不必要な不名誉を負わされ、莫大な税金

を投入させられた。

それを知ったネット世代が朝日を拒否しているわけで、

朝日の左傾化、右傾化なんて関係ない。

スレを立てたやつはバカじゃないか?・・・・w


33. 2010年12月17日 00:12:25: 2us8B86sKA
主筆が辞めても朝日の信頼は回復しようがない
朝日は完全CIA配下でそのうち読売と合併

上の従軍慰安婦の件は、日本から金を出させるために統一が
戦時中プロの女性を探し、仕組んだという説もある


34. 2010年12月17日 00:26:20: KRhoLQ7PJI
昔から朝日新聞は、自民党及びアメリカの味方であった。

大森実著「戦後秘史」昭和51年講談社発行・1〜10巻の10巻目のP290〜の「那須聖(毎日新聞元ワシントン支局長)池田首相・ロバートソン会談の取材秘話から
池田勇人・愛知揆一・宮沢喜一・鈴木源吾財務官らの米国ロバートソン交渉における日本代表団の朝日新聞に対するブリーチ事件

で池田勇人以下自民党・官僚にとって朝日新聞は「われわれの新聞」だと言っていたと毎日新聞の那須聖さんが、腹を立てている。

アメリカにとっても朝日を左派系にしておくことのメリットが有ったのだろう。
常に権力者側は、国民を欺くためにマスコミを育て上げると肝に銘じておく必要
が有るね。


35. 2010年12月17日 00:51:38: s8KCrL1xtk

[菅の「鉄面皮」変身に関して]


元祖鉄面皮、小泉純一郎の進言だろう。

前原が真っ先に鉄面皮をかぶってスターリンきどり。
おまけに羽織,袴で右翼フィクサーのマネまでしている。

菅直人の鉄面皮は失言予防と無能隠しの目的で進言された。
無表情でヒットラー気取りか。スケベでニヤケ顔が本来
の姿なのに、仮面カブってさぞ窮屈だろう。

全共闘内閣のメッキが剥がれるのは時間の問題なのに。



36. 2010年12月17日 00:55:13: NyNYDLjrZ2
31,32は単なるネトウヨくんだね
ネット世代といっても、考えはひとつじゃない。
人括りにはできんと思うよ

37. 2010年12月17日 00:55:16: J6wmjLVKsE
うん、三宝会の福本邦雄死亡ほどではないが、実質売国奴が第一線から一人いなくなったのは朗報。
こいつらがひどい目にあうんだったら俺はいつ何時でも馬鹿笑いする自信はある。

38. 2010年12月17日 01:15:41: UoO0WblDxQ
やはり、渡辺恒雄と氏家斎一郎、内山斎をこの世から抹殺しないことには
大変革がおきない
いずれにしても読売をどんな手を使ってでも消滅に追い込まなければならない

39. 2010年12月17日 01:21:17: EEjVtrxvWg

 朝日新聞の論調に思想的変化が出てきてるとすれば、

それは単純に、記者の世代交代が原因だよ。

 戦後第一世代(昭和10年前後生まれで終戦時に

小学生中高学年だった)から団塊世代(昭和22〜24年)

までの世代は、アメリカ占領軍が仕掛けた日本人解体教育

の影響を徹底的に受けてきた。

1.日本人は好戦的な民族
2.日本人の先祖は悪いやことばかりした
3.日本はアジアに悪いことばかりした
4.日本の伝統文化、伝統精神文化は悪い文化
5.日本の歴史は、悪い歴史ばかり

戦後第一世代は60年安保世代で、本多勝一、筑紫哲也

田原総一郎、小田実などがそれに当たる。

団塊世代は70年安保世代で、管、仙谷、鳩山、岡田など

がそれに当たる。

これらの世代が戦後左翼思想を担ってきたわけだが、

朝日新聞でも、この世代が論調をリードしてきた。

しかし、この世代もマスコミ界、言論界からリタイヤ

している。

これに続く、戦後第二世代が新聞界を支配してくると、

アメリカ占領軍が仕掛けた「戦後自虐教育」の呪縛も薄れ、

それによって朝日新聞の論調も変化してきたわけだ。

つまり、ようやく日本人は「奇形の戦後教育」の呪縛を

解かれ始めて、普通の国になりつつあるわけだ。


40. 2010年12月17日 04:33:14: KnDH6Ypn2U

 藤原 弘達、細川 隆元、・・・等、その昔の政治論説者達は、
 
 それはそれは偉そうに構えて、大物政治家を見下していたものですよ。
 
 政治記者上がりの政治論説者は、政治家の恥部を握り、

 政治記者時代から言論買収を重ねてきた政治家は、自身に有益な記事・論説を書かせ、
 
 記者クラブ、全国紙、キー局の記者・論説者と政治家の関係は、長らくそういうものでした。

 今、各大手メディアで社説や政治論説、政治解説をしている年代は、その最後の生き残り。
 
 主にネットメディアによって状況が一変していることに抗い、

 昔懐かしい良き時代の記憶に生きる彼等政治ゴロにとって、

 約20年以前から会見取材完全オープン化を実施し、
 
 約30年前から言論買収を一切しない小沢一郎は、
 
 辛い辛いトラウマなのだよ。
 
 小沢一郎が、メディアから、謂われ無きバッシングを受ける理由が、
 
 そんな馬鹿げた私怨なのさ。
 
 勿論、既得権益破壊者としての小沢一郎は、
 
 既得権益受益者勢力にとっては、抹殺すべき最大障害である。
 
 
★未だにメディアと小沢一郎の確執にお悩みの諸君に、次の岩上安身ustインタビューを贈る。

 101215ジャーナリスト渡辺乾介氏インタビュー
 http://www.ustream.tv/recorded/11445105

★何故に今、政治家小沢一郎が必要なのか? その答えの一片が次の論文にある。
 
 アムステルダム大学名誉教授・ジャーナリスト
 カレル・ヴァン・ウォルフレン
 『中央公論』2010年4月号
 日本政治再生を巡る - 権力闘争の謎
 http://www.wolferen.jp/index.php?h=3&s=2&t=2


41. 2010年12月17日 08:02:24: QMS2p3zK7o
船橋一人がいなくなっても、朝日本社には、まだ、星や若宮や加藤のような、新聞権力者どもが残っているではないか。こいつらはマスコミのノーメンクラツーラだ。読売や日経や産経、毎日も似たようなものだ。頭の悪い古館のとなりで、ウソ解説をする論説委員どもがいる限り、朝日の変化は期待できない。マスコミ産業が斜陽化している以上、やつらは、現実に目覚めぬまま、タイタニックに乗ったまま沈んでいくしかない。

42. 2010年12月17日 08:06:26: xTL9bTBPVE

わたしも、マスコミによって、とんだバカだった。
ほんの7年前まで、鈴木宗男は悪い政治家と思っていた。
もちろん、自民党育ちの権力者、小沢一郎こそ、権力の権化、
あんなの「早く消滅しなくては」と誤解していた。
それはマスコミ情報に洗脳されていた仔羊だったから。

しかし、ちょっと変だ、と思いながら、
佐藤優「国家の罠」「獄中記」、鈴木宗男「汚名」「反省」
平野貞夫「小沢一郎絶対無罪」など読んで、誤解が解けた。
マスコミはインチキ情報を流していたのだと分かった。

さらに、ネット情報で、この日本の理解に厚みが増した。
マスコミ、検察は「詐欺師」だったのだ。
もちろん、その上にアメリカプロパガンダが占領しつづけている。
ああ。おれは少し賢くなって、小沢一郎を守れ!と決意したのでした。
(寅さん)


43. 2010年12月17日 10:14:22: wjem63atP6
 民主主義を破壊している日本のメディアの中で大きな役割を担っている朝日新聞の編集責任者である船橋洋一氏が退社ということです。
しかし、これが歓迎すべきニュースであるか否かは今後の朝日新聞の報道姿勢と彼がどんな身の振り方をするのかを見ないと判断できません。
 朝日の購読者の減少は恐らく他の新聞を上回っていると想像されます。露骨な従米と反小沢論調が船橋主筆のもとで目に余るからです。ここに気がついての船橋退社であれば希望が持てます。しかし、彼が噂される駐米大使や政府機関の要職に横滑りするようであれば、これまでの従米、小沢潰しのプロパガンダ報道への論功行賞であり、彼らの勝利宣言と受け取る必要があります。
 今回の大林検事総長の辞任も小沢不起訴を記者会見で明言した大林氏辞任を主張していた仙谷の圧力と私は勘ぐっています。
 企業減税、庶民増税に走る菅政権を存続させてはなりません。私は名古屋の河村市長、名古屋市民の運動こそが日本に民主革命をおこすきっかけとなると期待しています。

44. 2010年12月17日 11:32:25: VF0zby60uS

朝日新聞主筆船橋洋一氏の「退社」
国民をだますために、がんばってきたんだな。

日本の国益よりも、アメリカの利益を優先させる政策に
加担してきたことか。日本は衰退するはずだ。


45. 2010年12月17日 11:39:28: Em6QWVHhmw
> 39. 2010年12月17日 01:21:17: EEjVtrxvWg


馬鹿も休み休み言え。


46. 2010年12月17日 11:44:04: QpGmz9aUMM
全国の小沢同士におめでとうを発信ます。

47. 2010年12月17日 11:50:19: klz1VoncHA
 ファシズムマスゴミになんら変わりはない。早くつぶれろ。

48. 2010年12月17日 12:01:44: JnyNra8P4I
日本人に必要なのは自立ですよ。米国とか中国ではなく自分で判断し自分で責任を取る。政治家も官僚もマスコミも自分の言ったことに責任をとらないでしょう。でも国民も自分の言動に責任をとらないからそうなったともいえる。小泉元首相も言っていたことだが大統領制にするべきだと思う。国民が直接選ぶ。そして大統領はその結果を持って指導力を発揮する。日本の政治家が力を発揮できないのは直接国民に選ばれたのではなくて派閥の長とか世襲やコネポストの人たち、官僚に多いですがそう人たちの意志の方が強かったりするからだ。しかしそういう意志を介入させた人たちはまったくその責任を負わない。それに甘んじてる国民も無責任でありそのツケを今各自が体験しているというわけだ。国民の総意として代表を選ぶ、それはいまのところ大統領制しかないと思う。

49. 2010年12月17日 12:08:21: QpGmz9aUMM
私の息子は残念ながら朝日販売員です。息子にはがんばれとは言いますが、私も
みなさんの意見を無視せず息子にも真実を伝えています。そんな子ですが精一杯仕事に励んでいます。敵の敵は味方。親として皆さんの情報の豊かさを増すために非常に都合のよいお願いですが、朝日を大事にしてやってください。矛盾しています。わかりきっています。一人の親として心配しているのです。誰にいわれたのでもありません。本当に悲しいです。それで皆様の不満が小さくなるわけではない
でしょう。でも、底辺で生活をしていくことはそういうことなのです。単なる一人の父親として。そのことでなにかを期待してるのか。答えはイエスです。

50. 2010年12月17日 12:47:06: LpO6MhNizE
新聞販売店主やそこで働いてる人に罪はないだろうが、もういい加減に怒りをぶつけるべきではないのか、捏造記事ばかり書いている本社社員に。「お前らがまともな記事を書かねえから新聞が売れねえんだ。俺たちがどんだけ苦労してるか分かってんのか。死ね、馬鹿、クソゴミ野郎!!」と。


51. 2010年12月17日 13:06:17: WisP3HVSdc
まあどうでもいいんでない、新聞は見ない、それで終わりの話だし・・・

52. 2010年12月17日 14:26:38: 9z8OPLxuCo
日本の真の独立を目指す鳩山さん小沢さんなどが、対米隷属派のマスメデイアなどの悪党一味と民主党内のクズ議員の裏切りのために追い落とされましたが、菅,仙谷、岡田らは更に、憲法違反のブラツクボツクス内の超国家的「秘密組織」そのものの検察審査会の残忍な自称市民にイカサマバクチのような手口『洗脳と誘導で」いわれない「疑惑」をデツチあげられて起訴相当の議決をさせるという謀略で追い落としの謀略に嵌められている小沢さんを救援するどころか、「小沢の息の根を止めて「殺処分」にしてやる」週刊新潮9,30号など参照。と民主党内の反小沢派は広言していました。仙谷、岡田らは敵一味へ投降し改革の志はあつさり捨てて属国派へ隷属し悪党たち『官僚。大手メデイア11社。自民党系。既得権益勢力。対米隷属派。など」としめしあわせて、同志であり元の最高指揮官の小沢さんを敵に売り渡し、己らの助命を自民党などにひれ伏して乞うつもりなのです。自爆攻撃に出たと見ています。小沢さんが反撃して悪党たちをギャアと言わせて教訓を与えるべきです。

53. 2010年12月17日 14:38:48: TDIjKrZeXk
朝日の購読者でしたが、今年の1月で購読を辞めました。

次は星の番ですね


54. 2010年12月17日 14:43:03: ETF0rxvyRF
毎日はもうすぐだろうけど、朝日もそんなにはもたないだろうね。

55. 2010年12月17日 15:13:27: nNPddbW4SY
>>42さん

私も似たような経過をたどっています。
何が正しくて、何が間違っているのか。
コペルニクス的な大転換です。

ロシアが弱っているとき、宗男さんの2島先行返還論で国論を統一できれば
今のていたらくは無かっただろう。
チャンスは2度はない。

よってたかって真の愛国者を獄に繋ぐことになってしまった。
小沢まで追い落とすようなことになったら、日本は滅びるだろう。

しかし真実に目覚めた者は少ないが強固だ、そして日々増えつつある。
これは小沢が戦い抜いているからだ。



56. 2010年12月17日 15:13:33: E1joLW87kf
>>24
あなたの仰ることにに反論二点。

>船橋氏の経歴を見ると、1944年12月15日生まれとある。
>つまり、65歳までは働いたけれど66歳の誕生日を機に退社した、
>というだけのことじゃないんですか?

もし辻褄に合わないような日が退社日であるのが発覚したら、それこそ「対米従属派」の全面敗北の開始を世に晒すようなもの。そんなことあなたのような単純頭脳の持ち主以外容易に想像できるでしょうね。

>ピーク時でも読者数1万人/日にも満たない落書き板では
>社会への影響力もたかが知れているがね

経営不振が常態化し購読者の激減に歯止めが止まらぬ倒産間近のマスコミと、阿修羅をはじめとする真実を知り真実の発信・拡散をはじめた多くのブログやHP。それらに触れ覚醒し拡散に拍車をかける国民。

その増減はまったく真逆である。
言ってみれば右肩下がりの既存メディア人口、右肩上がりのネットメディア人口。
いずれ近いうちに人口逆転が起きるのは火を見るよりあきらかですね。


24さんは朝日新聞の社員さんでしょうか、お勤めご苦労様。


57. 2010年12月17日 15:20:21: w9gyiny2yY
 朝日の凋落は、船橋だけのせいではない。日本の新聞は20年前から調査力が極端に低下してしまった。朝日は特に、東大出という、出された問題に解答する能力はあるが、どこに問題があるのか、ということを見る力がない連中を集めた基本的に保守的集団だった。これでは到底世界の新聞の変化に追いついてはいけない。
 ウィキリークスは、情報をネットに出す前に、情報の質を世界の五大新聞に調査してもらっている。それらの新聞のウィキリークス情報の出し方が早く、正確なのはそのためだ。その新聞は、英語圏では ニューヨークタイムス、ガーディアン、ドイツ語のシュピーゲル、スペイン語のエル・パイス、フランス語のルモンドである。日本の新聞はウィキリークスにまったく相手にされていない。いまや世界の新聞はウィキリークスのような告発受け入れ機関の下請けになるしか生きる道がない。あるというなら、紙媒体でやってみろ!

58. 2010年12月17日 15:23:14: otaTsIdSPs
この2〜3か月で星が辞職すれば、船橋退職=「対米従属派」の全面敗北説、にも少しは信憑性が出てくるが・・・・・・。過去の阿修羅の実績から冷静に見て、これも願望と事実をごちゃ混ぜにすることで「コメントの流れ」や「ネットの空気」を作ることを狙った、言論過激派さんたちの典型的なガセネタでしょうな。ラターシュ気弱な地上げ屋さんがお得意の誘導作戦。

59. 2010年12月17日 15:44:23: XwhUChUPpQ
>紙面の質の維持・向上につとめた」

朝日新聞も面白いジョークが言えるようになったな。


60. 2010年12月17日 15:59:00: otaTsIdSPs
>>57
外国紙の動向をちゃんとウォッチしているようですね。ただNYTのほうはウィキリークスの勢力から信用されているか疑問符がつくようですよ。ガーディアンやデア・シュピーゲルとは異なり、一枚奥歯に物が挟まった物言いとなっているようです。ウィキリークから一次情報を与えられておらず、いったんガーディアンを経由してネタを仕入れているという話を耳にしています。

ちなみにNYTは、私にはエセリベラルのクズ新聞にしか見えません。スーチーにしろリュウ・シャオボーにしろ、まさにああいう欧米中心主義の持ち上げ方を、人権や人道主義を政治の武器に使ってきたアメリカ偽善の象徴というのか、と。

小沢報道でも、検察批判はOKだが小沢支持は絶対NG、とはっきり区別をつけて記事を書いていましたよね、マーティン・ファックラーとかいうCIAエージェントのNYT極東アジア特派員は。そして彼の一連の記事も、面白いように週刊朝日や朝日新聞、テレ朝とぴたり一致する報道指針でしたね。村木さんはOK、でも大久保元秘書や石川議員はNG、みたいな。

欧米だから何でも一流、と思い込んでは危険です。


61. 2010年12月17日 16:18:53: c1tOJ44rYA
まずはおめでとう

62. 2010年12月17日 16:44:06: KpuKIz5Y7I
自業自得です。それはマスゴミ崩壊の序曲です。次に責任をとるのは誰?

63. 2010年12月17日 17:07:10: BIgfJMRMNE
朝日新聞販売店が2億円の所得隠しだと。
ふざけんな!!!早く潰れろ!!!クソ朝日!!!

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/tax_evasion/?1292569093


64. 2010年12月17日 17:18:46: Wtgo6Nzt4A
朝日は、親小沢向けの記事を載せ始めなければ、経営が
成り立たなくなっていくでしょう。

そうなると、全マスコミが対小沢で敗北につき進むのでは
ないでしょうか。

国民は、親小沢議員グループの記事を求めています。

明るい話題を求めていますからね。

親小沢派議員グループの記事は、過半数を超える日本全国民
にとって明るい話題になる可能性は高いと思います。



65. 2010年12月17日 17:24:11: w9gyiny2yY
60) へ

アメリカの新聞は「新聞」と「」でくくらねばならない。ウィキリークスは信用しているというより、こういう有力新聞(政府から批判されている)を「利用して」いるのでしょう。新聞側は下請けというより、それぞれ生き残りをかけてウィキリークスを「利用して」いる。ウィキリークスから「選ばれなかった」フランスの「リベラシオン」は別のスタンス。中国系の新聞もないが、ウィキリークスの記者会見には中国語のマイクがずらっとならんでいた。日本の新聞社のマイクは見当たらなかった。
 イラク戦争のときも、日本(NHK) は現地に行かずに、ヨルダンなんかのホテルの従業員から英語で事情を聞いていたが、フランステレビはアラビア語のできる女性が、戦車の前からフランス語で報道していた。英語を課した間接安全報道一本やりの日本の国際ジャーナリズムでは、ネットではもう通用しなくなる。なにも欧米をありがたがっているのではない。できるなら日本でもやってみたらよい、と言っているのだ。


66. 2010年12月17日 17:48:09: iB43cbVUDU
WikiLeaks騒動で分かるように、日本政府や日本のマスコミは世界の動きから置いてきぼりです。内では双方とも大弁慶ですが、外へはからっきしだめ。主体性に欠けるため物事の判断が独りでできず、勢い強いものに従属し恭順するしかない。これではだれからも相手にされない。プーチンを見よ。アルファ―・ドッグと言われ、本当に噛みついているぞ。

 「WikiLeaks騒動から見えたこと」の続編を更新しました。

   http://blog.livedoor.jp/highwood321/archives/1746178.html

 
 


67. 2010年12月17日 18:14:44: pSLlg4TIzw
スパイ。

伊藤律は悪くて、船橋洋一は良いというのか。

私はスパイの書く新聞など読みたくもない。嫌悪感も甚だしい。

反吐が出る。

スパイなど大嫌いだ。

民主党の中のスパイも失せよ。名前を見るたびにムカつく。


68. 2010年12月17日 18:47:58: 5lSSeKxOHo
アメリカネタにちなんで失礼します。

CIAエージェントのポイントと(パズル)
1、相模原出身の人間か?

根拠:相模原市には●A●●の研究所がある。それ以降の説明は

   各自考えてみてください。

2、情報系と呼ばれる人々

N●T・創●・エ●バ・電●・東●宇●研・選挙イメージ崩し隊・警●・消●関係  
etc...

3、言葉遊び

例1、 88≒88歳=米寿≒アメリカ

例2、 最近珍しくあった人物の名字→翌日〜3日後テレビに同じ名字の人出演

例3、 パソコン上であまり触れられたくない個所に触れたコメントの後に
    大量に関係のないコメントがなされる。

例4、 コメントをするとネットランクが下がる。

例5、 郵便物が正確に届かない。

4、 ちょっとした現象

例1、 自分と仲のいい人が攻撃される。

例2、 法的責任にならない形の攻撃をしてくる。

例3、 まるで誰かに操られているかのような言動をするラジコン人間が
    出現する。

例4、 なぜか選挙後に攻撃される。


答えは、集団ストーカーなんて言わないでください。

このパズルを解くこととCIAエージェントを見つけることは関係しているように思えます。

頭の片隅にでも入れといていただければありがたいです


69. 2010年12月17日 18:58:16: rlfHdKOcmw

前田検事のFD改ざんの新聞協会賞は、まさしくマッチポンプでしょう・・・

海老蔵事件報道、小沢切り報道の裏に、6日の前田検事の公判前手続き、
今日17日は大阪地検特捜部の公判前手続きを秘密裏に行っています・・・

大手メディアはほとんどスルー・・・!?


70. 2010年12月17日 19:02:07: AF1P1CMay6
  > 12. 2010年12月16日 14:22:07: fbjJbRbe1A
 さあ、次は星浩だ、そして、早野透も。

屁のモンタも追加。


71. 2010年12月17日 19:44:54: RBEniLyrqI
こらっ!
星浩、ほしひろし、ホシヒロシ!
アメリカの忠犬、国賊、売国奴、
ほえろ、言いたいだけ言え、
お前の言論は記録されているぞ、
そのうち風が変わったらお前は
国民の裁きの庭にひきずりだされて命乞いをすることになる。
信念も見識もない電波芸者
ほしひろし!

72. 2010年12月17日 20:11:40: spIabml2vE
ひとりやふたりいなくなったからってそうかんたんに変わるわけないだろ。
たく、ガキじゃあるまいし、もう少し、賢明なコメントをしたらどうだ、ぼくたちは。

73. 2010年12月17日 20:57:05: iwmX1vx1s6
朝日は最近早期退職を募集して
現在の年収の半額が60歳まで退職後も支給される
という条件だったそうだ。

半額といえども今の派遣社員の年収よりもはるかに多い

こんな貴族きどりの会社は倒産に追い込むべきでしょう


74. 2010年12月17日 22:02:24: 7UXTisTdoo
アサヒ無くなっても、アメリカいなくなったって
自分でケンカもできずなんの力もないのにどうなのよって感じてます。

いやですよ、属国は。
でもなんも力ないじゃない。できる人いないじゃない。
そんな教育してきてないじゃないの?

自分で祖国、家族のために戦う気のある人いるの?
そう言う人を育ててきたの?
そういう誇りを持てるようにしてきたの?

だれが?だれのせい?


75. 2010年12月17日 23:07:00: hn0p6XO3q6
小沢氏はネットメディアを評価する発言をしていた。しかしyahooニュースの「みんなの感想」では産経信者のネトウヨどもが闊歩しており、民主党を非難し、自民党を絶賛するコメントが大量に書き込まれ、賛成意見が圧倒的に多い。そのほとんどは見るに耐えない下品なコメントばかりだが支持する声が圧倒的に多い。菅,仙谷,前原,岡田氏については正直どうでも良いが小沢氏まで非難されているのは我慢なりません。
阿修羅のみなさん!ネットの中でも陣取り合戦は始まっています!自分は感想ランキングでそう思わないをクリックして対抗していますが、数が多すぎて相手になりません。どうか支援をお願いします。阿修羅サイトだけでなくさまざまなところで声を上げていきましょう。今のままではネットメディア時代が到来しても保守勢力に飲み込まれるだけです。

76. 2010年12月18日 00:31:05: Cvg6iKso1M
朝日新聞を退社したからといって、その偏向記事作成能力を買われて別の
メディアで露出したり、意図的な世論誘導傾向のある出版物上などで、
その偏向ぶりの記事の肉付けをする役割を演じる可能性も高い。

燃え尽きた筈の狐目の元総理が、チョロチョロと野党の靴の底をペロペロ
舐め始めているようだし、この手の人種は、どこに居ても生き残る技を
持っている。表舞台からは隠れて、名前が忘れ去られた頃に、元朝日新聞主筆と
いう肩書きで、現在のコメンテータなどという存在になっているのかもしれない。

三宝会の後藤謙二もそうだよね。どれだけ小沢氏攻撃の為にする捏造記事を
ばら撒いてきたことか。 皆様、努々、忘れてはなるまいぞ。


77. 2010年12月18日 09:39:17: 5ieSYzNnmg
何で南米には反米政権が多いのか、米国の対外政策は>23さんのコメント通り。
これに対する議論が与野党にもマスコミにも無いのが不思議だ。日本人はいい加減なオバカさん、戦後のパンパン根性は今も続く・・か。

>23. 2010年12月16日 21:58:54: hmijnKrvu6
 「反米大陸」という本を読んでいます。とても面白くて止められません。アメリカが中南米で過去どんなにひどいことをしたか、新自由主義で南米の国々をぼろぼろにしたこと、南米諸国の富をただただ収奪してきたこと、反米左派政権が誕生するとCIAが軍事クーデターを起こして、政府転覆をはかり傀儡政権をうちたて国々を支配したこと。などなど・・・そして、アメリカの侵略と虐殺の建国の歴史もあますところなく書いてあります。
 南米諸国にしたことを日本にしようとしていること。しかし、今や南米諸国の人民は反米にめざめ、CIAの謀略にのらないこと・・・なんと、こんな良質な本を朝日新聞の伊藤千尋さんという方が書いているのです。つまり、朝日新聞にはこんな素晴らしい人もいたんだということです。過去、本多勝一もいました。
 もちろん朝日新聞は、とっくに止めています。早くつぶれてほしいですが、過去このような人もいたんだということを知って少し救われたような気がしました。


78. 2010年12月18日 11:15:26: lcHelyGAE2
クリスマス期間中は、テロにきをつけてください。

http://257.teacup.com/newsda/bbs/3807


79. 2010年12月18日 12:37:26: xDSRSBQsrs
最近ゴミのトレンドに変化が出てきた。
ゴミが次の総理として後押ししているはずの口先の支持率が沈む一方だ。
一生懸命支えてきたけど支えきれなくなってきたということなんだろう。
ゴミも自壊しつつあるので、いつまでも口先にかまっていると自分の寿命を縮めるだけだからね。

80. めざまし時計 2010年12月21日 02:51:36: DumHW9B/V.1FY : 31ZBZ9iStg
でも、今日の12月20日の朝日新聞はいつもの小沢さんの政治とカネにまつわる話はなかったみたいでした。(^_^;)

変わりつつある朝日新聞?(^_^;)
http://rakusen.exblog.jp/13849921/


81. 2010年12月23日 15:44:12: VoHQXX9kmw
船橋洋一が退社しようがしまいが、朝日新聞を信用できないことに何ら変わりはない。
このような嘘八百の捏造媒体は倒産すればいい。

82. 2010年12月29日 20:50:20: sP2yJpddpE
電車で新聞を読んでいる人を見るとアホに見える悲しい現実をどう思うか。昔は良かったのに。

小生は長年購読した朝日新聞をやめ、その代わり新聞は毎日通うスポーツクラブで見ることにした。4000円にチョッと足してスポーツクラブの会員になれば、健康にも良いし、くだらない新聞に投資する罪悪感を感じないし、毎日風呂にも入れる。言うこと無しだョ。

>81さんのとおり嘘八百の捏造媒体は倒産すればいい。新聞購読はテロに反対しながらテロ集団に資金援助するのと同じで支離滅裂で精神分裂。良心の呵責に堪えない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK102掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK102掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧