★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK102 > 895.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
記者クラブ幹事社から事情聴取された (田中龍作ジャーナル)
http://www.asyura2.com/10/senkyo102/msg/895.html
投稿者 pochi 日時 2010 年 12 月 25 日 21:30:16: gS5.4Dk4S0rxA
 

2010年12月21日
記者クラブ幹事社から事情聴取された 〜前編〜 
http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/174388163.html


写真
「Business Media誠」のディレクターがインターネット動画中継したところ、記者クラブ幹事社から「中止命令」を下された。
(今年1月26日、総務省・記者会見室。写真:亀松太郎氏撮影)


 
 「記者クラブ制度」とは、ひとことで言うと土佐藩の身分制度である「上士」と「下士」のようなものである。省庁での取材活動においては、上士にあたる記者クラブが下士であるフリー記者やネット記者の“生殺与奪”を握っているからだ。

 総務省の記者会見を例に挙げてみよう。フリー記者、ネット記者が記者会見に出席するには、先ずクラブ幹事社の許可を頂かなければならない。幹事社が「よし」と首を縦に振れば「登録」されたことになり、めでたく出席可能となる。

 21日、この「登録」をめぐってちょっとした“事件”があった。フリージャーナリストの上杉隆氏は総務省の「ICT検討委員会」のメンバーだったことから館内通行証を持っている。有効期限は平成26年(2014年)までだ。

 ジャーナリストであることを証明する「館内通行証」なので、記者会見室に入った。ところが幹事社の知るところとなりお咎めを受ける羽目に。幹事社のX社と Y社の記者が2人して上杉氏に詰め寄った。「ここは記者クラブ主催なので・・・」と言い、「(入室は)登録をしてからにして下さい」と暗に退去を迫った。

 (途中経過省く)上杉氏は“退去勧告”には従わず、最後まで片山総務相の記者会見に居続けた。これが無名のフリー記者だったら間違いなくツマミ出されていただろう。

 晴れて登録されても「オブザーバー資格」というのがある。雑誌協会、専門紙協会、インターネット報道協会などの組織に属していない場合だ。「オブザーバー」は質問権がない。ただ黙って聴くだけだ。質問権のあるフリー記者、ネット記者が「二等市民」とすればオブザーバーは「三等市民」となる。

 ご法度と「身分差別」だらけなのが総務省記者会見だ。それを世間に知られると困るのか、記者クラブはインターネット報道協会以外の記者がネット中継することを認めていない。

 今年1月「Business Media誠」のディレクターが原口一博大臣の記者会見をウェッブカメラで中継した。(この模様は拙稿にまとめているのでご覧頂きたい※)

 案の定、記者クラブから中止命令が下った。幹事社がディレクター氏に「次から認めませんからね」と告げたのである。

 フリー記者の畠山理仁氏は「ネットの動画中継を認めて欲しい」と記者クラブに懇願し続けて一年が経つ。

 このほど記者クラブ幹事社から畠山氏に「フリー記者たちの意見を聞きたい」との連絡があった。事情聴取である。

 『やっと願いがかなうのだろうか?』畠山氏はじめフリー記者たちは期待に胸膨らませて総務省に出かけたのだが・・・・・・

(つづく)
※参考記事
記者クラブはなぜ「ネット生中継」を嫌うのか?
http://www.janjannews.jp/archives/2439140.html



2010年12月23日
記者クラブ幹事社から事情聴取された 〜中編〜
http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/174623582.html


写真
スマートフォンを使えば誰でも動画中継できる。テレビ局にとっては脅威の的、目の仇だ。
(9月14日、民主党代表選挙を動画中継する畠山氏。写真:筆者撮影)



 フリー記者の畠山理仁氏は「開かれた記者会見」を目指して、数年間にわたって各省庁の記者クラブとの交渉を続けてきた。日本最強のカルテル集団である記者クラブとの交渉は悪戦苦闘を極めた。

 記者クラブに直接話しかけても相手にされないかスカされるだけだ。畠山氏は非常手段として大臣の記者会見で「記者クラブ問題」をよく追及する。

 総務大臣の記者会見では10日、17日と連続して片山善博大臣に「記者会見に出られる人と出られない人の基準は何か?」と質問した。

 21日にはこんな質問をした。「掲示板の(A4用紙)発表事項を撮影したら記者クラブの受付嬢(広報課スタッフ)から『画像を削除して下さい』と言われた。それ(発表)は機密事項なのか?」。

 世界のどこにもないような取材規制だ。記者クラブによる規制はことほどさように些細なことにまで及ぶのである。唖然として次にバカバカしくなる。

 まだ内戦が続いていたスリランカの高度警戒区域で写真を撮っていた時のことだった。同区域は軍が指定したもので「写真撮影禁止」の看板が数十メートルおきに立っている。
 案の定、軍の警備隊に見つかった。シンハラ語で怒鳴りあげられパスポートを取られた。それでも「映像を削除しろ」などとは言われなかった。ワンカットたりとも失うことなく無事日本に持ち帰ることができたのである。

 記者クラブは、世界の人権団体が糾弾するスリランカ軍事政権にもまさる弾圧機関と言えよう。

 話を元に戻そう―
 片山大臣の回答は3回とも「両者(記者クラブとフリー記者)でよく話し合って下さい」ということだった。

 片山大臣から突き放された10日(1回目)の記者会見の後、畠山氏は記者クラブに幹事社を訪ねた。幹事社からは「忙しいので追って沙汰する」と言われ相手にされなかった。

 山芋のように粘り強い畠山氏が17日に2回目の質問をしたところ、携帯電話に総務省の記者クラブ幹事社から連絡が入った。「フリー記者の方々のお話を聴きたい」と。

 畠山氏は早速、ツィッターやメールで仲間のフリー記者たちにそれを報せた。

 “記者クラブそれも幹事社様がフリー記者やネット記者の話を聞いて下さる” 筆者は天にも昇る思いだった。身に余る光栄だった。でも不安だった。思うところをそのまま言上しようものなら「無礼者!」とお叱りを頂戴しないだろうか。椅子以下のフリー記者は斬り捨て御免だ。

 お手打ちに遭っても恥ずかしくないように、筆者は新しいパンツにはき替えて総務省に向かった・・・



2010年12月25日
 記者クラブ幹事社に事情聴取された 〜後編〜
http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/175575479.html


写真
記者クラブのいかつい看板。「○○組」とでもした方がお似合だ。「関係者以外立ち入り禁止」の貼り紙がある。
クリカラモンモンのお兄さんが「おいオマエ、何しとんのや?」と出てきそうで怖かった。
(総務省8階。写真:筆者撮影)



 記者クラブ幹事社による事情聴取は21日、片山総務大臣記者会見の後行われた。聴取に応じたのは畠山理仁氏、上杉隆氏はじめ6人のフリー記者。

 「任意の聴取」と告げられていたが“油断してはならない”と肝に銘じた。お手打ちに遭っても闇に葬られるだけだ。警察、検察は記者クラブと身内の関係にあり、フリー記者が6人程度行方不明になっても捜査に乗り出すようなことはない。実際、警察幹部から「フリージャーナリストなんてのはなあ、銀バエと同じなんだよ」と言われたフリー記者もいる。

 我ら6人が消えても世間は知りようがない。記者クラブがフリー記者による動画中継を禁止しているからだ。とにかく生きて帰ることだけを考えた。

 聴取が始まった。幹事社のX社・A氏とY者・B氏の2人は至って誠実そうな人柄だった。「ご要望はなんでしょうか?」と丁寧に聴いてきた。畠山氏が記者会見で記者クラブの非常識(記者クラブにとっては常識)を幾度も大臣に質すため座視できなくなったのだ。

 フリー記者側からの要望は大きく分けて二つだった。「動画中継を認めてほしい」「記者会見出席の登録にあたって制限をなくしてほしい」。大臣への質問と同じ内容である。

 動画中継はほぼ1年前から畠山氏が要望してきたものだ。ところがA氏B氏共に「それは聞いていない」というのだ。前の幹事社から引き継がれていないのである。別段驚きはしなかった。幹事社は2〜3ヶ月ごとに交代するが、その際の引継ぎ事項とならないのだ。

 畠山氏は何年も前から各省庁の記者クラブに記者会見のオープン化を求めてきた。返事は決まって「クラブ総会にかけないと・・・」だ。そこでクラブ総会の結論を聞こうとすると幹事社が交代している。これが畠山氏と記者クラブとの交渉の歴史だ。歴史というには余りにも内容が空疎すぎて悲しくなるではないか。
 
 幹事社交代は彼らにとって実に都合のよい「消去装置」だ。X社とY社の幹事社の任期は12月末までという。任期が残り10日になったところでフリー記者側の要望を聞く。返事をしなくても済む。次期幹事社に回答を求めても「聞いていない」だ。

 筆者はそれを見越して次のように迫った。「おふたり(X社のA氏、Y社のB氏)が幹事社のうちに回答を頂けませんか?1年間『聞いていない』で通されたんだから次の幹事社が回答するとは思えない」

 A氏が「クラブ総会にかけてからでないと・・・」と苦しそうに答えた。総会は28日に開かれるそうだ。各社の見解は「会社に持ち帰ってから」となる。会社の上司に相談もしないだろう。したとしても「ダメだ」ということになるのは必定だ。

 来月からは新しい幹事社となる。こちらが返事を聞きに行っても「聞いていない」あるいは「要望は認められない」と答えられるのがオチだ。要望が却下された理由を追及すると「クラブ総会で決まったから」となる。絵に描いたような光景が目に浮かぶ。

 最近、筆者は思うようになった――
「記者クラブ総会」とは国権の最高機関である。憲法改正だって可能かもしれない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. pochi 2010年12月25日 21:40:32: gS5.4Dk4S0rxA : oG0N4rvSgc
自殺者・年間3万人、行方不明者・年間10万人。
そのうちの何人が権力者に抹殺され、何人が報道期間に黙殺されてきたのか。

記者クラブの既得権・情報独占の目的は、文字通りの報道利権の獲得ではない。
報道の抹殺権の行使による闇の権力の獲得である。

闇の勢力が牛耳るこの国を、真に解放できる日はやってくるのだろうか?
国民が半・奴隷の生活に甘んじているうちは、遠い未来の話となりそうだ。


02. 地には平和を 2010年12月25日 22:00:27: inzCOfyMQ6IpM : qMgtYZ3CJU
田中龍作さんは12月5日の三井環さんのデモの時に取材に来られていまして私も取材を受けたのですが言葉が出て来なくて何も言えませんでした。済みませんでした。記者クラブがどのようなものであるかこのレポートを読んだらよく分かりますね。1月30日の西宮デモでは記者クラブの問題を取り上げたいと思います。デモの宣伝の為に配布するチラシや当日配布するチラシには記者クラブの問題を書いておきたいと思います。pochiさんありがとうございました。

03. 2010年12月25日 22:05:52: kbjD6Oqr1Y
01さんに同意します。

記者クラブは、霞が関や都道府県、業界団体等の
情報統制の為にあります。

馴れ合いで、メリットを受けるのは、
やましい実態を隠ぺいしたい側です。


04. 2010年12月25日 22:08:02: XKOkwdlkXM
本来の役割を認じないガキレベルのわけのわからない‘使い走り‘だけの馬鹿(TV.新聞)を程度が低すぎるから相手にするな。

05. 2010年12月25日 22:31:46: GdJAMKBIOQ
今年は検察が崩壊過程に入りました。

来年は、みんなの力を結集してマスゴミを追い詰めましょう。


06. 2010年12月25日 23:20:58: 99IQDEm1EA
片山総務大臣なんて何の役にも立たない、現各大臣と一緒です。
期待するだけ無駄です。

幹事社とはそんなに頻繁に交代するものなのですね。
それは現在の記者クラブ制度をを守り抜く為の巧妙な
システムなんでしょうね。

マスコミの悪行三昧をもっと一般の人に拡散しましょう。


07. 2010年12月25日 23:57:12: wMeKCQvhjY
フリーの記者がまとまって、大臣主催の記者会見(亀井方式)を要求して見たらいいのではないか?

記者クラブを盾に逃げることはできないし、少なくとも開放に向けた圧力を大臣に直接かけることが出来るのではないか。


08. 2010年12月26日 00:58:29: zpjMQXazdw
記者クラブの連中は場所代と光熱費と通信回線費用を無料で使用しているからだ。
廃止するにはクロスオーナシップ制を無くすしかないのと放送の許認可が絶大だから。

09. 2010年12月26日 01:39:37: c9BjGlocHM
記者クラブカルテルがいかに情報を統制し、特権にあぐらをかいているかよくわかる記事だ。クロスオーナーシップに言及する小沢を目の仇にするはずだ。
北朝鮮や旧ソ連ですらここまでひどいことはあるまい。日本の民主化を阻害する最大のガンがカスゴミクズ記者クラブと特高検察であることは間違いあるまい。

10. 2010年12月26日 07:37:18: Qx3sVZXXqc
まさに 記者クラブカルテル。自分たちの都合で いかようにも書いてしまう。彼らは真実を書くのではなく、彼らに都合のよい事を書く。
採用試験では 捏造力も大事な項目に違いない。

記者クラブの連中 恥を知れ!


11. 2010年12月26日 09:33:31: ApyCcBi19E
韓国では記者クラブが廃止されたそうです。
http://daisukepro.exblog.jp/1353142/

12. 2010年12月26日 11:38:55: swlnfR07HU
結局は大臣に記者クラブ開放の意志があるかどうか。

13. 2010年12月26日 11:54:42: pufQrOKRSg
上杉氏の語ったところによると記者クラブメディアは片山総務相のことを情報公開の鬼と呼ぶそうだ。よりにもよってという感じなのだがこれは皮肉で言っているものだとしたら面白いのだがそうではない。いったい彼らはどんな気持ちでこれを言うのか。これを言う時に心のどこかでチクリと痛むものがあるのか。それとも社内教育を受ける過程で一切の恥の感覚を捨ててしまうものなのか。

14. 2010年12月26日 12:40:33: 99jcrRRLVo
記者クラブ廃止。クロスオーナシツプ廃止。再販制度廃止。などで、悪党一味である大手メデイア11社へ国民は教訓を与えるべきです。

15. 2010年12月26日 13:11:49: Dnkdji4DME

フリー記者が大変な不利益を受けているということであったのなら、進歩的大臣の時に、例えば、原口、みずほ、亀井各氏の時に第二記者クラブを結成して、第二主催の大臣記者会見を交渉・実現させればよかったのだ。そこを突破口にして、現クラブを崩壊へ・・・・・。



16. 2010年12月26日 14:40:54: 566IIzqi9s
06様のおっしゃるように
片山大臣は何の役にもたっていないようですね
TVの出ていた時の方が威勢が良かった(笑)

最近では再婚が話題に登っただけです!

原口さんを辞めさせたかったはずだ。


17. 2010年12月26日 16:11:44: 1sBXQTkKhs
ろくに質問もできない記者クラブの記者たち。ただの既得権で何を守ろうとしているのか? インターネット中継を大臣は望むはずだ。自分の考え、意見を直接国民に伝えられるからである。衆参議員TVがあるのだから、他のネット中継があってもいいのである。国民の税金によって成り立っている政治に、排除の理論は通用しない。大臣さえOKというばいい問題である。それを拒否する輩は大臣失格である。

18. 2010年12月26日 16:41:12: Yfnc0fMsSQ
マスゴミが信奉する新自由主義の世界ではカルテルは重罪じゃあないの?
同じ業界の人間同士が密室で話しあうこと自体が米国や欧州では重罪になるんだと思うけど。結果、業界への新規参入が数十年ないなんてガラパゴスだね。建設業界の談合やカルテルは悪くて、自分たちのは悪くないなって本当に信じてるの?

19. 2010年12月26日 16:46:35: GsYVOSKPbU
>>17さんに同意!

話題の人、麻木 久仁子? コメンテーターとして出ていた際(代表選前)に、
管にはさん付け小沢氏には小沢!と呼び捨てにしていたTBSにクレームの電話を入れ(謝罪させよ〜と)が、上のものに伝えます!とお兄ちゃんが電話口で答えるのみ。お粗末な女に金を払う価値は無い! みの たけし もいた、すごいなこの局は〜反小沢なら何でもあり! みのも捏造報道が無かったと言っている、
証拠山盛り。 
そういえば、弘中弁護士がこの女に付いていたな! 大丈夫なの小沢氏に取っては損害賠償請求の可能性もあるのに?この女はおまけだからいいのかな?

 


20. 2010年12月26日 16:49:40: a1BhetGh4A
あさズッバでは 片山はいいことを言っていたが、やはり能無しか。

21. 2010年12月26日 17:12:34: eY6386kd3c
各人、削除かも知れないが、実喰い爺と云うのが芸能界にある。
若い娘を、爺が食べるのじゃ。
実(さね)とは、女性自身じゃ。
芸能界(ゲイ膿怪)は、汚染しておるのう。
色基地外の巣窟じゃ。
風呂に入って、きん○○を洗え。
風呂で、おま○○を洗うのじゃ。
出鱈目をするでない。
疳=棺=菅は、ミカ(韓国隠し子・源氏名)が、ばれてしまったのう。
酔っぱらって、ゴムをつけ忘れたのか。
愚かよ。
 ぐっふふ

22. 2010年12月26日 17:18:59: E8BmcvGKOo
[権力とマスコミの横暴を正し、人権を守る国民の会]が主催するデモに何度も参加して、シュプレヒコールで呼びかけたのは まさに腐れマスコミを正すことだ。
この会と連帯して 幹事社を強制招致して「記者クラブ制度を考える」国民集会をやりましょう。


23. 2010年12月26日 17:47:46: QJ5ft8qwpg
フリーの記者が記者クラブなど相手にしてどうする?
記者クラブから発信される情報など我々はまったく興味が無いわ。ヾ(@^▽^@)ノ

24. 2010年12月26日 17:52:28: wjem63atP6
なるほど、記者クラブ制度は官僚による報道統制の有力な手段ということがよくわかりました。この制度を壊すことが日本民主化の第一歩なのですね。
そのことにきちんと気がついて、実行する意思のある政治家は小沢さんだ。だから狙い撃ちにされている。なるほど。

25. 2010年12月26日 18:21:41: uFZ6zinMCM
22、24様とまったく同感です!記者クラブを一日も早く解体しないとまともな世の中にはならない!どうしたらいいのでしょうか。イライラしている毎日です。

26. 2010年12月26日 18:24:46: pQL9fU0qa6
記者クラブ制に反対するフリー記者は、記者クラブの問題だけでも協力して、効率的に動いたらどうだろう。

フリー記者の多くは、記者クラブの連中より経験豊富で能力のある人達なのだから、協力すれば大きな力が発揮できるし、また世間に対するアピールも大きくなると思う。

少なくとも、記者クラブ体制が崩壊するまでは、同じ志をもつ人同士で、協力して対応すべきと思うがいかがだろうか?



27. 2010年12月26日 18:25:08: xtlWVCU5v6
横並びの報道するための記者クラブなど、不要でしょ。
横並びの報道しかしないのであれば、一社で十分だろうに。

そんなもの、記者でもなければ報道でもない。
政府広報に等しい。


28. 2010年12月26日 19:11:27: jSoawxzYB6
やはりどうしても記者クラブを解体しなければなりませんね。
記者クラブと霞が関の連合軍をつぶさなければ、大多数の国民はいつまでたっても江戸時代の農民階級のままです。 それには政治の力によるしかありません。
霞が関や記者クラブに迎合しない政治家を選出しなければなりません。

29. 2010年12月26日 19:36:34: IOVNAmWOEA
記者クラブ解体に賛成。どのように声をあげていいのでしょうか。
70の爺です。

30. 2010年12月26日 20:27:59: Ruealj1toU

29、記者クラブ解体

小沢さんを応援し総理の椅子に座らせること。

これ以外の方法はありません。


31. 2010年12月26日 20:55:27: 3QZaPOJeM2
田中龍作 様
私達はいつも注目してみています。
力いっぱい仕事をしてください。

32. 2010年12月26日 21:40:49: E1joLW87kf
記者クラブってのはその枠内でしか何もできねえ意気地なしのナメクジ野郎どもの待合室なんよ。
だーれもそこから出ては生きていけねえ卑怯者の寄り合い生活者。
見てみぃ、記者クラブに属している奴らが記者クラブ廃止なんてまっとうなこと言ったやつは金輪際いねえ。
結局は教育ママに育てられて貧弱老舗を引き継いでいる世間知らずのぼんぼん協同組合。
なんとかって料亭が料理の使いまわしした挙句潰れていったように、遠からず屋台骨ごと消え去る存在なんよ。
来年で一切合財世間にばれて、再来年には会社更生法。
ざまーさらせ、糞メディア共め。

33. 2010年12月26日 21:54:38: AKhCsMyaMQ
フリーの記者が記者クラブに正面突破して、「はい、
分かりました、来月から全面開放致します。」って
言うわけなかんべさ。

ここは、「兵糧攻め」だべさ。

徹底した、一銭たりとも税金を使わない記者クラブ運営
を要求する事だべさ。

光熱費、ショバ代、コピー代、電話代、公務員の秘書代、
などなど・・・


34. 2010年12月26日 22:31:51: FCTJR5SfSG
日本のマスコミは報道機関ではない。省庁の広報機関。

記者クラブは省庁の宣伝の垂れ流し。

部屋など使わせてもらって、当局との緊張関係はないわな。

クロスオーナーシップも腐敗の原因やな。

こんなマスコミに報道を求めても無駄やな。

その隊長が星や橋本か。

朝ズバッ!で放送していた小沢さんの「政治と金」の捏造ビデオ

今のマスコミにジャーナリズムは求めないが

嘘を放送しといて報道機関という顔をしないでもらいたい。



35. 2010年12月26日 22:58:30: iKMVkEWuxE
記者クラブこそが、もっとも説明責任を要する組織である。
彼らが、日本の改革にとって、もっとも頑強な抵抗勢力である。

36. 2010年12月26日 23:24:35: mhY5yQTt9k
まず、公平公正な報道を逸脱している東京放送を公平公正な報道を日本に築くという目的を持つ市民団体で放送法違反で訴える。
勿論裁判で不起訴になるから検察審査会に訴える。
そこで検察審査会の権力が違反であることが両者によって証明されていく。
というか、マスコミと検察審査会が向きあう構図が出来れば話題は大きくなる。
公平公正な報道姿勢が疑われる東京放送の放送免許を取り上げるべく、国民の力を結集させる。
問題点を記者クラブ制度の存在に言及し、政府側の情報統制の危険の予見と、一部の新聞TV等のマスコミが公共の情報を自分たちだけに有利に得るための利権の撤廃に移し記者クラブ制度を国民の情報の公平な利益に反する憲法違反とみなす論議に向けたい。
この問題提起のために市民が各地で結集してもよいのではないか?
真実の情報を知りたい私達の権利が明らかに奪われているのだから。


37. 2010年12月27日 00:12:29: EfqjuNRGxU
なぜ、マスコミの記者は自分の脳を思考停止状態するのか。それは、編集長の御用聞きサラリーマン記者だからだ。フリージャーナリストを見習うべきである。今日のわが国の変革時代には彼らは邪魔だ。
それにつぎ例のごとく教養がなさすぎる。毎日新聞、葛西大博の署名の記事をみると、26日のニッポン放送・ラジオ番組の小沢氏の話を紹介する中で、『「・・・」、と愚痴もこぼした』と結んでいる。
彼は「愚痴」という言葉を知らないのだ。国語辞書をひいてみるといい。逆に故意にこの言葉を使ったとしたら、彼は新聞記者としては最低だ。まあ、彼は他社の記事を丸写しなどしないで、自分の足で小沢氏に会ってそのむねを報道すべきだ。高給取りが泣くよ。

38. 2010年12月27日 01:29:06: NypKYWY6FY
中央や地方の官庁内の記者クラブの家賃や光熱水費やその他もろもろの経費を、いまでもクラブ側が適正に負担しているとは思えません。中央、地方の行政司法などの官庁の建物の維持費は我々の税で賄われています。その一部を独占的に使用していること自体が慣例で行われてきたわけで違法ではないでしょうか。国民・市民の要請に対して、利用の根拠となっている契約内容や支払の証拠書類などを公開する義務があるはずです。もし、官庁側もクラブ側も誠実な対応をしない場合は、数人の市民による訴訟を起こすべきだと思います。これ以上、官庁と癒着した、報道の名に値しないジャンクニュースをマスメディアに垂れ流されてはたまったものではありませんから、日本の市民であれば訴訟を起こす資格はあるはずです。

39. 2010年12月27日 03:01:56: nZIe4X8gmA
『38〜NypKYWY6FY様、まことに慧眼でございます。記者クラブ情報カルテル制度を糾弾する「行政訴訟」を起こしましょう!』

“クロスオーナーシップ禁止”と“電波オークション制導入”と“記者クラブ制度廃止”は、営々と既得権益“害毒”を垂れ流してきた「バカメディア撲滅」のための三種の神器である。
特に“記者クラブ情報カルテル制度”は、最も「行政訴訟」に馴染む、もってこいのターゲットである。とにかく、「公共財」や「税金」を何の法的根拠もなしに、極めて不透明な形で、独占的に費やす「利益供与」を受けているわけですから…。

大半の“バカメディア”は、総身に“害毒”が回って殆ど脳死寸前ですから、一発で“頓死”するかも?
<ドンブリ裁判所>がどのような“へっぴり法理”でどんな“ゴハンケツ”を下すかも興味津々!


40. 2010年12月27日 07:52:49: ObJAkHAXmk
 フリージャーナリストこそ、真のジャーナリスト、真実の報道をいつもありがとうございます。でも、奴らは、けもの道の、悪の巣窟仲間、くれぐれも、身体は気をつけて下さい。
 心より応援してます。
 記者クラブは、ジャーナリストの心を売り渡し、自分が売国の手先となってる事を自覚せよ。

41. 2010年12月27日 12:05:44: Fmfj6gITvI
いかにもクズマスゴミらしいクズの連中だなwwwww

42. 2010年12月27日 12:44:06: nQhLk7QkLk
記者クラブに関する行政訴訟については、すでに先例があります。

http://www.news.janjan.jp/media/0602/0602140264/1.php

ここでは、記者クラブの存在を裁判所が追認した形になっています。

つまり、裁判所と行政とマスコミは、グルなのですよ。


43. 2010年12月27日 13:53:28: pRmY7Zdsyw
>>42

現状では不可能だが、もし理解ある、覚悟ある
国会議員(law-maker)の協力で関係法令の
改正が行われれば・・・

こういった裁判こそ、裁判員裁判で裁いてもらう事
とし、裁判員裁判で決まった判決は控訴できない
ようにすればいいだべさ。


44. 2010年12月27日 15:08:06: lRYfivAqeo
もし、インターネットが無かったらマスゴミの情報操作を信じきって居た筈です。
フリージャーナリストの方々の勇気と、努力に感謝しています。

TV番組等の出演もままならず、東へ、西へ取材に出かけ多くのスクープ記事を
見つけ出し、私達にも解りやすく説明して下さり、本当に頭が下がります。

皆さんは、マスコミから排除され続け生活するのも大変だと思いますがこれからも
負けずに巨大な化け物たちと戦って下さい。応援しています。

一般の人達がフリージャナリストの方々にカンパ出来る様な機関が、有りますか
どなたか教えて下さい。

この国のハイエナ記者達とは雲泥の差です。一番恵まれている連中が何一つ
まともな仕事が出来ないで、ばら撒かれたニュースばかり拾い集めて記事にして
いるから、何の感動も湧かない!金出して読む気もない!

TV、新聞が正確に伝えているのは、天気予報、時刻、地震情報のみです。
新聞購読止めて精神的にスッキリ、もっぱら情報源はインターネットとラジオです
ラジオも良いですよ!!まだ健在です。


45. 2010年12月27日 15:40:51: 0lO44cGfrU
片山総務大臣には閣内から「記者クラブの解放」などの各改革に期待していたが今では菅総理に懐柔されてされてしまい改革派大臣の旗を降ろしてしまったようだ。菅総理は12月23日の3大新聞の編集委員の豆腐屋での接待に続き、12月26日は片山総務大臣他と高級料理店で食事をしている。年越しさえおぼつか無い沢山の人々がいるなかで国民の税金で連日の高級料理店での美食三昧には本当にあきれてしまう。このような内閣は1日も早く総辞職して「国民の生活が第一」を標榜する真の内閣が誕生することを望む。

12月26日の朝日新聞「首相動静」の記事
 【午後】1時30分、下村内閣審議官。3時8分、仙谷官房長官。4時44分、福山官房副長官。5時45分、山口二郎北大教授。7時57分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急。日本料理店「水簾(すいれん)」で片山総務相夫妻、山口氏、伸子夫人と食事。10時29分、公邸。

http://www.asahi.com/politics/update/1226/TKY201012260231.html


46. 2010年12月27日 15:42:18: 0bykjQfVTI
記者クラブとは「情報という商品を独占的に扱い、莫大な利益を上げる企業集団の談合機構」である。建設業界や石油業界と同じだ。

47. 2010年12月27日 15:57:08: 2X1BUC9zGM
記者クラブは、ネット社会に対応できないんだよ。
記者クラブに対抗するネット記者クラブが必要だな。
IWJ(インディペンデントウェブジャーナル)がそれになるのかな。

48. 2010年12月27日 18:31:33: F1DzdR0mNs
電波使用料上げろよ。
税収が上がるぞ。
なんでそうしないんだ?
誰が邪魔しているんだ?ナベツネ率いるメディアだろ。

49. 2010年12月27日 19:11:30: OpDr2cg7co
42さん、
>つまり、裁判所と行政とマスコミは、グルなのですよ。

お願いします、司法関連ですが検察も入れて下さい。
全くグルです!既得権益絶対死守と裏金で繋がっています。
勿論最高裁も裏金の山です。
一度被告人にされた途端、我々は犯罪者集団に裁かれる訳です・・・

一体この国はどうなるのか?アホ菅と仙石はこの国をどうしようとしているのか?
この国のより良い姿より、今この国が最も必要としている「小沢氏」をただ抹殺したいでけなのか。
このアホ菅は悪名高い小沢氏抹殺急先鋒の「朝日星・読売橋本・毎日岩見」と夕食会を開いていたそうです。
「小沢氏叩き、お疲れ様。又これからもお願いしますよ」ってもち代付きで飯食ったそうです。

何故この時期に、まぁ阿修羅の人たちは思ってませんが「大新聞の報道部長クラス」が、雁首揃えて100%無能の一総理大臣と飯食ってんだぁ!お前らそれでもジャーナリストって謂うのかぁ!
国民をなめとんかぁ・・・

すいません、つい興奮してしまいました、キーボード叩いてるうちに(笑)。
しかも30度の焼酎も入ってまして・・


50. 2010年12月27日 21:11:25: ocvGhNaeRs
記者クラブを殲滅すべし!


51. 2010年12月27日 21:44:14: OUcMyBFWW2
ボンクラ菅よ、毎日高給料理店で食べている間に、貴様のお膝元は選挙で惨敗だ。

お前の為に民主党同士が無職になってしまう、これからも続々死んでゆくのだ。

これぞ、地方から火が上がる状況となった、明日から地方の声で足を引っ張られるぞ。

地方が怒ると手を付けられなくなる、永田町でいい気になっても同士が落選の渦じゃないか、

今度は同士から批判や罵倒が菅に向かうぞ、覚悟しておけよ。

小沢潰ししている間に、貴様の命が同士に狙われるとはな、馬鹿な男だ。


52. 2010年12月27日 22:30:42: lFtrGPhedw
小沢氏は週間ポストや週間朝日で記者クラブの弊害を語り完全フルオープン(全閣僚・党全て)を明言し記者クラブ廃止しクロスオーナーシップは何が何でもやるべきと強く推進を明言。
可視化もオープンな政治には必要と語る。

どうりでマスゴミが小沢切り小沢切りと焦るはずだ。
しかし、小沢氏と鳩山氏は余裕。
オーナーの指示に従えない菅が出て行けと迫る予定の鳩山氏


53. 2010年12月27日 23:26:49: 7tjPXYh2Os
連日の美食三昧のせいか、管の顔の顎のラインが、無様に崩れてきた。
ますます、しまりのない卑しい風采になったね。あの3人のゴロツキ達と一緒の臭いがしだした。アー、いやだねー。

54. justice 2010年12月28日 01:51:21: 1WHCZw9hn00Nw : wdDrpOQ1CM
「権力の座」

これに就くと堪らなく心地よい。

SEXで行く、あの感触と同じ。

皆が頭を下げ、貢物、接待、お布施、謝礼、・・・・。

黙っていても、通帳の残高は増え、遊びとなれば、ハイヤーが勝手に来る。

グッチのスーツは35万円ほどだが、そんなものも100円ショップの靴下と同じ。

「国民の皆様のご多幸と、国家繁栄の為に、尽力いたします。」と液晶テレビの画面に映ればそれで完璧。

国民の皆様がいつまでも、馬鹿で、間抜けで、お笑い番組で笑いほうけて、人生を無駄に過ごし、決して政治の裏や官僚システム、国家予算の裏、世界支配構造、戦後の歴史感の捏造など知るすべを与えてなるものかと、

日本国民をはじめ、人類が政治覚醒されることの無いよう、権力の座に就くものは、皆で手を組み、スポンサーの闇の支配組織の指示通りに動かねばなりません。

宗教と教育、紙切れ紙幣とますごみによる、支配と操作で人類の多くは奴隷化できるのである。

TVを捨てる、宗教を否定する、新聞は見ない、ラジオは聞かない、公教育で受けさせていいのは、数学のみ。

戦後の社会と教育が如何に人類を馬鹿に創り上げるか、特に有色人種を支配操作するために、なかでも、日本民族を如何に、馬鹿にすることが白人種の利益になるか、そのために官僚組織を利用し、官僚に支配させ、ますごみを利用し、支配し、平民の心理を操作させ、如何に、日本国家を破壊することが、アジア支配の礎であり、しいては、白人種の世界支配を実現し、人類の支配を可能ならしめるかが目的であろう。

官僚支配の記者クラブは情報統制、すなわち、平民の心理操作の一環として戦後の支配構造から生まれたものであって、大臣ごときのたかが議員に何の権限も与えるわけがない。

戦争に勝つこと、・・・・それは、まさに勝てば官軍であり、負ければ奴隷であり、日本は未だに事実上の奴隷なのである。

問題は、多くの人類が奴隷であることにきずかないことである。

税金が戦後、どれだけ上昇しているか?

その税金が、どれだけ白人種支配の組織に流れているか。

国連、IMF、IOC、世界遺産委員会、ノーベル財団、ODA、WHO、中央銀行・・・・

ただだと思ったら、大間違い。その維持に日本は巨額を搾取されている。そして、それを平民が負担させられているという事実。

小沢は善なのか、悪なのか、正義なのか、未だに分からない。
少なくとも田中派であることは間違いない。

小沢が処分されないこと期待する。


55. 2010年12月28日 09:05:17: jm3VH6TEIu

tosa_suigei 土佐の酔鯨
uesugitakashiから
挙党態勢を訴えてきた小沢氏との約束を破り、小沢氏と小沢Gを排除しておいて、言うことを聞かないから離党勧告するってどこまでトチ狂っているのか。
6分前 お気に入り リツイート 返信 »

tanakaryusaku 田中龍作
uesugitakashiから
岡田幹事長の記者会見中に私語を交わす輩がいた。ペチャクチャとうるさい。まるで小学生のようだ。私はたまりかね『静かにしろっ!』と怒鳴りつけた。輩はTBS朝ズバの井上キャスターだった・・・ 詳しくは→ http://tanakaryusaku.seesaa.net/


56. 2010年12月28日 12:21:11: knsoWhSKdA
ほんまでっか!?
どうしょうもないね。こんなバカ記者を追放すればいいんだ。後藤というアホ面の元キャスターは、もっともらしく自分の意見を押し付けた偏頗なコメントに反発を食らって、視聴者の反感を買う。筑紫の後釜は大失敗。夜のキャスターの不人気ぶりで降板。こんなバカを起用するしかないTBSの報道の体たらく。キャスターは所詮アナウンサーだろ。政治記者の資格も無い。法律や政治問題を聞かれたら答えられずに尻尾巻く。「かぁちゃん、助けて!」
マザコンの意地汚い男との評判。常識のないアホをつまみ出せ! 何様のつもりなんだ。

57. 2010年12月28日 12:37:58: QmUgTKX8fE
記者クラブ壊滅の事なんだけど
東京新聞をうまく使う方法がないかみんな考えてみて
東京新聞は例の11社クラブではない
系列テレビがない
つまり11社の奴らとちょっと立場が違う位置にいる
それでまあまあの媒体を持っている(政府許認可外にいる)
他の大手新聞は軒並み部数減に悩ませているが東京新聞は現状維持らしい
※多くの国民は大手紙、政治面に?と感じているのでは
私は東京新聞に利害関係は無いよ
ただ読売、朝日、NHKら11社社員ががジャーナリズムからかけ離れた拝金主義で
国家を誤らせていると認識しています
実際、官僚だって媒体を持つマスコミは怖い相手は間違いない
だから記者クラブを作って官製情報の独占を11社のみにさせ、味方につけ、番犬の役目をさせている
国民に直接つながる媒体を持つという事は大きな権力を持っている事になる
クーデターで真っ先にラジオ、テレビを押さえるでしょう
官僚と談合マスコミが本気で喧嘩したらマスコミの勝ち、


58. 怪童 2010年12月28日 18:23:19: wcjDnQv1rgafQ : OpDr2cg7co
東京新聞は、名古屋の中日新聞の地方紙ですね。
でも此処阿修羅でも、報道には公平性が他紙よりは幾等か有るって事で、朝日や毎日から東京新聞へ替えたって方が見えます。
あの産経や読売は論外です、ゴロツキ記者が書くヨタ新聞ですから(笑)。

僕はずっと中日新聞でしたが、余りにもの偏向報道に嫌気が差して止めました。
けど57さんが謂われるように、クロスオーナーでのTV局を持ってませんからまだましです。
少し前にも、誰か言われてましたが「電波枠オークション」の事を肯定的に記していたみたいです。
でも反小沢は他の大手メディアを大差ないです・・・・


59. 2010年12月28日 21:42:57: DCHDReL3A2
中日新聞も朝日や読売と100%かわらぬ偏向報道新聞ですよ。
岡田フランケンの兄弟が経営陣にいるのも怪しいしね。

東京新聞は知りません。


60. 2010年12月28日 23:17:40: 3S3jWXnhTA
エイズが、世界規模で広がった、本当の「理由」
「オルタナティブ通信」2010・12・28(金曜)号。

「鳥インフルエンザは、米軍の、生物兵器である」、
http://alternativereport1.seesaa.net/article/175171545.html


「免疫機能を破壊するウィルスについて、今後研究する必要がある。」WHO世界保健機構文書、1972年、第47号 p257。

1972年当時、エイズ感染は世界規模ではまだ拡がっていなかった。WHOは、なぜエイズの研究が必要と判断しているのか?予防のためであろうか?

「1977年、WHOはアフリカ、ブラジル、ハイチで天然痘予防ワクチンにエイズ・ウィルスを混ぜ、有色人種に対し無料で大量に接種した。」  新聞「ロンドン・タイムズ」 1987年5月11日付。

WHOがエイズ・ウィルスについて研究していたのは、予防のためではなく天然痘ワクチンに混ぜエイズを注射し、有色人種を大量虐殺するためであった。

WHOは、「保健機関」では全く無く、病原菌・ウィルスを人間、特に有色人種に限定して注射する、殺人組織である。

なおWHOは、ミドリ猿に人間が噛み付かれエイズが拡散したとしているが、初期にエイズ患者が大量に発生したハイチやブラジルにはミドリ猿は、「存在しない」。

この地域は、WHOが、天然痘予防ワクチンに混ぜ、エイズ・ウィルスを注射した「地域」である。

また、ミドリ猿はエイズ・ウィルスを元々保有している、いわゆる「宿主」では全く無い。

またミドリ猿は黒人や有色人種だけを「選んで」噛み付いたり、ゲイの男性だけを「識別して噛み付く」といった「極めて特殊な能力」を持ってもいない。

ミドリ猿は細菌、ウィルスの人間への感染を動物実験する場合に「通常使用される」モルモットである。

WHOは、ミドリ猿を使用して、人間を大量虐殺するためのエイズ・ウィルス生物兵器開発を行っていた事を「自白」してしまっている。

WHOの「主張」によれば、初期にエイズの大流行した、アメリカ・ロサンゼルスの街頭には、「ミドリ猿が、大量に、放し飼いになっており、人間に自由に、噛み付いていた事になる」。しかも酷寒のロスアンゼルスの真冬にも、黒人のゲイの男性たちが、わざわざ、ミドリ猿に「噛み付かれる」目的で、ほぼ全裸で日常的に歩き回っていた事になる。そして、ミドリ猿は、黒人のゲイの男性だけを、「特殊な能力によって」見分け、噛み付き続けていた事になる。

WHOは、アメリカ政府と、WHOが、ゲイの男性は肝炎にかかる確率が高いとして、ゲイの男性をターゲットに、肝炎の予防注射を行い、この予防注射の中にエイズ・ウィルスが混入されていた事実を、インペイし、隠している。「不思議な事に」、肝炎の予防注射を受けた男性の8割近くが、エイズで死亡している。(オルタナティブ通信記事以上まで)。


※敗戦時に“石井中将側の命ごいを許した交換として、“米軍が持ち帰った「“731部隊の生体実験=京大医学部の・“石井中将の生物菌兵器部隊」による多数の捕虜たちの生きた魔の飽食」森村誠一など〜 “日本侵略野蛮軍による目的のためには手段を選ばぬ残虐性などは“ヒトラーのナチズムを上回ることも、世界的に有名〜
★“偽札作りや〜
★“無差別じゅうたん爆撃(中国南京)や〜
★“生物菌兵器なども、すべては“日本侵略軍が世界初に開発&使用している〜

★民間では絶対不可能な、“日本体制側による「“阪神大震災や〜“新潟地震などの“地震兵器の」使用群も疑われている〜

☆これらの“日本体制側の“巨悪巨罪群を防止できる手立ては、つねに“メールなどによる“抗議群&要求群とかかる情報群の“万国万民主権者への拡散や告知のみが、
★「“三権(立法&行政&司法)制度の墓場大国日本」&
★「“公僕の墓場大国日本」&
★「“民主主義や〜“人権や〜“正義などの墓場大国日本」&
★「“裁判制度と〜“警察と“検察制度と〜“弁護士制度の墓場大国日本」&
★「“宗教の墓場の大国日本」&
★「“報道と〜“ジャーナリズムの墓場大国日本」&
★「“主権在民と“万国万民主権群の墓場の大国日本」&
★「世界最大級に保有する“地球天然資源群の隠ぺいと強奪主義の大国日本」&
★「“情報鎖国の大国日本」などへ、有効な非暴力で対抗できうる残された道である〜

※筆者“李得実も、「阪神大震災」で直撃を受け、自宅が二軒とも全壊&全焼し、一家五人が生き埋めとなり、崩れ落ちてきた天井部を腕で支えたまま、“身代わり役となった二十歳の最愛の息子が圧死(虐殺)し、数十年以前から加入の係る“死亡保険と“火災保険の保険金も無払いのままである〜“阪神大震災時も“弁護士会制度や“マスコミなども「“巨悪巨罪群の犯罪センター」の“日本体制巨悪側に計画加担主義であったし、さらに今も継続中?〜“阪神大震災時には自衛隊の大部隊は救援活動はなく、鎮火後の地上げ部隊として機能しただけで、出動の消防車も救援消火活動はほとんどしていない〜
これら“震災地獄(人工地震)のすべては
★「“人工地震=“地上げ&“被災地乗っ取り商法」&
★「“SOS被災者の自宅借金再建による借金奴隷化策」&
★「“建設ゼネコンなどの“国策企業体などとの“利権群と“暴利群山分け“人工地震商法」などの“日本体制巨悪側が描いた事前からの計画通りか?…


☆「“巨悪巨罪群の告発センター」村長。 ☆「“万国万民による“万国不可侵条約の加入。 ☆「“震災の復興と支援の村」。 ☆「震災の復興と支援の村」など〜
“大自然太陽法に沿い、非暴力による「“おとなしく、“万国の“万民平和革命主義(“反巨悪巨罪主義」の思想言動者の・李 得実   ☆“万国万民との茶話交流とご意見なども!〜

pj,ne.omocod@atarumirir   pj,oc.oohay@3atarumir ※逆読みを〜


61. 生まれ換わった純一郎 2011年1月02日 02:12:00: 0CP1neGtWaF6Q : 87h5flXQY2
不買運動で、幹事社など潰してしまえばいい。
読者には、その力がある。
それと、幹事社を毎年発表して、ネットによる圧力をかけるのが、
最良でしょう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK102掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK102掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧