★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 264.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
05年4億も「小沢先生から」…石川議員供述
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/264.html
投稿者 片瀬テルミドール夏希 日時 2010 年 1 月 10 日 07:31:22: x0P0raHFBfKZU
 

1月10日3時4分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100109-00001104-yom-soci

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)が、2005年に同会の口座に入金し、その後出金した4億円について、東京地検特捜部の事情聴取に、「小沢先生から預かり、返した」と供述していることが、関係者の話でわかった。

 石川議員は04年に小沢氏の用意した4億円を同会に入金して土地購入代金に充てたほか、後任の事務担当者が07年に4億円を出金して小沢氏に渡していた。同会の政治資金収支報告書に記載がない、これら計16億円の資金移動のすべてに小沢氏がかかわったことになり、特捜部は参考人聴取で、説明を求めるとみられる。

 陸山会は04年10月に東京都世田谷区深沢の土地を約3億4000万円で購入したが、その際、石川議員は小沢氏から受け取った現金4億円を小分けにして同会の複数の口座に入金し、土地代金に充てていた。

 関係者によると、石川議員は翌05年3月、現金4億円を、同会や小沢氏の関連政治団体などの口座に分散して入金。その後、同会の口座に集め、5月に全額を引き出していた。

 石川議員はこの4億円について、特捜部に「小沢先生から預かっておくように言われ、銀行に入れた。その後、全額を先生に返した」などと供述しているという。

 一方、同会の口座からは07年5月頃にも、4億円が引き出されており、石川議員の後任の事務担当者だった小沢氏の元私設秘書は、特捜部の事情聴取に「小沢先生に渡した」と供述している。

 土地購入に充てられた04年の4億円の入金、05年の4億円の入金と同額の出金、07年の4億円の出金は、いずれも同会の収支報告書に収入や支出としての記載がなく、政治資金規正法違反(不記載)に当たる可能性がある。

 石川議員や元私設秘書の供述で、入金の計8億円はすべて小沢氏が用意し、出金の計8億円もすべて小沢氏に渡っていることから、特捜部は、収支報告書に記載のない理由などについて、石川議員から改めて事情を聞くとともに、小沢氏からも説明を求めるとみられる。

 小沢氏はこれまでの記者会見で、自身の政治資金について「すべて公開している」と繰り返し、04年の土地購入を巡る問題については、昨年10月の記者会見で「資金のことは聞いていない」などと述べていた。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月10日 08:04:14
なんだかな〜 この石川議員の供述というもの自体が、特捜の創作なんじゃないか?
どんどん金額を膨らましていく、しかも収支報告に記載のないものだという、どうだ、これなら素人には検証できないだろう、てなもんで、小沢幹事長の聴取を正当化しているんでしょう。あるいはこの阿修羅を見ていて、このサイトに反応しているのかも?石川議員はこの土地取引に関しては、在宅起訴といわれているようなので、発言はできない、よって、特捜、マスコミの言いたい放題、書きたい放題です、が、水谷建設の件に関しては、明確に否定しています(地元での講演会動画あり)

02. 2010年1月10日 15:51:15
石川知裕衆院議員の姿態はどうみても甘い。政治戦争を継続できる人間ではない。そもそも石川知裕衆院議員は政治家になるような人間ではない。ゲロってしまう人間は政治戦争が貫徹できない。検察の前では完全黙秘が政治家の条件である。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。