★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 208.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
陸山会収支報告書に4億円借入記載の重大事実(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/208.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2010 年 1 月 09 日 10:21:27: twUjz/PjYItws
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/4-32cf.html

2010年1月 9日 (土)
陸山会収支報告書に4億円借入記載の重大事実


検察とマスメディアがタイアップして小沢一郎民主党幹事長の政治資金に関する疑惑情報を垂れ流している。


政権交代が求められたのは、日本政治を刷新するためである。


日本政治の何を刷新するべきなのか。


第一に「官権政治」を「民権政治」に代えることだ。明治維新でどのような日本を作るのかが歴史的にみれば極めて重要だったが、このときに「民権国家」を作ることができなかった。


ルソーの「民約論」があと20年早く日本に持ち込まれていたなら、日本の歴史は異なる転回を示していた可能性もあっただろう。しかし、歴史の「もし」は意味がない。


第二は「政治と大資本の癒着」を断ち切ることである。弱肉強食奨励、格差助長の元凶である「市場原理主義」は、「資本の論理」を言い換えたものであると言ってよいだろう。


「資本の論理」、「市場原理主義」を抑制し、「人間重視=国民重視」の哲学を保持することが求められている。政治と大資本の癒着を断ち切るには「企業献金の全面禁止」が不可欠である。「企業献金全面禁止」は鳩山政権の最重要課題のひとつである。


第三は「対米隷属外交」からの脱却である。第二次大戦以後、日本は米国への隷従を続けてきた。これが自民党政治54年間の基本構造である。対米隷属外交の基礎を築いたのは吉田茂内閣である。鳩山政権は半世紀続いた日本政治の対米隷属からの脱却を試みているのだ。


米国支配者と結託する利権政治複合体が「悪徳ペンタゴン」である。「政治屋−官僚−大資本−米国−マスメディア」が結託して、鳩山政権攻撃を続けている。半世紀維持した利権政治構造を破壊されることに対する抵抗はすさまじい。


第四は真の「郵政改革」の実現だ。小泉政権が推進した「郵政民営化」の実態は「郵政米営化」と「郵政私物化」だった。あやうく300兆円の国民資金と巨大不動産が外国勢力に供与されてしまうところだった。ぎりぎりのタイミングで、巨大国民資産収奪の陰謀が阻止された。


第五は、日本の警察・司法・裁判所制度の近代化である。


小泉政権時代以降、警察、検察、裁判所権力の政治利用が目に余る状況に陥っている。松本清張が『日本の黒い霧』で第2次大戦後の警察、検察、裁判所権力の政治利用を詳細に論じたが、類似した行動が過去10年に際立つようになった。

 

日本の黒い霧〈上〉 (文春文庫)
著者:松本 清張
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の黒い霧〈下〉 (文春文庫)
著者:松本 清張
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

警察、検察権力には、驚くべき「裁量権」が付与されている。


犯罪が存在しても不問に付す裁量権、


犯罪が存在しないのに、無実の人間に罪を着せる裁量権、


が付与されているのだ。これらの驚くべき裁量権が政治利用される国を「暗黒国家」と言う。日本はこの意味で、世界有数の暗黒国家である。


警察、検察、裁判所の近代化を実現しない限り、日本の近代化が実現したとは言えない。日本は依然として前近代の状況に取り残されているのである。


小沢一郎民主党幹事長や鳩山由紀夫内閣総理大臣に対する検察の姿勢は常軌を逸しているとしか言いようがない。


多くの国民が多数の自民党議員の金銭疑惑をよく知っている。政治資金収支報告書への不実記載などは枚挙に暇がない。収賄やあっせん利得などの疑惑のある政治資金収支など、無数に広がっている。


検察には自民党の金銭疑惑を捜査する意思が存在しない。警察、検察行政において、金科玉条と呼ぶべき鉄則は、@「法の下の平等」確保、とA「冤罪の防止」、B「基本的人権の尊重」、である。しかし、日本の警察、検察にこの法則はまったく通用しない。


小沢一郎民主党幹事長の政治資金団体の不動産取引にかかる資金収支が収支報告書に記載されていなかったとの報道がなされているが、「低気温のエクスタシーbyはなゆー」様、ならびに「ふじふじのフィルター」様によると、2004年の収支報告書に小沢一郎氏からの4億円の借入れが記載されているとのことである。


2004年度の官報号外第223号247ページに「陸山会」の収支報告が記載されており、そこに


「借入金 小澤一郎 400,000,000」


と書かれているとのことである。


「小沢一郎」ではなく「小澤一郎」と記載されていたことが何かしらの影響を与えたのかどうかは定かでないが、収支報告書に記載されていたことになると、現在の騒動は局面が急転回する可能性もあるのかも知れない。


いずれにせよ、資金の出入りの日取りが不自然などと、意味不明な報道が過剰に繰り返されている現実は不自然極まりない。


公務員には「守秘義務」があり、「守秘義務違反」は違法行為であり摘発されなければならない。「検察による情報リーク」は犯罪行為なのである。細かな資金収支の疑問は捜査当局が慎重に調べる性格のもので、憶測に基づいて「犯罪視」した報道を展開するのは重大な「人権侵害」にあたる。


保険金詐欺殺人の疑惑もある詐欺事件では逮捕、起訴されている被告の実名がいつまでたっても報道されない。自民党有力者と密接な関係を持つ国民は、このように優遇されるということであろうか。


日本政治刷新の五つの課題はいずれも重要なものだが、警察、検察、裁判所の歪みは、五つの課題のなかでも第一位に位置付けられるものかも知れない。


偏向した検察による捜査を偏向したメディアが報じるのだから、事実がねじ曲げられ、歪んで伝えられることは避けようがない。したがって、主権者である国民は、メディアの歪んだ情報を、「歪んでいる」との認識の上で見つめなければならない。「歪んだ情報」に接する心構えを全国民が備えなければならない。

人気ブログランキングへ

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月09日 10:25:13
植草君

>弱肉強食奨励、格差助長の元凶である「市場原理主義」

というなら、無駄遣いといわれる意味についてはっきりさせなければ。

君の頭なら、君が矛盾している事は分っているよな・・。

だから、君を信用できない。


02. 2010年1月09日 10:29:26
今のマスゴミ・検察の激しい攻撃を見るに
いかに現政権が国民のための改革をしようとしているかが
よくわかる。

ありがとう鳩山政権!!応援します。


03. 2010年1月09日 19:55:01
検察が小沢幹事長を悪の対象とするのは、官僚に対する不信が、政治家の中でも
特に強く、現政権が続けば、官僚の力が確実に弱められる。
この事を危惧して執拗に攻撃しているものと思われる。
あくまでも官僚の利権を守るための戦いである。小沢氏が政治資金などで
他の政治家より特に悪いからではないことは検察も承知しているはず。
内容の薄さに比べてその執拗さで分かる。今のままでは検察が悪に成り下がる。
小沢氏の一丁目一番地は、官僚の力を削いで、政治主導にすることだ。
政策は、これから世の中は変わるし、アイデアも出るから心配ない。
世の中が安定すると官僚は、利権を漁り、政府の力を弱め自分たちの天国を作る。
日本は、これから苦しくなる。官僚中心では、アイデア通り、日本の改革は出来ない。最近の自民政治を見ていれば分かるとおり、極めて、保守的で大きいな予算を使いながら何も前に進まない。
改革の流れに棹さすことこそ悪である。日本は、永い眠りから覚め、
改革に邁進しなければならない。今のままでは、財政危機、日本の地位向上、
国民の生活向上、安心、安全が確保できない。
そのためには、官僚政治を脱却し、国民主権の政治に変革しなければならない。
検察が正義を示す対象は、国民主権の改革を邪魔するものを悪とすることである。

04. 2010年1月09日 20:12:09
01さん
ちょっと聞きたいが、市場原理主義の”功績がどういうものか、君の頭で

論証できるかな?植草教授を信用できないとか断定する前に、この掲示板の多数の

人達がうなずけるだけの、“君の頭”を開陳してみたらどうかな?

それができるならね。


05. 2010年1月09日 21:27:04
04君

君には、理解すには難しいようだ

つまり君は頭が悪い


06. 2010年1月10日 00:52:06
現在の地検特捜部とマスコミ報道の異常さは、私のようなど素人にも分かるような
レヴェルになって来ています。だから、NHKで献金問題をダラダラとやっていると、
つくづく別の公共報道機関を設立して欲しいと思うようになってきました。
NHK解体大賛成です。他の民放も倒産して欲しい。そして新規に気鋭の放送局が設立
されないものかと心底思っています。そうなれば、植草先生の出番も出てくるでし
ょう。

07. 2010年1月10日 01:47:34
>>01

万人に信用されるなんて
ネ申
以上じゃんw

おまいが信用しようがしまいがどうだっていいよ( ̄◇ ̄)アホらし


08. 2010年1月10日 07:24:33
この文章内容を、各マスゴミへ 送付しましょう。
09. 2010年1月10日 10:59:47
01さんへ
>つまり君は頭が悪い
などとの言葉はない。
議論の場は議論に対して議論することで、人格の云い云いをすべきではない。

また、植草氏の文脈は広く国民の生活(生き方)重視の観点から見ていかなければ理解できないと考える。頭脳明晰な01さんには釈迦に説法かとおもわれますが、一言。


10. 2010年1月10日 16:57:14
01.と05.(同一人物)は、あるテーマで話しましょう、という会議場に乱入して、「こんな会議は意味がない」と、言っているようなもので、妨害以外の何物でもありません。(もしかして、植草氏を監視している担当者ですか?)

さて、植草氏が述べておられる、以下の件が最も肝心な点だと思います。
≪「検察による情報リーク」は犯罪行為なのである。細かな資金収支の疑問は捜査当局が慎重に調べる性格のもので、憶測に基づいて「犯罪視」した報道を展開するのは重大な「人権侵害」にあたる≫

元東京地検特捜部の田中森一氏の暴露本『反転 闇社会の守護神と呼ばれて』には、以下のような記述があるそうです。

≪東京地検特捜部では、ヒラ検事がマスコミと接触することを禁じている。情報漏洩を防ぐためだろう。しかし、私にとって最大の情報源はマスコミだったから、付き合わないわけにはいかない。それどころか、親しい新聞記者には官舎のカギまで渡していた。「今日、遅くなるから、メシを炊いといてくれんかな」、そこまで話せる記者もいた。記者たちは喜んで食事の用意をしてくれる。向こうにとっては、特ダネが欲しいからだろうが、こちらも情報をもらえる。双方メリットがある≫

鳩山首相や小沢幹事長への執拗なリーク報道は、まさに検察とマスゴミの共犯であり、重大な「犯罪行為」であるということを、司法関係者や法務大臣が知らない(無頓着)のなら、現在の日本は、恐るべき「暗黒社会」だということですね。
それが増長されていけば、日本国民の言論は封殺されてしまいます。


11. 2010年1月10日 22:03:37
01&05、< 自分が理解できていないのだから、他人を理解させるのは
元々、無理な話。それで仕方なく「君は頭が悪い」と逃げるしかない。
黙って糞して寝てろ! 検察とマスコミの常軌を逸した異常さには多くの
国民が気づき始めている。

12. 2010年1月10日 23:48:59
>>10

「ヒラ検事がマスコミと接触することを禁じている」

・・・ということは、上の方は接触しまくりなわけですね。

  共犯って白状してどーする!?



  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。