★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 118.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
総務省が一般記者に会見を開放した(トニー四角の穴を掘って叫ブログ)-上杉隆氏のツイッター実況付
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/118.html
投稿者 JAXVN 日時 2010 年 1 月 07 日 20:32:58: fSuEJ1ZfVg3Og
 

「総務省が一般記者に会見を開放した模様
政治, 報道

原口大臣が率いる総務省が会見を記者クラブだけではなく、フリーランス等の記者にも開放した様子なのだが、あまり報じられていないので取り上げてみようと思う。

総務省は、NHKを始め各報道機関等の窓口にもなっている省庁である。また原口大臣は日本版FCCの創設にも積極的で、記者クラブ解放問題にも当初から理解を示した大臣だった。それがここまで遅れた経緯は昨年12月8日のJ-CASTニュースの下記記事を読むと少しわかる。

「ネット中継大歓迎」 総務相記者会見も開放へ (J-CASTニュース)
http://news.biglobe.ne.jp/social/014/jc_091208_0142481811.html

ここで記者クラブに加盟していないJ-CASTの記者は、記者クラブに申請をして総務大臣の記者会見に参加する。しかし記者クラブに加盟していない記者には制限があって、会見を聞くことは出来るが質問してはいけないというローカルルールが存在したのである。以下は上記リンクからの抜粋である。

「そのようなわけで前日までに幹事社に打診して参加許可をもらっていたのだが、そこには「参加するのはいいが、質問してはいけない」という条件が付けられていた。記者として会見に参加するのに質問できない――あまりにも不合理で、不可解なルール。「なぜ質問できないのか」。そう記者クラブの記者にたずねても、「理由はよくわからないが、制度だから仕方ない」という返事が返ってくるばかりだった。」

そしてこの記者は質問できない事態に悶々としながら会見を聞き続け、最後に意を決して手を挙げることになる。

「会見から約30分がたったとき、原口大臣が「よろしいでしょうか?」と会見終了の問いかけをして、クラブの記者が「ありがとうございました」と応じた。そのときだ。「大臣!」。J-CASTニュースの記者は思い切って手をあげ、発言を求めた。

「今日は『質問してはいけない』というクラブからの申し入れがありましたので、『質問』ではなく『問題提起』としてお話させていただきます」

そう口火を切って、記者会見オープン化についての「問題提起」に及んだのだ。

「9 月に記者会見をオープンにするという提案を大臣がされていますが、2か月以上たっても、まだ実施にいたっていません。金融庁では亀井大臣主催の会見が開かれていて、まさしくいまネットで中継されています。情報通信政策を主導する総務省として、また国民の平等なアクセスという観点から、もう一つ別に、クラブ以外の会見を開いたらいかがでしょうか」

そう一気に話した。「質問」ではなかったためか、記者クラブの記者による制止はなかった。」

その「問題提起」に対する原口大臣の答えが以降続く。

「原口総務相は一瞬驚いた表情を浮かべたが、こちらの目をしっかり見て、話を聞いてくれた。そして、次のように発言したのだ。

問題提起ということで、質問に答えるのはできないということですが(笑)、それも変な話です」

と「奇妙なルール」への感想を述べたうえで、記者会見オープン化についての見解を明らかにした。

「私は、すべての人にアクセスされるということで、記者クラブには『セキュリティの問題などをクリアーしたうえで、オープンにしてください』というお願いをしています。まだそのことが検討中なのだと思いますが、もうそろそろ70日を超えますので、どういうご決断をいただいたのかをうかがって、私たちの意図と違うのであれば、また話し合いを進めていきたいと思います」

このように記者会見オープン化に向けた強い意欲を示し、最後にこう付け足したのだった。

「インターネットの中継、大歓迎です」

原口総務相の発言によって、総務省の記者クラブは改めて宿題を突きつけられた形になった。」

その原口大臣の啖呵が本当に実行されるのか、空手形に終わるのか、どちらともつかないまま年が明けて、そして昨日1月4日、記者クラブ解放問題で有名になったフリージャーナリスト上杉隆氏のtwitterによって、総務省の会見が開放されたことを知ることになったのである。以下はその上杉隆氏のtwitterからの抜粋である。twitterの性格上一つの記事は140文字までとなり、短い記事が次々と投稿された。

・原口総務大臣、本日より政務三役会議を公開。これは一種の革命だな。12:48 PM Jan 4th
・総務省に電話。上杉「本日の政務三役会議を取材したいのですが」 総務省「記者クラブにつなぎます」 上杉「私は記者クラブ員ではありません」 総務省「幹事社に申請してください」 上杉「大臣主催のはずですが…」 総務省「少しお待ちください」1:46 PM Jan 4th
・総務省に電話2です。総務省「正面入口で受け付けてください」 上杉「入れますか?」 総務省「大臣面会と言っていただければ」 上杉「面会じゃなくて取材ですが」 総務省「傍聴ということで」 役人の意識改革はまだまだ遠そうですね、原口さん。1:49 PM Jan 4th
・これより、総務省に突撃します。某「名人」ではありません(笑)。1:56 PM Jan 4th
・案の定、入口で足止め。上杉「政務三役会議の傍聴。アポもあります」 総務省「入れません。許可もしてません」 上杉「そんなことないでしょう。確認してください」 総務省「聞いてません。面会票に記入してください」2:35 PM Jan 4th
・大臣に直接電話したら、入れました。なんなんだ。いま政務三役会議始まった。アタマ撮り中@大臣室。新年早々、可能な限りtsudaります。2:36 PM Jan 4th
・原口大臣から冒頭の言葉。2:37 PM Jan 4th
・原口大臣「政務三役会議はフルオープンです。国民に示したい」 役人「ここでカメラマンは出て行ってください」 原口大臣「いいです。フルオープンですからそのまま残ってください」 役人「えっ」。2:39 PM Jan 4th
・メンバーは原口大臣、渡辺周副大臣、内藤正光副大臣、小川政務官、長谷川政務官、逢坂政務官。四角いテーブルに座り、モニターを見ながら渡辺副大臣が医療大学のモデル事業を説明中。2:42 PM Jan 4th
・正面の窓際の壁に並べた椅子に役人が座る。1、2、3、4人。衝立の姿を隠した役人が多数。変なの。テレビ東京「ガイアの夜明け」が映像で流される。医療問題。旭川医科大学。2:45 PM Jan 4th
・記者は約30人。私は最前列の中央の席に。後ろからつぶやいているのを見られているような・・・(笑)。2:46 PM Jan 4th
・遠隔医療に関しては、総務省として古川元久内閣府副大臣と連携し、着地することで確認。これぞ、政策決定の瞬間。2:49 PM Jan 4th
・内藤副大臣から「成長戦略」について。それにしても役人はまったくタッチできないのは本当。どんな心境なんだろう。きっとむかついているんだろうなぁ。2:50 PM Jan 4th
・原口大臣「成長戦略について、勝手に文言を変えていたことがわかった。いったい誰が中途で変えたのか。夜中に変えたのか。どこで変えたのか。誰が変えたのか。選挙で選ばれていない人が勝手に変えるのは許しがたい。小川政務官、文書の上書きについて対応をしてください」 大臣、役人の暴走を牽制。2:53 PM Jan 4th
・内藤副大臣が通信分野政策について発言。原口大臣、NTT西日本の不祥事について、内藤副大臣に厳しい対応を指示。ツイッター使いの逢坂政務官が発言。2:55 PM Jan 4th
代々木の派遣村。原口大臣視察。16歳から80歳が滞在。具体的な話をしてきた。かなり雇用状況は厳しい。お、終わった。2:57 PM Jan 4th
・終わった。いま大臣室脇で秘書たちと談笑。役人たちの視線が厳しい。なぜだろう(笑)。と思ったら、挨拶してくれた。気のせいだったら。気が弱いから、イジメられることに敏感なんです、ぼく。3:02 PM Jan 4th
・秘書官たちが別室で事後対応。政務三役会議は政務も事務も大変だ。小川政務官を待っているんだけど、長引きそうなのでそろそろ帰ろうかな〜。3:15 PM Jan 4th
・ツイッターを観ている朝日新聞記者(池田さん)が言及。「上杉さん、役人じゃなくて、記者たちからの視線が厳しいんじゃない?」。確かに…(笑)。3:17 PM Jan 4th
・つぶやくの、疲れた。原稿書かなきゃ。バイバーイ。3:17 PM Jan 4th


何と原口大臣は大臣会見だけではなく政務三役会議そのものを開放し、しかも会議中の撮影まで許可してしまった。現場で中継していた上杉隆氏も仰天していたようだが、それを見ていたこちらも驚いた。役人たちも驚いていたようだが、その様子を想像すると何とも可笑しい。

携帯電話からなのかノートパソコンからなのか、上杉隆氏がこの時使っていたデバイスが何なのかわからない。またtwitterの性格上、これらは記事というよりもメモ書きというか呟きのようなものである。しかし、こうしてまとめて読むと実況されている迫力が伝わってくる。ちなみにtwitterとは小鳥などのさえずり、という意味である。

例えば上記のtwitter上でも、原口大臣が「成長戦略について、勝手に文言を変えていたことがわかった。いったい誰が中途で変えたのか。夜中に変えたのか。どこで変えたのか。誰が変えたのか。選挙で選ばれていない人が勝手に変えるのは許しがたい。小川政務官、文書の上書きについて対応をしてください」と発言していることも、記者クラブの中だけで行われていたら、外に出ることはなかったろう。

こうして国民に知れることで、民主党の成長戦略を役人が勝手に改竄した事実があり、その首謀者が誰かを大臣が調査するように命じたことが明らかになった。次に記者たちは、勝手に成長戦略を改竄したのは誰か、しつこく会見で質問すればよいのである。役人とズブズブの関係となっている記者クラブ加盟記者には出来ないだろうけれど。

斯様に記者クラブを開放し、政府の手の内を役人と記者クラブ内だけで留めておくことよりも、直接政治家の言葉を国民に伝えることの方が、国民の知る権利を守ることになる。

鳩山首相も昨年末に行った偽装献金問題への釈明会見において、記者クラブ開放について「必ずやる」と明言した。鳩山首相は小沢元代表から民主党代表をバトンタッチされた時も、記者クラブ開放をやると明言してそのまま放ったらかした前科があり、この点では眉唾物なのだが、もはや野党代表の言葉ではなく、一国の総理大臣として約束したのだから、その重みは遙かに大きい。もうそろそろじゃないか、と期待している。

21:10 追記

総務省記者会見開放の確認がとれた。まだまだ完全なオープン状態とは言えないようだけれど、とりあえずは一歩前進したようである。

フリーやネットの記者が張り切る 総務大臣会見の開放スタート (J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2010/01/05057338.html 」
http://d.hatena.ne.jp/Tony_Shikaku/20100105/1262655681

なお、この「三役会議開放」については大手メディアも記事にしていますが、記者クラブ以外にも開放された事は伝えていません。


「政策決定オープンに…総務省の政務三役会議を全面公開


総務省の政務三役会議に出席する原口総務相(奥)ら。机には記者のICレコーダーが並んだ。 総務省の原口総務相、副大臣(2人)、政務官(3人)による政務三役会議の全面公開が4日、始まった。

 政策決定過程を国民にオープンにし、透明性を高めるのが狙い。インターネット中継も検討している。

 4日の同会議は約30分間行われ、約30人の記者が傍聴し、録音やテレビカメラによる撮影も認められた。これまでは冒頭の総務相のあいさつが公開されるだけだった。

 この日の会議では、情報通信技術を使った遠隔医療の必要性や、入札改革などを議論し、方向性を確認した。

(2010年1月4日19時07分 読売新聞)」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100104-OYT1T00840.htm
例二
「政務三役会議を原則公開に 総務相、ネット中継も検討
2010年1月4日21時17分 朝日新聞

 原口一博総務相は4日、副大臣、政務官との政務三役会議を初めて報道陣に公開した。今後も原則公開とし、会議の模様も後日、インターネット上で見られるようにする。政策決定の過程を透明化する狙い。

 同会議は政治主導の政策立案を進めるため、鳩山政権が導入した。ただ、原則非公開で官僚を同席させないケースもあるため、情報公開の徹底や意思決定プロセスを公文書に残す重要性を訴えてきた民主党の方針との整合性が問われていた。 」
http://www.asahi.com/politics/update/0104/TKY201001040226.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月07日 20:42:31
鳩山総理は記者会見のオープン化に抵抗している平野を更迭して今すぐに総理大臣会見のオープン化を断行すべき。あとは、菅財務大臣の財務大臣会見もオープン化すべきなんだが、どうだろうか。

02. 2010年1月08日 17:56:55
一歩前進。

03. 2010年1月10日 05:39:11
>01 さん

>鳩山総理は記者会見のオープン化に抵抗している平野を更迭して

そうなんですか?平野氏は、松下労働組合のいい所に居られた人ではないでしょうか?
以前、阿修羅の拍手ランキングで見ました。

松下と言えば、幸之助氏は、バリバリのソウカと聞いてます。かなり以前その会社に居た頃に、出世するには「ソウカ」に、入らないと駄目だと聞いた事があります。
実際、独身寮に居たんですが、熱心な信者の人が居られました・・・。

01さんの意見に大賛成です。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。