★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 161.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
委員の6割が障害者と家族 新改革会議、異例の構成  (共同通信)
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/161.html
投稿者 新世紀人 日時 2010 年 1 月 08 日 16:23:21: uj2zhYZWUUp16
 

http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010010801000344.html

委員の6割が障害者と家族 新改革会議、異例の構成

 障害者問題を担当する福島瑞穂特命担当相は8日の記者会見で、政府の「障がい者制度改革推進本部」の下に新設する改革推進会議の委員24人を発表した。6割の14人は障害者自身や家族らを充てた。12日に初会合を開く。

 政府の障害福祉関係の審議会などにはこれまでも障害者らが参加していたが、過半数を占めるのは異例。入所施設などの事業者が入っていないことも特徴で、利用者サイドの視点で議論が進みそうだ。

 当事者など14人の委員には、障害者団体の代表のほか、民主党の障害者政策に影響を与えている「障害者インターナショナル日本会議」の尾上浩二事務局長や、障害者自立支援法の違憲訴訟で弁護団長を務める全盲の竹下義樹弁護士らが入る。

 それ以外の10人は大学教授や自治体の首長ら。24委員のほか、日本経団連の1人がオブザーバーとして参加する。

2010/01/08 12:46 【共同通信】


 2 81 +−

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月08日 18:55:02
福島瑞穂、GJ!

02. 2010年1月10日 23:35:09
これまでの政治番組に出てるような福島はそこらの
ネーチャンレベルで、よくもまぁこの程度の人間に党
首をやらせる社民も終わりだなと思ってたが、今回の
会議構成は大変結構な人選だ!

これが国民中心政治というものだ。

惜しむらくは、会議の格が末端会議だからなんとかこ
の人選をやれたというとこだろう。
入閣後福島は普天間問題などでも、没落野党時代と違って
精一杯存在感を出しているから、この調子でもっと大舞
台の場面でビシバシやって欲しいものだ。


03. 2010年1月11日 00:45:32
この人選で素晴らしい点は事業者を外したとこだ。
私は環境関係の検討委員や制作関係の検討委員を
務めた経験があるが、委員の人選はほとんど結論を
左右するのが実態であることを知っている。
また、介護福祉関係にも利用者サイドとして10年
ほど実態に触れてきて内実をかなり知っている。
施設も2,30程は見てきたが、そこでは事業者側に
業務負担の掛かるような重度の利用者には、追い出す
ための利用者の健康データの捏造や悪質なスタッフに
よる虐待が行われているケースも多々あった。
こういうこと施設内でまかり通るのは、2割くらいの
家族しか、しかも週1回程度の頻度でしか施設に面
会に来ないため、事業者側の都合の悪いことはすべて
隠蔽出来る状況になっているからだ。また自治体の福
祉課も建前上立ち入り調査権限はあるものの来ないの
が実情だからである。このような実体験から言えること
は福祉の世界で事業者は必ずしも福祉の向上に努めて
るわけでは無いということだ。それどころか、口の利け
ない重度の利用者はに被害を及ぼすことさえあるのが実
情である。これは介護の経験だが、肉体的弱者に対する
事業という同一問題のものだから、障害者問題にも当て
はまる部分があると考える。介護、障害者問題は不備が
即命に係わるのでマイナスの部分に焦点を当てなければ
ならないのである。この点が文化産業などとは全く異な
る点だ。

以上検討委員会や介護関係の経験の観点から、今回の本
質的に利益追求の事業者外しは極めて適切な判断である。
介護障害者関係の事業者は、命に係わる分野だから100
%利用者の要求に従って事業を行うべきものである。
それが出来ない事業者は事業に係わることを辞めるべき
である。
福島瑞穂はその点をしっかり認識していたのだと思う。
立派な見識である。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。