★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK102 > 465.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
首相・小沢氏、20日に直接対決 首相は離党勧告伝達か
http://www.asyura2.com/10/senkyo102/msg/465.html
投稿者 ドキッ!プロ奴隷だらけの水泳大会 日時 2010 年 12 月 19 日 03:41:06: hSNyXCkDoAhxY
 

産経新聞 12月18日(土)20時42分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101218-00000546-san-pol

【激突ふたたび】

 菅直人首相(民主党代表)と小沢一郎元代表は、小沢氏の国会招致問題をめぐり20日に会談する。首相は小沢氏に衆院政治倫理審査会への出席を促すが、小沢氏は拒否する見通し。この場合、首相は離党勧告も含め厳しい処分に踏み切らざるを得ないとの方針を伝えるとみられる。

 小沢氏は18日、「大義の旗を降ろしたのか」と首相への対決色を鮮明にした。

 「会いたいと向こうが言っているので、逃げる理由はない」

 この日午前、小沢氏の姿は地元・岩手県奥州市にあった。「月曜日に菅さんと会う」。支援者との会合で、小沢氏は20日に首相との会談に臨むことを明言した。

 午後は、盛岡市内の会合で、「菅内閣が成立して以来、選挙戦は連戦連敗だ」と政権批判を連発した。

 首相が全力を傾注している平成23年度予算編成に関しても「地域主権にふさわしい改革が見えてこない」と酷評。来春の統一地方選も「全国的に厳しい」との見通しを示した上で、「それはまさに、民主党への激励であり、叱咤(しった)であり、批判だ」とこき下ろした。

 今月に入り、自らの国会招致問題が「民主党内紛」の域に達しても、小沢氏は表向き「挙党一致」を主張してきた。12日に鳩山由紀夫前首相らと会談した際も「私が政倫審に出て、そこで話がうまくいって、党も政権運営もいい方向にいくのなら、いつでも構わない」と強調していた。その小沢氏が、もはや政権への敵意を隠そうとしない。

 そのころ、首相は沖縄県にいたが、小沢氏の問題はおくびにも出さず、米軍普天間飛行場の移設問題という「公務」に専念した。

 しかし、岡田克也幹事長ら党執行部は、徐々に決意を固めつつある。

 岡田氏らはすでに、政倫審で小沢氏招致を議決する方針を決めているが、政倫審の実現はあくまで本人の同意が前提だ。小沢氏が招致に応じない以上、いずれ党としての「けじめ」が必要となる。民主党の倫理規則にある「処分」は(1)党員資格の停止(2)離党の勧告(3)除籍−の3種類だ。

 この抗争に落としどころはない。小沢氏の前にあいさつに立った参院議員は「党内の政権交代をしなければならない」と宣言した。

 これに対し、蓮舫行政刷新担当相は静岡県掛川市内の会合でこう言い放った。 「みんなが好き勝手なことを言っていたら組織の意味がない。それならバラバラになればいい」
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年12月19日 04:37:44: uC8DKpjnU6
別にプロレスが見たいわけじゃないんだけどね。
何なんだ?あまり不真面目なことやってると引退したあと小泉みたいな生活せにゃ
ならなくなるよ。

02. 2010年12月19日 04:47:41: pcc6na8x8A
さて、フランケン岡田は菅破裂首相と小沢一郎氏の会談を本当に12月20日(月)に設定できたのだろうか? 臆病で覚悟ないフランケン岡田は菅破裂首相から、小沢一郎氏への離党勧告へ、という脚本を実写できるのであろうか? いささか疑問である。何故なら、菅破裂はすでに「死に体」というゾンビだからだ。フランケン岡田も菅破裂もすでにホラー映画の俳優である。

ホラー映画に生息している俳優に「離党勧告」と告げられても、実社会の日常原理原則に生きている小沢一郎氏は納得しないであろう。


03. 2010年12月19日 09:01:59: PIvCcYcOwA
マスコミのお経念仏ゴミ理論にのって、小沢一郎を攻撃する勢力、つまり実態のない捏造の政治と金を攻撃するとか中身のないクリーンを売りものにする限りやがて論理破綻からマスコミとともに敗退することになる。

・検察  無理筋を強引に進んだ路線の大失態。現検事総長の辞任ですむ話ではない。捏造、裏金の本舗。
・菅クーデター政権  官僚いいなり、選挙全敗。いまや裏切りの殿堂。
・裁判所 いまやその中身が疑われる。検察審査会のデタラメふりには筆舌につくし難い
・マスコミ テレビ視聴率は今後も下がり続ける。新聞の実売部数も同じ。現在のゴミ政策(押し紙、景品付き販売、CMまがい番組クズ番組の氾濫)を続けるかぎりお先真っ暗。
・自民党 自民党が政権与党時代、民主党の10倍程度の企業献金を集めていたはずだが、今全く問題にされていない。小沢一郎と同様に書類を押収して調べれば有力議員の大半を起訴することは可能だろう。何という官僚の裁量。


04. 2010年12月19日 09:07:56: 8AD3rH10x6
菅よ、岡田よ、誰に何を言われて小沢を切ろうとしているのか。とんでもない間違い、暴挙だ。国を誤らせる重大な岐路だ。小沢あっての民主党だろうが。「政治と金」など根深い既得権益勢力のでっち上げであることは皆知っていることだ。大なり小なり政治家ならみんなやっていることだろう。民主党全員でベストを尽くさなければならない時に何をやっているのだ。小沢を切った後の見通しは大連合なのか。消費税を上げ、アメリカの言いなりで日本国民をさらに苦しめるのか。ここはじっくり考えなければならない。ナベツネなどの、マスコミ誘導に乗ってはならない。解散などせず、小沢と共に民主党の味を出すべきなのだ。

05. 2010年12月19日 09:30:09: Qdo2ndWm1w
政倫審に招致して理非曲直を明かにしなければならないような所属議員がいるのかどうかは、まず第一に党紀委員会が結論を出さなければ進められない話しだというのが、政党政治のイロハの問題ではないのですか。
所属議員を人身御供に出さなければ国会運営が前に進められないなどと考えている政党に国民生活など守れるはずがないでしょう。

06. 2010年12月19日 09:55:55: AWhoqXxvKE
菅は小沢氏に離党勧告をするはずだよ。
それをしなければ、マスコミに指導力がないとたたかれる。

小沢氏支持派は、両院議員総会を開いて菅を引きずり落とせばよい。
もはや灰色の決着は有り得ないだろう。
原口総理大臣を実現させるべきだ。


07. 2010年12月19日 10:38:49: RaKRJn7Xmw
菅直人に離党勧告を!

08. 2010年12月19日 12:19:13: TEMSYsqDWQ
小沢氏は、色んなシナリオ想定してそうだね。自身に対する離党勧告もシナリオの一つとして考えているんじゃないのか。
まあ、小沢氏自ら党を辞める事はありえんでしょう。辞める理由も無いし。

菅や岡田の考えはこんなとこだろ?
「今、民主党が危機です。小沢さん、民主党支持率upの為に政倫審に顔だしてくれませんか?あなたをスケープゴートにしとかないとうち等も困るんです。んで、断るんなら即離党勧告ですから。。。」

そう言われて嬉しいと思う馬鹿はいないよな。(笑)

それに菅が離党勧告発動したら、小沢氏の呪文「両院議員総会」発動で、パルプンテ状態だ(笑)


09. 2010年12月19日 18:47:52: bg0qnYTEr2
まさか!子供の喧嘩では有るまし。

現在の政権交代を実現出来た最大の功労者に対して、その様な、道義的にも反する、軽々しい脅しをすることは、通常の見識を持った人であればする筈が無い。

我々は、小沢議員が、党に反して居るとは、全く理解して居ない。

野党・政敵・マスメデァの扇動に乗り、民主党代表である菅氏が、若し、その様な事を考えて居たとするなら、正しく権力維持の為の、闘争としか理解できない。

その時には、国民も、其れなりの判断をし、政権への信頼感を損ねる事に為ると懸念される。


10. 2010年12月20日 17:49:57: T0TCexqzE6
岡田は今頃になって、「野党が『政倫審を開いても意味がない』と言っていることもあわせて、どういう道があるのか議論しなければならない。年内もう1度役員会を開くので、これから1週間の状況を踏まえて意思決定していくことになる」
とは、無様じゃのう。

仲間に苦しいことをさせるなら、最低限、展望をもってなら多少なりとも
許せるが、何の展望もなしに、生贄を差し出すから国会運営を野党に
よろしくというのでは、ではすまないぞ。仲間を大事にセい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK102掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK102掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧