★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 188.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本にリーダーはいない。アレックス・ジョーンズを支持しよう。世界秩序を止めよう。ビルダーバーグ会議メンバーを追い詰めよう
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/188.html
投稿者 YUI 日時 2010 年 1 月 09 日 03:23:42: 6atBhcrrZC4BM
 

陰謀論者やベンジャミン・フルフォード氏を信用できないという人でもアレックス・ジョーンズの話には耳を傾けます。
民主党は信用できません。
自公政権も然り。
ビルダーバーグ会議メンバー等のような一番上にいる連中を潰さないと何も変わりません。
残念ながらこの国にリーダーはいません。
アレックスジョーンズを支持しましょう。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月09日 05:17:23
元記事は?

02. YUI 2010年1月09日 06:43:56: 6atBhcrrZC4BM
元記事は無いですけど動画はありますよ。


オバマ・デセプション (抜粋Ver 1/2)

http://www.youtube.com/watch?v=jWsEUWY0KgY


03. 2010年1月09日 10:52:19
くだらない。

04. 2010年1月09日 13:55:39
何もしないと言っているのに等しい。
現実は、変えられるところから、少しずつ変えていくしかないんだよ。
千里の道もまず一歩から、だ。

05. 2010年1月09日 14:21:56
飛躍しすぎだよ。ここは日本なんだから、自分たちの周辺からやっていかないと。
アメリカは、アメリカ市民の運動で解決するしかないし、日本は、自分たちで解決して行くしかないでしょう。現実は、宗教じゃないんだから。

06. 2010年1月09日 21:28:16
05さんへ。

そうかな?
日本は米国の属国でもあるし、世界中が欧米の属国になり下がってる。
いや、そもそも国同士ではなく欧米のエリート達は中国にも入り込んで中国を利用しアジア共同体を作り、そして世界秩序に向かわせる。
日本は日本でなんて小さな事言ってても結局は属国のくせに何かできるわけでもないんじゃないですかね?


07. 2010年1月09日 21:29:51
このビデオを理解するには、米国の政官業の人脈と、近現代史をかなり詳しく知っていないと、理解できないだろうな。
日本に関しては、「日米欧三極委員会」の何たるかを知らずして、わが国の政治、経済の問題を語っても、ピントのずれた議論になってしまうだろう。
しかし、このことに関して、語ることは政官業とマスコミのすべての者にとって、タブーなのである。ましてや、一般市民が語ろうとしても、現状は、変人扱いされるだけで、ほとんど受け入れては貰えない。
YUIさん、「日本にはリーダーはいない」などと白けてしまわないで、いないなら、私たちで育てていくしかないのではないか。他力本願的な考え方では、結果的に、権力者に操られるだけではないだろうか。

08. YUI 2010年1月10日 15:11:44: 6atBhcrrZC4BM
07.さんへ
育ててる余裕があるかどうかは国民が決断すると思います。
それに他力本願ではなく本当に世界に目を向けなくては日本も変わらないので。
仮に日本のリーダーを立ててもアレックスジョーンズのやってる事の方が重要なのは変わりませんし。
変人扱いする人がいないとは言いません。
しかしアレックスジョーンズを陰謀論者だという事が出来ないので信用する人は増える一方です。
三極委員会はビルダーバーグ会議メンバーの下ですね。
日本のリーダーはその下です。
それより直接ビルダーバーグ会議メンバーを叩いているアレックス・ジョーンズを支持した方が効果的です。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。