★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK103 > 261.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<ワシントンの罠><戦艦メイン号の爆沈事件><韓国・哨戒艦事件も同じ手口か><日本も巻き込む>など「日本の風景」(642
http://www.asyura2.com/10/senkyo103/msg/261.html
投稿者 五月晴郎 日時 2010 年 12 月 28 日 14:41:12: ulZUCBWYQe7Lk
 

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/51703433.html
『「ジャーナリスト同盟」通信』2010年12月28日 本澤二郎の「日本の風景」(642)から下記を転載投稿します。

=転載開始=

<ワシントンの罠> 

 アメリカという国のことについて教えてくれた人物というと、宇都宮徳馬である。彼はリベラル・民主主義の明るいアメリカを、同時に産軍複合体のアメリカを教えてくれた。後者が突出すると、戦争するアメリカとなる。ベトナム戦争だけではない。年中、地球のどこかで武器・弾薬を行使している覇権国家・帝国主義国家である。市民・労働者のための民主国ではない。

 戦争国家の犠牲者は決まって弱者・貧しい家庭の若者である。先陣を切るのは黒人兵である。第二次世界大戦では日系人の若者も多く犠牲になった。彼らは自らの自由と地位を確保するためにワシントンに命を捧げた。
 先住民を蹴散らしてしまったという点では、アイヌ人を消してしまった日本の明治政府と同じで、相当野蛮な国と政府だった。自由と人権の国とはとても呼べない。
 戦争には、必ず罠を仕掛けた。其の最初の罠が今から100年前に試されて、見事に成功している。同じ手口を現在も続けている。それがワシントンなのである。ワシントンとの交流には相応の覚悟を求められるだろう。
 今日までアメリカ帰りの日本人は、多少の英語を覚えたりして帰国するものだから、ある種の敬意でもって接する市民ばかりだった。それはジャーナリストにもいえた。しかし、気がついてみると、彼らはワシントンの謀略機関のCIAの手先にされたりしている。要注意なのである。

<戦艦メイン号の爆沈事件> 

 さて話は100年前にさかのぼる。アメリカ史を研究している者やスペインの過去を学んでいる者なら、戦艦メイン号の爆沈事件を知っているだろう。筆者は知らなかった。
 アメリカとスペインの戦争の発端が、アメリカの最新鋭艦のメイン号が突如、海底に沈没したことが引き金となった。当時は映画が誕生したころで、これが世論誘導の武器となった。ワシントンの自作自演の戦艦爆破事件で多くの米兵が亡くなり、悲惨な葬儀も映像で次々にアメリカ市民の目に飛び込んだ。そして原因究明の調査委員会が「スペインの機雷による仕業」と発表するや、国内は偏狭な民族主義と愛国心の塊になって燃え広がり、その勢いの中でスペインに宣戦布告するのである。「メイン号を忘れるな」がアメリカ市民を戦場に送り込んだ兵士の合言葉となった。マッキンレー大統領の手柄となった。キューバはこのとき独立したのだが、実際は主人がスペインからワシントンに交代しただけだった。
 この戦艦爆沈事件は1898年2月15日である。日米開戦では「真珠湾を忘れるな」である。産軍体制が確立する中で、米西戦争はワシントンの罠に引っ掛かってスペインは敗北した。スペイン人は今もこのことを覚えているかもしれない。

<韓国・哨戒艦事件も同じ手口か> 

 この100年前の事件を、今年の韓国・哨戒艦事件の撃沈と照らし合わせてみると、実に興味深い結論が引き出せそうである。100年前は映画による宣伝だったが、今回はテレビである。その波及効果ははるかに大きい。
 筆者は軍事専門家ではない。それでも北朝鮮の艦船から発射した魚雷を事前に全く察知できなかったという哨戒艦について疑問を抱く。第二にその魚雷が哨戒艦の真下の海底で突然爆発するという事態を想定出来ない。常識的に見て、哨戒艦船底に保管してある大量の爆薬を爆破させたのであろう。それゆえに艦は真ッ二つに折れて沈没したのだ。CIA工作とみたい。
 この後処理が100年前とそっくりだ。調査委員会を立ち上げて「犯人は北朝鮮」と決めつける。一方で亡くなった悲劇の兵士の葬儀を大々的に報道する。韓国民の気分を一変させてしまった。南北対話どころではない。6カ国協議も潰してしまった。東アジアを新たな戦争雰囲気に巻き込む。同時に韓米自由貿易協定を強行する。ワシントンと財閥大統領の思惑一致のシナリオではないだろうか。

<日本も巻き込む> 

 日本では60年安保の廃棄論を抑え込んでしまった。沖縄の基地問題も封じてしまい、ワシントンが警戒した鳩山内閣を退陣、あまつさえ残りの邪魔者・小沢排除も。日米韓の軍事態勢の強化を瞬く間に完成させている。
 CIA工作への疑念は深まるばかりである。東アジアを繁栄の弧にする計画を頓挫させた。あまつさえ日本の米軍基地の永続化を、日本国民と愚かな政治家に押し付けてしまった。平和・軍縮の潮流を掃き消してしまった。
 日本の防衛大綱は、あろうことか中国仮想敵で見直してしまった。半島の南北対立は、同時に日中対決へと追いやってしまったのである。
 驚くべきは、こうしたワシントンの罠に議会も言論界も全く反応していない。政界は小沢排除一色である。馬鹿もののような宰相は、それでも「まだやる」と息巻いている。断末魔・亡国そのものの日本政府であろうか。

<100年前に確立した産軍複合体のアメリカ> 

 メイン号事件についてスペインとアメリカの研究者は承知しているはずである。知らなかった筆者などは、正に不徳の致すところだが、言えることはワシントンの闇の実権者である産軍複合体は、既に100年前に確立していたことになる。
 表向き自由と民主を宣伝するワシントンだが、見えない腹の中身は軍国主義・帝国主義に凝り固まっている。違うだろうか。こんなアメリカに信頼感をずっと抱いてきた筆者も、歴史を知らない愚か者の日本人でしかなかった。
 アメリカ人は愛すべき人たちだが、ワシントンの黒幕には相当の覚悟を求められよう。その従僕となってしまった前原ら政経塾の面々にも、格段の視線を必要とするだろう。

2010年12月28日記

=転載終了=  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年12月28日 16:56:15: QXVaulDOhs
韓国の人に最近直接聞いたのですが、韓国で「天安」が北の潜水艦の魚雷で沈められたという政府の公式発表はほとんど信じられていないそうです。うんと年寄りとか、強烈な反北に凝り固まっている人は別として本当にそう信じている人は非常に少ないそうです。ただ立場上公式発表を否定しない人は少なくないかも知れないとのことでした。

ヨンピョン島砲撃に対しては韓国人は大変怒っているそうです。それでもかなり冷静で国会での「北糾弾決議」には野党は反対した(賛成しなかった)そうです。


02. 2010年12月28日 17:23:00: 6IvpXF5ScM
哨戒艦のソナーが魚雷を探知できないなどあり得ない。北朝鮮潜水艇犯人説だが、浅い狭い海域で潜水艇も探知できない、魚雷も探知できないなど天安艦は遊覧ボートか。朝鮮潜水艇の魚雷口径と、米韓が現物と称している口径が一致なない。とにかく、CIA自作自演は大いあり得る。

03. 2010年12月28日 18:56:42: BDDFeQHT6I

9.17と同じ構図、自国民や同盟国の国民の被害など眼中に無い輩の仕業だろう、戦争が無いと生きて行けない連中は見境が無い。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK103掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK103掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧